米国関連

米国、スロバキアにF-16Vの引き渡しが1年遅れて2024年になると通知

スロバキアは旧ソ連製のMiG-29を更新するため世界で2番目にF-16Vの新造機に注文(2018年12月)を入れたが、米国政府は同機の引き渡しが予定よりも1年遅い2024年になると通知した。

参考:Slovakia to get new F-16 fighter jets a year later

ロッキード・マーティンは「遅れを取り戻す努力を続けている」と述べているので遅れてスケジュールを捲くってくるかもしれないが、、、

ロッキード・マーティンはテキサス州フォートワースにあるF-35の最終組立ラインを拡張するためF-16の最終組立ラインをサウスカロライナ州グリーンビルにある新工場に移転(2019年稼働開始)、この新工場は月産4機(年48機)というスピードでF-16を組み立てることができ、各国がから受注(バーレーン16機/スロバキア14機/モロッコ24機/ブルガリア8機/台湾66機)が相次いでいるF-16Vの新造機を2022年に初出荷することを予定していたのだがCOVID‑19の影響で全ての予定が狂ってしまう。

出典:Lockheed Martin Corp. courtesy photoグリーンビルにあるロッキード・マーティンの工場

F-16Vを構成する各コンポーネントの製造は国際的なサプライヤー(主翼はイスラエル企業、F-16Vの中央胴体、後部胴体、コックピットの構造体はポーランドのPZLミエレツなど)に依存しており、これらの製造ラインの立ち上げ・生産・納品がCOVID‑19の影響で遅延、ここに世界的な半導体の不足も加わってF-16Vを組み立てるために必要なコンポーネントが揃わないらしい。

ロッキード・マーティンは今年始めに「受注分の引き渡し開始が2024年まで遅れる」と述べていたが、米国政府はスロバキアにF-16Vの引き渡しが予定よりも1年遅い2024年になると正式に通知したため同機の生産が遅れていることが改めて浮き彫りなった格好だ。

出典:台湾空軍

台湾は2019年8月に新造機のF-16Vを66機発注、中国の軍事的な圧力が高まっていることを受けて「2023年に予定されていた初号機引き渡しを2022年に前倒してほしい」と要請してたが、発注順で行けば台湾はスロバキアよりも後なので初号機引き渡しは2024年以降になるだろう。

まぁロッキード・マーティンは「遅れを取り戻す努力を続けている」と述べているので遅れてスケジュールを捲くってくるかもしれないが、果たしてどうなることやら。

関連記事:ウクライナへの戦闘機提供、ポーランドがMiG-29を手放さない理由
関連記事:売れ続ける第4.5世代戦闘機、LMはF-16Vの需要増を受けて同機の製造ラインを増設
関連記事:台湾がF-16Vの早期引き渡しを米国に要請、100発以上のJASSM購入も交渉中

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

中東諸国の取り込みを狙う中国、サウジアラビアでFC-31の売り込みを開始前のページ

トルコ、2023年初飛行予定の無人戦闘機「バイラクタルKızılelma」を公開次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ウクライナ軍が依存するStarlink、コスト負担の問題でサービス停止の危機

    SpaceXは最近「Starlinkの端末やサービスをウクライナに提供…

  2. 米国関連

    移動したのか?後退させられたのか?米爆撃機のグアム前方配備中止が意味するもの

    米空軍はグアム島に配備していた5機の爆撃機「B-52H ストラトフォー…

  3. 米国関連

    失敗が許されないボーイング、米空軍向けに製造したF-15EXの初飛行に成功

    ボーイングは今月2日、米空軍向けに製造したF-15EXのプロトタイプ1…

  4. 米国関連

    バイデン大統領が間もなく会見、米英豪の3ヶ国が新たに防衛技術の共有グループを設立か

    中国に対抗するためバイデン大統領は米国、英国、オーストラリアの3ヶ国で…

  5. 米国関連

    次世代戦闘機をテスト中の米空軍、第6世代戦闘機の条件はデジタルトリニティ?

    米空軍のロジスティックスを担当するローパー次官補はステルスの真の後継者…

  6. 米国関連

    豪州の希望が叶う?現実味を帯びてきた「B-21レイダー」輸出の可能性

    オーストラリアが希望していたステルス爆撃機「B-21レイダー」導入がに…

コメント

    • ミリオタの猫
    • 2022年 3月 13日

    実は「ウクライナへ引き渡すので遅れています」と言うオチだったら笑うぞ(有り得ない妄想)。
    まあ、実際は中国が兵器生産の増強をしているのでそっちに半導体が流れていると見るべきかも(妄想)。

    3
      • 匿名
      • 2022年 3月 13日

      ICどころか、抵抗やセラコンですら、メーカーや品種によっては入手難なものが在るとの事です。
      兵器産業程度の需要では、そこまでのインパクトは起きないと思います。
      単純に、コロナの影響での工場の稼働状況の偏りが起因、だと考えています。

      2
    • くらうん
    • 2022年 3月 13日

    三菱重工がなかまになりたそうにこちらをみている
    なかまにしてあげますか?

    5
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 13日

      F-35関連のパーツ供給の方がまだあり得るわ

        • 戦略眼
        • 2022年 3月 13日

        KF-16のラインを活用でないのか?
        その前にこの有り様で、NATOは戦争できるのか?
        Mig-29の性能維持部品は?
        ロシアを笑ってられない。

        5
    • 幽霊
    • 2022年 3月 13日

    F-16は世界中で売れてますね。
    日本がもし将来に国産戦闘機の輸出をする時はF-16とは言いませんがF-15ぐらいには売れてほしいですね。

    1
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 13日

      F-15って世界的には、71、96、213、72、84、25、61、24、36の682機も採用されてるんだが…。
      ハードルが高すぎるだろう。
      せめてグリペンかタイフーンかラファールあたりが割と現実的な落としどころだぞ。

      10
        • 戦略眼
        • 2022年 3月 13日

        試供品として、無料で配るところから始めないと、無理だな。

        3
          • ミリオタの猫
          • 2022年 3月 13日

          エアバスA300「ナカーマ」
          ※エアバスA300は就航当初全く売れなかったので、当時A300に興味を持っていたが金が無くて買えなかった米国のイースタン航空へ4機を半年間無償でリースして事実上の性能評価を行った後、正式発注へ漕ぎ着けた。
          更にその後、A300の経済性が高く評価された事でA300は多数の国の航空会社で使われる傑作旅客機になった。

          2
        • tarota
        • 2022年 3月 13日

        武器輸出は核保有国の独壇場でなぁ…
        外交圧力に負けない強さがいる
        まぁグリペンくらい売れたらいいね

        1
          • ウーン
          • 2022年 3月 13日

          韓国みたいに企業が意欲的なら核保有国じゃないくてもいけるんですけどねぇ。
          長年禁止されてきた企業に今更努力しろって言ってもなぁ、、、

          5
    • POP
    • 2022年 3月 13日

    部品製造国を見ると米国の製造業は死んでるなと思ってしまう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP