ウクライナ戦況

ロシア軍がザポリージャ原発から撤退? ウクライナが撤退準備の兆候を確認

ウクライナの原発を管理するエネルゴアトム社は27日、ロシア軍がザポリージャ原発からの撤退を準備している兆候があると明かしたが、まだ「ロシア軍が撤退する」と明言するには時期尚早だと付け加えた。

参考:Есть признаки, что россияне могут покинуть ЗАЭС – президент Энергоатома

ロシア軍は用済みになったザポリージャ原発を「善意のゼスチャー」としてIAEAに引き渡すつもりなのかもしれない

ウクライナ南部のドニエプル川沿いにあるザポリージャ原発は欧州最大の原子力発電所で、ロシア軍が3月4日に占領して以降もエネルゴアトム社によって運用が続いており、ウクライナ支配地域とロシア軍占領下の地域に電力を供給し続けているが、ロシア軍が原発敷地内に砲兵装備を持ち込んでザポリージャやニーコポリの攻撃拠点に活用、さらに原発施設を故意に攻撃(ウクライナ軍が攻撃した体)して放射能事故を引き起こす可能性を示唆して「西側諸国にウクライナへの武器支援を止めろ」と要求していた。

出典:UATV 武器を発電所敷地内に運び込むロシア軍

ただドニエプル川右岸から撤退したロシア軍はウクライナ軍の砲撃を避けるため川沿いの拠点を放棄、ドニエプル川から15km~20kmほど離れた地域に移動しており、再び川を渡河して右岸のヘルソン州やドニプロペトロウシク州に侵攻するのは現実的ではなく、利用価値が無くなったザポリージャ原発をどうするのか注目されていたが、エネルゴアトム社は27日「ロシア軍がザポリージャ原発からの撤退を準備している兆候がある」と明かした。

エネルゴアトム社は「ここ数週間、占領者がザポリージャ原発からの撤退を準備しているかもしれないという情報を受け取っており、敷地内にあった装備や物資を出来るだけ詰め込み、ブービートラップを仕掛け始めている」と明かしたが、まだ「ロシア軍が撤退する」と明言するには時期尚早で「撤退の準備をしている」と言うことは出来ると付け加えた。

因みにウクライナメディアは「ザポリージャ原発についてロシアの新聞も『IAEAの管理下に置く価値がある』という記事が増えている」と報じており、ロシア軍は用済みになったザポリージャ原発を「善意のゼスチャー」としてIAEAに引き渡すつもりなのかもしれない。

関連記事:ロシア軍がザポリージャ原発を占拠、正し原子炉自体は安定稼働中
関連記事:ロシア軍が再びザポリージャ原発を攻撃、今度は使用済み核燃料を狙い砲撃
関連記事:ロシア軍によるザポリージャ原発への砲撃は送電停止が狙い、軍事拠点化も進行中
関連記事:ロシア軍がザポリージャ原子力発電所を攻撃、ロケット弾が原子炉近くの施設に命中
関連記事:ロシア軍がザポリージャ原子力発電所を攻撃する理由、ウクライナ支援の中止を要求か?

 

※アイキャッチ画像の出典:DENAMAX/CC BY-SA 4.0

NATO、大半の加盟国がウクライナ支援で武器・弾薬の備蓄を使い果たした前のページ

戦場は泥の海、それでもウクライナ軍とロシア軍の戦いは止まらない次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    116社の西側企業、ウクライナ侵攻直前まで露防衛産業企業に製品提供

    116社の西側企業はウクライナ侵攻直前まで「取引が禁じられている露防衛…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がウズロヴォイを解放、ロシア軍は1960年代製の装備を移送中

    ウクライナ軍はクピャンスク西岸地区を越えてオスキル川の対岸に足場を築き…

  3. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍が防衛ラインを突破して市内に侵入

    ウクライナ人が運営するDEEP STATE、 ウクライナ人ジャーナリス…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ国防省情報総局、黒海艦隊のセルゲイ・コトフをMAGURA V5で撃沈

    ウクライナ国防省情報総局は5日「GUR特殊部隊のグループ13が黒海艦隊…

  5. ウクライナ戦況

    侵攻862日目、ロシア軍がハルキウ、ホルリウカ、アウディーイウカ方面で前進

    DEEP STATEはアウディーイウカ方面について「ロシア軍がソキルと…

コメント

    • 航空太郎
    • 2022年 11月 28日

    これまでのロシア軍だと、「IAEAに善意の譲渡」と「嫌がらせのブービートラップ満載」をセットでやってくる混乱っぷりをしてきそう。

    28
    • 名無し3
    • 2022年 11月 28日

    このあたり明け渡すとクリミアの水源が危なくなりそうだが

    11
    • ぱんぱーす
    • 2022年 11月 28日

    ザポリージャ原発はロシア支配地域にも電力を供給してますし、インフラを破壊してウクライナを締め上げる作戦も継続中なので軍が引き払ってもそのまま明け渡すことはしない気がします。
    渡すとしても発電所としての機能は破壊していきそうですね。

    12
    •  
    • 2022年 11月 28日

    撤退ドミノですかね…?
    メリトポリやマリウポリが落ちればクリミアは王手になるんですが、クリミアを手放すシナリオを考えてるんでしょうか

    2
    • 名前
    • 2022年 11月 28日

    ロシア政府視点ではザポリージャ原発での戦闘はnato介入の理由たりえるが、戦場の全てをコントロールするのは難しいことを考えたら、占領のリスクが大きすぎるのも一因だと思う

    4
    • tx
    • 2022年 11月 28日

    ロシアにメリットが少ないような…

    1
    • うし
    • 2023年 8月 23日

    まあ普通に考えれば、いずれ包囲されたときに投降する以外に生き残る選択肢があるのかというと・・・
    残って戦うメリットが一切ないよね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP