インド太平洋関連

ベトナム国防省、K9調達の意向を表明して韓国政府に協力を要請

JANESは24日「ベトナム国防省はK9調達の意向を表明して韓国政府に協力を要請した」「ベトナムは155mm榴弾砲を108門調達したと考えている」と報じ、Hanwha Aerospaceも「ベトナム政府関係者がK9導入を検討するため当社を訪問した」と明かした。

参考:국방부 “베트남, 한국산 K-9 자주포 도입 의사 밝혀”
参考:Vietnam outlines intent to procure K9 howitzer

JANESはよれば人民軍は155mm榴弾砲を108門調達したいと考えているらしい

韓国メディアは23日「ベトナムを訪問したキム·ソンホ国防次官がホアン・スアン・チエン国防次官と会談し、K9を含む韓国製装備導入と防衛産業分野の協力拡大に関する意思を表明した」「国交正常化30周年を迎えた韓国とベトナムは両国関係の包括的戦略的パートナー格上げで合意しており、これに合わせて国防分野でも交流や協力を拡大させる」と報じていたが、JANESも「ベトナム国防省はK9を人民軍向けに調達する意向を表明した」と報じている。

JANESは24日「ホアン・スアン・チエン国防次官は韓国製兵器システムを評価し、K9を含む韓国製装備の人民軍導入を含む防衛産業協力を拡大する意向を表明、そのための協力を韓国政府に要請した」「さらに両国は海上安全、サイバーセキュリティ、ロジスティクス等の分野でも協力を強化することで合意した」と報じ、Hanwha Aerospaceの関係者もJANESの取材に対して「ベトナム政府関係者がK9導入を検討するため当社の施設を訪問した」と明かした。

ベトナム人民軍は旧式化したM114とM101を更新するため新しい大砲を必要としており、JANESはよれば人民軍は155mm榴弾砲を108門調達したいと考えているらしい。

関連記事:英陸軍の次期自走砲、スナク首相がベルリンでRCH155調達を発表
関連記事:米国にとって好都合、韓国と関係強化で合意したベトナムがKF-21を検討か

 

※アイキャッチ画像の出典:Hanwha Aerospace

米空軍、無人戦闘機の初回開発にAndurilとGeneral Atomicを選定前のページ

新明和工業、自律型無人探査機の自動投入・回収に対応した無人飛行艇を開発次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    諦めきれない韓国、訓練機T-50と輸送機A-400Mのスワップ取引は実現困難か?

    韓国メディアは、韓国の国産訓練機「T-50」とスペインが購入する輸送機…

  2. インド太平洋関連

    オーストラリア海軍の再編計画、汎用フリゲートの検討候補にもがみ型が浮上

    オーストラリアのアルバニージー政権は海軍再編に関する分析結果を発表、こ…

  3. インド太平洋関連

    米国人は台湾への軍事援助を支持、有事の米軍派遣を支持したのは38%だけ

    ロイターは16日「中国が台湾を攻撃した際、台湾防衛のため米軍派遣を支持…

  4. インド太平洋関連

    韓国の武器輸出額が武器輸入額を上回る、2021年受注額は50億ドル突破が濃厚

    韓国防衛産業界が2021年に受注した契約額が累計50億ドル/5,700…

  5. インド太平洋関連

    韓国の文大統領、日本全土を射程圏内に収める「準中距離弾道ミサイル」開発を示唆

    韓国の文在寅大統領は25日の演説で、準中距離弾道ミサイルの開発を示唆す…

コメント

    • 金 国鎮
    • 2024年 4月 25日

    韓国とベトナムの双方にとっていいことだが、私の関心はベトナムが北朝鮮をロシアをどう考えているかだ。
    ベトナムと中国の話は時たま出てくるが、東アジアは依然として多くの人にとって未知の話が多い。

    韓国の産軍共同体が更に軍事技術に磨きを加えて、東アジアの安全保障に具体的な貢献をできるかも知れない。
    韓国の政治には期待してはいけない。

    9
    • Whiskey Dick
    • 2024年 4月 25日

    ベトナムは共産主義国なのに155mm砲弾を使用しているとは意外だ。
    恐らく北ベトナムは大砲をあまり保有せず(ジャングルのゲリラ戦が主力)、南ベトナムはアメリカ製の重火器を大量に保有していたので、北が南を併合したときに155mm規格の大砲の方が多くなったのだろう。

    3
      • hiroさん
      • 2024年 4月 25日

      ベトナム人民陸軍の火砲·自走砲は旧ソ連製がメインで152mm·122mmですね。
      ロシアは国外に供給する余裕は無いでしょうし、中国からは買いたくない。
      残された選択肢の中でK-9になったのだと思います。
      イスラエルとの軍事技術交流もあるし、今後は西側装備の導入が進みのかもしれませんね。
      あと、ベトナム戦争時もジャングル戦がメインというのは映画等のイメージが強いのかも。
      当時も数千輌の戦車、数万門の火砲、ジェット戦闘機やSAMも保有する重装備の軍隊でした。
      ゲリラ戦は専らベトコンの役割り。

      8
        • Whiskey Dick
        • 2024年 4月 25日

        ご指摘ありがとうございます。
        152mmと155mmの両規格を併用するとなると補給が面倒になりますね。
        若しくは弾が余っている陣営から供給できるので融通が利くかもしれません。

        2
    • 58式素人
    • 2024年 4月 25日

    ”旧式化したM114とM101を更新”
    東側火器とは体系が違うと思うのだけど、
    まだ維持するつもりなのかな?。
    また、それほどの価値があるものかな?。
    不思議に思います。

    3
      • Natto
      • 2024年 4月 25日

      小銃もアメリカが残していったM16を近代化して使ってるので混在は元々、ベトナム戦争時代からの感覚で気にしないのかもしれません。

      4
    • APFSDS
    • 2024年 4月 25日

    イギリスの自走砲がRCH155になって、チーム・サンダーUKが片手間になってますし、今なら良いコストや条件でK9契約できるでしょうね。

    2
    • かおき
    • 2024年 4月 25日

    WIKIを見ると旧ソビエト規格の野砲や自走砲がありますが、砲弾を含めてチェコに売却しないかしら…
    替りがすぐに調達できないだけに無理ですが。

    2
    • ミリ飯食べたい
    • 2024年 4月 25日

    K9シリーズの隆盛はすごいものがありますね。現地生産にすごく積極的ですが、現地生産国がさらに輸出する場合はどうなるのか気になります。契約上回避しているとは思いますが、そのうち本国韓国K9と別国生産K9が採用を争う未来が来るかもしれませんね。
    インドとかそういうことやりそうな印象

    8
    •  
    • 2024年 4月 27日

    ライダイハン問題は?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP