ウクライナ戦況

ウクライナ軍はバフムート郊外で前進、ロシア軍はバフムート市内で前進

ウクライナ軍東部司令部のチェレバティ報道官は17日「バフムート郊外での領土解放が続いている」と主張したが、郊外の前進と引き換えに市内ではロシア軍が前進を続けており、ユビレイナ通りの下区画に対する攻撃は激しさを増している。

参考:Украинцы отвоевали еще полкилометра на бахмутском направлении – Череватый

バフムートを巡る戦いは最終的に「より大きな利益」を誰にもたらすのだろうか?

ウクライナ軍東部司令部のチェレバティ報道官は17日「過去24時間の間にバフムート方面で500m前進して領土を解放した。敵は何も状況が変えられないと知っているにも関わらず街の奪取を諦めていない。同時に戦いの主導権が徐々に我々へ傾いているのを敵も気づいている。我々は装備や兵力で敵に劣り、多くの予備兵力を持っていないにも関わらず、敵を打ち負かし、防衛作戦を成功させ、敵の側面を攻撃している」と主張した。

出典:GoogleMap バフムート周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

チェレバティ報道官が言及した「領土解放」がどこを指しているのか不明だが、ウクライナ軍の反撃はオリホヴォ・ヴァシリフカ方面とイワニフスキー方面で続いており、オリホヴォ・ヴァシリフカ方面では高地のドゥボヴォ・ヴァシリフカに向けてロシア軍を少しづつ押し戻しているのが視覚的に確認=され、イワニフスキー方面ではクリシェイフカに向けてロシア軍を少しづつ押し戻しているのが視覚的に確認=されている。

但し、郊外の前進と引き換えに市内ではロシア軍が前進を続けており、ユビレイナ通りの下区画に対する攻撃は激しさを増している。

出典:GoogleMap バフムート市内の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

を進むウクライナ軍兵士の様子が視覚的に確認されているため同区画の支配は「ウクライナ軍にある」と推定されるが、から撮影されたドローン映像は同区画に対するノンストップの砲撃を示しているため、何れコンクリート製の建物が使い物にならなくなるとウクライナ軍は後退を強いられるだろう。

仮にウクライナ軍がユビレイナ通りの下区画から押し出された場合、チャイコフスキー通りをMiG-17モニュメント周辺に向かって徐々に後退する可能性が高く、砲撃で抵抗拠点になりそうな建造物を潰して前進するロシア軍を止めるには「それを上回る火力を叩き込むか」「敵砲兵部隊を直接叩くか」のどちらかで、はやり市街戦でも野戦でも投射火力量が戦場の優位性を決定づけるのだろう。

関連記事:バフムート市内の戦い、ワグナーがウクライナ軍最大の抵抗拠点を制圧
関連記事:バフムート市内の戦い、ウクライナ軍が保持するアパート密集地の最深部に到達
関連記事:ロシア軍のバフムート制圧方針に変更はなく、新たに空挺部隊を市内に投入
関連記事:ウクライナ軍はバフムート周辺で反撃を継続、ロシア軍は市内で前進を再開
関連記事:ロシア軍後退について国防省は再編成と主張、プリゴジン氏は撤退だと批判
関連記事:バフムートを巡る戦い、ウクライナ軍の反撃とロシア軍の後退が鮮明に
関連記事:ロシア国防省、クロモヴェ突破が失敗して部隊を後退させたと認める
関連記事:ウクライナ国防次官、バフムート市内の陣地を1つも失わず周辺で2km前進
関連記事:バフムートの戦い、ロシア軍の攻勢はウクライナ軍を押し出すことに失敗
関連記事:ウクライナ軍がクピャンスクで前線を押し戻し、バフムートでも状況を改善か
関連記事:ウクライナ軍がバフムート方面で反撃、ロシア軍の側面に突破口を開いた可能性

 

※アイキャッチ画像の出典:UMFT-UA Military Flight team

ウクライナ軍のパトリオットシステム、レーダーは無事で損傷具合も軽微前のページ

ロシア国防省、キンジャールがパトリオットのレーダーとランチャーを破壊次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    徘徊型弾薬対策、ウクライナ企業がランセット・キャッチャーの量産を開始

    ロシアは戦場で効果的な徘徊型弾薬「Lancet」の生産量を大幅に引き上…

  2. ウクライナ戦況

    反撃が順調なウクライナ軍、ミサイルでサキ空軍基地を攻撃したと認める

    ウクライナ軍は7日もヘルソン州とハルキウ州で利益を上げ続けており、ロシ…

  3. ウクライナ戦況

    バフムートの戦い、ウクライナ軍は反撃の成果が台無しになる瀬戸際

    バフムート方面についてDEEP STATEは「ロシア軍がクロモヴォ付近…

  4. ウクライナ戦況

    英国のジョンソン首相、ウクライナに対艦ミサイルの提供を約束

    英国のジョンソン首相は9日、事前の予告なしにキーウを訪問してゼレンスキ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がドネツ川の対岸にある拠点を奪還、南部戦線への牽制か

    ウクライナの国家親衛隊第15独立連隊と第103独立領土防衛旅団の兵士が…

コメント

    • A
    • 2023年 5月 18日

    あーあ、町がめちゃくちゃだよ。
    ロシア人はひどいことするなぁ。

    25
    • 名無し
    • 2023年 5月 18日

    市内から退く代わりに南北の高地を奪取、
    三方向から圧力をかけつつ逆包囲の不安も煽ることで引き続きロシア側の戦力を拘束する、
    といったところだろうか。

    5
      •  
      • 2023年 5月 18日

      因果が逆で市街の状況を変えるために南北の高地の奪還を企図しているのでしょう
      二重包囲を伺うほどの両翼の衝撃力はありません

      6
        • スマック
        • 2023年 5月 18日

        もうすでに市内に戦略的価値はないし高地確保はバフムト奪還のためでも維持のためでもなく次の係争地になるチャシブヤール防衛のためじゃないかな?

        13
        • TKT
        • 2023年 5月 18日

        ウクライナ軍の企図としてはそうかもしれませんが、ロシア軍の方は全然気にしていないでしょう。戦勝記念日もやっぱり関係ありませんでした。

        ユビレイナ通り南西側の団地のアパートの中には、市街のあちこちから退却してきたウクライナ兵の生き残りが寄り集まっているのでしょうが、文字通りの集中砲撃を浴び続けて悲惨の極みです。

        かといって、遮蔽物の少ない畑の斜面の真ん中を徒歩で駈け下りてイワニフスキーまで逃げるのも相当な勇気が必要でしょう。チャイコフスキー通りに逃げるにしても、わざわざ敵前を横切るのと同じです。クロモヴェの方の道路もすでにロシア軍に遮断されそうです。

        5
          • 名無し
          • 2023年 5月 18日

          沖縄戦末期みたいな語り口だけど、島嶼戦じゃないんだから。
          街の西端からイワニフスケまで2キロとすると、
          東京でいうと東京駅から新橋くらいでしょ?
          しかも途中に陣地は作ってあるだろうし。
          普通に撤退していくだけだと思うけどね。
          というか敗残兵が寄り集まって最期の時を待つみたいな状況だったらとっくに占領されてるはずでしょ。

          15
      • ななし
      • 2023年 5月 18日

      ウクライナとしてはロシアに防衛に兵士と弾薬まわさせることで市街地の制圧を少しでも阻止したいという気持ちもあるだろうね
      最悪の場合都市部は諦めるにしても周辺高地を奪取すればロシアのそれ以上の進行を阻止しやすいし都市の奪還もしやすい
      ロシアとしては今後の攻勢や防衛の起点となる高地はバフムート市街よりも重要なはずだけど、兵力の分散をどこまで許容できるやら

      この攻撃でロシアの戦力をさらにバフムートに引き付けつつ別の場所で反攻作戦……とまではいけないかな

    • xk4jaj
    • 2023年 5月 18日

    仮にウクライナ軍がオリホヴォ・ヴァシリフカとクリシェイフカに取り付けたら、ロシア軍がバフムートを制圧するメリットはあるのでしょうかね。
    あと、ロシア軍はイワニフスキー方面とチャシブ・ヤール方面の橋を今更攻撃し始めましたね。

    3
    • gepard
    • 2023年 5月 18日

    一連のバフムト反撃の中でイワニフスケからクリシェイフカへの攻勢軸が最も成功しているが、ウクライナ軍自身が要塞化したクリシェイフカ近郊の高地が立ちはだかる。ロシア軍はこの丘を火力優越と迂回軌道で攻略したが、現在のウクライナ軍の攻勢軸は一方向から遮蔽無しで丘を駆け上がるものになる為現有戦力での攻略は難しい。
    ロシアとしては市街地の攻略が完了すればワグナーの予備兵力が解放されるが、引き続きこの戦域を担当するのか注視したい。

    11
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 18日

    古いビルの解体ではアスベストなどの有害物質が拡散するからってめちゃくちゃ密閉されますが、こんな風に全部砲撃でビル解体やってたら、そのあたりで戦ってるだけで肺が悪くなりそう。実は、核戦争並みに兵士の身体に悪かったりして…?

    5
      • いんゆめ
      • 2023年 5月 18日

      こんな場所で戦って体に悪くないわけないんだよなあ… 郊外では泥沼の塹壕で都市部では瓦礫と粉塵まみれ プラス周りは死体まみれで不健康で不十分、非衛生な食事 まあいつ死ぬか分からない戦場でそんなこと考えてられないんでしょうけど

      16
    • れんちゃ
    • 2023年 5月 19日

    ウクライナ側は瓦礫の山となった都市部をごり押しする必要がない。周辺を攻略する事で反包囲をしたり、敵が退くかを確認すればいい話ですね。後で取り返すか、囲んで閉じ込めれば良い話なので別に保持する必要はないが、一部区画を係争地に出来ればロシア軍を苛立たせられるでしょう。
    ロシア側は残っていた予備兵力を投入してまで都市部に押し寄せさせたそうですが、その後はどうするのだろう?まあ、プリゴジンと責任の押し付け合いをしてるので、あれこれ悩んでる場合ではないのかも知れないが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP