インド太平洋関連

台湾空軍、ミラージュ2000-5の寿命延長が可能かどうか評価を実施

台湾はF-16Vの新造機を66機発注しているため「ミラージュ2000-5の更新ではないか」と噂されていたが、空軍は31日「ミラージュ2000-5の寿命延長が可能かどうかを評価する計画だ」と明かした。

参考:Air Force to assess extending service life of Mirage fighter jets

もし単座まで寿命延長を行えば、部品取り用に台湾のミラージュ2000-5を狙っていたインドが影響を受けることになるだろう

台湾は1990年代にフランスからミラージュ2000-5を60機(単座の5Eiを48機+複座の5Diを12機)導入したのだが、高温多湿の気候で運用するのに適していなかったため摩耗が激しく、経年劣化や製造ラインの閉鎖などの影響を受けてメンテナンスコストも上昇曲線に入り、台湾空軍の保有する機体の中で最も飛行コスト(1時間あたり約2万4,840ドルでF-16A/Bは約5,500ドル)が高く、アップグレードも見送られたため相対的に見て能力とコストのバランスが悪化している。

出典:Lockheed Martin

台湾は保有するF-16A/BをBlock70/72(通称:V仕様)にアップグレードし、新たにF-16Vの新造機も66機発注したため「ミラージュ2000-5の更新ではないか」と噂されているが、台湾空軍は31日「ミラージュ2000-5の寿命延長が可能かどうかを評価する計画だ」と発表した。

台湾空軍が寿命延長を検討しているのは複座の5Diで「通常任務と新兵訓練の両方に使用でき(空軍の機体運用に)柔軟性をもたらす」と説明しているが、66機発注したF-16Vの引き渡しが1年近く遅れているため「予定通りF-16Vが台湾に到着するのか疑問が残っている」と付け加えている。

出典:玄史生 / CC BY-SA 3.0

つまりF-16Vの引き渡しに確信が持てない台湾は「複座だけでなく単座の寿命延長も視野に入っている」と示唆した格好で、部品取り用に台湾のミラージュ2000-5を狙っていたインドが影響を受けることになるだろう。

関連記事:台湾空軍からの評価が低いミラージュ2000-5、F-16V導入で早期退役?
関連記事:伝統的な対称戦にこだわる台湾、役にたたないレガシー資産への投資を優先

 

※アイキャッチ画像の出典:青木敏郎/CC BY-SA 3.0

米下院はKC-46Aの追加調達を禁止、空軍にKC-46AとLMXTの入札実施を強制前のページ

ロシア人の残忍で粘り強い戦術は健在、ウクライナ人は戦いに疲れ果てている次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    米国防長官、オーストラリアの潜水艦能力にギャップを生じさせないと約束

    米国とオーストラリアの閣僚協議「AUSMIN」でオースティン国防長官は…

  2. インド太平洋関連

    インド陸軍の軽戦車調達に挑戦する韓国、K21-105は理想的な破壊力を提供する

    インド陸軍の軽戦車調達に名乗りを挙げた韓国のハンファディフェンスは「提…

  3. インド太平洋関連

    インド、年内にフィリピンと超音速対艦ミサイル「ブラモス」輸出契約を締結か

    インド政府は超音速対艦ミサイル「ブラモス」を輸出するためフィリピンとの…

  4. インド太平洋関連

    台湾、ステルス性能を備えた次世代戦闘機の開発を2023年に開始

    台湾の国家中山科学研究院は「次世代戦闘機の開発に取り組んでいる」と昨年…

  5. インド太平洋関連

    米国が韓国に155mm砲弾の追加輸出を要請、ロシアの反発は必至

    韓国メディアは「ウクライナ支援で砲弾備蓄の減少に悩む米国が155mm砲…

  6. インド太平洋関連

    国防予算が約1兆円のインドネシア、今後3年間で13.7兆円を軍の近代化に投資か

    インドネシアは今後3年間で1,250億ドル/13.7兆円を軍の近代化に…

コメント

    • しんきろう
    • 2023年 8月 01日

    >部品取り用に台湾のミラージュ2000-5を狙っていたインドが影響を受けることになるだろう。
    美味しい話だと思ったら幻影だったか、ミラージュだけに

    35
    • あばばばば
    • 2023年 8月 01日

    F-16Vの製造(改修含む)が遅延気味、評価が良くても手持ちにないカードは切れないし、M109A6のように最後尾に並び変えさせられるリスクもあるし(後にキャンセルしてHIMARSを注文)、別手段の検討を行う為の検討は行うだろうだろう。

    4
    • n
    • 2023年 8月 01日

    セントルイス工場の雇用を守りたいんなら台湾にF-15EXかF/A-18Eを売り込んだらどうか
    米海軍にF/A-18押し付けるよりは喜ばれるでしょう

    3
      • 朴秀
      • 2023年 8月 01日

      台湾はゴミ捨て場じゃないぞ

      納期だけ考えるならアリかもな
      バックオーダー0だから作ったそばから納入できそう

      問題はボーイングにまともな生産能力があるかだな

      10
      • ASDF
      • 2023年 8月 02日

      旅客機の販売に響くもしれないし乗り気にはならなさそう
      中国の旅客機市場は今後20年間の合計で100兆円あると言われているからね
      (参考:台湾の国防予算は1年で2.5兆円、20年で50兆円。半分近くは人件費)

      1
    • 黒丸
    • 2023年 8月 01日

    「高温多湿の気候で運用するのに適していなかったため」
    インドの気候は高温多湿ではないのかな、それとも地域を選んで配備しているのかな。

    ミラージュの提供とS-400の情報交換なら台湾大喜びかもしれないが

    6
    • 樺太庁
    • 2023年 8月 01日

    力による現状変更・侵略を認めない文脈でウクライナへ渡せばインパクトがある話しで、来るべき台湾有事でNATO諸国へ援助を堂々と台湾が求められる布石になるのではなかろうか

    2
      • ああ
      • 2023年 8月 01日

      そんなもんフランスが認めるわけ無いでしょ

      10
    •  
    • 2023年 8月 01日

    台湾みたいな開戦したら空港にミサイルぶちこまれまくる国ならF-16Vよりミラージュとかグリペンとかの方があってそうだわな

    5
    • 匿名希望係
    • 2023年 8月 01日

    F-16Bの初期型の程度の良いやつ掘り出して渡した方が台湾は喜びそうよね。
    まあBlock20と同様のB後期型の方が良いのは当然としても

    1
    • TA
    • 2023年 8月 01日

    ファントム爺さんって引退後どうなったんかな
    部品とりに輸出?
    無人標的機?

      • nachteule
      • 2023年 8月 02日

       今でも米国以外に戦闘機の部品輸出なんて考えられないし、無人標的ならわざわざ改造が必要な機体よりはチャイカとか使った方が安上がりだろう。仮に標的にするなら地上攻撃用のターゲットぐらいが関の山。

       自衛隊で再利用出来るパーツがあるか不明だけど普通に切断されてスクラップだよ。

      1
      • kitty
      • 2023年 8月 02日

      それよか、F-4EJを使い続ける経費が問題視されていたことがあったのかどうかも疑問です。
      なんとなく、日本の場合、非合理的でも老朽機のメンテコストを「しゃーない」と聖域視していたような気がします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP