ロシア関連

  1. ロシア、20日に開幕するMAKS国際航空ショーでシングルエンジンの新型戦闘機を発表

    ロシアの国営企業「ロステック(英:Rostec / 露:Ростех)」は今月20日に開幕する「MAKS国際航空ショー2021」で新しい戦闘機を発表する。…

  2. ロシアが神経を尖らせるフランスの諜報活動、日本海で仏海軍艦艇がシギントを開始

    ロシアの国家防衛管理センターは5日、日本海や間宮海峡でシギント(通信・電磁波・信号の傍受)活動を行っているフランス海軍の情報収集艦「デュピュイ・ド・ローム」につ…

  3. ロシア、TB2キラーと名付けられた無人航空機「オリオン-E」の海外売り込みを開始

    海外市場で人気を集めるトルコ製UAV「バイラクタルTB2」に強力なライバルが登場、ロシアが武装が可能なオリオンUAVの海外売り込みを開始したと報じられている。…

  4. ロシアが演習目的でMiG-31Kをシリアに配備、地中海や欧州が極超音速ミサイルの影響下に

    ロシア国防省は25日、軍事演習を行うためシリアのフメイミム空軍基地に極超音速ミサイル「Kh-47M2 キンジャール」を搭載したMiG-31Kを配備したと発表して…

  5. ロシア陸軍、主力戦車に対する対戦車ミサイルのトップアタックを防ぐ保護装置を導入か

    ロシア国防省は17日、ウクライナと国境を接するロストフ州のカダモフスキー演習場で実施した訓練風景を公開したのだが、この訓練に参加したT-72B3に見慣れない保護…

  6. ロシア、新型のステルス爆撃機「PAK DA」はスタンドオフミサイルのみで運用

    ロシアのイタルタス通信(TASS)は9日、新型のステルス爆撃機「PAK DA」はスタンドオフミサイルのみを運用する専用設計だと報じて注目を集めている。…

  7. ロシア、第5世代戦闘機Su-57購入に関心を示す東南アジアの国は4~5ヶ国

    ロシアはSu-57の購入に関心を示している東南アジアの国が4~5ヶ国あると明かして注目を集めているが、一体どの国がSu-57購入を検討しているのだろうか?…

  8. ロシア、信頼性の高いエンジンとステルスは単発戦闘機に十分な生存性を担保する

    ロシアがシングルエンジンの第5世代戦闘機を開発しているのは「信頼性の高いエンジンとステルスの組み合わせは単発機に十分な生存性を担保する」からだと主張している。…

  9. ロシア、シングルエンジンの第5世代戦闘機開発はスホーイ設計局が担当か

    ロシアの国営企業「ロステック」がシングルエンジンの第5世代戦闘機の開発に取り組んでいると昨年末に発表して注目を集めていたが、どうやらSu-57を開発したスホーイ…

  10. ロシア空軍、タキシング中だったSu-30SMからパイロット2人が機外に放り出される

    F-15QAでの事故に続き今度はロシア空軍のSu-30SMで射出座席が誤作動、パイロット2人が機外に放り出される事故が発生した。…

  11. ロシア、自律的に連携可能な「UAV+自走砲」の組合せを海外の顧客にアピール

    ロシアの国営企業「ロステック(英:Rostec / 露:Ростех)」は海外の潜在的な顧客を招待して自走砲「ムスタ-S」と偵察・監視タイプの無人航空機「オルラ…

  12. ロシアも戦闘機に小型無人航空機を統合、Su-57のウェポンベイにライトニングUAVを搭載か

    ロシアの第5世代戦闘機Su-57はウェポンベイに複数の小型無人航空機を搭載、これ制御してチーミングできるように改良されるとロシアの国営メディア「RIAノーボスチ…

  13. ウクライナ国境沿いを固め海峡を閉鎖したロシア、今度はクリミアと黒海上空を事実上封鎖

    ロシア、ウクライナ、ドイツ、フランスの4ヶ国代表によるウクライナ東部ドンバス地方に関する協議が19日に行われたが「何の結果ももたらさなかった」と報じられている。…

  14. 脱GPSが進む航法システム、ロシアが電子妨害の影響を受けない小型ドローンを発表

    AK-47の開発で有名なロシアのカラシニコフ・コンツェルンは今月14日、電子妨害の影響を受け付けない小型のクワッドローター「ZALA 421-24」を発表して注…

  15. ロシア軍の無人航空機「オリオン」が量産化、露UAVの脅威が北海道に届くのも時間の問題

    ロシアは欠けていた武装可能で中高度を長時間飛行可能なUAVの量産化準備を着々と進めており、1年~2年以内に日本はロシア軍の無人航空機と向き合うことになるかもしれ…

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP