ウクライナ戦況

バフムート市内の戦い、ウクライナ軍の第56旅団駐屯地にロシア軍が到達

ウクライナ軍はクロモヴェ方面のロシア軍を押し戻すため反撃を開始したが、バフムート市内ではロシア軍が第56機械化旅団の駐屯地に北と東から到達、市内で戦うウクライナ軍は街の西端に追いやられている格好だ。

遂に第56機械化旅団の駐屯地周辺までロシア軍が到達

ロシア軍はバフムートを包囲するためクロモヴェ方面で前進を試みているが、ウクライナ国家親衛隊の第3突撃旅団(2022年12月にアゾフ特殊作戦部隊を再編して創設)が付近で反撃を開始、バフムート市内ではロシア軍がⒹⒺに到達、さらにRose Alley周辺や第三中学校周辺もロシア軍に奪われた可能性が高い。

出典:GoogleMap バフムート市内の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

つまり「第56機械化旅団の駐屯地周辺」が市内の最前線という意味で、ウクライナ軍は街の西端に追いやられている格好だ。

果たしてバフムート市内のウクライナ軍はあとどれだけ抵抗を続けられるのだろうか?


因みに上記動画=Ⓑはウクライナ空軍機がJDAM-ERを使用したとされる空爆地点だ。

関連記事:ロシア軍が再びバフムート包囲に向けて攻勢、市内でもじわじわ前進中
関連記事:ヘルソン州の戦い、ドニエプル川左岸のオレシキー郊外にウクライナ軍が到達
関連記事:バフムート市内の戦い、ロシア軍がウクライナ軍を街の西端に押し出す
関連記事:米国、6月にM1エイブラムを使用したウクライナ人の訓練をドイツで開始
関連記事:ウクライナにブラッドレーとAMX-10RCが到着、パトリオットも引き渡し済み

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

豪州、3,600億円を投資して長距離攻撃兵器の国内製造を2025年に前倒し前のページ

ウクライナ国防省、ロシア軍は兵力36.9万人と重火器5,900門を戦いに投入次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナはアフガニスタンではない、MQ-1Cの対地攻撃は通用しない

    ウクライナ軍の関係者は「ここはアフガニスタンではないのでMQ-1Cを対…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ国防相、ハルキウのように反攻作戦が進むと期待しないで欲しい

    ウクライナのレズニコフ国防相は「現在の反攻作戦がハルキウの時のように進…

  3. ウクライナ戦況

    懲りないロシア軍に11回目の罰、ウクライナ軍が再びヘルソン空港を攻撃

    ウクライナ大統領府顧問のオレクシー・アレストビッチ氏は27日に「ヘルソ…

  4. ウクライナ戦況

    今度は大寒波がロシア軍兵士を襲う、鋼鉄製の冷蔵庫に座るようなもの

    ウクライナのキエフやハリコフ周辺には大寒波が到来し気温はマイナス10度…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍が再びバフムート包囲に向けて攻勢、市内でもじわじわ前進中

    ロシア軍は再びバフムート包囲に向けてクロモヴェ方面の攻勢を強めており、…

  6. ウクライナ戦況

    侵攻648日目、ロシア軍が戦場の主導権を握って各地で前進を遂げる

    ロシア軍によるウクライナ侵攻から648日目が経過、ウクライナ軍の反攻作…

コメント

    • 中華皮蛋
    • 2023年 4月 26日

    諸々のニュースを見ると明らかにウクライナの損害は軽微で、ロシア軍の損害は甚大だ。仮にバフムートを奪取したとしても、もうロシア軍には余力は残されていないでしょうね。崩壊間近です。

    17
      • 名無し
      • 2023年 4月 26日

      いまだにウクライナの損害が軽微とか言ってるからふかしまくりのイギリス国防省ともどもバカにされるんだろ
      この状況と長期間の戦闘で両軍大損害以外ありえねーっつーの

      81
    • 5swkt
    • 2023年 4月 26日

    ・ロシア軍はバフムート攻略に戦力を集中し他の地域では攻勢が減っている。
    ・ワグネルは戦力の損耗が激しく今は特殊部隊や空挺部隊が中心。
    ・ロシアで動員された兵士のうち12万人はまだウクライナに投入されていない。

    ロシアはバフムートで精鋭部隊を磨り潰しているけど、ウクライナは5月までバフムートを保持する気なのかしら。

    10
      •     
      • 2023年 4月 26日

      >ロシアで動員された兵士のうち12万人はまだウクライナに投入されていない。

      これはロシア軍スキーの全裸中年男性の「推測」で、既に投入済みだろうって専門家も複数いるな

      15
        • ダヴ
        • 2023年 4月 26日

        元記事では「残り12万人は損耗を補うための作業に従事してるので前線に出せない」というニュアンスで、明らかに全裸中年の誤読だよ。

        あの人はなんだかんだ戦況についてロシア寄りのバイアスがかかってる。

        11
          • 牛丼チーズ
          • 2023年 4月 27日

          誤読かどうかは意見がわかれるところだと思うが、あの人にロシア寄りのバイアスがかかってるなんてことはありませんよ。そんなバイアスはなく冷静に事実ベースで分析されています。素人が勝手なことをいうのはよくないですよ。

          17
    • 2023年 4月 26日

    この戦いだけで両軍相当損害を被っているだろうからあと少しは激しい戦いが続いてその後はダラダラゲリラ的に戦うんだろうな

    • T
    • 2023年 4月 26日

    両軍ともこの戦いで相当損害を被っているだろうからあと少しは激しい戦いが続いてその後はダラダラゲリラ的に戦うんだろうな

    •    
    • 2023年 4月 26日

    兵站線が生きてるし、やろうと思えば相当長く遅滞戦闘可能だろな

    こんなちっぽけな街でさえ包囲できないってなあ
    ロシア軍の冬季攻勢とはなんだったのか

    17
      •  
      • 2023年 4月 27日

      いや完全に囲まれてはいないってだけで既に側面押し込まれて補給線に砲撃受けてるんだから戦闘効率なんか推して知るべしだろ

      16
    • 横田
    • 2023年 4月 26日

    もうここまで来たら5月上旬まで持ったら上出来なんでは
    それとも対独戦勝記念日までなんとか抗戦するのだろうか
    相手に合わせて記念日にこだわるのはやめたほうがいいと思うけども

    16
    • 2023年 4月 26日

    ここまで粘れるとは、アメリカや当のウクライナも思ってなかったかもしれないな。
    後はどこで反攻するかだな。

    5
      • A-11
      • 2023年 4月 27日

      去年ロシア軍を逆の立場でハメてハルキウ奪還作戦に至り、誰からも陽動に過ぎないと否定されていた、ドニプロ川越しで反攻中という話もあります。
      ウクライナ 博物館攻撃され2人死亡 南部でロシア側兵器を破壊 | NHK | ウクライナ情勢
      リンク
      一方、ウクライナ軍の南部方面司令部の報道官は24日、地元メディアに対して、ヘルソン州で、ロシア側が支配するドニプロ川の東岸にある大砲や戦車、それに防空システムなどを破壊することに成功したとアピールしました。
      アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は22日、ドニプロ川の東岸の一角に、ウクライナ軍が陣地を築いた可能性があるという見方を示しています。
      報道官はこれに言及せず、東岸の前線でウクライナ軍が活発に活動しているとしながら「任務の遂行には沈黙が必要だ」と述べていて、大規模な反転攻勢に向けて慎重に作戦を進めているものとみられます。

      私も、ドニプロ川越し単独では橋をやられて去年のロシア軍の二の舞がオチだと考えますが。
      奇襲効果の面では大きいので、アゾフ海岸打通の可能性が最も高い方面だろうし。
      橋をやられてドニプロ川越しの陣地が干上がるまでの間に、その陣地を金床に使って別方面でのアゾフ海岸打通をキメれば、ロシア軍の半数近くを捕虜にできます。
      しかし、川越し陣地の確保に使った機動戦力を西岸に戻す前に橋がやられる危険があり、それに備えて別方面でのアゾフ海岸打通用に機動戦力を2セット用意しなければならないので、やっぱり無茶でしょう。

      4
        •  
        • 2023年 4月 27日

        去年のウクライナの夏期反攻は戦線の成り行きで開戦直下の攻勢が停滞したのがあの位置だったからロシアが北東方面の戦力を抽出して南部の撤退と安定に投入しなきゃならなかっただけだ
        別にウクライナの大計略が成功してロシアをはめられたって話じゃない
        全部戦線の自然な推移に過ぎない

        9
    • パセリ
    • 2023年 4月 27日

    半年ほど落ちる落ちる言われてやっとここまで来たか
    何度か書いてる気がするけどまぁ割のいい損害何じゃないかね??
    陥落したとしても既に政治的にはウクライナの大勝利と言ってもいいし

    11
    • gepard
    • 2023年 4月 27日

    バクムトは低地に位置する市街地であり、これを有効な防衛拠点としていたのは北部と南部周辺の丘に張り巡らされた塹壕網でありそのほとんどが2月末頃までに奪取されていた。丘の上からATGM・戦車砲・迫撃砲などから打ち下ろされることになり物量と火力で劣勢のウクライナ軍がこの段階で有利なキルレートを保持することは考えにくい。それ以降のウクライナ軍の抵抗は恐らく反攻作戦までの時間稼ぎと陥落がもたらす政治的影響を阻止しようとした政治的な試みだったのだろう。
    今後のウクライナの動きは、何度も主張しているがチャシブ・ヤールの丘陵地帯に下がり、運河と合わせた地の利を再び活用することで戦線を安定させるべきである。ここで防衛ラインを構築できればスラビヤンスク・クラマトルスクが脅かされる恐れはない。無理にバフムトの保持にこだわればますます戦況が不利になることは間違いないだろう。

    15
    • れんちゃ
    • 2023年 4月 27日

    プリゴジンが市役所取れば勝ちだとか、市街地取れば勝ちだとか変なルールを言い張ってるだけなので…仮にウクライナ軍が一時的に郊外に撤退したとしてもバフムト市街地を含むこの周辺での奪い合いが続くだけなのでは?という気もしないでもない。
    逆に言えばワグネルやロシア軍もそこから先に行かずに侵攻を止めたり、兵力の大規模撤収なんか出来るの?という話でもあるよね。
    むしろこんな所にこれだけの分厚さの包囲と装備と兵力をつぎ込み続けて漸く一時的に市街地から敵を撤収させたかも知れないって程度の話でしかないので…既に耐えるとか耐えないとかそういう話ではないのかも知れない。ロシア軍はこんなに時間をかけてここを取って何をしたいの?そして、ずっとここを守り続けられるの?という様な…

    16
    • 名無し
    • 2023年 4月 27日

    慎重に撤退戦を進めてるだけにも見える。
    どうも市街地を死守する感じには見えない。

    2
    • panda
    • 2023年 4月 27日

    バフムート市街はほぼ完全に破壊されていて防御拠点としての能力も相当低下しています
    放棄の時は近いかもしれません

    5
    • TKT
    • 2023年 4月 27日

    この第56独立自動車化歩兵旅団というのは、もともとはマリウポリに配備されていた旅団で、包囲されたアゾフ連隊を残したまま退却に成功した旅団で、その後はピスキーにも配備されていたが、ロシア軍の攻撃を受けて退却し、さらに最近ヴフレダールから移動してきたという旅団であり、各地で消耗を重ねていて強そうな旅団には思えませんが、他に援軍になりそうな旅団もなかったのでしょう。

    マリウポリ、ピスキーと退却を続け、今またバフムトに投入されてすぐにまた退却しないといけないかもしれないというのは、可哀そうというか、不運な旅団にも思えます。マリウポリで一度完全に壊滅した第3アゾフ強襲旅団も複雑な気持ちかもしれません。

    T-80U戦車を装備する精鋭の第93独立機械化旅団も、今はすでに団地のアパートの間で戦車戦をしているような状況です。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP