米国関連

米下院はKC-46Aの追加調達を禁止、空軍にKC-46AとLMXTの入札実施を強制

米議会は2024会計年度の国防支出を決める国防権限法(NDAA)を可決したが、上院案と下院案の内容は異なる点も多く、空軍にとって最も致命的なのは「KC-46Aの追加調達を禁止」する条項で、KC-46AとLMXTによるブリッジタンカーの入札が強制される点だ。

参考:What’s at Stake for Air Force as Senate and House Work Out Final 2024 Defense Bill

LMXTが勝利すれば「米空軍がKC-46Aを見放した」と映るためボーイングにとっては致命的な結果だ

米上院は先月27日に2024会計年度の国防権限法(NDAA)を可決、8月の夏休暇を終えて議会が再開されれば上院案と下院案のすり合わせ作業が本格化し、1本化されたNDAA最終案が大統領のデスクに届けられる予定だが、上院案と下院案の内容には異なる点も多いため「最終案がどこに着地するか」は誰にも分からない。

出典:Photo by Staff Sgt. Corey Hook

ただ下院案には空軍にとって不都合な条項が幾つも含まれており、これらの条項が最終案に生き残るとB-1Bは2027年まで、RQ-4は2029年まで、U-28は同等以上の能力を国防総省が特殊作戦軍に提供していると確認できるまで退役が禁止され、F-15C/DとF-15Eの削減も保持する機体の耐用年数、修理、アップグレードの詳細を議会に報告するまで、F-16も今後5年間に削減が検討されている数、この退役が戦闘機戦力に及ぼす影響などを報告するまで退役が禁止されることになる。

空軍にとって最も致命的な条項はKC-135退役に関連したもので、下院はNDAAの中で「不確かな次世代空中給油機(NGAS=以前はKC-Zと呼ばれていた)ではなく、KC-135の後継機(ブリッジタンカーもしくはKC-Yと呼ばれている)に関する現実的なスケジュールを優先しろ」と要求、さらにKC-46Aを予定されている179機を越えて調達することを禁止する条項や、KC-46Aのリモート・ビジョン・システム(RVS2.0)についても「実機への適応前に設計通り作動することを証明しろ」という条項が含まているため空軍とボーイングにとって大打撃だ。

出典:U.S. Air Force Photo by Tech. Sgt. John Wilkes

議会は不具合や製造過程の品質問題でボーイングやKC-46Aを信用していないため再三「ブリッジタンカーの入札を実施しろ」と要求、空軍とボーイングは「まもなくRVS2.0搭載のKC-46Aが完成するのでブリッジタンカーは不要だ」と議会を説得したいのだが、RVS2.0は開発期間を短縮するため「RVS1.0の不具合を見逃した手順と同じ方法」で開発されており、サプライヤーの問題でRVS2.0のリリースが2024年3月から2025年10月にずれ込むことが確定。

ブリッジタンカーの入札に手を上げているロッキード・マーティンはA330MRTTの米空軍向けバージョン=LMXTを提案する見込みで、A330MRTTはF-22AやF-35Aといったステルス機への空中給油が承認(KC-46Aは機体表面を傷つける可能性があるためステルス機への空中給油は実戦任務以外に制限されている)されており、フライングブーム方式の自動空中給油システムも完成、現在はプローブ&ドローグ方式の自動空中給油システムを開発している最中だ。

出典:Lockheed Martin LMXT

要するにRVS2.0が完成してもKC-46AとLMXTでは入札時期に提示できる「信頼性」や「将来性」に大きな差があり、空軍はブリッジタンカー入札を回避するため「NGASの開発を加速してブリッジタンカーの調達数を半分(150機→75機)に減らす」と発表、LMXTの採算ラインは最小100機なので調達数が75機に削減されると「(KC-46Aに対して)競争力のある価格」を提示するのが難しく、この発表は誰がどう見ても「LMXT排除」を目的にしたものだ。

しかしKC-135退役に関連した条項が最終案に生き残ると空軍には「179機を越えるKC-46Aの調達禁止」「NGASではなくブリッジタンカー優先」が義務付けられるため、KC-46AとLMXTが競合する入札実施は確定的になり、LMXTが勝利すれば「米空軍がKC-46Aを見放した」と映るのは必然で、超過した開発コスト(70億ドル)を回収しなければならないボーイングにとっては致命的な結果だ。

出典:U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Makenna Gott

因みに上院案も下院案も「2024年会計年度にA-10を42機退役させる」という空軍の計画について反対しておらず、2023会計年度のNDAAに含まれていた「F-22A Block20を退役を禁じた条項」の解除に反対している。

関連記事:ブリッジタンカーの行方、ボーイングはKC-46Aの新たな防御手段を開発
関連記事:ボーイングが陥った固定価格の悪夢、KC-46Aの損失が70億ドルを突破
関連記事:空中給油技術で先行するエアバス、今度はプローブ&ドローグ方式の自動化
関連記事:米空軍、予算状況が厳しいためF-15Eを218機から99機に削減すると言及
関連記事:米シンクタンク、大規模な投資がなければ老朽化した戦闘機戦力は破綻する
関連記事:米空軍、F-15Eの旧型119機を2028年までに削減することを検討中
関連記事:米空軍が熱望するA-10の処分、議会も2024年に42機の退役を認める方針
関連記事:米軍事委員会がA-10やE-3の退役を承認、F-22AとF-15C/Dの退役は禁止

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Joshua J. Seybert

元豪陸軍少将、ロシア軍の防衛ラインは過去80年間の中で最も複雑で致命的前のページ

台湾空軍、ミラージュ2000-5の寿命延長が可能かどうか評価を実施次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    バイデン大統領、ウクライナ侵攻をプーチン大統領が決断したと表明

    米国のバイデン大統領は18日(現地時間)午後、ウクライナ情勢について記…

  2. 米国関連

    ボーイングの未来が掛かったF/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプ初公開

    ボーイングは5月8日、F/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプが…

  3. 米国関連

    米空軍、次世代戦闘機のプロトタイプを製造して試験飛行中だと明かす

    米空軍は14日、第6世代戦闘機と目される次世代戦闘機のプロトタイプを秘…

  4. 米国関連

    米国防当局、迎撃されたキンジャールの標的はキーウ郊外のパトリオット

    米CNNは「ロシア軍はキーウ郊外に配備されたパトリオットシステムの信号…

  5. 米国関連

    春攻勢の準備を急ぐ米国、ウクライナに時間を無駄する余裕はない

    米軍は晩春までに始まると予想されるウクライナ軍の春攻勢に向け「急ピッチ…

  6. 米国関連

    就役から約4年、ようやくズムウォルト級ミサイル駆逐艦に戦闘システムが届く

    何かと問題が多いズムウォルト級ミサイル駆逐艦の1番艦が就役から約4年、…

コメント

    • emp
    • 2023年 8月 01日

    そもそもkc-46を支持する理由が利権以外に思いつかない
    現状lmxtに勝ってるところがなく、開発中の機能が出来上がっても、lmxtより格段に高性能なわけでもない

    18
      • VRTG
      • 2023年 8月 01日

      相当数のKC-46を導入済みなので同規模2機種を嫌がるのは普通の判断でしょう。
      炎上っぷりからLMXTに変えろというのも当然ですけどね。

      8
    • 58式素人
    • 2023年 8月 01日

    勝手なことを言いますが。
    ボーイングは大変ですね。社内改革が必要では。
    F-22A Block20の退役禁止は良いですね。機体寿命のある限りはコキ使いましょう。
    元々、F35とは方向性の違う機体なのですから、改修の価値はあると思います。
    A10は全部ウクライナにあげたら良いのでは、と思います。
    使い潰しで良いので、最後の奉公をしてもらいましょう。
    代わりにロシア軍に大量の爆弾をお見舞いしましょう。
    地上戦を早く進めないとですね。

    12
      • 匿名希望係
      • 2023年 8月 01日

      MDに汚染されて無理では?
      kdc-10の分だけA330MRTTに更新して棲み分けるか
      KC-46をシステムとかをA330MRTTキメラにした方が多分幸せになれそう

      6
        • 58式素人
        • 2023年 8月 02日

        WIKIなどを読むと。
        マクダネルダグラス社はF15を完成させたあたりから、
        技術的な先進性を失ったと書いているところがありますね。
        お金に走ったのでしょうか。
        であれば、旧MD経営陣は要注意なのでしょうね。

        1
    • ばく
    • 2023年 8月 01日

    国内で軍用機を製造できる会社を複数確保して競争原理を働かせたいのかもだけど、ここまでハンデつけるようなやり方してまで保護する必要あるのかなぁ…むしろ不健全ながん細胞化してしまわないだろうか。

    17
    • はぁ
    • 2023年 8月 01日

    仕方ないとはいえ本邦も不運だな。
    国内でA330を運用していたらKC-46を採用する理由がない。

    17
      • 匿名希望係
      • 2023年 8月 01日

      さすがにでかすぎるから
      A310にしたいけどね。
      日本は、ボーイング王国だからね。

      4
    • 555
    • 2023年 8月 01日

    ダークグレー?の塗装と相まって、KC-46の面構えは最高にかっこいいんだけどな

    1
    • ポンポコ
    • 2023年 8月 01日

    こういう問題の場合、軍事に詳しい人たちからは、「素人の議員が口を出して悪くした」と言われがちです。

    日本でも日露戦争後に、「党利私益の議員が予算を削って兵隊さんたちが苦労した」と言われました。 

    しかし、平時に予算を削っていたために緊急時に総力戦で余力が出せる面もあります。

    お金は限度がありますから、重点配分が大事です。その点、昭和の初めの日本の議員はもっと軍や世論から悪者にされても頑張って欲しかったと思います。

    なぜなら、専門家より、素人の常識や予想の方が正しい「場合」もありますからね。特に長期的な戦略面では。

    具体的に評価する知識がないので、一般論になりました。すみません。

    2
    • 無能
    • 2023年 8月 01日

    ボーイング「できらぁっ!」

    ボーイング「え!! 同じ開発予算でRVS2.0を?」

    5
    • DEEPBLUE
    • 2023年 8月 01日

    やっぱりノースロップが引き取れとか裏で言われてるんだろうか?その内、LMの社内コンペになりそう

    1
      • 匿名希望係
      • 2023年 8月 01日

      経営陣きっちりと引導を渡さないとまた乗っ取りそう。

      4
    • 朴秀
    • 2023年 8月 01日

    マクダネルダグラス成分だけ
    ロシアと中国にプレゼントしようぜ

    あれだけ有能だったボーイングをここまで腐らせるんだからすげえわ

    9
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP