インド太平洋関連

現代重工業がGE AerospaceやL3Harrisと提携、豪海軍や加海軍の受注戦で協力

韓国の現代重工業はオーストラリア海軍の汎用フリゲート受注戦に向けてGE Aerospaceと、カナダ海軍の潜水艦受注戦に向けてL3Harrisと、米防衛市場を見据えた武装可能な水上無人艇開発でPalantirと手を組んだと発表した。

参考:HD현대重, 美 대표 방산기업들과 함정수출 협력 강화
参考:HD현대, 美 팔란티어와 무인수상정 공동개발 나서

現代重工業とHanwha Oceanは別々にKSS-IIIを売り込むのかもしれない

現代重工業は4日「KSS-III/BatchI(鳥山安昌浩級潜水艦)の3番艦を韓国海軍に引き渡した」と発表、この引き渡し式典にはKSS-III導入を検討するカナダ、フィリピン、ポーランド、同社のフリゲート艦導入を決定・検討中のペルー、コロンビア、エクアドル、オーストラリア、防衛分野のMRO事業が検討されている米国から政府関係者が出席して注目を集めていたが、現代重工業はGE Aerospace、L3Harris、Palantir Technologiesとの提携を発表した。

出典:HD HHI

現代重工業はGE AerospaceはSea Air Space 2024で「輸出向け艦艇に最適化された推進システムの共同開発」で合意、現代重工業はグローバル市場向けの艦艇設計・建造を、GE Aerospaceは同艦艇向けのガスタービン供給を担当し、輸出向け艦艇のMRO事業やオーストラリアが調達を検討している汎用フリゲートなどでも協力するらしい。

さらにL3Harrisとはカナダ海軍向け潜水艦事業での協力について合意、米陸軍や米海軍等を顧客にもつPalantirとは武装可能な水上無人艇(USV)の共同開発で合意した発表した。

出典:Hanwha Aerospace Europe KSS-III

つまり現代重工業はオーストラリア海軍の受注戦に向けてGE Aerospaceと、カナダ海軍の受注戦に向けてL3Harrisと、米防衛市場のUSV需要を見据えてPalantir(現代重工業のAvikusとPalantirが開発したAIベースソフトウェアを融合させてUSVに搭載するらしい)と手を組んだという意味になり、非常に興味深い動きと言えるだろう。

因みにHanwha Oceanはカナダ海軍の受注戦に向けてBabcockと提携しており、現代重工業とHanwha Oceanは別々にKSS-IIIをカナダに売り込むのかもしれない。

関連記事:鳥山安昌浩級潜水艦の引き渡し式典、米英豪など9ヶ国から政府関係者が出席
関連記事:韓国のHanwha、米軍プログラムの元請け参加が可能なAustal買収に動く
関連記事:日本メディア、カナダの次期潜水艦にたいげい型が有力候補として浮上
関連記事:韓国と英国が潜水艦の海外輸出で協力、狙いはポーランドとカナダの入札

 

※アイキャッチ画像の出典:HD Hyundai Heavy Industries FFX-III

勢いづくロシア軍、バフムート、アウディーイウカ、ドネツク西郊外で前進前のページ

イタリア海軍が調達予定の新型潜水艦、リチウムイオン蓄電池の開発が順調次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    大惨事を招いたカーブル空港へのテロ攻撃、米軍兵士12人と一般人60人以上が死亡

    国防総省はカーブル空港のアビー・ゲートやバロンホテルを狙った爆弾テロで…

  2. インド太平洋関連

    インドネシア、国産UCAV向けの精密誘導兵器をトルコと共同開発

    インドネシアは開発を進めている国産UCAV「Black Eagle」向…

  3. インド太平洋関連

    韓国、米海軍と共同開発した国産兵器「匕弓」の技術がUAEへ流出

    韓国メディアは11日、米国防総省が実施する比較評価プログラム(FCT)…

  4. インド太平洋関連

    暴走する韓国!日本の戦闘機を「敵」と見立てた軍事訓練、竹島への海兵隊配備検討

    韓国政府は、光復節(8月15日)の8月に韓国が不法占拠している日本の竹…

  5. インド太平洋関連

    豪州が詳細な原潜調達計画を2023年に発表、暫定的な潜水艦導入の是非も

    オーストラリアのマールズ国防相は15日、米国と英国のどちらから原子力潜…

  6. インド太平洋関連

    1,700輌の需要を巡る戦い、インド陸軍の次期主力戦車調達プログラムに露仏が挑戦

    インド陸軍が2030年までに1,700輌調達を予定している次期主力戦車…

コメント

    • 金 国鎮
    • 2024年 4月 15日

    韓国の政治が動いているが実は何も動いてはいない。
    唯うるさいだけだ、彼らが韓国の産軍共同体に関係しないことを望む。

    韓国の軍事輸出額が世界5位になったそうだ、多くの雇用を韓国企業に生み出すようになったはずだ。
    韓国に必要なのは何よりも韓国独自の軍事技術である。
    韓国は今その出発点にようやく辿りついいた。
    恐らく向こう10年で韓国の軍事技術は韓国の望むところに行けるだろうが、その時に
    周辺諸国との安全保障を如何に作れるかだ。

    韓国の軍事技術の進展は中国・ロシアの軍事輸出に多大な影響を与えるだろう。
    アメリカはそれを政治的にうまく利用するために既に動いている。
    いつの間にか東アジアに新しい風が吹いてきた。
    それにしても北の軍事オタクは困った連中だ。

    1
      • Whiskey Dick
      • 2024年 4月 16日

      韓国も北朝鮮も兵器生産力・開発力はかなり優れている。韓国の半導体と家電のシェアは世界有数、北朝鮮もロシアに建設労働者を派遣していて評判が良い(マリウポリのインフラの大部分は復旧した模様)。韓国・朝鮮人はモノ作りに向いた国民性なのでしょう。
      韓国は軍艦、北朝鮮は弾道ミサイルの生産・輸出を伸ばしているが、これは両国を指導した国(アメリカ・旧ソ連)の得意分野が影響している。最新世代のセンサーは大抵半導体を使用しているので、半導体の強い韓国にアドバンテージがある。

      >北の軍事オタクは困った連中
      北朝鮮は大日本帝国、ナチスドイツ、ロシアと同じブラックジョーク枠でしょう。インチキなプロパガンダを流すとか、敵味方共に人命を軽視するとか、切羽詰まって珍兵器を量産するところとか。

    • lang
    • 2024年 4月 15日

    また親中に戻りそうだけど、米軍に協力するなって中国に言われたらどうするんだろう・・・

    9
      • 戦略眼
      • 2024年 4月 16日

      落ち目だから、見限っているよ。

      1
    • 牛丼チーズ
    • 2024年 4月 18日

    選挙次第で北朝鮮寄りの政権が誕生するかもしれない国に西側の国防をそこまで委ねていいものか不安になる。
    軍事産業の歴史が浅いことも。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP