米国関連

米上院もウクライナ支援法案を可決、バイデン大統領が署名すれば支援再開

米下院は20日に停滞していた対外援助パッケージを可決、米上院も23日に審議と投票を行い79対17で可決し、この法案にバイデン大統領が署名すればウクライナ支援が直ぐに再開される予定で、バイデン政権と国防総省は約10億ドルのパッケージを準備しているらしい。

参考:‘Now go win the fight’: US Congress passes Ukraine aid after months of delay
参考:Statement from President Joe Biden on Senate Passage of the National Security Package

バイデン政権と国防総省は約10億ドルのウクライナ支援パッケージを準備している

米下院は停滞していた対外援助パッケージに関する規則投票を316対94で可決、20日にパッケージを構成する各法案(ウクライナ支援法案608.4億ドル、イスラエル支援法案260億ドル、台湾支援法案81.2億ドル、十数の包括的法案=第4の法案)の審議と投票を行い、超党派の支持を得て全ての法案が可決され上院に送付された。

出典:the House

米上院も対外援助パッケージの審議と投票を行い79対17で可決、この法案はホワイトハウスに送付され、バイデン大統領が署名すればウクライナ支援が直ぐに再開される予定で、バイデン政権と国防総省は約10億ドルのパッケージを準備していると報じられている。

さらにパッケージに含まれる装備や弾薬の大半は欧州に移送済みで、正式に支援パッケージが発表されれば直ぐウクライナに運び込まれるはずだ。

追記:バイデン大統領は水曜日中(日本時間の25日)に法案へ署名すると表明した。

関連記事:ウクライナ支援を主導したジョンソン下院議長、なぜ立場を変えたのか?
関連記事:米下院が608億ドルのウクライナ支援法案を可決、ロシア凍結資産の転用も
関連記事:米下院によるウクライナ支援法案の可決が濃厚、ロシア凍結資産の転用も

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

米海軍、ニーズの高い専門職に最大10万ドルのボーナス支給前のページ

米海軍長官は艦艇建造に海外の造船所活用を希望、米造船業界は反対次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴

    米空軍は1989年7月17日に初飛行を行ってから30周年を迎える「B-…

  2. 米国関連

    米空軍、F-15Eの旧型119機を2028年までに削減することを検討中

    Aviation Weekは「米空軍は2025年からF-15Eの旧型1…

  3. 米国関連

    豪州のアタック級潜水艦より安い? 米海軍、バージニア級原潜ブロックV建造に3.8兆円を投資

    米海軍は12月2日、ゼネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボートに対…

  4. 米国関連

    何故隠した? 米海軍、位置を偽装報告したイージス艦の艦長を解任

    米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ディケーター」艦長の解任理由…

  5. 米国関連

    訓練への過剰投資を見直す米空軍、訓練用途に回してる初期ブロックのF-35A処分に言及

    米空軍で戦略とマルチドメイン(多次元戦闘)作戦のコンセプト開発を担当し…

  6. 米国関連

    米海軍、タイコンデロガ級巡洋艦の退役が議会に拒否されると数十億ドルの予算不足に陥る

    米海軍が2022年度に7隻退役させることを主張しているタイコンデロガ級…

コメント

    • 幽霊
    • 2024年 4月 24日

    後は支援が本格化した後にウクライナが最低でも戦線の維持もしくは反撃に移れるかですね。
    ロシア側としては支援が本格化する前に出来るだけ全身する事が目標でしょうか?

    10
    • たむごん
    • 2024年 4月 24日

    前線にどのような影響がでるのか注目したいと思います。
    ウクライナ戦争の1年目は、国際情勢のトップトピックとして、世界中に大きなインパクトがあったと思います。

    中東情勢が、今は厳しい状況になりつつあり、世界のトップトピックに浮上しています。
    アメリカや西欧にとって、イスラエルの重要性は段違いですから、限られた軍事資源をどのように配分するのでしょうね。

    2
    • lang
    • 2024年 4月 24日

    アフガン撤退したのに

    早速、イスラエルとウクライナという泥沼に自らはまりにいく米国のお粗末ぶり

    支援したところで、多分時間稼ぎにしかならないと思いますが・・・

    23
      • 理想はこの翼では届かない
      • 2024年 4月 24日

      アメリカからすれば死ぬのはスラブ人だし自国の在庫整理と産業復活ができるからそれでいいのでは?
      ウクライナが負けようが滅びようが、アメリカにとって本当の大事にはならんでしょ
      ウクライナ人が最後の一人まで死に絶えたほうがEUに難民が増えなくて良い、ぐらいの感覚かもしれない

      10
    • マダコ
    • 2024年 4月 24日

    これで、ウクライナが優位に立つとはもはや思えずで、二年前なら、ウクライナも何とかなりそうだと自分でも思っていましたが、ウクライナ軍の人的消耗なのか、質が落ちているようにしか思えずで、折角の高価なハイテク兵器も数とバリエーションの前では予想以上に役立たずで、そもそも米国そのものは大丈夫なのか?とすら思える状況です。高価なハイテク兵器は、対テロに特化した仕様で、巨大な戦力での組織戦には向かずで、宇宙戦艦ヤマトのアンドロメダではありませんが、慢心の象徴のように見えます。作中でも、真田さんが、「これでは勝てない」と言っていたことを思い出しますし、それは的を得ていて、マンパワーの力というものも再度確認したという感想です。

    15
      •  
      • 2024年 4月 24日

      もともと質はそれほど高くなく開戦と同時に総動員によるマンパワー優位とロシアの致命的作戦ミスで一時的に優位に立てただけだと思う。

      6
    • こんにちは
    • 2024年 4月 24日

    戦争が2年を超えていますが、開戦当時愛国心いっぱいで自ら徴兵に応じていたあの若者たちはどうしてられるでしょうか?
    ウクライナ政府は死傷者を公表していませんが、心配しております。
    2年もローテーション無しで戦っておられるのでしょうか?
    多くの方はもう死傷されてしまっているのでしょうか?
    自ら進んで祖国の人たちを守る為に戦いに出られた方々が、2年以上前線に張り付き、心身ともに疲れ果てているならば痛々しいかぎりです。
    日本は侵略されている国ウクライナにせめて自国防衛の兵器を与えられる日本になってほしいです。
    退役している、これから退役?のナイキ、戦車などなど供与できるようになりたいものです。

    4
    • Easy
    • 2024年 4月 24日

    うがった見方をすれば、もはや英米にとっては「いかに上手に損切りするか」というフェイズに入っており。
    最悪ケースは「ウクライナが西側装備品を大量に抱えたままロシアに全面降伏」。これは政権にとっての大失点になりますから、何がなんでも避けなければならない。
    最良ケースの「ロシアに圧勝」はもはや望むべくもなく。
    となると無難に終わらせる出口としては。
    ・ウクライナ軍を消耗させ、戦後に欧米に歯向かっても軽く叩き潰せるように弱体化させておく。
    ・西側兵器は可能な限り消耗させ、ロシアに破壊させて戦後に使えないようにする。
    ・西側に恨みが向かないように、「西側の支援は充分にあったがウクライナ軍が不甲斐ないために負けた」というストーリーを作成し、ウクライナ人擦り込む。
    この3点を戦略目標に動いている形跡がありますね。

    21
      • たむごん
      • 2024年 4月 24日

      仰る点、自分も同意します。

      ロシアを除けば、ヨーロッパ最強の軍事国家が、大量の装備を抱えたままどうなるのか懸念されてた事を思い出しました(武器流出を含む)。
      小出しに装備を出している理由は、隣国が強くなりすぎると、新たな紛争の火種になり兼ねないでしょうし。

      日本にいると麻痺しますが、仮想敵国の隣国にガンガン喜捨してパワーバランスを崩したり、自国が貧乏になる方が異常だと感じています。

      3
    • irokoi
    • 2024年 4月 24日

    この手の話題が出ると『西側は手を引きたくてしょうが無い』論が出てきますが、西側諸国が築き上げた国際秩序をアホがひっくり返しだんだから、ウクライナが死ぬかロシアが核でも持ち出さない限り支援は続くでしょう

    アメリカの支援停止だって選挙期間中はIQが著しく低下するいつもの病気ですし、どうせ支援法案が通るだからとこっそり裏で準備してたのが何よりの証拠です

    28
      • のー
      • 2024年 4月 24日

      全くですね。
      どうせトランプも共和党も、政治的駆け引きで反対のフリをしてただけで、初めから予定調和だったのでしょう。
      NATOとしてはウクライナは、せめて緩衝地帯として残ってもらわないと困ります。
      日本にとってもロシア弱体化は有難いわけで。ウクライナには頑張ってもらわねば。

      18
      • M 
      • 2024年 4月 24日

      まあ支援がゼロになることはないだろうが、増えることはないだろうね。

      3
      • 名無し
      • 2024年 4月 24日

      >>西側諸国が築き上げた国際秩序をアホがひっくり返しだんだから

      ひっくり返しだアホは>西側諸国自身だろ

      13
        • たむごん
        • 2024年 4月 24日

        イスラエルの暴走、欧米が全面バックアップしたのを見ると、国際秩序に関してはとやかく言えなくなりましたよね。

        ガザの民間人の死傷者、ウクライナ戦争よりも短期間なのに多いわけですから。

        6
        • 匿名11号
        • 2024年 4月 24日

        いや、ロシアでしょうねえ。

        あからさまに他国に侵攻し、自国領土を拡大したわけだから、その後ではどんな所業もおとなしく見られてしまうでしょうねえ。

        14
          •  
          • 2024年 4月 24日

          それ以前から西側諸国が散々他国への主権侵害を直接・間接的に繰り返していた事実は都合よく無視するとか認知の歪みも甚だしいですね。

          3
            • u
            • 2024年 4月 25日

            西側がいつプーチンの如くロシアの領土に軍隊を進めて一般市民を虐殺をしました?
            西側はいつロシアの発電所をミサイル攻撃しました?
            西側はいつロシアの畑から小麦を略奪して売り払おうとしました?
            西側はいつロシアの都市を廃墟にしました?

            プーチンがやらかした極悪非道の所業を都合よく無視するとか認知の歪みも甚だしいですね。

            9
              • 名無し
              • 2024年 4月 25日

              ロシアの領土にとか取って付けた様な条件を追加し出すのは草

              2
              • Easy
              • 2024年 4月 25日

              そういえば我々は、
              イラクの領土に軍隊を進めて10万単位で市民を殺し。
              イラクの発電所にミサイルを撃ち込み。
              イラクの石油を奪って売り払い。
              イラクの都市を廃墟にしましたね・・・
              で。
              「あ、ごめん大量破壊兵器なんてなかったね(テヘペロ)」
              非道、と言うならこれも目を覆うような非道ですよね。我々の所業です。

              5
                • 匿名11号
                • 2024年 4月 25日

                その米国もさすがに、イラクやベトナムやアフガンを51番目の州にしようとはしなかったですからねえ。

                いくら「西側諸国の非道」とやらを盛って印象を薄めようとしたところで、ロシアの19世紀的侵略行為が一線を画してしまった現実は変えようがないですよ。

                2
                  •  
                  • 2024年 4月 26日

                  ご都合主義全開ですね

                  1
                    • 匿名11号
                    • 2024年 4月 26日

                    ロシア愛が高じたゆえの認知の歪みというものでしょうねえ。

                    正当化と裏返しの「他の奴らもやっているのに何が悪い」を展開しようとするとそうなりがちです。

                    4
                      •  
                      • 2024年 4月 27日

                      ご都合主義全開のダブスタで逃げて、ロシア愛がだのと妄想までし出すとは認知の歪みが深刻ですね。

    • ミカ
    • 2024年 4月 24日

    防御に徹するには充分な支援。
    攻勢に出るには中途半端って感じかな。
    来年に攻勢に出られるかは大統領選次第。
    噂されてるロシア軍の大攻勢のようなものも自分は無いと見ている。
    今のような攻撃が気温の上昇と共に少し活発になる程度で。
    ロシア軍は長期戦の構えなので損耗を控えるため博打的な攻勢はしない。
    大兵力で大きな突破をしようとせずひとつひとつ地味に街を制圧していくだろう。
    大攻勢に出るとどうしてもキルレシオ不利になるからだ。
    後方のインフラ攻撃や前線の空爆でじっくりウクライナ軍の体力を削ることに終始するだろう。

    13
    • しゅら
    • 2024年 4月 24日

    今回で支援も終わりに向かう気がする
    これでダメならもう諦めてね、って感じ

    1
    • 暇な人
    • 2024年 4月 25日

    ウクライナが久しぶりに反撃に出た(成功したかどうかは謎だが)のだからある程度効果はあったとは思う
    ただまあウクライナが持つとは思えないので結局ウクライナの死者を増やすだけに終わると思う。

    個人的にはウクライナよりイスラエル支援がなあ。イスラエルはさっそりガザへの爆撃を強化してる
    イスラエルに金やったら虐殺に使われるだけだってのに

    イラン挑発してイスラエルヤバイ金くれってことで大使館爆撃した気がしてきた

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP