ウクライナ戦況

南ドネツクの戦い、ウクライナ軍がブラホダトネに続きネスクチュネを解放

南ドネツクで反撃中のウクライナ軍はブラホダトネに続きネスクチュネの解放に成功、ロシア側情報源は「敵がマカリフカとウロジャイネの郊外に足場を築いた」と報告しており、これが事実ならウクライナ軍は6km以上も前進したことになる。

参考:7-й окремий батальйон АРЕЙ УДА
参考:Окупанти підірвали дамбу на Донеччині, виникло підтоплення – Сили оборони

この勢いがどこまで続くのか分からないが、あと14km前進すればロシア軍が準備した防衛ラインに到達する

南ドネツク(ヴェリカ・ノボシルカ方面)の戦いに参加している第68独立猟兵旅団は11日「味方と協力してブラホダトネを解放した」と発表して「村の建物に国旗を掲げる映像」を公開したが、今度は第129独立領土防衛旅団がネスクチュネ解放を示す動画を公開、ロシア側情報源は「ウクライナ軍がマカリフカとウロジャイネの郊外に足場を築いた」と報告している。

出典:GoogleMap 南ドネツク周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ロシア側情報源は以前、ネスクチュネの南に位置するストロジェベについて「敵に包囲されるのを避けるため放棄された」と言及していたが、マカリフカ郊外にウクライナ軍が足場を築いたということは「ストロジェベを確保している」と考えるのが妥当で、今日だけで南ドネツクで戦うウクライナ軍は6km以上も前進した格好だ。

この勢いがどこまで続くのか分からないが、あと14km前進すればロシア軍が準備した防衛ラインに到達する。

因みにウクライナ軍の報道官は11日「ロシア軍が我々の前進を遅らせるためモクリ・ヤリー川(ヴェリカ・ノボシルカから南に流れる川のこと)の水力発電所を破壊した。川の両岸で洪水が発生しているが我々の反撃に影響を与えるものではない」と述べているが、この水力発電所が何処に在るのか良くわからない。

関連記事:南ドネツクの戦い、ブラホダトネ解放に続き複数拠点の確保に成功か
関連記事:南ドネツクの戦い、ウクライナ軍がブラホダトネの解放に成功
関連記事:ザポリージャの戦い、両軍が1時間あたり数百発もの砲弾を撃ち合う砲撃戦
関連記事:南ドネツクの戦い、ウクライナ軍が攻撃を再開して約4kmほど前進か
関連記事:ウクライナ軍がバフムートとザポリージャで反撃、要所のベルヒフカに迫る
関連記事:南ドネツクの戦い、ウクライナ軍が確保した拠点をロシア軍が奪還?
関連記事:ロシア国防省、ウクライナ軍は南ドネツクでの攻撃で大きな損害を被った
関連記事:ロシア国防省、ウクライナ軍が南ドネツク方面で大規模な攻撃を開始した

 

※アイキャッチ画像の出典:7-й окремий батальйон АРЕЙ УДА

南ドネツクの戦い、ブラホダトネ解放に続き複数拠点の確保に成功か前のページ

南ドネツクの戦いでウクライナ軍が前進、今度はマカリフカ解放を発表次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    元豪陸軍少将、ロシア軍の防衛ラインは過去80年間の中で最も複雑で致命的

    Economist紙は30日「ウクライナの南進は始まったばかりで、まだ…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻708日目、ロシア軍がリマン方面やドネツク西郊外方面で前進

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは1日「リマン・クレミンナ方…

  3. ウクライナ戦況

    ロシアから見た戦争の行方、ウクライナ支援の停滞は一時的なものに過ぎない

    ウクライナのクレバ外相はWSJ紙とのインタビューの中で「新たな反攻作戦…

  4. ウクライナ戦況

    第36旅団はマリウポリ脱出、アゾフ連隊合流、製鉄所残留に3つに分裂?

    マリウポリを防衛する第36独立海軍歩兵旅団はマリウポリからの脱出を図っ…

  5. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍が郊外のポンプ施設とダーチャで前進

    アウディーイウカ方面で新たに登場した視覚的証拠は「ロシア軍がポンプ施設…

コメント

    •  
    • 2023年 6月 12日

    【速報】

    マカリフカ奪還!

    21
    • ぽち
    • 2023年 6月 12日

    最新情報をありがとうございます
    昨年の大反攻のように・・・なんとかこの勢いを維持してほしい

    8
    • hoge
    • 2023年 6月 12日

    問題はここからですよね…
    とても辛く厳しい戦いになりそうな予感…

    15
    • YK
    • 2023年 6月 12日

    カナダの方やオーストラリアの方の戦況解説なども順次見ているのですがヴォロディンの上の方(ウクライナ軍の今回占領した地域の左側)が高地だそうで戦術的にロシア軍がそこに下がったらしいのですがどうなるのでしょうか・・・。
    少なくとも単にロシア軍が敗走したというわけではないようですね・・・。

    12
    • Natto
    • 2023年 6月 12日

    管理人さんも寝て下さいね。

    19
    • ぬっこ
    • 2023年 6月 12日

    ダムはスタロムリニフカの南東という情報が
    リンク

    • bbcorn22
    • 2023年 6月 12日

    どうなんだろ。
    ロシア軍を削るのが目的なのか?
    主軸がここじゃなければ 途中で止まるのか?
    ロシアの予備兵力を引きずり出すまで 攻撃を続けるのか?
    ウクライナの戦術を見守りたい。

    2
    • Rex
    • 2023年 6月 12日

    ロシアを擁護する訳じゃないが以前より戦い方が洗練されてる。
    甘く見積もって最後は失敗でした。って印象にならないように、政治的意図の作戦じゃなくて、軍事学的・現実的に攻勢限界を見極めながら戦ってほしい所。

    ウクライナ🇺🇦応援してます

    13
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP