欧州関連

オランダ軍、もう必要ないと考えていた装備が調達リストの上位を占める

オランダのオンノ・アイヘルスハイム国防長官は「我が国が置かれた現状を考えると現在の国防予算(214億ユーロ)では全くたりない」と、陸軍司令官のヤン・スウィレンス中将も「装備の調達リスト上位に戦車、砲兵装備、防空システムが入っている」と明かした。

参考:Air defense, tanks top Dutch military’s wish list

パトリオットシステム以外の防空システムに目を向ける可能性は十分ありえる

オランダの国防予算はGDP比1.0%前半台で推移してきたが、2022年に129億ユーロ、2023年に154億ユーロ、2024年に214億ユーロ(GDP比1.95%)に引き上げられたものの、オンノ・アイヘルスハイム国防長官は「我が国が置かれた現状を考えると現在の予算では全くたりない」「例え国防支出が2.0%に達しても我々は選択を迫られる」「ロシアは侵攻初期の損失から迅速に回復して戦力を増強しているが、我々はそこに至っておらず、手持ちの軍事資産の殆どが十分ではない」と述べた。

出典:FaceMePLS/CC BY 2.0

オランダ陸軍は445輌のレオパルト2A4を保有し、A5やA6へのアップグレードを行いながら戦車部隊を維持したものの、予算削減を受けて最後の戦車部隊を2011年に解散させてしまい、現在はドイツ陸軍との混成部隊(第414戦車大隊)でドイツからリースされたレオパルト2A6を18輌運用するだけで、何度も戦車部隊の再建が浮上しているが未だに政治的な結論は出ていない。

陸軍司令官のヤン・スウィレンス中将も「まだ政治的な決定は下されていないが戦車は調達リストの上位に入っている」「もう必要ないと考えられていた砲兵装備や防空システムも調達リストの上位に入っている」と述べ、戦車部隊を再建するかどうかは次期政権に持ち越される見込みだが、国防長官は「隊列を組んで装備と人員を陸路で移動させるための憲兵(移動業務の管理)も足りない」「やることは山程あるのに人材がいない」とも述べているため、陸軍が見せかけではない本物の遠征力を取り戻すに相当時間がかかるのだろう。

出典:U.S. Army photo by Sgt. Alexandra Shea

因みにオランダはウクライナにパトリオットシステムを構成するランチャーのみを2基提供したが、国防長官は「オランダの防空システムは港や空港を保護する最小構成で追加のパトリオットをウクライナに供給する余裕はない。ウクライナを支援する同盟国はパトリオット不足の解決策を見つけなければならず、ロシアからの攻撃に直面したとき防空が如何に重要であるかをよく示している」と指摘し、これがパトリオットの増産を意味しているのか、別のエコシステムをもつ防空システムを意味しているのかは不明だ。

ただオランダは需要が集中するHIMARSではなく、別のエコシステムをもつPULSを選択しているため、パトリオットシステム以外の防空システムに目を向ける可能性は十分ありえる。

関連記事:オランダ国防省、フリゲート艦と潜水艦向けにトマホークを取得すると発表
関連記事:オランダのウィルダース氏、連立政権樹立のためウクライナ支援停止を撤回

 

※アイキャッチ画像の出典:Gerben van Es

米海軍も消耗可能な攻撃用USVをテスト、伝統的な海上戦力に対する非対称戦前のページ

ノルウェーが長期防衛計画に基づく国防費増額を表明、12年間で約23兆円次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ軍司令官、バフムートのロシア軍は焦土戦術に切り替えた

    バフムートの最前線を訪問したウクライナ軍のシルスキー陸軍司令官は「ロシ…

  2. 欧州関連

    総費用は約6,600億円規模、ポーランドが250輌のM1A2/SEPv3調達を正式に発表

    ポーランドは米国から250輌のM1A2/SEPv3を調達すると正式に発…

  3. 欧州関連

    スロバキアがドイツの要請を拒否、レオパルド2A4の提供数が少なすぎる

    スロバキアはドイツから「レオパルド2A4を提供するので保有するT-72…

  4. 欧州関連

    受けた損傷は修復不可能か、仏リュビ級原潜の火災は14時間後に鎮火

    フランス海軍の原子力潜水艦ペルルで発生した火災は出火から14時間後に鎮…

  5. 欧州関連

    ギリシャ首相、米国にF-35Aを20機+オプション20機売却を要請

    ギリシャのミツォタキス首相は30日、NATO首脳会議が終了後に「20機…

  6. 欧州関連

    スウェーデン空軍、次世代戦闘機の戦略立案を11月まで終える

    スウェーデン空軍の参謀総長を務めるエドストローム少将は17日「現在進め…

コメント

    • 匿名希望係
    • 2024年 4月 06日

    そしておつきあいがある関係からEU外やNATO外からの調達も難しいと

    22
    • ミリ飯食べたい
    • 2024年 4月 06日

    本邦も金庫番から減らせ減らせ言われて削減してきた重装備がここに来て重要になったわけですが、相変わらず削減方向なのでしょうか?
    本土に着上陸を許すような状況では機甲戦力があっても仕方ない、揚陸艦を海上で叩き、有力な重装備を寄せ付けないが基本方針なのだと想像しますが、軽装甲の上陸車両とは言え、普通科だけで対処させるのは…

    14
      •  
      • 2024年 4月 06日

      ウクライナのような大規模な陸戦でも機甲対機甲の戦闘はかなり珍しいからそこはまあいいんじゃないか

      28
        • Minerva
        • 2024年 4月 06日

        機甲といっても戦車でなければミサイルや機動戦闘車の105mm砲で十分相手どれますからね

        10
        • のー
        • 2024年 4月 06日

        味方に戦車がいれば、敵は上陸の際に対戦車兵器を持ってくる必要があります故。
        上陸の難易度が上がります。
        ですので、やはり戦車は必要なのですよ。

        21
          • Easy
          • 2024年 4月 06日

          いまだに本気でそんなこと信じてるんですか?
          戦車1両の値段でFPVドローンが1万機買えるんですよ。
          戦車1両輸送する重量でFPVドローンを3万機輸送出来るんですよ。
          このご時世で戦車に投資するってのは、ほとんど敗退行為だと言えますね。

          14
            •  hoge
            • 2024年 4月 06日

            歩兵はFPVドローンでより簡単に無力化てきるし、もっとやすい機関銃で容易に無力化される件について。
            戦車はネットや各種装甲、妨害装着 etc,,,を積み込めば完全に封殺は無理でもある程度は対抗はできるだろうけれども、人間がそれらを担いで走り回るのは無理。

            27
            • ブルーピーコック
            • 2024年 4月 06日

            でも色んな国がドローンと並行して戦車開発や配備を進めている訳で。中国ですら最近でも15式軽戦車なんて物を作って配備している訳で。
            良かったみんな負け組だあ

            33
            • 無印
            • 2024年 4月 06日

            ドローン先進国のトルコはアルタイを何十年もかけて開発して、1000両以上配備予定な件について

            30
            • のー
            • 2024年 4月 06日

            それはオランダ国防長官に言ってあげたらどうでしょうか?
            今まで不要だと思ってた戦車はやっぱり必要だった。と、オランダの国防長官が言ってるという記事なんですよ?

            43
            • 半分の軍事費の国から
            • 2024年 4月 07日

            戦車に投資するのは馬鹿げていると主張していた国々で、戦車の価値が再評価されて、復活するのが最近のトレンドですので‥という記事なのですが‥FPVドローンは対戦車ミサイルと戦車の不足を補う為の物で、エクスカリバー砲弾の代わりだと認識して頂いた方が良いですよ。なので、要らないのは機動防御力の無い、据え置き型の榴弾砲の方で戦車ではありませんよ。

            18
            • kitty
            • 2024年 4月 07日

            こう言う全振り理論は軍事分野ではコケることが多いですね。
            オールタンクドクトリンの反対なのだ。

            24
        •  
        • 2024年 4月 06日

        自コメだけど自分としては戦車否定したいわけじゃないからね
        防御戦闘において相手が戦車を出してきたからこちらも戦車を出さなければならないっていうところを否定したいだけで
        ウクライナで明確になったのは攻撃に戦車の防護力は必要不可欠で、防御だけではジリ貧っていうことだと思ってる

        2
          • M774A6
          • 2024年 4月 07日

          ウクライナが自前兵器でロシア領内の拠点を叩けていればずっと違った戦況になってておかしくないですからね。
          ロシア領内まで攻め入って占領するというわけではなく、ウクライナ領内に展開するロシア軍への兵站を支えるロシア領内拠点を叩ければウクライナ領内での戦いも優勢に進められた可能性はあります。
          もちろん別の見方ではロシア領内へ打撃加えるほどの力があると支援への躊躇いがより大きくなった可能性もあるでしょうが。

          しかし自国内で直接の領域防衛に使う兵器は他国から提供を受けやすく、敵国内へ打撃を与える兵器はハードルがより高くなると思うと、日本の場合は戦車や防空兵器は提供されやすいと見込んで敵地攻撃兵器である戦闘機や巡航ミサイルをより手厚くするべきなのか?とか色々考えます。
          ある程度持ちこたえないと兵器提供や援軍が間に合わないですし、かと言ってあまり長引くと支援は細るとなると支援を受けてからは早いうちに決着させないといけないとかもありそう。
          考えるべき要素が多過ぎで限られた予算で何をするべきかは難しいところです。
          今般のウクライナ-ロシア戦争の教訓として、互いを守り合うという建前は脆く、その脆さでも得られるのはどんな支援でどんな期間を想定して戦うか考えるべきとも示唆しています。
          戦車だとか戦闘機だとかドローンだとか戦術的な教訓も多いですが、国際的な安全保障の脆さを前提として自前では何を用意するべきかというより大きな視点での教訓も感じています。

          9
      • nachteule
      • 2024年 4月 09日

       削減すれば良いんですよ。少なくとも定期的なアップデートなり装甲強化やまともなRWSや誘導砲弾の使用とか継戦能力や殺傷効率の質を高める方が先でしょう?

       やたら立派な正面装備増やしても人材の確保や後方が伴わないのであれば画餅ですよ。ウクライナにならえと言うなら、国産兵器は辞めて外国の支援を効率良く受けられる体制構築が必要でしょう。

    • たむごん
    • 2024年 4月 06日

    抑止力、防衛投資は平和のために重要ですからね。

    戦争になれば、単純な安い兵器の被害ででも、国富が莫大な金額失われる事になります。

    27
      • 名無し
      • 2024年 4月 06日

      低地ゲルマニアの民たちよ。。。汝平和を欲さば、戦への備えをせよ。。。

      3
    • 58式素人
    • 2024年 4月 06日

    他所の記事によると。
    ドイツはウクライナに対する”防空連合” の議長国になったのだとか。
    そして、現在、パトリオット(システム/ミサイル共)を探しているのだとか。
    ちょうど、チェコが砲弾を探し出したように。
    その記事では、各国のパトリオットの保有数が出ていましたが、各国の中で、
    日本とサウジアラビアが飛び抜けて保有数が多かったです。
    これは目をつけられるかな。多分、米国を通じて。日本政府はどうするかな。
    今、米国が自国の国内事情でどうにもならないけれど、対外有償軍事援助みたい
    な形式で何か言って来るかな、などと勝手に思います。
    つまり、米国を経由して、パトリオットの玉突き売却みたいな形で。
    素人個人は米国相手ならば良いように思えるけれど。

    11
      •     
      • 2024年 4月 06日

      保有数が多いのは需要が多いことの裏返しであって、提供できる在庫が多いわけではないはずです。
      日本は既に在庫が足りないと言いながら米国への売却をやっていますし、これ以上を求められてもなかなか出せないのでは。

      9
      • ネコ歩き
      • 2024年 4月 06日

      >米国を経由して、パトリオットの玉突き売却
      令和5年12月22日改正「防衛装備移転三原則の運用指針」でラ国生産防衛装備品に関し以下のように定められました。
      米政府等ライセンス元国からの要請で、ラ国生産防衛装備(武器・弾薬含む)を提供するのは原則OK。
      ライセンス元国からの要請による「日本と安全保障上の協力関係にある戦闘中でない第三国」への輸出も、厳格審査を条件として可になりました。

      7
        • 58式素人
        • 2024年 4月 06日

        ウクライナは戦闘中ですから、特例(例外規定)が必要でしょうか。
        それとも、戦闘をしていない第三国をさらに挟むのでしょうか。
        ちょっと考えどころでしょうか。

        2
          • 琥珀
          • 2024年 4月 07日

          正直ウクライナでなくイスラエルに行きそうな気もするんですよね。

          • ネコ歩き
          • 2024年 4月 07日

          戦闘中であるか否かは防衛装備品海外移転に係る動かし難い判断基準なので、武器・弾薬のウクライナへの直接提供特例措置は検討外と思います。
          例えばウクライナへパトリオットの追加提供を決めたドイツへの速やかな補充分として、米政府の要請があればですが、輸出が可能になったと言えます。

          2
        • aquas
        • 2024年 4月 06日

        日本がアメリカから買うときはプレミア付きの高価買い取りで、アメリカに戻すときは、中古価格の二束三文で、ということになりそうな予感がする。

        10
    • ブルーピーコック
    • 2024年 4月 06日

    戦車不要論者の言を信じるから。という事でもなく本当に要らないと思ってたんだろうな。
    まあ軍事を知らない人にはCV90を戦車と言い張れば大丈夫大丈夫。

    19
      • AH-X
      • 2024年 4月 06日

      ここ720年くらいの欧州の兵力削減見てる極端だなあと思ってましたが、案の定裏に出ましたね。
      でもロシアがウクライナで相当疲弊しているところを見るとここ10年20年は呑気に構えても大丈夫かなと。

      7
        • バーナーキング
        • 2024年 4月 06日

        随分と長く欧州を観察されてるんですね。
        1000年生きたエルフの方かな…

        50
          • イーロンマスク
          • 2024年 4月 06日

          ???「お前よりもずっと年上のお姉さんだよ」

          20
          •     
          • 2024年 4月 06日

          勇者ロンメルの死から80年。

          13
            • 半分の軍事費の国から
            • 2024年 4月 07日

            4号戦車がウクライナで‥4号の派生型でチェコ製の[Tー4075n]という戦車で1955年以降にシリアに送られた45両の内の1両で、1967年にイスラエルで鹵獲され、それがアメリカの博物館に渡った物でしたが博物館が破産して売られた先が‥ウクライナらしいです、マンガが描けそうですね。

            リンク

            2
        • ブルーピーコック
        • 2024年 4月 06日

        まさかサン・ジェルマン=サン⁉

        4
          • Authentic
          • 2024年 4月 08日

          執事「お忘れですか?私はまだ貴方様にお仕えして500年しか経っておりません」

          2
        • kitty
        • 2024年 4月 07日

        ちょっとクリコヴォの戦いでタタール人に勝ったからといって油断しすぎでしたね。

        2
    • 名無し
    • 2024年 4月 06日

    ヤン中将か
    銀河の歴史がまた1ページ

    1
    • 匿名
    • 2024年 4月 06日

    正直欧州はもう大人しくロシアを受け入れた方が幸せになれると思うけどね
    無論日本含むアジアなら中国の覇権を
    アメリカは移民に蝕まれながら北米大陸で朽ちていく未来しか無いし

    7
      • 2024年 4月 06日

      ロシアはロシアでウクライナ戦争で疲弊しきっているのですでに「幸せ」ではありませんな

      38
    • POW
    • 2024年 4月 07日

    F-16からレオパルド2まであの国土面積に対して過剰に思える凄い装備量を所有して,又それを盛大に売却しまくっていた時期について当時のKF誌を見て驚いた記憶がありましたが、
    兵器を調達できても兵員育成も近代戦ならではな高度な教育が必要とドイツと並んで時間との勝負が急ですね。
    ここのサイトを見てドイツの兵器調達について平時のシビリアンコントロールがもろに官僚化していて酷い有様を知りましたが、オランダについては大丈夫そうですが今後の展開には注視したいですね。

    1
    • 樺太
    • 2024年 4月 07日

    日本で早期用途廃止になったホークやVADS、93式近SAMをウクライナへ早期に送るべきだ

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP