ウクライナ戦況

ウクライナ軍、ドローンを使用して黒海艦隊の大型揚陸艦を撃沈か

クリミア沖で「何かが燃えている」「その周囲を2機のMi-8が飛んでいる」「大きな爆発音が聞こえた」という報告が登場、Ukrainska Pravdaは「ウクライナ国防省情報総局のドローンが黒海艦隊の大型揚陸艦シーザー・クニコフを撃沈した」と報じている。

参考:В Черном море подбили БДК “Цезарь Куников”, он затонул − источники

使用したドローンがUAVなのかUSVなのは良くわかっていない

ロシア国防省は14日「防空部隊が6機の無人機を黒海で撃墜した」と発表したが、クリミア沖(アルプカからカツィヴェリまでの海域)で「何かが燃えている」「その周囲を2機のMi-8が飛んでいる」「大きな爆発音が聞こえた(シメイス村)」といった報告が登場。

Ukrainska Pravdaは関係筋の話を引用して「ウクライナ国防省情報総局(GUR)のドローンが黒海艦隊の大型揚陸艦シーザー・クニコフを撃沈した」と報じている。

これ以上の情報は今のところないが、使用したドローンがUAVなのかUSVなのは良くわかっていない。

追記:ロシア人も「シーザー・クニコフが攻撃を受けた」「乗組員は無事」「この攻撃は無人水上艇によるもの」と言及している。

関連記事:ウクライナ人ジャーナリスト、ミサイル艇破壊は無人水上艇による集団攻撃
関連記事:ウクライナ軍、無人水上艇で黒海艦隊のタランタル型コルベットを破壊
関連記事:クリミアでロシア海軍の大型揚陸艦が爆発、ウクライナ軍が関与を認める
関連記事:ウクライナ軍、巡航ミサイルで大型揚陸艦と改キロ型潜水艦の破壊に成功
関連記事:ウクライナ軍がセバストポリ造船所を攻撃、大型揚陸艦と潜水艦を破壊か
関連記事:ウクライナのダニロフ書記、もう1,500km離れた目標の攻撃に問題はない
関連記事:ウクライナ軍がノヴォロシスク基地を攻撃、ロシア海軍の大型揚陸艦が大破
関連記事:ウクライナ軍の自爆型USVはユーリー・イワノフに到達、ロシア側の主張を否定
関連記事:ウクライナが海中を徘徊する自爆型UUVを公開、自爆型USVの合理的進化
関連記事:ロシア領ノヴォロシースク港で爆発、ウクライナ軍が自爆型USVで攻撃か
関連記事:クリミアで発見された謎のUSV、ウクライナに提供された無人沿岸防衛艦?

 

※アイキャッチ画像の出典:Luis Díaz-Bedia Astor/CC BY-SA 3.0

ウクライナメディア、アウディーイウカは壊滅的な状況に近づいている前のページ

ウクライナ国防省情報総局、黒海艦隊の大型揚陸艦をMAGURA V5で破壊次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ドイツがウクライナのRCH155購入を承認、ただし納品は早くても30ヶ月後

    独WELT紙は17日、ウクライナがRCH155を独KMWから直接購入し…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ領併合への回答、ゼレンスキー大統領がNATO加盟申請を発表

    ウクライナ政府はドネツク、ルガンスク、ザポリージャ、ヘルソンのロシア連…

  3. ウクライナ戦況

    ロシア軍、ゼレンスキー大統領が自撮りを行ったモニュメントに軍旗を掲げる

    ロシア国旗がアウディーイウカの入口に掲げられたが、今度は「ゼレンスキー…

  4. ウクライナ戦況

    ドンバスの戦い左右する砲兵戦力、待望のM777が東部戦線で火を吹く

    ドンバスを巡るウクライナ軍とロシア軍の戦いは「観測用のUAVと砲兵戦力…

  5. ウクライナ戦況

    ロシアから見た戦争の行方、ウクライナ支援の停滞は一時的なものに過ぎない

    ウクライナのクレバ外相はWSJ紙とのインタビューの中で「新たな反攻作戦…

  6. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍が線路を突破して陣地確保に成功か

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは8日「アウディーイウカ方面…

コメント

    • たむごん
    • 2024年 2月 14日

    ドローンの種類・ドローンの作戦参加機数・使用した兵器が、気になりますね。

    海上自衛隊・日本近海の貨物船が、ドローンに襲われる机上演習(少数編隊~飽和攻撃まで)を行ったとすれば、どのような結果になるのか少し気になります。

    9
    •  
    • 2024年 2月 14日

    陸軍は失敗から学習して成長してるのに黒海艦隊は学ばんな。

    27
      •  
      • 2024年 2月 14日

      純粋に対応不能なんだよ
      西側の誇る海軍も同じ手でやられる

      26
        • 名無しの悪夢
        • 2024年 2月 14日

        無人機、空中ドロー←とりあえずレーダーでなんとかなるやろ
        じゃあ水上ドローン←ぶっちゃけキツイわ、目視でどうにかならんやろか
        潜水ドローンなんか作ってみたり←どうにもならんぞ、電波妨害でなんとかならんか?
        AIで遠隔操縦なしで動くようにしたら面白そう←…お前んとこ滅ぼすわ
        現状簡単に想像できる未来

        9
          • T.T
          • 2024年 2月 14日

          回天は有人の目視誘導魚雷でしたが、あれを衛星リンクの画像誘導に仕立て上げたら潜望鏡とアンテナしか露出しない分USVよりヤバい物が出来上がりそうな気がしますね

          8
            • 名無しの悪夢
            • 2024年 2月 14日

            現状天才の閃きレベルのものじゃなくて
            ちょっとした試行錯誤や創意工夫程度で完成しそうなのがヤバイです

            7
    • 無名
    • 2024年 2月 14日

    このサイトはロシア側ウクライナ側どちらも贔屓せずに淡々と情報を紹介されるのが良いですね。

    38
      • ひな
      • 2024年 2月 14日

      中国や韓国関連の記事も公平ですからね

      他のサイトだとさも日本に技術的優位が幾らかあるような書き出しだったり、
      しまいには人民解放軍や韓国軍と自衛隊はそもそもの練度が違う!
      などという根拠なき感情論に流れる事がままありますが、ここは淡々と事実だけを書いています

      それは簡単なようで実は非常に難しい事です

      35
    • 名無し
    • 2024年 2月 14日

    黒海艦隊は完全に狩り場ですね
    もうクリミアから退避させればいいのに

    20
      • 2024年 2月 14日

      順次、海中に撤退中であります!

      16
    • 琥珀
    • 2024年 2月 14日

    何というか陸戦ではやられっ放しで何も良い情報無いからか、艦隊とか狙って戦果はある!とか言ってるような気もするんですが。

    22
      • ナツ
      • 2024年 2月 14日

      気のせいでしょう
      陸でのウクライナ軍の優勢劣勢関係なく黒海艦隊への攻撃はほぼ常時行われています
      過去に戦果が上がった時だっていずれもウクライナ側が優勢・拮抗・劣勢だったでしょう

      20
    • ななしのシロウト
    • 2024年 2月 14日

    ウクライナが黒海経由での穀物輸出が順調になれば、ポーランドとの揉め事が解決に向かうような気がするが・・・

    7
      • 平八郎
      • 2024年 2月 14日

      ウクライナからするとこういう戦果を積み重ねるのは結構重要なことですね。
      だんだん黒海の制海権を取り戻しているお陰でオデーサ経由の輸出がかなり増えてきたと聞きます。
      完全に安全に出来なくても沿岸の方を通ればかなりリスクは減るらしいです。
      揚陸艦と言っても揚陸作戦の予定はなく、デカい輸送船として使われてるのが実態でしょうから地上での戦況に与える影響は大したことはないですが、輸送艦でもなんでも潰し続ければロシア艦はウクライナ沿岸に寄って来にくくなりますからね。

      7
    • Easy
    • 2024年 2月 14日

    もう黒海艦隊に艦船があ残ってるのか心配になるレベルですね。
    ウクライナにとっては明るい話題ですが,ただ黒海艦隊をいくら沈めてもあまり陸戦の戦況は好転しないことが問題ですね。。

    17
    • 58式素人
    • 2024年 2月 14日

    ”アルプカからカツィヴェリまでの海域”、海岸から見えるなら。
    クリミアの先端のそばにいたのですね。
    続報を待つしかないと思うのですが、結構、大型のフネですから、
    簡単には沈まないと思うのですが。
    UAVでSSMの誘導をしたのかしら、それとも、積荷が問題だったのかな。

      • 58式素人
      • 2024年 2月 14日

      よその記事を読んでみると、弾薬を輸送中であったようですね。
      であれば、クリミアの先端近くにいたのも、爆沈したのも納得です。

      4
    • gepard
    • 2024年 2月 14日

    公開された自爆艇の攻撃映像を見たが、撃沈したかは不明。500トン級のミサイル艇撃沈に複数のドローンの命中が必要だった過去の実績からして、撃沈したと評価を下すのは現時点では適切では無いだろう。損失の判定は追加の情報を待ちたい。

    動機はほぼ確実にアウディーウカ救援部隊の集結地点がイスカンダルに叩かれ数百人のKIAを出したと伝えられる事件を受けてのものだろう。
    黒海以外で戦果を挙げられなくなっている状況が続く以上、同様の作戦は今後も増えるだろう。

    21
    • 名無し
    • 2024年 2月 14日

    狙ったんだろうけどこれでアウディーイウカほぼ陥落の状態を上塗りするニュースが流れるんやろなぁ…

    7
    • あき
    • 2024年 2月 14日

    まずシーザー・クニコフは2年前の時点でトーチカU弾道ミサイルで損傷し当時の艦長も戦死しています。
    その後建造元のポーランド製パーツの不足を理由に修理せず活動不能状態だったと見られてるので、その点も踏まえたほうが良いかと思われます。

    8
    • 名無し
    • 2024年 2月 14日

    黒海艦隊だけの問題じゃなくて艦艇の大きな脅威なんだよなぁこいつら(ドローン)…

    16
    • 御影渦音
    • 2024年 2月 15日

    海は完全に非対称戦になっているので、
    ロシア海軍の広報的には損害はちょこちょこ出るのに派手に発表できる戦果が何も無いのが頭の痛い所でしょうね。

    再建予算出るんだろうか…?

    2
    • ななし
    • 2024年 2月 15日

    群狼戦術を受けて最後には転覆した揚陸艦の動画がウクライナ軍側からX(Twitter)で公開されたので、撃沈確実ですね。
    輸送艦なので戦闘艦艇よりは防御力低いとはいえ、航行中の大型艦をSUVで仕留めたのはロシアにも衝撃が大きいかと思われます。
    場所がクリミアの南端付近というのもあり、セヴァストポリへの海上輸送難易度がさらに上がったことになります。

      • ななし
      • 2024年 2月 15日

      あ、タイポしてる
      SUVじゃないUSVだ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP