ロシア関連

  1. 露下院の有力議員がロシア軍を批判、真実に基づいてない嘘の報告を止めろ

    ロシア下院のアンドレイ・グルレフ議員は17日「特別軍事作戦の問題は“真実に基づいてない嘘の報告”にある」と批判、複数のミルブロガーも「ロシア軍の嘘は戦術レベルか…

  2. ロシア捜査当局、プリゴジン氏の死亡を確認したと正式に発表

    ロシア連邦捜査委員会は27日「トヴェリ州の飛行機事故で死亡した10人についてDNA鑑定が完了し、この10人の身元はフライトシートに記載されたリストと一致した」と…

  3. 露メドゥーザ、プリゴジン死亡はウクライナの犯行にされる可能性が高い

    露メディアのメドゥーザは政権に近い情報筋の話として「プリゴジンが乗る飛行機が墜落した事に大きな驚きはなく“酷い最後を迎えるだろう”という予感があった」「もし死亡…

  4. ワグネルのプリゴジン氏が死亡か、搭乗したビジネスジェットがロシアで墜落

    露国営メディアは「ロシアのトヴェリ州でモスクワからサンクトペテルブルクに向かうビジネスジェットが墜落し、飛行機に乗っていた10名全員が死亡した。乗客リストには露…

  5. メドヴェージェフ元大統領、遅かれ早かれ西側は停戦をロシアに懇願する

    ロシアのメドヴェージェフ元大統領は19日「ウクライナを支援する西側諸国はいずれ戦争に疲れ果てて停戦を懇願するだろうが、我々は戦争の決着に何十年かかっても構わない…

  6. メドヴェージェフ元大統領、ウクライナのNATO入りにはキーウ放棄が必要

    ロシアのメドヴェージェフ元大統領は15日、NATO補佐官が言及した「領土放棄とNATO加盟の交換」について「もしウクライナが同盟に加盟したいならキーウを放棄して…

  7. ロシア軍によるゼレベツ川の渡河、ロシア人ですら成功を確認してない

    ロシア人軍事特派員は「スバトボ方面でロシア軍はゼレベツ川の渡河に成功した」と主張しているが、これを裏付ける視覚的証拠は今のところ確認されておらず、ロシア人でさえ…

  8. プロトタイプから改良されたSu-75、正面方向のステルス性能が向上

    露国営メディアのタス通信は17日「新たに公開されたSu-75のデザインは欧米が開発を進めている第6世代戦闘機の設計に似ている」と報じており、改良が加えられたSu…

  9. ベラルーシ大統領の仲介でワグネル反乱が収束、プリゴジン氏も兵を引くと発表

    ベラルーシのルカシェンコ大統領は「血なまぐさい戦闘をロシア領内で行わないことでプリゴジン氏と合意した」と発表、プリゴジン氏も「部隊の進行方向を変えて野戦キャンプ…

  10. ワグネル部隊がリペツク州エレツを通過、モスクワまであと340km

    プーチン大統領が反逆と認定したワグネル部隊は高速道路「M-4」でモスクワに向かっており、リペツク州の拠点を占領して装備を輸送する部隊がエレツを通過、このペースで…

  11. プーチン大統領はワグネルの行動を反逆と認定、内戦に発展する可能性も

    プーチン大統領は「ワグネルの行為はロシアに対する裏切りで脅威から祖国を守る行動は厳しいものになる」と述べ、カディロフ首長も「カディロフツィの戦闘員が緊張地帯に向…

  12. 露ワグネルが軍事行動、ショイグ国防相とゲラシモフ参謀総長の拘束が目的

    プリゴジン氏はショイグ国防相とゲラシモフ参謀総長を拘束するため軍事行動を開始、ロストフ州のロストフ・ナ・ドヌーに入り南部軍管区司令部の建物を包囲したが、ここにい…

  13. ロシア国防省、ウクライナ軍は南ドネツクでの攻撃で大きな損害を被った

    ロシア国防省は「ウクライナ軍が南ドネツクで攻勢を継続している」と発表、この方面に関する視覚的な証拠も増え続けており、フランス提供のAMX-10が戦場で放棄されて…

  14. ロシア国防省、ウクライナ軍が南ドネツク方面で大規模な攻撃を開始した

    ロシア国防省は5日「ウクライナ軍が戦略的予備から第23機械化旅団と第31機械化旅団を投入し、他の部隊の支援を受けながら南ドネツク方面で大規模な攻撃を開始した」と…

  15. 露ワグネルとロシア軍が交戦、酩酊状態の司令官が個人的な敵意から発砲?

    露ワグネルは「バフムートから離れる際にロシア軍陣地から攻撃を受けた」と発表、拘束された第72自動車化狙撃旅団の司令官は酒に酔った状態で「個人的な敵意から発砲を始…

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP