ウクライナ戦況

キーウ中心部で爆発が3回、ロシア軍が再びShahed-136で首都を攻撃

キーウのクリチコ市長は17日早朝「キーウ中心部のシェフチェンコ地区で3回の爆発が発生した」と発表、この爆発はロシア軍が使用したイラン製無人航空機「Shahed-136」によるもので「キエフ駅が攻撃を受けた」という報告がある。

参考:Киев: Россия атаковала дронами-камикадзе, прогремели три взрыва

サウジやUAEもイラン製無人航空機を使用した低空からの攻撃に手を焼いており、この戦法の有効性がウクライナでも実証された格好

今月10日にロシア軍はウクライナの都市を計108発の巡航ミサイルと無人航空機で攻撃したものの、11日以降の攻撃はエネルギーインフラに集中したため都市中心での爆発は発生していなかった。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

しかしキーウのクリチコ市長は17日早朝「キーウ中心部のシェフチェンコ地区で3回の爆発が発生した」と発表、この爆発はロシア軍が使用したイラン製無人航空機「Shahed-136」によるもので「キエフ駅が攻撃を受けた」という報告がある。

今回は市内での爆発だったため視覚的な証拠がネットにアップされており、見た目的な爆発の大きさは小さくない。

因みに首都上空の守りはウクライナの中で「最も充実している」と思われるが、サウジやUAEもイラン製無人航空機を使用した低空からの攻撃に手を焼いており、この戦法がウクライナでも「有効である(効率がいいのかは不明)」と証明された格好だ。

追記:スームィ州で重要なインフラが攻撃を受けたと、ドニプロでもエネルギーインフラがロシア軍の攻撃で破壊されたと報じられいる。

追記:攻撃を受けたドニプロ周辺でブラックアウトが発生。

追記:キーウに侵入しようとしたShahed-136の迎撃シーン、はやり小型UAVの迎撃は難しいのだろう。

追記:攻撃をうけるキーウ市内の様子

関連記事:ロシア軍発射のミサイルとUAVの数が100発超え、ウクライナ軍が半数以上を迎撃
関連記事:米国やサウジがアイアンドーム導入に動く理由、パトリオットではUAVの迎撃が困難か
関連記事:アラブ首長国連邦、フーシの攻撃を受けイスラエル製防空システムの緊急調達を検討か
関連記事:フーシの攻撃に悩むアラブ首長国連邦、エジプトに防空システム派遣を打診か

 

※アイキャッチ画像の出典:ukraine_map

韓国が天武288輌をポーランドに輸出、約9,000億円の契約を19日に締結前のページ

キーウ中心部で4回目の爆発、インフラが破壊されたドニプロで緊急停電次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が必要とするFPVドローンの数、最低でも1個旅団に月1,000機

    ウクライナ人ジャーナリストのユーリイ・ブトゥソフ氏が編集長を務めるCe…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、ボルチャンスク市内の部品工場でロシア軍部隊を包囲中

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは12日夜「ロシア軍がボルチ…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍のザルジニー総司令官、ATACMSの発射シーンを動画で公開

    ゼレンスキー大統領は「バイデン大統領との合意は履行されている」と述べて…

  4. ウクライナ戦況

    これで4ヶ国目、TB2をウクライナに送るためノルウェー人も資金調達を開始

    リトアニア、ウクライナ、ポーランドに続きノルウェーでも一般人がロシア軍…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍はスラビャンスク方面でも前進、ウクライナ軍はジリジリと後退

    ロシア軍はセベロドネツク方面に加えスラビャンスク方面でも前進を見せてお…

コメント

    • ido
    • 2022年 10月 17日

    やっぱりイスラエルが開発したSMASHを提供して歩兵でドローンが撃墜できるようにするべき。あと地対空ミサイルミサイルの配備と米軍在庫からのLPWSの提供をしてほしい。いち早く地対空防衛をしなければウクライナは冬越すのがむずくなる。

    12
    • 名無しさん
    • 2022年 10月 17日

    ロシア軍が上手にできるのは、民間人への攻撃とインフラへの攻撃だけね

    46
    • 7c
    • 2022年 10月 17日

    あれ?
    2日前に「当面攻撃しない」じゃなかったっけ?
    もうプーチンはんの言うこと誰も信用出来へんな。

    13
      • ななしい
      • 2022年 10月 17日

      プーは信用ならん奴なのは間違いないが、一応“ウクライナへのミサイル攻撃は当面行わない”と言っているので自爆ドローンでの攻撃なんでノーカンとも言えなくはない。

      しかしあまりおいたが過ぎるとイスラエルがマジで本腰入れて支援しそうだからロシアも今のうちやれるだけやっとけって感じなんだろうか?

      22
    • 通りすがり
    • 2022年 10月 17日

    反米が故かイランの肩を持つ国や人が居たけど、ここのところ急速に減ってそう
    ようやく相応しい扱いの立ち位置になるかな
    イランに限らず、今回の戦争で各国がどこに付いてどこに付かないのかはっきりして、世界が分かり易くなりそうだ

    38
      • Kenny
      • 2022年 10月 17日

      こうした「世界が善と悪に2分される」という世界観が冷戦崩壊後の世界を混乱させたのではなかったか、とは思うが、まあ熱い戦争が始まっている以上は誰も意気が下がらないのだろう

      3
        • HY
        • 2022年 10月 18日

        「善と悪」は主観的なものであって、正確には「自由と独裁」な。冷戦時代は曲がりなりにも「資本主義と社会主義」という経済体制の対立という建前だったから、「社会主義の嘘」がバレて冷戦終結した後は「資本主義の暗部」が世界に混乱をもたらした。けれど冷戦が終わっても「自由と独裁」の対立は終わってなかったんだよ。
         独裁国家は自分の体制を守るために自国と周辺国の自由主義・民主主義を根絶したい。民主国家はグローバルな世界で己の自由を守るために独裁主義の圧力に反抗しないといけない。冷戦とは事情が全く異なる事に注意すべき。

        1
          • Kenny
          • 2022年 10月 18日

          なるほど「自由と独裁」。
          いいですね、独裁国家は周辺の民主主義国にとって脅威だからバンバン制裁して抑制しますか?90年代からこの方、民主主義の輸出が何をもたらしたか、という話でもありますね。常に独裁国家だけが戦争を起こし、民主主義国家は止む無く抗戦している、なんてこたあ無いんですよ。
          今回の戦争の様にウクライナ側の正当性を疑う者が少ない場合でも、戦後にロシアを外から「民主化」しようとすれば大きな混乱を招くだろうし、これはイランでも同じでしょうね。
          もっとも、世界はそれでも前進しているのだ、自由民主主義国家は今こそ最後の聖戦にのぞみ、歴史を終わらせるのだ、という主張も否定はしませんが。

    • ぽち
    • 2022年 10月 17日

    どこまでも卑劣ですね。。。戦闘で負けて、一般市民とインフラ攻撃に特化?

    これほど被害があり、復旧よりも破壊が多いようでは、産業もまずいことになる
    弾道ミサイルの迎撃とドローンの無力化だけでも早急に供与した方がよいのでは??

    ベラルーシからの戦車70台、新兵訓練と越境攻撃、更にイランから弾道ミサイル購入
    (プーチンと取り巻きの延命にしかなってないのに、ウクライナが気の毒すぎる)
    欧米とイスラエルの援助は本当に間に合うのか? 早くしてくれ。。。

    15
    • 58式素人
    • 2022年 10月 17日

    前線も忙しいと思うけれど。余計なお世話とも思うけれど。
    対空機関砲(レーダー照準)を早急にインフラ周りに配置したほうが良いと思います。
    SRBMはさておき、Shahed-136ならば、対空機関砲で撃ち落とせると思います。
    長さ3.5m,翼幅2.5m,最大速度が185km/hであるそうなので。

    6
    • 無能
    • 2022年 10月 17日

    第二次大戦でV1の対策が撃墜なのに対してV2はドイツ本国を占領する他なかった事を考えると
    根本的な対策がロシア領内奥深くに前線を押し込むかプーチンの斬首位しか無くなってしまう

    6
    • KNOB CREEK
    • 2022年 10月 17日

    イランって親日国だし日本のエネルギー面においても重要な国だけど…いや〜もう駄目っしょコレは。
    欧米程のエネルギー価格に関して影響受けてなかったけど、もういい加減覚悟決めなきゃ駄目かも分からんね。

    6
      • 通りすがり
      • 2022年 10月 17日

      親日とかは国家間外交に関係ないし、イランが退化の改新をする前の、西側国家だったときの話
      それと経済制裁の一貫としてイランからの原油輸入はとっくにしていないし、元々割合も全体の2%程度(ややうろ覚え)
      大丈夫、幸い縁は既に切れてる

      34
    • AAA
    • 2022年 10月 17日

    イランまぢ許せねえよ
    イランに大規模な制裁しろ!・・・もうされてたわ
    イラン相手に打つ手はねえのか

    2
      • 無無
      • 2022年 10月 17日

      いま盛んな反体制運動を煽るしかない
      国内が混乱状態になれば自ずとロシア支援など止まる
      あまり外国が積極的に動くと逆効果の恐れがあるんで

      11
    • ジャンコイ
    • 2022年 10月 17日

    飛行距離的にベラルーシから飛ばしたはず
    とわ言えウクライナがベラルーシに攻撃を加えて北側にも戦線を増やすのは厳しい
    何もしなければ、また攻撃される
    ウクライナは非常難しいジレンマを抱えた

    1
    • 成層圏
    • 2022年 10月 17日

    やはりゲパルトを2キロ間隔で配備するのが手堅いのでは?
    数が足りんか、。

    2
      • きっど
      • 2022年 10月 17日

      ゲパルトは走行しながら使用可能なレーダー付き車両だから、優先順位としては前線だよね
      インフラの防衛であれば、レーダー管制された牽引式対空自走機関砲でも問題無いかと

        • 成層圏
        • 2022年 10月 17日

        そやね。
        これからは対空ミサイルもいいけど、もっと対空機関砲を増やさないといけないと思う。
        くだらないドローンには実弾が安くて有効ではないか?
        出来れば同一軸に40㎜と20㎜あるいは30㎜と12.7㎜みたいに2種類くらい使分けて無駄弾を無くしたい。

          • 名無し
          • 2022年 10月 17日

          普通の対空砲弾って誘導がないから、未来予測位置に向けて発射するんだけど、弾が1km飛ぶのに1秒掛かるので、どんなに高性能な火器管制装置であっても、たとえば射程4kmなら4秒後の未来予測位置になる。(飛ぶと弾速が落ちるので、正確にはさらに時間が掛かる。)
          その予測範囲はめちゃくちゃ広大なエリアとなるので、弾を撃ちまくってもとてもエリア全体を弾で満たせない。機影が小型だと、さらに弾が当たりづらくなる。
          何キロメートルメッシュで高性能火器管制、無誘導の対空砲置きますか?というカネが掛かる話に繋がる。

          要するに、相手がドローンであっても、終端誘導は大事。

          2
            • 2022年 10月 18日

            たぶんウクライナでmig戦闘機使ってドローンとドッグファイトをやってるんだと思う。
            Shahed-136ならば最大速度が185km/hであるそうなのでWW2の戦闘機でも圧勝出来そうだが間をつめる時間がかかるかもしれない。
            a-10やアパッチで狩ることはできないんだろうな。
            ドローン戦闘機をアメリカかイスラエルに作ってもらいカウンタードローンさせられないか?

            • 2022年 10月 18日

            誘導弾使うならドローンのが安いとふりだしに戻る。

              • きっど
              • 2022年 10月 19日

              レーザー誘導で良いのであれば、誘導ハイドラを発射するヴァンパイアでも良いのではと
              スティンガーはほぼ在庫切れ状態みたいだし、レーザー誘導の方が赤外線シーカーよりも安そう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP