米国関連

米国がクラスター砲弾を含むウクライナ支援を発表、ATACMS提供は見送り

米国はゼレンスキー大統領の訪米に合わせて新たなウクライナ支援パッケージを21日に発表、このパッケージにはHIMARSの追加弾薬、クラスター砲弾、対戦車ミサイルなどが含まれているが、期待されていたATACMSは含まれていない。

参考:President Biden Holds an Expanded Bilateral Meeting with President Volodymyr Zelenskyy of Ukraine
参考:Blinken announces new security assistance for Ukraine

ウクライナが要求してきた長距離攻撃兵器=ATACMSは含まれていない

ABCは米当局者の話を引用して「当初評価よりも多くのATACMSを保有していることが判明し、今後の安全保障パッケージにATACMSを含める可能性が高い」と報道、これはクリミア大橋に届く単一弾頭を搭載したバージョン=M57もしくはM57E1の在庫が当初評価よりも多く見つかったという話ではなく、クラスター砲弾が効果的な働きを見せたことで「M74子弾」を内包するM39やM39A1が支援の選択肢に加わったという意味で、ゼレンスキー大統領の訪米に合わせて「ATACMS提供を発表するのではないか」と予想する声もあったが、ATACMSの提供は支援パッケージから外れた。

出典:U.S. Army photo by Sgt. Cesar Rivas

米国はゼレンスキー大統領の訪米に合わせて新たなウクライナ支援パッケージを21日に発表、このパッケージにはHIMARSの追加弾薬、クラスター砲弾、AN/TWQ-1、TOW、AT4、ジャベリンが含まれているものの、ウクライナが要求してきた長距離攻撃兵器=ATACMSは含まれていない。

因みにブリンケン国務長官は支援パッケージの内訳について「安全保障支援として1.28億ドル」「武器や装備品の提供として1.97億ドル」と説明しているため、前者がウクライナ安全保障支援イニシアチブ(USAI)経由、後者が大統領権限(PDA)経由の支援になるのかもしれない。

関連記事:米国、クラスター砲弾の活躍を受けて同タイプのATACMS提供を検討中
関連記事:バイデン政権、クラスター砲弾を含むウクライナ支援パッケージを発表
関連記事:クラスター砲弾の到着で戦場の様子が変化、ロシア軍の火力支援量が低下
関連記事:ドイツ与党、KEPD350の提供はATACMSとセットでなければならない

 

※アイキャッチ画像の出典:Photo by John Hamilton M270から発射されたATACMS

ポーランド政府、ウクライナへの武器供給は契約分と事前合意分のみ実行前のページ

ポーランド大統領が武器支援を停止を否定、首相の言葉は最悪の形で解釈された次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    欧州に追いつく?F-35はアップグレード実行で「第6世代機戦闘機」に到達

    ロッキード・マーティンは「第5世代機から第6世代機へは、第4世代機から…

  2. 米国関連

    芳しくなくT-7Aの開発状況、量産機引き渡しは2023年から2025年以降に変更

    米軍採用を勝ち取ったボーイングのT-7A開発状況は芳しくなく、2022…

  3. 米国関連

    再掲載|宇宙船?ボーイングが開発したバード・オブ・プレイはステルス機

    ロッキードは1970年代に初めてステルス戦闘機(F-117)の開発を経…

  4. 米国関連

    F-35Block4のエンジン問題、AETPとF135EEPのどちらが正解か

    GEはF-35AだけでなくF-35CへのXA100搭載も問題なく対応で…

  5. 米国関連

    米海軍、海兵隊沿岸連隊を輸送する新型揚陸艦を30隻調達予定

    米海軍と米海兵隊は大規模な部隊再編計画「Force Design 20…

  6. 米国関連

    F/A-18E/Fの調達を打ち切りたい米海軍、F/A-XXが予定通り進むとは信じていない議会

    米海軍は次期戦闘機「F/A-XX」の開発資金を捻出するためF/A-18…

コメント

    • 2023年 9月 22日

    やはり戦況に大きな影響を与える兵器は簡単には輸出されないのである
    日本もスペックやコスパや兵站目当てで安易に外国製に飛び付いたら痛い目見るぞ

    8
      • 2023年 9月 22日

      日本は自前で作ってる方やと思うよ

      23
      • 謎の密使
      • 2023年 9月 23日

      ところが23日の未明になって、ブルームバーグのホワイトハウスリポーターが『バイデン大統領がATACMS供与を許可した』とX(旧Twitter)で発信し、日本国内でもNHK等が報じています
      その後、ワシントンポストもクラスター弾頭仕様のATACMSを供与予定と続報を打っているので、今回の供与見送りの話は眉に唾を付けて見守った方が良いかも知れません

      1
    • AH-X
    • 2023年 9月 22日

    国産だからって戦時に急に増産できるかというとそうはならないですよ。

    16
      • KNOB CREEK
      • 2023年 9月 22日

      三菱重工業相模原製作所「全く持ってその通りですね…」

      6
    • nachteule
    • 2023年 9月 22日

     ATACMS無しは対外的なアピールでネプチューン対地攻撃実演と国産長距離ミサイル開発しているのとクリミア大橋攻撃成功が少なからず影響していそう。

    3
    • minti
    • 2023年 9月 22日

    おみやげがショボくなってる

    1
    • りんりん
    • 2023年 9月 23日

    TBSやNHKでも「ATACMSの供与開始」というニュースが流れましたね。
    数を限るとか、いろいろ言っていますが。
    発表のタイミングをずらして印象を薄めたかったのかな?
    ただ単に決定が遅れただけかもだけど。

    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP