中東アフリカ関連

イスラエルがガザ地区沿いの支配権を確保、30万人の予備役動員も完了

イスラエル国防軍は「ガザ地区沿いにある全ての街の支配権を取り戻し、スマート・ウォール(国境の壁)の穴も戦車によって物理的に塞いだ」と発表、さらに「48時間以内に30万人の予備役を動員を完了した」と付け加えた。

参考:IDF says it has regained control of all Gaza border towns but terrorists may remain
参考:הוחזרה השליטה ביישובים, גלי תקיפה ו-300,000 אנשי מילואים. לעדכונים
参考:Iran Helped Plot Attack on Israel Over Several Weeks

イスラエル側は「何らかの脅威」に関する評価を間違えてしまった可能性がある

イスラエル国防軍のハガリ報道官は9日「ガザ地区沿いにある全ての街の支配権を取り戻し、ハマスに突破されたスマート・ウォールの穴も戦車によって物理的に塞がれ、これを攻撃ヘリや無人機で支援している。現在、どの街でも戦闘は起きていないが、まだテロリストが隠れている可能性もある」と発表した。

出典:GoogleMap 管理人作成(クリックで拡大可能)

この話が事実なら「ハマスがガザ地区外に確保していた街や入植地を全て奪還して約40kmに及ぶ国境ゾーンを確保した」という意味になるが、ハガリ報道官はハマスが発射したロケット弾の数についても「約4,400発(7日~9日)」と明かしたため、駐米イスラエル大使がCNNに明かした「4,000発以上」という数字は正しかったことになる。

ただハマスの報道官は「全てのパレスチナ人捕虜を解放し、ヨルダン川西岸とエルサレム(アル・アクサ・モスク)におけるイスラエル側の挑発行為を終わらせるため戦いは続く」と述べており、WSJ紙も今回の攻撃について「イラン革命防衛隊の幹部と4つの過激派代表(ハマス、イスラム聖戦、ヒズボラ、パレスチナ解放戦線)はベイルートで定期的に協議を行って今回の作戦を練り上げた。10月2日の協議で革命防衛隊は作戦実施のゴーサインを出した」と報じているのが興味深い。

出典:Tasnim News Agency/CC BY 4.0 DEED WSJ紙が過激派との調整を主導したと指摘したイラン革命防衛隊のイスマイル・カーニ准将

ハマスとヒズボラの幹部は「イスラエルに多方面から軍事的圧力を加えるのが本作戦の目的で、ネタニヤフ政権が内部分裂に隙に打撃を与えることを意図していた。他にも米国が仲介しているサウジアラビアとイスラエルの関係正常化協議を中断させる狙いもあった」と述べ、イスラエルのエルダン国連大使も8日「シリアとレバノンでイスラエルを取り囲むテロ組織の指導者が協議していたことを知っている。彼らはイランと可能な限り協調しようとしていた」と語ったため、イスラエル側も「何らかの脅威」が迫っていることを察知していたのだろう。

ただエジプト当局者はAP通信に「彼らにガザ地区の事態がまもなく爆発し『それが大きなものになる』と警告してきたが、イスラエル当局はヨルダン川西岸に注目してガザ地区の脅威を軽視していた」と述べているため、イスラエル側は「何らかの脅威」に関する評価を間違えてしまった可能性がある。

因みにイスラエル国防軍のハガリ報道官は「48時間以内に30万人の予備役を動員したが装備や食料に不足はない。これほど迅速にこれほど多くの予備役を動員したのは初めてのことだ」と述べた。

関連記事:イスラエルの死傷者数は3,000人を突破、ハマス発射のロケット弾も4,000発超え
関連記事:ハマスの奇襲攻撃は非常に洗練された協調作戦、海からの襲撃にも成功か
関連記事:ネタニヤフ首相が宣戦布告、イスラエル側の死傷者数は2,700人を突破
関連記事:モサド元長官、これほどのロケット弾をハマスが持っていると知らなかった
関連記事:ガザ地区周辺を巡る戦い、イスラエル側の死傷者数は増加し1,800人を突破
関連記事:奇襲攻撃で1,000人以上が死傷、イスラエルにとって今回の攻撃は9.11に匹敵
関連記事:ハマスの奇襲攻撃を受けたイスラエル、前例のない代償を支払わせると約束
関連記事:ハマスがイスラエルに対する大規模攻撃を宣言、複数の入植地や基地を占拠

 

※アイキャッチ画像の出典:Israel Defense Forces

イスラエルの死傷者数は3,000人を突破、ハマス発射のロケット弾も4,000発超え前のページ

ウクライナ、ロシアが鹵獲した欧米製兵器をハマスに引き渡したと発表次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    ネタニヤフ首相、国際的な圧力には屈せず必要なら世界にも立ち向かう

    アラブ・イスラム首脳会議はイスラエルの復讐戦争を自衛の戦争とみなすこと…

  2. 中東アフリカ関連

    ハマス戦闘員から押収されたGoPro、事前準備から集落襲撃の様子が映る

    イスラム原理主義組織のハマスは「民間人を標的していない」と主張している…

  3. 中東アフリカ関連

    対話ではなく武力を選択したECOWAS、ニジェールへの軍事介入を命令

    西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は「ニジェールの秩序を回復させ…

  4. 中東アフリカ関連

    弱みを握られたEU、リビア停戦合意の裏でトルコは戦略的要衝を確保

    リビア国民統一政府とトブルク政府はリビア全域で停戦することで合意したと…

  5. 中東アフリカ関連

    イランが報復攻撃を開始、100発以上の無人機や弾道ミサイルをイスラエルに発射

    バイデン大統領は「イランの報復攻撃は遅かれ早かれ攻撃が行われる」と述べ…

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP