米国関連

米当局者、ロシアに妥協すれば自由を守るためのコストは更に増加する

米当局者は「戦いが長引くと国民がウクライナ支援にうんざりするかもしれない。しかしウクライナでの戦いから目を背ければ自由を守るためのコストは更に増加することを忘れてはならない」と警告している。

参考:No short-term end in sight in Russia’s invasion of Ukraine, Western officials say

ロシアとの戦いにうんざりして中途半端に妥協すればクリミアの二の舞い

米国のブリンケン国務長官はウクライナに対する8億ドルの支援パッケージについて「支援強化は侵攻作戦のコスト負担増に繋がりプーチンへの圧力になる、我々は可能な限りウクライナを有利な交渉立場に立たせることに集中している」と述べており、駐エストニア米国大使も「ロシアがウクライナを破壊して全ての国民に屈服を要求する方針を変更しない限り真剣な和平交渉はない。ロシアが戦略的敗北に直面した時のみ真剣な和平交渉が行われる」と主張している。

出典:Public domain

つまりウクライナでの戦いを止める=停戦を実現するには「ウクライナが主権を侵害するロシアの要求を丸呑みするか」「ロシアが軍事力よるウクライナの屈服が不可能だと認識するまで打撃を与え続けるか」の2択しかなく「道徳的もしくは人道的な側面からロシアが和平交渉に応じることはない」という意味だ。

さらにブリンケン国務長官は欧州の同盟国に対して「ウクライナでの戦争は年末まで続く可能性がある」と説明しているが、米当局者は「戦いが長引くと国民がウクライナ支援にうんざりするかもしれない。しかしウクライナでの戦いから目を背ければ自由を守るためのコストは更に増加することを忘れてはならない」と警告しており、英国のジェームズ・クレバリー閣外相も「タダで民主主義を守ることはできない、今直ぐ行動しなければ現在よりも遥かに莫大なコストを支払うことになる」と主張しているのが興味深い。

出典:Kremlin.ru / CC BY 4.0 クリミア併合の調印式

恐らく上記の発言は「クリミア侵攻の際、中途半端な対応で終わらせなければ現在の事態に直面していなかった」という趣旨であり、ロシアとの戦いにうんざりして中途半端に妥協すれば「今回以上の代償(ここには人命に対するコストも含まれる)を支払うのは目に見えているので絶対に妥協しない=ロシアに引き下がらせる」と考えているのだろう。

因みにゼレンスキー大統領は米CNNに対して「ロシアとの戦争でウクライナ軍兵士2,500人~3,000人が戦死して約10,000人が負傷した」と明かして注目を集めており、ウクライナへの戦闘機供与が中々実現しないためウクライナ人はクラウドファンディングによる戦闘機調達キャンペーンを開始した。

この動画に登場するウクライナ人パイロットらしき人物は「私たちの空を守るため戦う翼を下さい」と訴えている。

関連記事:ウクライナ支援で減少した米軍備蓄、ジャベリン7,000発の補充に最低でも3年
関連記事:米国のウクライナ支援、Mi-17、榴弾砲、装甲車、無人水上艦などを提供
関連記事:米上院、ウクライナ支援のためレンドリース法の復活を全会一致で可決

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army Europe photo by Spc. Joshua Leonard

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米国防総省、ウクライナ側のミサイルが巡洋艦モスクワに命中したと発表前のページ

三菱電機がバーレーン軍にEWシステムを、他の日企業がレーダーを提案か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    移動したのか?後退させられたのか?米爆撃機のグアム前方配備中止が意味するもの

    米空軍はグアム島に配備していた5機の爆撃機「B-52H ストラトフォー…

  2. 米国関連

    MQ-9の後継機? ジェネラル・アトミックスがステルスUAVの新イメージを公開

    米国のジェネラル・アトミックスは27日、無人航空機「MQ-9リーパー」…

  3. 米国関連

    激しい地上戦を予想する米国、ウクライナ軍が砲弾不足に陥ることを懸念

    米当局者はウクライナ東部の地上戦が本格化すれば13日に発表した4万発の…

  4. 米国関連

    バイデン大統領、M777が含まれるウクライナへの追加支援を新たに発表

    バイデン大統領は19日、榴弾砲「M777」の追加提供が含まれる1億ドル…

  5. 米国関連

    国防予算から見た米海軍の方針、装備調達を削減して艦艇の整備に1.5兆円を投資

    バイデン大統領は2022会計年度の予算教書(連邦政府予算案)を正式に発…

コメント

    • ab
    • 2022年 4月 16日

    やはり米英はすごいね。今回のロシアのような侵略には一切成功体験を与えてはいけない。

    50
      • ミリオタの猫
      • 2022年 4月 16日

      いや…今回欧米が強硬なのは2014年にクリミアを併合したロシアに対して強硬な手段を取らなかった結果、ロシアに成功体験を与えてしまったのが原因なので。
      それに、4月24日に投票予定のフランス大統領選・決選投票でEU嫌いのロシア好きなルペンが当選したら欧米諸国もまた分裂する可能性が有るので、ロシアは今頃サイバー戦でフランス世論への工作を強めているはず。

      72
        • 匿名
        • 2022年 4月 16日

        フランス人的にはあっさりルペンを選びそうな気もしますね…
        米英が主導権握った上の和平実現なんて業腹でしょうし、それでウクライナが負けようが特に自身の身が傷つく訳でもないので

        14
      • けい2020
      • 2022年 4月 16日

      むしろ米英ともに、ジョージア侵略・クリミア侵略の時にロシアを成功体験を与えてしまった反省からですね
      なので今回は徹底的にロシアを潰さない限りは終わりが無いと決断してるのでしょう

      EUでは未だに腹をくくれてない国が多いですが、ロシアを潰すしか無いというこの流れはロシアが作ってるので
      変わることはないでしょう

      39
    • 無無
    • 2022年 4月 16日

    メドベージェフがゼレンスキーに殺害予告めいた恫喝をしてるよね、
    いやしくも国家元首を務めた人物の発言では、あり得ないレベル
    こんな野蛮の国相手に文明国基準の平和主義なんぞ通用しないのを前提に動くべき

    お花畑はお花畑相手にしか通用しない幻想だよ、外国を知らない奴ほど人間みな同じという期待に流されて痛い目に遭う

    85
      • 無題
      • 2022年 4月 16日

      戸締まりはしっかりしろとかヤクザの脅し文句みたいだよな

      54
      • 匿名
      • 2022年 4月 17日

      ぽっぽー

      1
    • 名無し
    • 2022年 4月 16日

    >ウクライナ軍兵士2,500人~3,000人が戦死して約10,000人が負傷した
    武器供与はいいけど兵隊このペースで消耗して足りるのか?

    4
      • ボリス
      • 2022年 4月 16日

      んーその真意は武器を供与してもそのうちに使う兵隊が居なくなるから…無意味ってことですか?

      1
      • ダヴー
      • 2022年 4月 16日

      ww1当時のフランスがほぼ現在のウクライナと同規模の人口4000万人、5年間の延べ動員が約800万人で戦死者が約140万人。
      ウクライナは現在は総動員体制なので、補充兵の訓練が追い付くのであれば、1か月でこの程度の損失なら耐えられると思います。

      22
      • ミリオタの猫
      • 2022年 4月 16日

      ロシア軍の戦死者が推定1.8万人前後(4月4日のウクライナ側発表)なので交換比としては充分だと思いますし、ウクライナ側は既に国家総動員体制を整えている上、海外からの義勇兵も有りますから、今は将兵の消耗よりも武器弾薬の補給の心配をした方が良い状況だと思います(今後ジャベリン等の一部兵器が供給国の在庫不足で供給難になる事が見込まれる為)。
      それよりも注目すべきは、ウクライナは3月12日の段階で約1300人の戦死者が出たと発表しており、今回のゼレンスキー大統領の発言で「それから約1カ月で最大約1.3倍の戦死者(最大値3000-1300=最大1700人が3月13日以降の戦死者)が出た可能性が有る」と語った点です。
      つまり、それだけロシア軍も経験を積んで態勢を立て直しつつある訳で、今後の主戦場である東部方面がロシア軍機甲部隊の得意な平原地帯である事も考慮すると、今後戦況が逆転する可能性は充分有ると思います。

      18
        • 匿名
        • 2022年 4月 16日

        ぶっちゃけ露助共に逆転の目なんか欠片も無いだろ

        3
    • 鼻毛
    • 2022年 4月 16日

    戦闘機クラファンいいですね
    自分用のエアガンとか買うより有意義かな

    19
    • 名無し
    • 2022年 4月 16日

    いま~わたしの~ねが~いごとが~かなうなら~ば~

    3
      • 匿名
      • 2022年 4月 16日

      お金が〜 ほし〜い〜!

      6
    • perorin
    • 2022年 4月 16日

    戦闘機は各国ともプーチン帝が怒り狂うのが怖くて送れないんだと思ってたけど
    お金があったら売ってくれる国があるの?

    4
      • STIH
      • 2022年 4月 16日

      トルコはTB2の販売に対して、民間企業が勝手にやってることなので、と言ってロシアもそれ以上突っ込んでないから、トルコが良くてほかの国はダメという理由は立たない気がする。
      米英企業だとだめだとしたら、例えばインド生産のF16Vやとか、パキスタンのFC-1とかを買った場合は?(買えるとかどうかは別にして)、などなどいろいろ抜け道はありそうですし。

      5
        • perorin
        • 2022年 4月 16日

        トルコは開戦前の契約による武器引き渡しだから戦争参加ではないという理屈だよ。
        だから今から追加でトルコの攻撃ヘリが欲しいと思っても開戦後の契約はできない。(それでウクライナ政府は公式には何処からも武器が買えずに苦しんでる)

        2
      • 匿名
      • 2022年 4月 16日

      実際、この人物の身元が保証できないと安心して寄進できないと思うんですけどね

      例のSt.Javelinの話でも、公式サイト以外で非公式なグッズが大量に売られていて、ebayなんかで売ってるTシャツ等は「ウクライナへ支援します」と名乗っていても本当にされているか極めて怪しいですし…

      余談ですが、昨今の事情でいくつか持ってた共産趣味的なキリル文字のTシャツが着づらくなってしまって辛い…😢

      2
    • だいぶ溜まってんじゃん
    • 2022年 4月 16日

    ロシアの要求全面受諾という選択肢はウクライナには到底受け入れられないだろうし、実質選択肢は徹底抗戦の一択しかないのが辛いところ。

    他国の国民にしてもウクライナの戦争は大事件とはいえこのまま一年も戦争が続くようだと人々の関心は薄れていくでしょうね(無情)
    ウクライナの情勢に人々が「慣れる」ことがウクライナにとってはロシア軍と同じくらい恐ろしいことでしょうね

    やっぱり今回の戦争もクリスマスまでには帰れそうにもありませんね、悲しいなぁ

    20
      • ミリオタの猫
      • 2022年 4月 16日

      それどころか、私はこの戦争は10年位続いてもおかしく無いと思っています。
      実際、ベトナム戦争以降の戦争に限っても1979年のソ連によるアフガン侵攻から撤退まで約10年、イラン・イラク戦争が約8年、旧ユーゴスラビアの内戦が1990年から2000年まで続いたので約10年、イラク戦争も2003年から2011年までの約8年で、更に2001年の9.11テロに伴う米国のタリバン(アフガン)攻撃から復活したタリバンによってアフガンが崩壊したのは2021年ですから実に約20年です。
      それに欧米諸国は「ロシアを確実に潰す為には戦争を長期化させてロシアの国力を完全に破壊した方が良い(その方がプーチンも核を使い辛いし、何よりプーチンは歳だから病死でもすれば戦争は終わる)」と考えている節も有りますので、この戦争はクリスマスどころか「開戦の年に生まれた子供が成長して、少年兵として戦場へ送られる頃に漸く戦争が終わった」等と言う話になるかも知れません。

      34
      • けい2020
      • 2022年 4月 16日

      各国が国民が慣れた頃に、またロシアが核使用を示唆するような脅迫をしてくるでしょう
      かといってロシアにはこうやって威嚇する以外の選択肢がないですし

      当事国じゃないと関心が薄れても、ロシアが核戦争の脅しを続ける限りは
      恐怖という他国国民の関心は薄れにくいかと

      6
    • 匿名
    • 2022年 4月 16日

    >ロシアに妥協すれば自由を守るためのコストは更に増加する

    アメリカ政府が本当にそう思っているのなら、NATOがこの戦争に参戦して、ロシア軍を一気に押し返すしかないような気がしてきた。

    7
      • G
      • 2022年 4月 16日

      核を保有するアメリカやNATOが正式に参戦すればプーチン大統領の核使用ハードルが大幅に下がる危険性があるため、どちらも援助や義勇兵派遣こそすれ参戦は見合わせているかと

      11
    • アクアス
    • 2022年 4月 16日

    欧米はミュンヘン会談を思い出してるんだろう。
    あの時の忠実な再現が起こっている以上、プーチンを放置すれば何がこれから起きるのか高い確度で予測できる。
    今まさに世界は岐路に立って

    18
      • 匿名
      • 2022年 4月 16日

      人は、同じ過ちを何度も繰り返す生き物ですから…

      3
    • zerotester
    • 2022年 4月 16日

    年末までかかると言いますが、年末までにどうなることが目標なのでしょうね。ロシア軍は東部で大攻勢をかけようとしていますが、それに失敗したら次はどうするか。東部の支配地域を広げることは望み薄になるので、南部の既に占領したヘルソン、メリトポリ、マリウポリを守ろうとするのではないでしょうか。クリミアと東部の支配地域を繋げるのは大事なので。
    ウクライナとしては少なくともその地域からロシア軍を追い出して侵攻以前の状態に戻さないと終われないでしょうから、年末までかかるというのはそれを見据えたものなのかなと思いました。

    8
    • AAA
    • 2022年 4月 16日

    戦死者が2500から3000ねえ
    マリウポリだけで余裕で超えてると思うがもしかして領土防衛隊やアゾフ連隊みたいな準軍事組織は正規軍じゃないからノーカンなのかな
    まあ正規軍だけだとしてもそんな少ないかねえ

    8
    • makumaku
    • 2022年 4月 16日

    プーチン大統領が停戦に同意するそのときまで、ウクライナに戦争リソースを投入し続けるということですね。米欧が軍事経済援助に疲弊すると、中国や北鮮が胎動し始めるでしょうから、今こそ日本も腹を括って対外軍事援助(&国内軍備拡張)に乗り出すときでしょう。それはまさに日本の将来にとってPay forwardかと。

    12
      • 匿名
      • 2022年 4月 16日

      日本は、今メインで動いている欧米がウクライナ情勢へ集中出来るよう極東の安全保障へ尽力する形で西側諸国をサポートすべき、と思いますけどね…

      8
    • h4
    • 2022年 4月 16日

    若干希望が出てきたのは、モスクワ撃沈でロシア国内に負けムードが漂い始めてきたこと。ロシア国民は大本営発表に明らかにいら立ちを見せるようになってきている。
    国営メディア見ててもSNS(Telegram除く)見てても、特別軍事作戦という平時モードでは勝てず、大祖国戦争並みに総力戦をやらないと力負けする、という認識ができつつある。

    日露戦争の時もまだ総動員をかけて半年続ければ日本に余力はなかったといわれるが、いかに負けムードを作っていくかがこれからの課題だと思う

    20
      • ヤゾフ
      • 2022年 4月 17日

      それこそ西側は遠慮なく武器支援出来るからありがたい

    • スポンサー・ドリンク
    • 2022年 4月 16日

    オバマ「ちっ・・・」

    • そら
    • 2022年 4月 16日

    ウクライナの戦闘機は離着陸に道路使ってるのかな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP