中東アフリカ関連

南アフリカ空軍のグリペン、飛行停止から1年ぶりに空へ戻ってくる

南アフリカ空軍のグリペンは資金不足の影響で昨年9月に飛行を停止したが、Saabとの間で保守契約が締結されたため1年ぶりに空に戻ってくる。しかし今回締結した契約は保有するグリペンの半分しかカバーしていない。

参考:Saab Receives Service and Maintenance Order for South African Gripens
参考:Update: South Africa contracts Gripen support from Saab

南アフリカ空軍のパイロット達もグリペンの操縦資格を失っているため、グリペンが実戦任務に戻ってくるのは当分先の話

南アフリカ空軍はグリペンを26機導入したものの資金不足のため内12機が保管状態で、保守・サポート契約の更新にも失敗したため昨年9月以降に全てのグリペンが飛行を停止、この問題について南アフリカ国防省は早急な問題解決を約束していたが、Saabが契約締結を発表したのは9月19日なのでグリペンの飛行停止期間は約1年だ。

出典:NJR ZA / CC BY-SA 3.0

当然、南アフリカ空軍のパイロット達もグリペンの操縦資格を失っているため訓練をやり直す必要があり、グリペンが実戦任務に戻ってくるのは当分先の話になるだろう。

因みにジェーンズは「南アフリカ空軍と締結した契約は保有するグリペンの半分しかカバーしていない」と報じており、残りの機体をカバーする契約は交渉中らしい。

関連記事:南アフリカ空軍のグリペンが資金不足の影響で飛行停止、パイロットも操縦資格を喪失

 

※アイキャッチ画像の出典:Saab

ジェネラル・ダイナミクス、次世代戦車のコンセプトモデル「AbramsX」を公開前のページ

Airbusと大韓航空が艦載型UAV、Kongsbergと現代ロテムが無人砲塔を共同開発次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    斬新な運用形態、グレネードランチャーから射出するUAVをイスラエルが発表

    イスラエルの防衛産業企業「SpearUAV」は最近、戦場の状況認識力に…

  2. 中東アフリカ関連

    モロッコ、パトリオットでもS-400でもないミサイル防衛システムを調達

    モロッコ国防省は20日、フランスからミサイル防衛システム「SAMP/T…

  3. 中東アフリカ関連

    各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入

    伊メディアのラ・レプブリカ紙は5月29日、イタリア政府がエジプトに対す…

  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

    アラブ首長国連邦は首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でSky…

  5. 中東アフリカ関連

    契約総額は約850億円、アラブ首長国連邦が韓国製の多連装ロケットシステム「天武」導入

    アラブ首長国連邦は韓国製の多連装ロケットシステム「天武」を調達するため…

コメント

    • りんりん
    • 2022年 10月 07日

    グリペンはSAABですが、南アフリカの軍事産業、最近は全然話を聞きませんね。
    少し前までは軍事系の話題には欠かせない国だったのに、ウクライナ侵攻ではまったく話を聞かない。
    調べてみたら3年くらい前までは、あちこちに売り込みをかけていたみたいですけど需要が無くて兵器が売れない、等の記事がありますね。
    ウクライナ侵攻が発生するまでに、それ系企業は淘汰されてしまったのでしょうか。
    だとしたら、ちょっと我慢が足りなかった、ということでしょうか。

    8
      • 無印
      • 2022年 10月 07日

      最近の南アフリカは、国産装甲車の後継がAMVになったり、ドイツからフリゲート導入したり、
      空軍はグリペン(この記事によると飛べてないみたいですが)と、それまでの遅れを取り戻すように、海外製兵器をいろいろ導入してますね

      古い兵器を改修するにしても限界があるし、同じお金掛けるなら旧式改修より新品買った方が良いのは当然かなと

      7
      • バーナーキング
      • 2022年 10月 07日

      南アフリカの軍事産業、ってのはどういう意味だろう?

        • ブルーピーコック
        • 2022年 10月 07日

        ローイファルクやG6ライノなどを作ったデネル、魔改造センチュリオンことオリファントを作ったロイメック、近未来的な見た目をした(中身はガリル)アサルトライフルCR-21のヴェクターなどのメーカーの話を聞かないってことでは。あとマンバとかヴァルキリー自走ロケットとか。

        12
        • りんりん
        • 2022年 10月 07日

        南アフリカはアパルトヘイトの時代から、国策として国営企業などの兵器輸出で外貨を稼いでいたのです。(ブルーピーコックさんが書いているデネル社は元々は国営企業でした)
        これはアパルトヘイトを非難する各国から兵器を売って貰えなかったというのもあります。
        ですが、あれこれ口を挟んでくるアメリカやロシア(ソ連)とは違う武器供給源として重宝され、第三諸国相手にそれなりに商売をしていました。
        最近は韓国の武器売り込みが目立ちますが、少し前までは兵器の供給源として必ず南アフリカの名前があったんですよ。

        特にG6ライノは装輪式自走榴弾砲のハシリとも言えるもので(このコンセプトの兵器の発祥はチェコスロバキア(当時)のShKH-77ダナ自走榴弾砲と言われている)、その射程の長さを含めて登場時は話題になったものです。
        ウクライナ侵攻で名前が挙がったフランスのカエサル自走榴弾砲や、日本の19式装輪自走155mmりゅう弾砲も、このG6ライノが無かったら存在しなかったかも知れません。
        まあそれくらい、以前の南アフリカは兵器の開発・輸出で頑張っていたんです。

        20
          • バーナーキング
          • 2022年 10月 07日

          ああ、なるほど。

          >グリペンはSAABですが

          という枕を無視すればよかったんですね。
          お騒がせしました。

            • りんりん
            • 2022年 10月 07日

            SAABはスウェーデンの会社ですからね。
            知らない方の誤解を招くといけないので入れておきました。

            2
    • ハナー
    • 2022年 10月 07日

    予算が付かないのは辛いな

    3
    • 無無
    • 2022年 10月 07日

    アパルトヘイト政策下でやむを得ず自主開発に力を入れていたのが、緊張が解けたとたんに瓦解
    インカやインダスはどこに消えた?高度な文明はあっという間に崩壊するという史家の話も頷ける
    過去の遺産より日々精進よ

    11
      • AH-X
      • 2022年 10月 07日

      日本もいろんな面でそれ当てはまってますな。

      9
        • 無無
        • 2022年 10月 07日

        愚かなマスコミは今でも、戦艦大和やゼロ戦を生んだ国だの、過去の技術大国ぶりにしがみつく。
        現実を見るものは日進月歩なんだよと決して過去にしがみつかない
        このスレは軍の知のある人だから判るよな

        10
        • 2022年 10月 07日

        日本の問題は、自称知識層が国防という必要悪を絶対悪だと思い込んでることにあると思ってます。

        4
      • Rex
      • 2022年 10月 07日

      まぁ、かといって無理やり国産にしてもコマツみたいに悲鳴を上げて撤退されちゃうし、国産と海外の比率を事前に決めておくのも有効かもね。
      事前の取り決め大事。

      8
      • ブルーピーコック
      • 2022年 10月 07日

      アパルトヘイト政策下の南アフリカを支えた貿易相手国で『名誉白人』だった日本人が言っていいことなんですかね。

      2
        • 無無
        • 2022年 10月 07日

        今で言うとロシアから友好国認定されるようなもん、それを国辱としなかった昭和の先輩方には呆れてるよ
        国益と言えば聞こえは良いが、それではムネオさんと同じ

        9
    • Goodman80
    • 2022年 10月 07日

    ブッシュマスターで良いから後方の部隊にも装甲車を必要数揃えてほしいもの。初等練習機はCOIN機になるスーパーツカノを。

    • ブルーピーコック
    • 2022年 10月 07日

    アンゴラ内戦への介入や、ダイヤ絡みのエグゼクティブ・アウトカムズの暴れっぷりも今は昔かぁ。

    まあグリペンが飛べなくとも、日本と違って周辺国が脅威でないだけマシか。ナミビアとは(ナミビアの経済的依存はともかく)良好だし、ボツワナは経済・治安とも平穏だし、モザンビークは北部のイスラム過激派相手に忙しいし、失敗国家ジンバブエは(難民の輸出以外は)何も出来そうにないし。レソト?MBTが1両(T-55)とフランス製の装輪車10両でどうしろと。

    6
    • 名無し2
    • 2022年 10月 07日

    イーロンマスクもニールブロムカンプも南アフリカ出身ですが、スターシップもスターリンクもチャッピーも通底する南アフリカ兵器哲学めいた何かを感じます。

    1
    • 匿名希望
    • 2022年 10月 08日

    飛ばす予算はあるのかな?
    新造のミラージュ3やMIG-21のコクピットを近代化機体とかの方が売れたりしてね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP