欧州関連

ルーマニアの最高国防会議がF-35A導入を発表、M1エイブラムス調達も検討中

ルーマニアのヨハニス大統領が主催する最高国防会議は11日「空軍の近代化プロセスは最新のF-35A導入によって継続される」と発表、これを受けて現地メディアは「ルーマニアがF-35Aの購入を決定した」と報じている。

参考:Ședința Consiliului Suprem de Apărare a Țării
参考:România a decis să cumpere avioane de vânătoare F-35

F-35Aの導入交渉は議会の事前承認が必要なので、米国との交渉開始には時間がかかる見込みだ

ルーマニア空軍はポルトガルとノルウェーから中古F-16AMを計49機取得することが決まったものの、ヨハニス大統領は昨年5月「F-16の調達で空軍の近代化は終了するのではなくF-35Aの購入を予定している」と言及、ルーマニア国防省も3月「来年までに議会に要請してF-35A導入手続きを開始する」と同省発行のObservatorul Militarの中で明かしていたが、11日開催の最高国防会議でF-35A導入が支持された。

出典:Radafaz / CC BY-SA 3.0

ヨハニス大統領が主催する最高国防会議は「第5世代戦闘機で柔軟かつ効率的な防空能力を達成するというコンセプトを承認した。空軍の近代化プロセスは最新のF-35A導入によって継続される」と発表、現地メディアは「ルーマニアがF-35Aの購入を決定した」と報じている。

ただF-35Aの導入交渉は議会の事前承認(購入を前提にした協議を開始するための国内手続き)が必要なので、米国との交渉開始には時間がかかる見込みだ。

出典:U.S. Army photo by Spc. Christian Carrillo

因みにルーマニア陸軍はM1エイブラムスの調達にも動いており、現地のディフェンスメディアは「調達を予定している自走砲のポールポジションはK9だ」と報じている。

関連記事:ルーマニアのヨハニス大統領、空軍近代化の一貫としてF-35A導入を約束
関連記事:ルーマニアがノルウェーから中古F-16取得を発表、1機あたりの導入コストは約18億円
関連記事:ルーマニア国防省、大隊規模のM1エイブラムス調達に動いていると明かす
関連記事:ルーマニアと韓国が地上装備の現地生産に向けMOU署名、韓国版HIMARS導入も視野に
関連記事:黒海に面したルーマニアが潜水艦部隊を再建、フランスから潜水艦を調達か

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

J-20に劣るF-22A Block20、今後も維持するなら次世代戦闘機の開発費が吹っ飛ぶ前のページ

ウクライナの反攻作戦、ハルキウやヘルソンほどの成功は見込めない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポーランドが領土放棄をウクライナに迫る国に提案、自国領をロシアに渡せ

    ポーランドのドゥダ大統領は「定期的にウクライナへ妥協を求める国々」に向…

  2. 欧州関連

    英空軍の早期警戒管制機「E-3D」運用が終了、後継機E-7Aの運用開始は2023年予定

    地中海・中東方面での最後の任務を終えた英空軍の早期警戒管制機E-3Dは…

  3. 欧州関連

    BAEがGCAPの新コンセプトモデルを公開、ラムダ翼からデルタ翼に変更

    BAEはファーンボロー国際航空ショー開幕前夜にラムダ翼を採用したGCA…

  4. 欧州関連

    ソ連時代の地獄を忘れないポーランド、GDP比4.0%以上を国防予算に投資

    ポーランドのドゥダ大統領は「ロシアの侵略や占領、ロシア軍の行動が何をも…

  5. 欧州関連

    ノルウェー陸軍の次期主力戦車を巡る戦い、Leopard2とK2の実地テストが始まる

    ノルウェー陸軍は主力戦車「レオパルト2A4」を更新するため次期主力戦車…

  6. 欧州関連

    突然始まった武力衝突、アゼルバイジャン軍がアルメニア国境に向けて前進か

    13日深夜に突然始まったアゼルバイジャン軍とアルメニア軍の衝突は現在も…

コメント

    • F-22A
    • 2023年 4月 11日

    購入者リストが長いでしょうから引き渡しには時間がかかるでしょうね。
    日本のF-35A組み立て工場もロッキードマーティン社の下請け活用できたら面白いのでしょうが高コスト過ぎて無理でしょうね、法律的にもですが

    7
    • 通りすがりのシロウト
    • 2023年 4月 11日

    旧ワルシャワ条約機構諸国の軍備が、ものすごいスピードで近代化されているように感じる

    11
    • ブルーピーコック
    • 2023年 4月 11日

    2年前の記事で既に中古F-16の耐用年数に触れてたぐらいだしな。後継機は早い方が良い。運用する機数がどれくらいとかは気になるけど

    5
      • 全てF-35B
      • 2023年 4月 12日

      F-16AMが寿命だから、オランダはF-35Aの導入を急いでいたからな。
      順番待ちの時間稼ぎか。

      3
    • 無印
    • 2023年 4月 11日

    ルーマニアがエイブラムスかぁ…
    時代が変わったのを実感するとともに、燃費の悪さは大丈夫なのか
    「燃費が酷すぎるので、レオ2A7かK2あたりに変えます」
    とか言い出すのでは

    1
      • 匿名希望係
      • 2023年 4月 11日

      むしろA2の納品が無理だからになりそう。

      2
    • 通りすがり
    • 2023年 4月 11日

    ダキアなのに現代的

      • ブルーピーコック
      • 2023年 4月 11日

      「Oh!! Big News!!」(棒読み)
      「What!?」(棒読み)
      「ダチアが2022年に欧州売り上げシェア7.6%(過去最高)を記録したんだ!」
      「Great! それでは次のニュースです」

      2
    • 戦略眼
    • 2023年 4月 12日

    ルーマニアがF-35AにM1エイブラムスって、金どうするんだ?
    FA-50とK2で、我慢しとけよ。

    7
    • DEEPBLUE
    • 2023年 4月 12日

    防衛費増やしたとしてもロクな数をルーマニアの防衛費で揃えられると思えないのですがねえ・・・。

    5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP