米国関連

米国がウクライナ支援パッケージを発表、HIMARS向け弾薬やHARMを供給

米国は8日に開催されたラムシュタイン会議で6億7,500万ドル相当のウクライナ支援パッケージを、ノルウェーもヘルファイアや暗視装置の提供を発表した。

参考:$675 Million in Additional Security Assistance for Ukraine

公式発表がない国々も反撃にでたウクライナ軍を支援するため何かしらの支援を進めている可能性が高い

国防総省が公開したウクライナ支援パッケージの中身はHIMARS向け弾薬の追加分、AGM-88HARMの追加分、105mm榴弾砲×4門、105mm砲弾×36,000発、対戦車地雷を内蔵した155mm砲弾×1,000発、対戦車兵器×5,000発以上、グレネードランチャーと小口径火器、小口径火器の弾薬×150万発、ハンヴィー×100輌、医療機器を搭載した装甲車輌×50輌、暗視装置などフィールド機器が含まれている。

出典:Public Domain

パッケージに含まれる105mm榴弾砲はM119で既に米国が16門、英国が36門以上(L119)をウクライナに供給しており、医療機器を搭載した装甲車輌とはM113の医療仕様だ。

さらにノルウェーもヘルファイアを160発、ヘルファイアを地上発射するための装置や誘導ユニット、暗視装置の提供を、リトアニアも105mm榴弾砲(M101)を含む1億8,000ユーロのウクライナ支援パッケージを発表しており、公式発表がない国々も反撃にでたウクライナ軍を支援するため何かしらの支援を進めている可能性が高い。

因みにウクライナの独立記念日に発表された29億8,000万ドルのウクライナ支援パッケージは「No numbers」扱いで、今回発表されたものが20番目のウクライナ支援パッケージになる。

関連記事:米国が19番目のウクライナ支援パッケージを発表、AGM-88HARMを追加提供

 

※アイキャッチ画像の出典:Photo by Lance Cpl. Nicholas Guevara

早すぎる進軍速度、ウクライナ軍のShevchenkove到達を示す写真が登場前のページ

露メディアの嘘、支配下だと報じるバラクレヤ市庁舎にはウクライナ国旗次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    伝説の戦闘機が70年ぶりにカムバック、XP-82「ツインマスタング」航空ショーに登場!

    米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airven…

  2. 米国関連

    F-35とF-16Vで一人勝ちのロッキード、戦闘機のみでバックオーダーを3,000機以上積上げる

    ロッキード・マーティンは2019年、ステルス戦闘機F-35ライトニング…

  3. 米国関連

    F-35の価値を守るためロッキード・マーティンが反論、2.5万ドルの運用コストは実現可能

    米空軍がレガシーな航空戦力をF-35Aで更新するという前提を覆してシン…

  4. 米国関連

    航空戦力の整理を始めた米空軍、2025年に高高度偵察機「U-2」を退役させる?

    米空軍は初飛行から70年が経過する2025年に偵察機「U-2ドラゴンレ…

  5. 米国関連

    フルレート生産移行への予兆? F-35システム開発実証の一部が終了しSDD機が退役開始

    米海軍は飛行試験目的に使用しているF-35を退役させモスボール状態で保…

  6. 米国関連

    厳しい未来を予想する米陸軍、来年度の国防予算配分で陸軍は冷遇される?

    米陸軍はバイデン政権が打ち出した国防予算7,150億ドルの下では空軍や…

コメント

    • くれくれ
    • 2022年 9月 09日

    無限に供給されてる…(畏怖)

    23
    • bbcorn22
    • 2022年 9月 09日

    兵器が在庫限りで 旧式化が進むロシアじゃ そりゃ勝てませんわ。

    31
      • 匿名
      • 2022年 9月 09日

      ロシアにはイランと北朝鮮がいる
      アリババもいる

      4
      • ナイトアウル
      • 2022年 9月 09日

      ぶっちゃけ支配地域拡大を諦めて現状維持か縮小方向にして進撃阻止用の戦い方にすればまだ大量破壊兵器の使用無しでも何とか出来ると思う。
       嫌がらせはロシアのお家芸のはずなのに何でウクライナ軍と正面きってマトモに戦っているんだろうな。
       長射程のスマート兵器を揃えるのが難しいなら命中率に依存しないローテクの嫌らしい兵器をもっと使えば良いのに不思議でしかない。

      1
    • ナイトアウル
    • 2022年 9月 09日

     anti-armor systemsを対戦車兵器として良い物なのだろうか。今までだとジャベリンは素直にAnti-tankとか表現していたように思うんだけど。対戦車として使えるがタンデム弾頭ではない多目的に使える何かって感じがする。

    3
    • はぁ
    • 2022年 9月 09日

    本法も防衛装三が改定されれば、支援できるのだろうか。
    そもそも改定されるかわからないが。

    4
    • 半蔵
    • 2022年 9月 09日

    フォークランド紛争で終戦後そこまで評価が良くなかったミサイルやハリアーの価格が高騰したからね。AGM-88は性能的に充分でも補償期限が迫ってる個体が多くあるだろうし。枯れた技術で出来ているミサイルのほうが計算できるし。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP