ウクライナ戦況

クリミアでロシア海軍の大型揚陸艦が爆発、ウクライナ軍が関与を認める

クリミア半島のフェオドシヤで26日午前3時頃に大きな爆発があったと報告されていたが、ウクライナ空軍のオレシュチュク司令官は「黒海艦隊の旗艦モスクワに続き大型揚陸艦ノヴォチェルカスクが登場した」と述べ、大型揚陸艦の爆発がウクライナ軍の作戦であったことを認めた。

参考:В Крыму защитники уничтожили вражеский корабль “Новочеркасск” – Олещук
参考:В оккупированной Феодосии прогремели мощные взрывы, возник пожар в порту

爆発の規模を考えるとノヴォチェルカスクは大破した可能性が高い

TelegramチャンネルのКрымский ветер(クリミアの風)は「26日午前3時半頃にフェオドシヤで大きな爆発があった」「港で何かが燃えている」「最初の爆発は午前2時50分頃に発生して船上で火災が発生した」「午前3時31分に大きな爆発が発生して港に近い家の窓が吹き飛ばされ、それから積まれていた弾薬も爆発した」「これはノヴォロシスク経由でフェオドシヤにShahed-136を輸送していた大型揚陸艦ノヴォチェルカスクの爆発だ」と報じていたが、ウクライナメディアは「空軍司令官がノヴォチェルカスクの爆破を認めた」と報じている。

ウクライナ空軍のオレシュチュク司令官は26日、ノヴォチェルカスクが爆発する映像と共に「ますますロシアの艦隊は小さくなっている。黒海艦隊の旗艦モスクワに続き大型揚陸艦ノヴォチェルカスクが登場した。作戦に関わったパイロットや全ての関係者に感謝する。手遅れになる前に我々のクリミアからズボンを履いて帰国しろ」とTelegramに投稿。

これがストーム・シャドウを使用した攻撃だったのか、工作員による破壊工作だったのかは不明だが、爆発の規模を考えるとノヴォチェルカスクは大破した可能性が高い。

追記:無人機による攻撃という情報が出てきたが真偽は不明。ウクライナ人ジャーナリストのユーリ・ブツソフ氏は巡航ミサイル(ストーム・シャドウ)による攻撃だと報告している。

追記:ウクライナ空軍は巡航ミサイルでノヴォチェルカスクを攻撃したと発表した。

追記:ロシア国防省は「ウクライナ軍のミサイル攻撃でノヴォチェルカスクが損傷した」と発表した。

関連記事:ウクライナ軍、巡航ミサイルで大型揚陸艦と改キロ型潜水艦の破壊に成功
関連記事:ウクライナ軍がセバストポリ造船所を攻撃、大型揚陸艦と潜水艦を破壊か
関連記事:ウクライナのダニロフ書記、もう1,500km離れた目標の攻撃に問題はない
関連記事:ウクライナ軍がノヴォロシスク基地を攻撃、ロシア海軍の大型揚陸艦が大破
関連記事:ウクライナ軍の自爆型USVはユーリー・イワノフに到達、ロシア側の主張を否定
関連記事:ウクライナが海中を徘徊する自爆型UUVを公開、自爆型USVの合理的進化
関連記事:ロシア領ノヴォロシースク港で爆発、ウクライナ軍が自爆型USVで攻撃か
関連記事:クリミアで発見された謎のUSV、ウクライナに提供された無人沿岸防衛艦?

 

※アイキャッチ画像の出典:Крымский ветер

侵攻670日目、ドネツク西郊外やバフムートでの戦いはロシア軍優位で進む前のページ

ロシア国防省、大型揚陸艦の損傷を認めるもSu-24Mを撃墜したと主張次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    EU、ウクライナ支援を強化するため「戦闘機」を提供すると発表

    EU外務・安全保障政策上級代表のボレル氏は27日、ブリュッセルの資金で…

  2. ウクライナ戦況

    ロシア軍は奪った戦利品とともに逃げ出し、ウクライナ軍は次々と街を解放

    ウクライナ軍参謀本部は11日「ハルキウ州のロシア軍は地元住民から奪った…

  3. ウクライナ戦況

    ぬかるみ始めたウクライナの大地、孤立するロシア軍の大軍

    首都キエフを攻略するため集結したロシア軍部隊について米英は「特に目立っ…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍がセベロドネツク市の大部分を支配、戦闘は市中心部で発生

    ルハーンシク州政府のロマン・ヴラセンコ氏は31日、ロシア軍がセベロドネ…

  5. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、武器が確保できれば奪われた領土を奪還すると断言

    露国営メディアは中央軍管区副司令の発言を引用して「第二段階背苦戦の目標…

  6. ウクライナ戦況

    オランダがPzH2000をウクライナに提供、ドイツが弾薬と訓練を提供

    米ブルームバーグは20日、ドイツはオランダがウクライナに提供するPzH…

コメント

    • 幽霊
    • 2023年 12月 26日

    象徴的な意味は有るけど軍事的にはあまり意味は無いのかな?現状ロシアが上陸作戦を行うとは思えないし。
    まあ工作員による破壊工作ならロシア側の防諜体制が劣化している証拠ですし、ミサイルによる攻撃ならこれもロシア側の防空能力が劣化している証拠でしょう。

    13
      • qwerty
      • 2023年 12月 26日

      この前、クリミア大橋が損傷して一時機能不全に陥ってた時は揚陸艦で物資輸送してたみたいだから、
      再度橋にダメージを与えられれば補給面で無視できない負担がかけられるかも。

      45
        • 猫猫猫
        • 2023年 12月 26日

        ヘルソン・ザポリージャ方面の陸上戦闘は事実上ほぼ停止しているので今となってはあまり戦局に影響を与えないかな。大量の兵站物資が必要な激しい戦闘は収束したので。
        Shahed-136を運んでいたというのが事実ならインフラ攻撃を多少緩和できるかもだが。
        ただShahed-136の航続距離を考えたらクリミアから発射する重要度は高くないようにも思える。

        10
      • 匿名11号
      • 2023年 12月 26日

      クリミアの駐留艦隊がたまらず後退すれば、再開されたウクライナからの海上輸送ルートに圧力がかけられなくなる。かといって、とどまれば艦船被害が累積していく。ロシア側に嫌な選択肢を強いることになりますね。

      20
      • 成層圏
      • 2023年 12月 27日

      元々、黒海艦隊は揚陸艦4隻のところ、北海、バルト海艦隊から5隻を追加して9隻体制で開戦した。
      上陸作戦やる気満々だったが、旗艦モスクワ沈没により、現状では、艦隊はかなり後方へ後退している。
      そして、今回の揚陸艦破壊により、上陸作戦のカードが更に使いにくくなったので、一定の効果があると考える。

      現在までのウクライナの艦艇への戦績は、旗艦モスクワ(満載11,300t)、ロプーチャ級揚陸艦ミンスク、ノヴォチェルカスク(4,080t)、タピール級揚陸艦サラトフ(4,700t)、キロ級潜水艦(3,950t)、多機能支援艦フセボロド・ボブロフ(9,500t)、哨戒艇4隻以上、上陸舟艇3隻以上。
      規模的には1艦隊くらいの損失だ。特に大型船の建造が難しくなっているロシア海軍には中長期的に結構なダメージだと思う。

      10
      •  
      • 2023年 12月 27日

      シャヘドや北朝鮮製の砲弾が大量に無くなったのは大戦果だと思う。
      シャヘドを全弾撃ち落とすのは偶にしかできてない。

      映像を見るとノヴォチェルカスクは激しい火花を散らしてキノコ雲をあげていた。
      少なくとも、その分シャヘドで死ぬ民間人が減る。

      7
    • マダコ
    • 2023年 12月 26日

    どうも、ウクライナ軍は、撃破による戦果報告主体の作戦に切り替えてきている感じが見えますね。撃破される事を覚悟で、後方にあったミサイル系の兵器を前進させているのではないか?と想像します。
    こういった作戦で戦況が変わるとは思えませんが、国内向けには意味があるのかもしれません。

    13
      • 魚虎
      • 2023年 12月 26日

      >撃破される事を覚悟で、後方にあったミサイル系の兵器を前進させているのではないか?と想像します。
      もしそうだとすれば、それらの在庫が無くなったときが恐ろしい。それまでに追加の支援が間に合えば良いのだけれど…

      1
        • マダコ
        • 2023年 12月 26日

        いえ、戦争末期と見ると、そういう捨て身の作戦が見られるのは、よくある現象なので、そういう想像をしてしまいました。

        20
      • 理想はこの翼では届かない
      • 2023年 12月 26日

      「我々はまだ戦えている、戦果を挙げられている」というアピール主体ということですかね
      停泊している大型揚陸艦というのはミサイルで狙いやすいのでしょうけど、戦略・戦術的な優先度が高いとは思えないので、象徴的な意味を優先してるのでしょうか

      5
        • マダコ
        • 2023年 12月 26日

        おそらくは、ウクライナ応援団やマスコミは、こういう作戦で「ロシア弱っ!」と騒いでくれるので、まだやれるという印象はあたえられるでしょうね。徴兵の口実にもなるかもしれません。
        ただ、ここ最近撃破情報を見ると、何かを動かしているとしか考えられないんですよね。やれるのであれば今までもやっていたでしょうし。

        9
    •  さ
    • 2023年 12月 26日

    1年前ならともかく今の情勢でこういうことをされても、メディア向けの受け狙いに感じて寧ろ白けるというか…
    効果のほどはともかくとして、言い方は悪いけど、テロ染みたやり方でちょっとイメージ悪いなぁ

    これを受けてロシアも防備を固めると思うけど、その結果として、
    そのうち民間人や市街地に攻撃して戦果を誇示する流れになったりしないだろうかと不安になる

    7
    • nmb
    • 2023年 12月 26日

    マリンカ陥落をロシア軍が公式に発表したことがニュースになった直後のことなのでおそらく敵の戦果報道を打ち消すための当て馬として前々から準備していたのではないですかね。
    バフムト陥落の直後に自由ロシア軍がベルゴロドに侵入した時と同様です。

    20
    • 765
    • 2023年 12月 26日

    今年の3月頃にベルジャーンシク港攻撃で損傷した艦じゃないか
    あの時は逃げ切れたが今回は駄目だったな

    8
      • すっとこどっこい
      • 2023年 12月 26日

      >今年の3月頃
      今年でなく、去年の3月ですね。そろそろ開戦して2年か・・・

      10
    • はる
    • 2023年 12月 26日

    戦果としてはいい結果出たと思うけどぶっちゃけ影響はそんな無いよね

    8
    • mko
    • 2023年 12月 26日

    そりゃ過半数の国もG7もロシア編入を認めて無いんだから当たり前では…

    30
    • ななし
    • 2023年 12月 26日

    爆沈して原形を留めないノヴォチェルカスクとダメージを受けた周辺港湾施設の写真も出回り始めていますね。
    まあこれ単独では致命傷でも何でもないですが、爆発の規模から数十~百トン単位の弾薬を喪失したと思われ、積み荷に含まれていたであろう軍用車両やロプーチャ級自身の輸送能力喪失と相まってロシアにとっては地味に痛いでしょう。

    19
    • 名無し
    • 2023年 12月 26日

    ロシアにしてやられたと報道されるクリミア半島だが調べてみると極めて平和的にロシアが統治しているんだよね。クリミア大橋が出来てロシアの一大観光地として成長したことも相まって今更ウクライナが統治するって無理じゃないかな?と外野から見た限り思ってしまう。
    ウクライナはクリミア半島の奪還まで掲げているけど実際のところウクライナ国民はどう思っているんでしょうね?

    3
      • 樺太
      • 2023年 12月 26日

      日本が平和裏に統治していた千島も台湾も樺太も朝鮮も戦争に負けた際には容赦なく切り取られている。

      国際法上合法であった日本の外地ですらこれなのだから、国際法上の根拠がなきに等しい「クリミア併合」など、ロシアが維持する意思と能力のどちらかを失ったら直ちに喪失となろう

      20
        • 樺太
        • 2023年 12月 26日

        補足すると千島は内地、樺太は昭和18年以降は内地

        4
        • 似非市民
        • 2023年 12月 27日

        イスラエルがパレスチナを平和裏に統治しているのとおんなじくらいですかね?

        1
      • 西風
      • 2023年 12月 26日

      だったら北方領土も平和的に統治してるのでロシア領土なんですかねぇ…?

      14
    • 航空太郎
    • 2023年 12月 26日

    揚陸艦が叩かれた場所がフェオドシヤ、クリミア半島の南東に位置しているので、こんなところを叩かれたということはロシアの警戒・防空網がかなり弱体化しているのは間違いないでしょう。陸上戦で拮抗していて、今回の成果が出たなら、クリミア半島干乾しへ着実な一歩だな、と思えたところですが……。

    全線がロシア軍の圧で崩壊してかけてる今となっては、寂しいですね。

    7
      • T.T
      • 2023年 12月 26日

      クリミア配備のS-400が叩かれたのと、S-300Fを積んでたモスクワ撃沈で西部に穴が空いてるのが大きいんですかね。

      5
        • YJ93
        • 2023年 12月 27日

        揚陸艦の攻撃にはストームシャドウが2発使われ、しかし港から2KmくらいのところにS-400が配備してあったという話も出て来ており、ロシア軍の防空はいったいどうなっているのかと疑問に思います。
        ストームシャドウは少しステルス性がありそうな外観をしているので、実は防空網もそれなりにかいくぐれたりするのでしょうかね。

        3
      • ななし
      • 2023年 12月 27日

      今年春の反攻開始のタイミングでこの戦果を挙げることが出来ていたら、ロシア軍に相当なプレッシャーになっていたでしょうね。
      ロシア軍の対空ミサイルが消耗したから可能になった戦果でもあるのでしょうが、確かにちょっと遅きに失した感があります。

      2
    • たら
    • 2023年 12月 26日

    ウクライナの方が弱いのですから、テロ的な攻撃を行うのは兵法として当然でしょう。

    4
    • うーん…
    • 2023年 12月 26日

    今後はこういうコストパフォーマンスや宣伝効果の大きいゲリラ的な戦争に移行していくという指針の提示なら大歓迎なんですけど
    これをネタにして来年も日本の金で両翼包囲された陣地を守るために兵士を注ぎ込んだり無意味に川渡って吹き飛ばされることを繰り返されると
    個人的にはもうやめてくれという感じになります
    おそらく来年の冬にはさらに状況は悪化して大量の支援を乞うているでしょうし

    2
    • 名無し
    • 2023年 12月 26日

    本邦としてはロシアの大型揚陸艦や戦闘攻撃機の撃破は陸上戦力の削減よりも有り難い所です

    しかしながら肝心の反攻作戦が頓挫してしまった現状での攻撃成功報告は西側の興味関心を再起させる効果が有れば御の字といった位でしょうか

    4
    • noname
    • 2023年 12月 27日

    爆発の様子から見て弾薬ではなく石油等の燃料を積載してたのかね
    弾薬や無人機を積んでいたとの情報もあるがどうもこの辺は分からんな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP