ウクライナ戦況

クリミア攻撃、オペレーション・トップガンの主役はF-14ではなく無人機

ウクライナ国防省情報総局は26日「黒海艦隊所属の第126沿岸防衛旅団を攻撃した」と明かしていたが、特殊作戦軍も28日「他の国軍部隊と共同で黒海艦隊所属の第126沿岸防衛旅団を攻撃した。無人機を使用した作戦名はオペレーション・トップガンだった」と発表した。

参考:“Операция Top Gun”: ССО показали БПЛА, которыми ударили по 126 бригаде ЧФ РФ в Крыму
参考:Данилов об ударе по “Триумфу” в Крыму: Это наша новая ракета, показала себя безупречно

この作戦の複雑さは特定の地形に起因しており、投入された無人機は困難ルートを無事突破して目標に到達した

ロシア国防省は25日「ウクライナ軍がクリミアを42機の無人機で攻撃したが、防空部隊によって9機が撃墜され、電子戦で33機が制圧され目標に到達することなく墜落した」と発表したものの、ウクライナ国防省情報総局(GUR)のユーソフ報道官は「クリミア南部のペレヴァリノエ村に駐屯する第126沿岸防衛旅団を攻撃した」と明かし、Krym.Realiiも「第126沿岸防衛旅団に対する攻撃で2名が死亡し7名が負傷した。負傷者はシンフェロポリの病院に搬送された」と報告。

この件についてウクライナ特殊作戦軍(ССО)は28日「他の国軍部隊と共同で黒海艦隊所属の第126沿岸防衛旅団を攻撃した。クリミア南部のペレヴァリノエ村を攻撃するため複数の無人機が投入され、第126沿岸防衛旅団に死傷者を発生させた。この作戦の複雑さは特定の地形に起因しており、投入された無人機は困難ルートを無事突破して目標に到達した」と発表し、この作戦名が「オペレーション・トップガン」だったと明かしている。

さらに作戦に投入された無人機の写真も公開しているが、これはウクロボロンプロムが開発した自爆型無人機=ウクライナ版Shahed-136とは異なる機体(機首にあるカナード翼がない)で、これが何なのかは不明だ。

出典:Рада національної безпеки і оборони України

因みにクリミア西部のタルカンクート岬でS-400を破壊したミサイルについてハープーン、ネプチューン、ブリムストーンの名前が挙がっていたが、国防安保委員会のダニロフ氏は「最新のウクライナ製ミサイルによる攻撃だった」と明かしたため、開発を進めていると噂されていた「ネプチューンの対地バージョンだ」という声が多いものの確証はない。

さらにロシア領クルスク州の飛行場を攻撃した無人機について「段ボールと輪ゴムで作られたCORVO PPDS(豪Sypaq社製)が攻撃に使用された」という情報が拡散しているが、この情報の大元はロシア人の軍事ブロガー(Истребитель-бомбардировщик)で、この主張は視覚的に裏付けられておらず、他のロシア人情報源や軍事ブロガーもPPDS使用の話に追従していないため様子を見た方がいいだろう。

PPDSの作動範囲は60km程度なので、もし軍事ブロガーの話が真実なら「飛行場への攻撃はクルスク州に潜入した工作員によるもの=Tu-22M3の破壊に成功したソリツイ2基地に対する攻撃と同じ手法」ということになる。

追記:クルスク州の飛行場に損傷は見当たらないらしい。

関連記事:ウクライナ軍、クリミアに駐屯する第126沿岸防衛旅団を攻撃したと発表
関連記事:ウクライナ軍がクリミアへの上陸作戦を実施、タルカンクート岬付近で交戦
関連記事:ウクライナ軍、クリミア西部に配備されたロシア軍のS-400破壊に成功
関連記事:ウクライナの無人機がロシア軍基地に着弾、Su-30やS-300が損傷した可能性
関連記事:ウクライナが初めて露Tu-22M3の破壊に成功、掩体壕の必要性が浮き彫り
関連記事:クリミアで発生する謎の爆発、ウクライナは新型兵器のテスト結果であると示唆
関連記事:消耗できる強み、段ボールと輪ゴムで作った豪無人機がウクライナで活躍

 

※アイキャッチ画像の出典:Командування Сил спеціальних операцій ЗС України

米海軍、F/A-XXの機体候補はロッキード、ボーイング、ノースロップ前のページ

サウジはGCAP参加のため巨額の資金で英伊を買収可能、日本は未知数次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ人ジャーナリスト、なぜ軍上層部は同じ過ちを繰り返すのか

    ウクライナ人ジャーナリストのブトゥソフ氏は「なぜロシア軍がアウディーイ…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がハルキウ方面での反撃を準備中か、50個大隊以上が集結?

    シルスキー総司令官はハルキウ方面の状況について「敵は積極的防御に切り替…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、イワニフスキー方向でロシア軍を押し戻し支配地域を回復

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは23日「イワニフスキーの南…

  4. ウクライナ戦況

    勢いが落ちないロシア軍の攻勢、オチェレティネ方向で支配地域を大きく拡大

    DEEP STATEはアウディーイウカ方面について「ロシア軍はノヴォオ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、クレミンナ解放に関する公式情報を忍耐強く待って欲しい

    ニューヨーク・タイムズ紙は「ウクライナ軍がクレミンナ奪還に近づいている…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナのクレバ外相、パトリオットシステムの運用開始は6ヶ月以内

    ウクライナのクレバ外相は26日、米国が提供を決めたパトリオットシステム…

コメント

    • 曖昧
    • 2023年 8月 28日

    大きさ的にこの段ボールドローンで遠距離攻撃するなら積める爆弾量は限られる。
    段ボールドローンでやるならもっと巨大にする必要がありそう。

    • ねこ
    • 2023年 8月 28日

    誰が飲みさしのコーヒを吐いたのか?

    1
    • 58式素人
    • 2023年 8月 28日

    先日の、S400の爆発状況の動画を見ると。
    命中による一次爆発の大きさも結構なものに思えます。
    PPDS(ソ連の機関銃みたいな名前、笑)は種類にもよりますが、
    積載量は大きいもので11ポンド(5kg)とのこと。
    全部が炸薬だったとして、105mm榴弾砲の炸薬の2個分ですね。
    素人なので勝手に想像しますが、一次爆発はもっと大きい気がします。
    飛び込んだドローンは、もっと大型のものでは?。
    ここで話を変えますが、ウクライナにミゼットサブを供給した方が良いのでは。
    昔のドイツのゼーフント(水中14.9t)みたいなもの。航続距離290海里です。
    533mm電池/モーター推進魚雷を2本携行。これを今の技術で再解釈をして。
    UUVも良いのですが、母船がそばにいないと水中障害(防御網)や
    水中環境(海流など)に対処ができない気がします。
    ゼーフントは小柄ですし、C130では無理ですが、輸送機で運べそうな気もします。

    2
    • 黒丸
    • 2023年 8月 28日

    エンジンと制御装置だけ持ってロシアに入国して、段ボールを集めて機体を作り、
    花火をほぐして火薬を集め、そうして作ったドローン軍団で奥地にあるロシア軍基地を攻撃なら
    ウクライナの手でドローンの歴史がまた1ページ と思ったのだが

    流石にそれはないのか。残念

    2
    • 7c
    • 2023年 8月 28日

    『他国と軍事作戦』と、第3国の存在匂わせちゃいけないでしょ。
    折角の味方が手を引く可能性あるやん。
    NATO諸国の支援は大っぴらだけど、それでも「支援」に留めている訳で、参戦したとあっちゃ…

    1
      • ほんへ
      • 2023年 8月 29日

      特殊作戦群と他のウクライナ国軍部隊ってことじゃないの?
      いきなり第三国参戦してたらNATOが手を引く可能性どころの話じゃなくて玉突き宣戦まである大惨事だから騒ぎになってないはずがないし

      6
      • nachteule
      • 2023年 8月 29日

       いや流石に内容にやばさを感じたなら最低限は元記事確認すべきやろ。普通に他の国防軍と協力したとあるが?それでなくとも管理人さんの内容でも「他の国軍部隊と共同で」とあるので流石に都合の良い部分だけ見た勇み足では?

      4
    • TA
    • 2023年 8月 28日

    >この作戦の複雑さは特定の地形に起因しており、投入された無人機は困難ルートを無事突破して目標に到達した
    マーヴェリックは無人機に抗う話だったのに皮肉かな

    1
    • うー
    • 2023年 8月 29日

    映画「トップガン・マーヴェリック」の公開日は、世界最速でも開戦後の5/18。

    ウクライナの人達はも見られたんかな…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP