北米/南米関連

コロンビ空軍、次期ジェット練習機に韓国製のFA-50を選択か

コロンビ空軍の関係者は「次期練習機に韓国製ジェット練習機のT-50の派生型を選択した」と米DefenseNewsに明かした。

参考:Colombia chooses South Korea’s TA-50, FA-50 as next jet trainers, officials say

クフィルの穴埋めを期待しているなら次期練習機の調達機種は出来るだけ早く正式発表されるだろう

コロンビ空軍は空対空や空対地ミッションにも使用できるジェット練習機を20機調達する予定で、最終選考は韓国のT-50の派生型(TA-50とFA-50)とイタリアのM-346FAの間で争われていたが、コロンビ空軍の関係者は「次期練習機に韓国製ジェット練習機のT-50の派生型を選択した」と米DefenseNewsに明かしたらしい。

出典:Public domain コロンビア空軍のクフィル

コロンビ空軍はイスラエル製戦闘機「クフィルC10/C12」の後継機問題が諸事情によって頓挫、後継機の調達が行われないまま2023年に退役が始まる予定で「次期練習機にはクフィルが抜けたコロンビア空軍のギャップを一時的に埋めることが期待されている」とも報じられており、指摘通り「クフィルの穴埋め」を期待しているなら次期練習機の調達機種は出来るだけ早く正式発表されるだろう。

因みに韓国航空宇宙産業(KAI)が開発したT-50はボーイングのT-7Aに敗れて米空軍採用を逃したが、米空軍と米海軍が導入を検討している高度な戦術訓練機にT-50を提案をするとロッキード・マーティンが名乗りを上げており、マレーシア空軍の軽戦闘機プログラム、スロバキア空軍のL-39更新プログラム、ペルー空軍の軽攻撃機プログラム、チリ空軍のF-5更新プログラム、セネガル空軍の軽攻撃機プログラムなどに売り込みが進んでいるが、最も注目すべきはウクライナ支援に関連したポーランドへの売り込み活動だ。

関連記事:F-16V導入計画が挫折したコロンビア空軍、クフィルC10/C12運用を当面継続か
関連記事:韓国がラテンアメリカでKF-21を初披露、市場で競合するためロシアが警戒
関連記事:ペルーの次はスロバキア、韓国が現地企業と共同でFA-50をスロバキア空軍に提案
関連記事:マレーシア空軍の軽戦闘機入札にインド、ロシア、韓国、イタリア、中国、トルコが応じる

ポーランドのMiG-29をウクライナに提供するには様々な問題を解決する必要ある

ポーランドが保有するMiG-29をウクライナに提供する計画が行き詰まったのは「見返りに米国から中古F-16を受け取るというアイデアが事前にリークされ政治的問題化したからだ」と米BreakingDefense(BD)は報じているが、ポーランドはウクライナにMiG-29を提供することを諦めていないらしい。

参考:Poland considering Italian, Korean alternatives to backfill MiG-29s

ポーランド政府は「自国の安全保障を犠牲してまでMiG-29を手放さない」と説明しており、ウクライナにMiG-29を提供するためにはギャップを埋めるためオプションが必要でポーランドの元には幾つかの提案が届けられているのだが、この問題は複雑な事情が絡んでいるので何が選ばれるのは今のところ謎だ。

出展:Leonardo S.p.A 軽攻撃タイプのM-346FA

まず第一の選択肢はMiG-29とSu-22の後継機選定(M-346FAとFA-50が競合/32機調達予定)を急ぐという案で、窒化ガリウム技術で製造された国産レーダーと照準ポッド「AN/AAQ-33」が統合されたFA-50が性能面でM-346FAを上回るという評価だが、もしEUがウクライナ支援のためポーランドの取り組みに資金提供を行うなら「M-346FAの方が有利=EUの資金なので欧州製に支払いを限定してくる可能性が高い」になる。

第二の選択肢はMiG-29を提供するためにはギャップを埋めるため「イタリアから中古のタイフーン・トランシェ1を受け取る」という案で、最も早くMiG-29をウクライナに提供できるかもしれないがポーランド空軍のロジスティクスが複雑(F-16、F-35、タイフーン)になりすぎるという問題が指摘されている。

第三の選択肢は中古のグリペンC/Dを32機リースで導入する案だが、第二案と同様にロジスティクスが複雑になるという問題を抱えることになる。

出典:U.S. Air Force Photo by Senior Airman Tristan Biese

結局、米空軍が保有するバイパー仕様(V仕様とは別物)のF-16はコモディティ化されたF-35とは異なり「カスタム仕様」なので、同盟国に提供するためには機密に指定される部分を物理的に取り外す必要があり、新造のF-16Vは製造スケジュールが遅れているためポーランドに回す余裕はなく、ウクライナにMiG-29を提供するならポーランドは独自に解決策を見つけなければならない。

関連記事:ポーランド、スロバキアがウクライナにMiG-29を送れば領空保護を提供
関連記事:売れ続ける第4.5世代戦闘機、LMはF-16Vの需要増を受けて同機の製造ラインを増設

 

アイキャッチ画像の出典:한국항공우주산업

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

義務と協力の違い、中国との戦いに米軍派遣を期待しない台湾人が増加前のページ

ロシア編入を主張するトランスニストリア、ウクライナやNATOが攻めてくる次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    ウクライナ侵攻の影響で輸送機需要が活性化、C-390への関心が高まる

    ロシア軍によるウクライナ侵攻を受けて西側諸国は先送りしてきた軍用輸送機…

  2. 北米/南米関連

    ややF-35A有利か? 提案書類が出揃いカナダの次期戦闘機選定がスタート

    ロッキード・マーティン、ボーイング、サーブの提案書類が出揃い、いよいよ…

  3. 北米/南米関連

    ブラジル空軍がグリペンE/Fの追加調達に言及、最終的に60~70機程度を調達か

    ブラジル空軍は調達中のグリペンE/F(国内向けの名称はF-39E/F)…

  4. 北米/南米関連

    F-16V導入計画が挫折したコロンビア空軍、イスラエル製のクフィルC10/C12運用を当面継続か

    コロンビア政府や空軍はイスラエルから導入した戦闘機「クフィルC10/C…

  5. 北米/南米関連

    アルゼンチン空軍、製造から50年が経つ攻撃機「A-4」の継続使用を決断

    アルゼンチン空軍は製造から50年が経過する攻撃機「A-4AR ファイテ…

  6. 北米/南米関連

    韓国と同じ運命? アルゼンチンへの中国製戦闘機「JF-17」輸出を英国が阻止か

    アルゼンチンは老朽化した攻撃機A-4ARの後継機を巡ってロシアのMiG…

コメント

    • あばばばば
    • 2022年 5月 01日

    開発の違う国で製造された戦闘機を導入する事で、ロジスティクスが大変になるというのならば、エジプトやインドの空軍ひどい有様になっていそうだがそういう話は聞かないし、ポーランド空軍全体でみれば米ロ欧土入り混じっているので、今更という感じになるのではないだろうか

    あと軽戦闘機はポーランド空軍が、すでにM-346を導入しているので、FA-50よりもM-346FAのほうが有利だろう
    しかし、ウクライナ情勢のひっ迫を考えれば、とりあえずタイフーンかサーブを調達するのではないだろうか

    3
      • 通りすがり
      • 2022年 5月 01日

      エジプトやインドは特定国に安全保障を依存しないようにするため効率を犠牲にして戦闘機や戦車を複数の国から導入しているだけで、NATOや米国に安全保障を依存できるなら導入機種を絞った方が効率が良いに決まっている。

      ポーランドを後者なんだからエジプトやインドを参考に持ち出すのはおかしいだろう。

      28
      • Minerva
      • 2022年 5月 01日

      インド空軍がひどい有様になっている可能性はある
      特に2019年には4月時点で9機が事故で墜落していて日本でも話題になった
      今事故が年数回ペースになっているのはちょうど老朽化した機体が更新されて事故率が下がっているだけかもしれない

      6
        • くらうん
        • 2022年 5月 01日

        インドはいくらなんでも機種多すぎですね。
        欧州米国ロシア国産と出自が違うのは安全保障上の方針だからともかく、同規模・同用途の機種がかぶりまくりで更に増やそうとしているんだから、ちょっと正気を疑うレベル。
        航空ファンとしては楽しいんだけども。

        10
    • くらうん
    • 2022年 5月 01日

    >ポーランド空軍のロジスティクスが複雑(F-16、F-35、タイフーン)になりすぎる

    ポーランド空軍くらいの規模なら3機種運用くらい珍しいわけではないと思うが。

    3
      • 名無しさん
      • 2022年 5月 01日

      問題は米国系、欧州系と、文化圏の違う機体が混じる事だと思います
      台湾が仏のミラージュを導入してパイロット装備から兵装に至るまで
      それまでの米国系とは互換がなくて兵站で苦労して稼働率まで下げた
      話しがあります。

      5
        • くらうん
        • 2022年 5月 01日

        確かに欧州系と米国系では互換性が低いのは確かにそうですが、Mig-29がNATO規格への改修が終わるまでは超絶カオス状態を経験しているポーランドなら、当時と比べれば楽なもんではと他人目線では思います。
        FA-50導入案との相対的な意味でならさもありなん。

        1
      • ネトウヨ
      • 2022年 5月 01日

      日本は3機種だけど、全部アメリカ系だからなあ。
      日本の半分以下の戦闘機保有数で、米国系と欧州系を合わせて3機種は大変そう。

      6
    • おわふ
    • 2022年 5月 01日

    インドや産油国は資金に余裕がありますからね。
    ポーランドには、同時運用はキツいのかも。

    ただ、EU寄りの機種を導入しておくのは関係強化に役立つかも。

    1
    • ポーランド空軍
    • 2022年 5月 01日

    M-346はヤコブレフの流れを組んでるのですね。ロシアを原点にイタリアの設計でアメリカのエンジンを乗せてポーランドへ…
    国際社会は複雑ですね。

    2
      • 戦略眼
      • 2022年 5月 01日

      ロシア製の部品を使ってないのかな?

      1
    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 5月 01日

    M-346はイスラエルやポーランド、F/A-50もタイやフィリピンに採用されてるんでどっちを選んでも問題は無いと思いますね。
    日本の練習機の後継はどうなるんだろ

    1
      • 匿名希望
      • 2022年 5月 01日

      とりあえず。F-35向けのパイロット育成については、とりあえずはアメリカとイタリアの委託になるんじゃあないですかね?
      F-35向けだけと割り切るのならM-346をイタリアスクールに置くために20~40購入になりそう。(その分T-4の寿命が相対的に延びる)

      1
      • ブルーピーコック
      • 2022年 5月 01日

      T-7Aか、F-3の開発にイタリアが参加するかもしれないので、M-346ベースの日伊共同開発の可能性があるかもしれませんね。何にせよ早めに決めてほしい。

      イタリアがF-3開発に参加する・・・かもという記事
      リンク
      管理人さんお手数おかけします

      5
    • 匿名希望
    • 2022年 5月 02日

    ポーランドのMIG-29の後継には論外では?>T-50やM-346
    性能だけで見ればまだEF-2000か在庫がある前提で退役F-16を購入あたりが落としどころでは?

    1
    • makumaku
    • 2022年 5月 02日

    韓国型戦闘機は、東南アジアや南米あたりが適する市場でしょうか。
    F/A-50だと、F-4とA-4を足して2で割るくらいの”期待”性能ですか…。

    2
      • や、やぬろー
      • 2022年 5月 03日

      馬鹿にしないほうが良いよ。
      住友とかコマツとか、全然笑えない。

      1
        • 匿名希望
        • 2022年 5月 03日

        それ以前の問題として中距離aamがオプションの次点でデフォルトパッケージがF-4未満だったりするぞ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP