米国関連

米空軍長官、次期戦闘機の調達コストについて「数億ドル」だと発言

米空軍のケンドール長官は有人タイプの第6世代戦闘機について「調達コストが数億ドルになる」と語り、次世代戦闘機プログラム(Next Generation Air Dominance/NGAD)の構成要素である無人戦闘機はF-35並な調達コストが必要になるかもしれないとDefenseNewsが指摘している。

参考:Future NGAD fighter jets could cost ‘hundreds of millions’ apiece

仮にケンドール長官の主張が正しいのならNGADは1機あたり200億円以上、無人戦闘機は100億円以上になる

米空軍が開発を進めている次世代戦闘機プログラム(Next Generation Air Dominance/NGAD)は有人の第6世代戦闘機を中心とするファミリーシステムで、ここには有人に随伴するステルス無人戦闘機(Skyborgプログラムとは異なるUCAV)も含まれていると言われているが、ケンドール長官は今年3月に出席した空軍協会の講演で「無人戦闘機は調達コストは有人機の半分以下になることを望んでいる」と明かしていた。

出典:ノースロップ・グラマン NGAD

しかしケンドール長官は出席した下院軍事委員会の公聴会で「第6世代戦闘機(NGAD)の価格は数億ドルになる」と明かしたたため、DefenseNewsは「NGADの調達コストは少なくともF-35の2倍=1億6,000万ドル以上になる」と報じており、無人戦闘機の調達コストについても「F-35と同等かそれ以上になる可能性がある」と指摘している。

勿論、具体的な数字の見積もりが提示されていないので全て憶測に過ぎないが、仮にケンドール長官の主張が正しいのならNGADは1機あたり200億円以上、無人戦闘機は100億円以上になるという意味だ。

出典:U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Anna Nolte

因みに米空軍は1機あたり5機の無人機を制御することを目標(F-35と無人機とのチーミング数)にしているので、NGADも同レベルのチーミングを行うには1つ構成(有人機1機+無人機5機)を作るのに700億円以上の資金が必要になる。

関連記事:米空軍、開発中の次世代戦闘機NGADは太平洋向けと欧州向けでペイロードと航続距離が異なる
関連記事:中国よりも先に第6世代戦闘機を手にれたい米空軍、議会に資金供給を訴える
関連記事:米空軍の次期戦闘機コンセプトアートが公式の報告書に登場

 

※アイキャッチ画像の出典:ロッキード・マーティン NGAD

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米下院、上院に続きウクライナ支援のためレンドリース法の復活を可決前のページ

米空軍、タイにF-35Aを運用できるか調査するためチームを派遣次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    PL-15との交戦範囲ギャップを埋める米国のAIM-260、実用化に向け順調にテストを消化中

    2022年中に初期作戦能力を獲得すると言われている米国の新型空対空ミサ…

  2. 米国関連

    レガシーなMQ-9は不要と主張する米空軍、来年以降の調達中止を議会に提案

    米空軍は再び無人航空機「MQ-9」の調達継続は不要だと表明して2022…

  3. 米国関連

    KC-46AとLMXTの戦い、米空軍がKC-135後継機調達にRFIを発行予定

    KC-46Aの追加発注が禁止される可能性がある米空軍は「9月末までにK…

  4. 米国関連

    ウクライナ人パイロットの訓練完了は来年の夏以降、反攻作戦はF-16なしでも可能

    ウクライナ人パイロットの訓練についてワシントン・ポスト紙は「訓練が終わ…

  5. 米国関連

    米国がウクライナへの戦車提供を発表、オランダと共同で改修したT-72Bを90輌提供

    米国は4日に総額4億ドルのウクライナへの安全保障支援を発表、西側の技術…

  6. 米国関連

    ズムウォルト級の失敗を恐れる米海軍、次期駆逐艦も枯れた技術だけで構成

    アーレイ・バーク級駆逐艦の後継艦、俗に言う「DDX Next」について…

コメント

    • NHG
    • 2022年 4月 29日

    やっぱりなぁ
    最新の第六世代戦闘機の足を引っ張らない水準の性能・機能を盛り込むと価格も上がるジレンマ

    25
  1. F-22の開発プログラムコストが67億ドル、製造は1機あたり約1.4億ドルと言われてましたから、開発費を載せると1機1.6億ドル近くになりますね。
    アメリカは日本と違ってインフレが続いてますから、F-16やF-35みたいな国際戦闘機にならない限りNGADの費用は下がらないでしょうね。
    F-35のソースコードも使い回すでしょうが、無人機のチーミングなど新規開発も多いので、デジタルセンチュリーでインクリメンタルな開発ができるかどうかかポイントになりそうです

    4
      • 全てF-35B
      • 2022年 4月 29日

      F-35を無人機にするかも。

    • k
    • 2022年 4月 29日

    無人にしたからと言って半値にはならないでしょw
    逆に高価になってもおかしくない

    7
    • ブルーピーコック
    • 2022年 4月 29日

    まだ慌てるような時間じゃない。と言うか、まずは試験機を飛ばして見せてくれ

    2
    • 匿名
    • 2022年 4月 29日

    ハイ、NGAD終わったぁ…

    1
    • 2022年 4月 29日

    無人機はチープで大量に作るコンセプトがいいと思うんだけどなぁ。
    AI以外は既存の技術や部品で作れば こんなに掛からないっしょ。

    • FF-X7
    • 2022年 4月 29日

    >1つの構成(有人機1機+無人機5機)を作るのに700億円

    金額が大きすぎて実感がわかないので、ちょっと計算をば。
    仮に日本で同じようなモノを導入した場合、1セットあたりの国民1人の負担額は…700億÷1.2億で約584円。意外と安い…のか?

    仮に100セット導入すると約58,400円だ。そして10年かけて導入すると1年あたり5,840円。あれ?買えるんじゃね?

    もちろん維持管理費・燃料費・パイロットの人件費は別にかかる。
    ただ、滅茶苦茶高いかと言うとそうでもないような感じがしてきますね。まぁ、財務省は「高すぎる!」と言いそうですが…。

    2
      • 匿名さん
      • 2022年 4月 30日

      >仮に日本で同じようなモノを導入した場合、1セットあたりの国民1人の負担額は…700億÷1.2億で約584円。意外と安い…のか?
      >仮に100セット導入すると約58,400円だ。そして10年かけて導入すると1年あたり5,840円。あれ?買えるんじゃね?

      安いのか…

      全国民に課税するなら、消費税になるけど、それは政治的にムリだろう。
      現実的には取りやすいところから取るとして、仮に所得税で賄うなら、納税者数はざっくり半分くらい。
      とすると、1年12,000円、つまり、納税者の所得税が平均月1,000円アップとなる。

      財務省が高すぎるというと大批判されるけど、第六世代戦闘機100セットのために、月1,000円アップに文句なく賛成する人は、ミリオタくらいでは?

    • hoge
    • 2022年 4月 30日

    このコストでは必要な数が揃うとは思えないし、某駆逐艦よろしく黒歴史扱いにやるのでは…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP