中東アフリカ関連

シーア派反政府組織フーシ、弾道ミサイルと無人機でイスラエルを攻撃

シーア派反政府組織フーシは31日「弾道ミサイルと無人機でイスラエルを攻撃した」と発表、この攻撃はガザの人々に対する宗教的、道徳的、人道的、国家的責任感から行われ「今後もイスラエルへの攻撃を続ける」と宣言した。

参考:Yemen’s Houthis claim attacks on Eilat, vow more to come

フーシの飛翔体が着弾したエジプトも「何らかの行動」に出るかもしれない

数日前にエジプト領のターバやヌウェイバに正体不明の飛翔体が着弾、イスラエル国防軍のハガリ報道官は「イエメンから発射されたミサイル」と示唆していたが、31日にも紅海方面からイスラエル領エイラトに向かう飛翔体が確認され、イスラエル国防軍は「この飛翔体をアローミサイル(弾道弾迎撃に対応した防空システム)で迎撃した。空軍の戦闘機も紅海空域で無人機2機を撃墜した」と発表。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

関与が疑われていたシーア派反政府組織フーシも「まもなく重大な声明を発表する」と述べ、フーシの報道官は31日午後「イスラエルに弾道ミサイルと無人機による攻撃を実施した。この攻撃はガザの人々に対する宗教的、道徳的、人道的、国家的責任感から行われ、今後もイスラエルへの攻撃を続ける」と宣言、フーシは事実上「イスラエルとハマスの戦い」に参戦を表明した格好だ。

イスラエルがフーシへの報復を行うのかは今のところ不明だが、フーシは「過去2回の攻撃も自分達が行った」と認めているため、フーシの飛翔体が着弾したエジプトも「何らかの行動」に出るかもしれない。

関連記事:イスラエル軍が人質1名の救出に成功、地上部隊はベイトゥ・ハノウンに到達
関連記事:エジプト領ターバとヌウェイバに正体不明の飛翔体が着弾、イエメンから発射?
関連記事:イエメン反政府組織、アラブ首長国連邦の首都をUAVと弾道ミサイルで攻撃
関連記事:アラブ首長国連邦、フーシの攻撃を受けイスラエル製防空システムの緊急調達を検討か
関連記事:反政府組織フーシ、Twitter上でサウジ攻撃用ミサイルの調達資金を募る

 

※アイキャッチ画像の出典:الاعلام الحربي/CC BY-SA 4.0 DEED 攻撃に使用された可能性が高いBurkan-2

イスラエル軍が人質1名の救出に成功、地上部隊はベイトゥ・ハノウンに到達前のページ

ウクライナ政府高官、TIME誌の記事内容を否定し情報提供者の排除を示唆次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    ナイジェリア大統領、議会にニジェールへの軍事介入を承認するよう要請

    ナイジェリアメディアは4日「ティヌブ大統領が上院にニジェールへの軍事介…

  2. 中東アフリカ関連

    スーダン暫定政権内の主導権争い、ブルハン議長が率いる正規軍が優勢か

    スーダン暫定政権の「ブルハン議長が率いる正規軍」と「ダガロ副議長が率い…

  3. 中東アフリカ関連

    飛ぶように売れるトルコ製UCAV、輸出制限に不満が募るイスラエル企業

    イスラエル防衛産業界は政府がUCAVの海外輸出を制限しているため「飛ぶ…

  4. 中東アフリカ関連

    ハマスの奇襲攻撃を受けたイスラエル、前例のない代償を支払わせると約束

    イスラム原理主義組織のハマスが開始した軍事作戦は「ロケット弾と地上侵攻…

  5. 中東アフリカ関連

    K9の現地製造契約に署名予定のエジプトと韓国、K2の現地製造についても協議中

    カイロで開幕した防衛装備品の展示会「EDEX2021」でエジプトと韓国…

コメント

    • 774rr
    • 2023年 11月 01日

    エジプトは動かないんじゃなかろうか
    隣が燃えてるのにイエメンなんかと関わりたくなんか無いでしょ

    17
    • 鼻毛
    • 2023年 11月 01日

    テロとの戦いの被害者としての振る舞いがしやすくなるので、イスラエルは少しくらい望むところかもしれませんね。アラブ諸国が後に続くこともないでしょうし。

    12
    • emp
    • 2023年 11月 01日

    なんで今言う?
    ハマスの軍事的な敗北がどんどん近づいてるだけのタイミング
    本当にやる気ならハマスの奇襲があった直後にもっと大々的に攻撃した方が良かった
    このやり方だと、イスラエルのヘイト買うだけの割に、大してハマスの支援にならないけど

    18
    • たむごん
    • 2023年 11月 01日

    ハマスにとっては、何のメリットもないですね。
    ガザ地区に、兵士を送れる訳でもないですし、大量の武器を供給できる訳でもありません。

    イスラエルとサウジアラビア、エジプトを接近させるだけになるでしょうね。
    サウジアラビアが、イエメンを攻撃する事への正当性を、今後与える事になるだけなのではないでしょうか。

    特にエジプトは、スエズ運河の通航収入を一時的に失うリスクが顕在化していますから、エジプトとフーシの関係は致命的に悪化してくのではないでしょうか(個人的な意見です)。

    14
    • M774A6
    • 2023年 11月 01日

    イスラエルは嫌いだけどやり過ぎたハマスはもう邪魔、親玉のイランも嫌い。だからもういっそガザの「平定」をやってもらってリスク要因排除した方がイスラエルと嫌い合いつつ関係安定化して助かる。ガザ平定で大量の犠牲出たらしばらく関係冷え込むけどなっちゃったもんはしょうがないでそのうち有耶無耶にできる。パレスチナ人なんて元々どうでもよくてイスラエルの敵だから焚き付けてただけだし、今回は融和ムードに冷や水浴びせられてもうパレスチナ人は邪魔になった。イスラエルとは嫌い合いながらも戦火を交える必要が無いなら経済的に関係結べて利益はある。むしろガザ平定で国際社会から孤立したイスラエルは我々との接近を望むだろうから有利に関係結べる。イスラエルと戦わなくて済むなら対イランに注力できる。

    なんて国もあるでしょう。
    もう滅茶苦茶過ぎてこんな妄想が捗ってます。

    26
      • dkg2t
      • 2023年 11月 01日

      >ガザ平定で大量の犠牲出たらしばらく関係冷え込むけどなっちゃったもんはしょうがないでそのうち有耶無耶にできる。

      その考え方は中国のウイグル・チベット弾圧と大差ないのよね。

      8
        • DEEPBLUE
        • 2023年 11月 01日

        でも、西側的人権意識を持っている中東諸国よりは実際に多いでしょうね。
        ハマスはやるんならイスラエル人の集会だけやれば良かった、外国人人質にすれば回りが押し留めて何も出来なくなるとイスラエルを見誤った。

        2
    • 2023年 11月 01日

    報道によればミサイルの一部を撃墜したのはサウジアラビア軍とのことで、イエメン紛争にも情勢の変化が予想される
    以前のようにサウジアラビアの石油関連施設や国際空港、キングハリド基地などへの攻撃だったのか、領空侵犯が許せなかったのか背後関係は不明
    中東が荒れることで利益を受ける国の支援なども考えられる

    12
    • AAA
    • 2023年 11月 01日

    イエメンが正式にイスラエルとの戦争状態にあると宣言した
    さらにエジプト軍は国境に戦車が集結中とのこと
    もう中東が火がついちまったか

    2
      • 名無し
      • 2023年 11月 01日

      イエメンではなくフーシ派では?

      11
    • あああ
    • 2023年 11月 01日

    イスラエルがガザ北部の難民キャンプ空爆して死傷者多数ってニュース出てきてるんですけど流石にフェイクかな?
    まぁ今まで何度か似たような事してるしマジかもしれないけど流石に…
    記事と関係ないコメントで申し訳ないです

    3
    • アリエフのニヤけ顔嫌い
    • 2023年 11月 01日

    いっちょ前に弾道ミサイルなんか持ちやがって

    正直2000km近く離れた反政府組織が宣戦布告したからなんだって感じがする。紅海上って派兵する訳でもなしに、出来ることは遠くからミサイル撃つ位。
    申し訳程度にイスラム教徒の連帯アピールしてけど、今回のパフォーマンスはイスラム諸外国に対してより敵対してるイエメン暫定政府に対して見せてる気がしないでもない

    9
    • のー
    • 2023年 11月 01日

    本題と全く関係ないですが、軍用装備は、全般的に目立たない色にするイメージがあります。
    しかし、写真のミサイルの先端が紅白の塗装になっています。
    これは、何か意味があるんでしょうか?

      • kitty
      • 2023年 11月 01日

      砲弾の弾頭は、昔から、弾種とか訓練用だとか間違わないようにハッキリとした色分けするのが伝統です。
      どうせ、飛んでる弾頭の色見て、対応を変えられるわけではないのですから。

      8
    •  さ
    • 2023年 11月 01日

    スポンサーへの言い訳というかアピールの為だけにとりあえずぶっ放してみたみたいな印象が

    • ブルーピーコック
    • 2023年 11月 01日

    そのミサイル代で医薬品や食料をパレスチナに贈った方がアピールになるのにな。イスラエルやエジプトに受け取り拒否されるだろうけど。

    1
    • 58式素人
    • 2023年 11月 01日

    このぶんだと、いずれ、エジプトは手持ちの防空軍にPAC3かその同等品が必要になるのでは。
    ポートサイドとスエズの近辺と、あとは首都の近辺に。
    或いは、PAC2/3を載せて30ktで走れるフリゲート艦でも良いような。
    なんと言っても、スエズ運河の価値は大きいのでは。それと、ナイル川の水運も。

    1
    • 折口
    • 2023年 11月 01日

    最初の襲撃に直接参加していないにもかかわらず、関与を完全否定しなかったというだけでレバノンやイランに対して攻撃しているイスラエルがこの件でイエメンのフーシ派を放任するとは思えないですね。ガザの作戦が落ち着いたら日をあらためて攻撃するか、あるいは明日にでも4つ目の正面を開いてしまうんじゃないでしょうか。とはいえIDFは海外展開能力がある訳でもなく、サウジがこの件でイスラエルに協力したり上空でミサイルを撃ち合う事を許可する可能性もほぼ無いでしょう。然るにイスラエルは普段通りサウジには何の通告もせずにイエメンをミサイルで攻撃し始めるんだと思います。そうなった時にサウジや他の反イラン系湾岸諸国の対イスラエル感情がさらに悪化するのは間違いなく、もう止まるまではひたすら落ち続けるのかなという印象です。

    くだんの全パレスチナ人のシナイとヨルダンへの追放計画といい、このまま行くと冗談ではなく本当に反イスラエルでアラブ諸国が一致団結するような事もありうると思うんですよね。現在のイスラエルの右派勢力や軍部の振る舞いを見ていると第五次中東戦争が始まっても勝てるし領土が増やせるくらいの考えしか持っていなさそうに見えてしまいますが、この半世紀でエジプトもサウジも湾岸諸国も全く別の国に変貌しているので、かつてのような勝利か死かという戦いがまた起こったらイスラエルが快勝することはあり得ないと思います。果たしてその事が彼らに見えているのか…。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP