インド太平洋関連

インド、露イスカンデルと同じ迎撃回避能力を備えた弾道ミサイルの試射に成功

インドの国防研究開発機構(DRDO)は22日、ロシアのイスカンデルや中国の東風12と同じ敵迎撃を回避する能力を備えた短距離弾道ミサイル「プラレイ」の初テストに成功した。

参考:Why Pralay quasi-ballistic missile, tested by DRDO today, will be a ‘game-changer’ for Army

弾道ミサイルもコース変更能力を備えたモノが次々と開発されているため従来の防空システムにかかる負担は増える一方だ

インド陸軍は命中精度が高い地上発射バージョンのブラモスを保有しているものの破壊力不足(弾頭重量が200kgと少ない)と同程度の射程を備えた短距離弾道ミサイルより調達コストが高価な点を問題視し、ブラモスよりも破壊力を高め調達コストも安価な短距離弾道ミサイル「プラレイ(弾頭重量370kg~700kg)」の開発を進めているのだが、インドの国防研究開発機構(DRDO)はプラレイの初テストに成功したと22日に発表して注目を集めている。

出典:Hemantphoto79 / CC BY-SA 3.0 地上発射バージョンのブラモス

現地メディアも初テスト成功に関心を示しており、取材に応じたDRDOの元技術者は「2つの点でプラレイはインド陸軍にとってゲームチェンジャーとなる」と話しているのが興味深い。

インド陸軍にとって射程500km程度の地上目標に対する攻撃手段は巡航ミサイルのブラモスに限定されていたのだが、プラレイが実用化されれば弾道ミサイルによる攻撃オプションが加わるため敵側の負担が増えるという点と、プラレイがロシアのイスカンデルや中国の東風12と同じ「敵の迎撃を回避する能力=目標への着弾過程で単純な弾道コースに変化を加えて弾道ミサイル迎撃を困難にさせる技術」を備えているためブラモスと同時に使用すれば敵防空シールドを貫通しやすい点が「インド陸軍にとってゲームチェンジャーとなる」という意味だ。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 短距離弾道ミサイル「イスカンデル」

まだプラレイの開発は続いているので実用化には時間がかかると思われるが、極超音速兵器だけでなく弾道ミサイルもコース変更能力を備えたモノが次々と開発されているため従来の防空システムにかかる負担は増える一方だ。

 

※アイキャッチ画像の出典:Ministry of Defence / GODL-India

防衛省、次期戦闘機向けエンジンのデモンストレーター開発とテストで英国と協力前のページ

期限を切ってきたロシア、新しい安全保障条約に関するNATOとの交渉は1月開始次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    パイロット確保が目的? タリバンが旧政府軍兵士も参加可能な新アフガニスタン軍設立を発表

    アフガニスタンを掌握することに成功したタリバンは旧政府軍の人員も参加可…

  2. インド太平洋関連

    韓国が空中発射型の超音速ミサイルをFA-50に統合、2025年に試射予定

    韓国空軍は対地・対艦攻撃に使用できる空中発射型の超音速ミサイルを開発中…

  3. インド太平洋関連

    米海軍がインドのEEZ内で「航行の自由作戦」を実施、インド側は法に違反していると反発

    米海軍はインドが領有するラクシャディープ諸島の排他的経済水域(EEZ)…

  4. インド太平洋関連

    世界で4番目、インドがスクラムジェットによる極超音速飛翔に成功

    インドは極超音速技術実証機(HSTDV)をマッハ6以上の極超音速域で飛…

  5. インド太平洋関連

    中国軍のドローンを石を投げて追い払う台湾軍、アンチ・ドローンシステムの配備を前倒し

    台湾軍の兵士が石を投げて侵入してきた中国軍のドローンを追い払う動画が出…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 12月 23日

    >極超音速兵器だけでなく弾道ミサイルもコース変更能力を備えたモノが次々と開発されているため従来の防空システムにかかる負担は増える一方だ。

    日本も方針転換しようぜ。

    8
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      >日本も方針転換しようぜ。
      既に高速滑空弾を開発中です
      陸上や海上、水中発射の超音速巡航ミサイルは開発していないものの、空中発射のASM-3Aであれば採用されていますし

      14
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      やらいでか

      2
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      回避能力があると言っても慣性飛行する弾道ミサイルである以上急激な進路変更は出来ないし
      道中レーダーに映らないような軌道を取ったりもできない
      なので上でも言われてるように高速滑空弾や極超音速誘導弾を作ろうという話になる

      4
        • 匿名
        • 2021年 12月 23日

        相手が迎撃できないならば充分でしょ
        極超音速滑空体よりは開発ハードルも低そうだし
        持ってて損はない

          • 匿名
          • 2021年 12月 23日

          自衛隊でもATACMSを購入しようという話はあったがなんだかんだで取りやめになった
          今まで弾道ミサイルを運用してたなら「持ってて損はない」かもしれないがもっと迎撃しづらい兵器が登場している状況ではそうではない(と防衛省が判断した)だけの話だろ
          実際高速滑空弾はプロトタイプから実戦配備しようって感じのロードマップだし

          2
            • 匿名
            • 2021年 12月 24日

            別に保有を否定する根拠にはならない

    • 匿名
    • 2021年 12月 23日

    様々な兵器がコモディティ化しているな。
    今世紀後半は、戦争の世紀か?

    3
    • 匿名
    • 2021年 12月 23日

    うちの会社も唐突なコース変更で現場を混乱させるんだけど。
    そうか、世界のトレンドだったのか!

    10
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      ミサイルは会社と違って軌道変更しても最終的な到達点は変わらないのでそこは・・・(無慈悲

      21
    • 匿名
    • 2021年 12月 23日

    こういうの防衛しようと思ったらレーザーくらいしかないのかな?
    対空ミサイル増やすのはコスト的に厳しいだろうし。

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      それこそ迎撃ミサイルの技術的検討は50年代から始まってるが、肝になるのは正確な探知が可能か、精度の高い誘導が可能か、それらに要する時間の短縮と言われている
      光の速さのレーザー砲はベストのようで、まだ有効射程が足りないから決め手にはならない

      3
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      この類のミサイルにレーザーがそこまで効果あるのかなという疑問

      多分早期探知して最終コースに入る前に撃墜するのが一つの回答なんじゃないかな
      つまるところ米軍が計画してる例の衛星計画とそれに連動するデータリンクによるエンゲージオンリモートでの迎撃がそれに相当するとは思うけど

      3
      • 匿名
      • 2021年 12月 23日

      PAC-3とかが対応するような終末迎撃は特に問題ないのよ。結局こっちに突っ込んでくるだけだから。
      それ以前の迎撃コースが困難になるって話。

      4
    • 匿名
    • 2021年 12月 23日

    盾側に技術のブレイクスルーが起きないと辛いな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP