欧州関連

人道物資の盗難が相次ぐウクライナ、約1万個の米軍応急処置キットが消える

ウクライナでは人道物資の盗難が相次いでおり、ポーランドと国境を接するリヴィウ州では米支援団体が送った約1万個の米軍応急処置キットが姿を消し、コジツキー知事が捜査を指示したものの人道物資の盗難にはリヴィウ州当局者が関わっている可能性がある。

参考:Исчезнувшая гуманитарка: во Львовской ОВА отреагировали на претензии
参考:«Ми їм цього так просто не подаруємо»
参考:Квитки в один бік

リヴィウ州は支援物資の盗難や違法出国に関連した闇ビジネスの最前線

リヴィウ州のマクシム・コジツキー知事は27日「現地メディアが米国からの人道援助がリヴィウ州で紛失したと報じ、特に米軍応急処置キットが消えたことは人道物資の盗難かもしれない。応急処置キットがウクライナ領に持ち込まれたのか、もし持ち込まれたなら何処に消えたのか、約1万個の応急処置キットが消えて無くなることはあり得ない。私は検察と警察に事実を確認するよう指示した。もし報道の内容が事実なら罪を犯したものは裁判にかけられるべきだ」と発表したが、この件はリヴィウ州自体が関わっている可能性が高い。

この話を出来るだけ短く端的に説明すると以下のようになる。

ウクライナ侵攻を受けてウクライナ系米国人は祖国を支援する活動を開始、その中でも最大の組織がフィラデルフィアに拠点を置く「統一ウクライナ系米国人援助委員会(UUARC)」で、これまでにコンテナ30個分以上の人道支援物資をウクライナに送り、UUARCと協力関係にあるリヴィウ州の慈善団体「ボランティアと保護センター」が物資の分配や配送を請け負っていた。

出典:United Ukrainian American Relief Committee, Inc. UUARCが人道支援としてウクライナに送った発電機

コンテナを米国からウクライナのリヴィウ州まで輸送するには8,000ドル~10,000ドルの費用が必要で、2022年10月にリヴィウを拠点とする慈善団体「インテリジェント・オーガニゼーション」のリリヤ・タシュチュクという人物が「我々はリヴィウ州当局と協力しており、支援物資の輸送費を負担できる」とUUARCに話を持ちかけ、両者は「リヴィウ州当局の資金でコンテナを輸送し、人道支援物資をボランティアと保護センターに届けること」で合意。

輸送費を負担しなくてもいいコンテナの第一弾にはガスマスク、寝袋、冬服、靴といった物資の他に、ウクライナ軍が必要としている米軍応急処置キットが含まれており、これを9,700個も調達するのにかかった費用は90.8万ドル(コンテナの中身で最も高価な支援物資)で、10月14日に米国から発送されたもののインテリジェント・オーガニゼーションからは何の報告もなく、リヴィウ州当局が11月8日に発表したプレスリリースでコンテナの中身が約束された「ボランティアと保護センター」ではなく「リヴィウ州当局の倉庫」に直接配送されたこと知る。

出典:U.S. Air National Guard photo by Airman 1st Class Constantine Bambakidis Improved First Aid Kit

UUARCは自分達の支援物資について調査を開始し、ポーランドの国境検問所に持ち込まれた支援物資は税関職員によって登録されているのを確認、しかしウクライナの税関職員は「そんな荷物は知らない」と主張、さらにコンテナに積み込まれていた支援物資の幾つかは「未知の方法」でリヴィウ州当局の倉庫で到着していたことを確認したが、最も高価な米軍応急処置キットは何処かに消えてしまった。

腐敗防止のためウクライナ人ジャーナリストが設立したNGL.mediaは「インテリジェント・オーガニゼーション関係者(Facebookの投稿内容から同団体の関係者は全て米国に滞在していた可能性が高い)」との接触を試みるも入手した電話番号は繋がらず、何度も送り付けた質問状は全て無視され、この団体から事件を解明するのは困難だったもののリヴィウ州当局が使用していた別の倉庫に「米軍応急処置キットが存在していた」という証拠を入手、さらに手に入れた輸送書類によってリヴィウ州当局が「グリーン・キーウ」という慈善団体に人道物資を移送していたことも確認。

出典:Генеральний штаб ЗСУ バフムートで戦う兵士の様子

戒厳令が発令されているウクライナでは男性(特に動員の対象者)の出国が厳しく制限されているが、この抜け穴に利用されているのが人道物資の受け入れに携わる慈善団体関係者への出国許可書(通称:シュリャフ・システム)で、リヴィウ州当局は活動実態のない怪しげな慈善団体(約1,800団体)にシュリャフ・システムを通じて3万2,000件以上の出国許可書を発行しており、最も多くの出国許可書(385人分)を発行されたのがグリーン・キーウだ。

NGL.mediaはグリーン・キーウについて「連絡先すら公表しておらず、この団体を経由して出国許可書を取得したウクライナ人男性達(団体の創設者を含む)は出国したまま戻ってこない。この団体は現在如何なる活動もしてない」と述べており、グリーン・キーウに引き渡された応急処置キットが何処に消えたのかは分かっていない。

出典:Андрій Годик

NGL.mediaの取材に応じたリヴィウ州のアンドリー・ゴディク副知事は「UUARCの人道支援物資が未知の方法で運び込まれた倉庫はリヴィウ州当局のものではなく、シェフチュク氏が所長を務めていた人道支援調整センターのもので、この組織は州当局の正式な組織として登録されていないため、そこで起こったことにどんな行政責任も負わない」と主張している。

しかしゴディク副知事は「なぜリヴィウ州当局のホームページに行政の関連団体として人道支援調整センターが紹介されているのか」「なぜシェフチュク氏はリヴィウ州当局の人道支援責任者として紹介されているか」を説明できなかったとNGL.mediaは報じており、ゴディク副知事は後日「リヴィウ州当局とシェフチュク氏の間で協力が行われていた」と認めたが、人道支援調整センターを通じてではなく「グリーン・キーウを通じてのもので、シェフチュク氏はそこの代表だった」と述べており、リヴィウ州当局の誰かがグリーン・キーウを利用して闇ビジネスを行っている可能性が高い。

出典:ЛЬВІВСЬКА ОБЛАСНА РАДА リヴィウ州当局の公式YouTubeに登場する シェフチュク氏

経緯の説明が非常に長くなったが、ポーランドと国境を接するリヴィウ州は西側諸国のあらゆる支援が流れ込む最大の経由地で、違法に国境を越えようとするウクライナ人も集まりやすく、支援物資の盗難や違法出国に関連した闇ビジネスの最前線であり、これに複数の州当局者が深く関与している可能性が高いためリヴィウ州の検察と警察だけでは闇が深すぎて手に負えないかもしれない。

追記:最高議会のユーリ・アリストフ議員は戒厳令で出国が厳しく制限されている中「虚偽の出国理由」を提出、家族と共にモルディブ旅行に出かけていたことが発覚、これ受けて最高議会はアリストフ議員の権限を剥奪した。

関連記事:リヴィウの軍事委員長、覚醒剤の違法販売を告発しようとした部下に暴行
関連記事:豪国営放送、ウクライナ人は外国人軍団を辞める人間を投獄すると脅す
関連記事:熱が冷めつつあるウクライナ人、力ずくで動員対象者を連れ去る行為が横行
関連記事:ウクライナ軍が動員対象者を力ずくで連行、追加動員が始まっている可能性
関連記事:ウクライナ軍、動員の必要性があるもの人々の熱意が冷めつつある
関連記事:兵士の逃亡に悩むウクライナ軍、原因は約束した交代が守られていないため

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

侵攻519日目、ウクライナ軍がザポリージャと南ドネツクで大きな前進前のページ

ゼレンスキー大統領、南ドネツク方面のスタロマイオルズキー解放を発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、動員回避のため偽装書類で海外逃亡した者の処罰を約束

    ゼレンスキー大統領は動員回避の温床になっていた軍事医療委員会について総…

  2. 欧州関連

    ロシア軍が攻勢をかけるバフムート周辺の戦い、状況的には非常に際どい

    ウクライナ軍東部司令部はロシア軍の攻勢を認めつつ「依然としてソレダルを…

  3. 欧州関連

    エンジンが決まらないトルコの第5世代戦闘機「TFX」、ロールス・ロイスとの再交渉を希望

    第5世代戦闘機「TFX」を開発中のトルコは、エンジン供給問題で交渉が決…

  4. 欧州関連

    トルコ、スキージャンプと射出装置の組合せで強襲揚陸艦から「バイラクタルTB3」を運用か

    Baykar社でゼネラルマネージャーを務めるハルク・バイラクタル氏は今…

  5. 欧州関連

    やっぱりトルコのジェット無人戦闘機「MIUS」は超音速飛行に対応、強襲揚陸艦にも着艦可能

    トルコのジェット無人戦闘機「MIUS」は巡航ミサイルをウェポンベイ内に…

  6. 欧州関連

    ドイツの自走式対空戦闘車輌「スカイレンジャー」が売れない理由

    ドイツのラインメタルは14日、自走式対空戦闘車輌「スカイレンジャー35…

コメント

    • ななしMk3
    • 2023年 7月 28日

    戦争中で、比較的労働力としやすい男性が徴兵で減少している中、確実な輸送や官主導は難しいのかもしれません。

    一方で、ウクライナが支援を受け続けるには彼らが被害者であり続けることが第一であり、『被害者側にも非があった』『いじめられる方にも問題がある』と捉えられるようなことは早期に取り締まれる体制構築が必要です。これは、場合によっては反攻よりも大切なのではないでしょうか?

    47
      • マサキ
      • 2023年 7月 28日

      シンゴジラ(観てない人はスマン)でも言っていた、「我々は世界から同情を得る必要がある」って奴だね。
      西側陣営の大衆の支持を得るには、(表面上であっても)完全な被害者、クリーンな人間である必要がある。

      21
    • 古銭
    • 2023年 7月 28日

    国境警備隊と税関の改革失敗はホンチャルク前首相の進退にも関わった程ですからね。まあ開戦前の改革キャンペーンはその殆どが失敗したので相対的に小さな問題となってしまいましたが。

    10
    •  
    • 2023年 7月 28日

    児童売買と売春斡旋業者がとっ捕まったのもリヴィウだったよな?
    こう言う有事の際に物をちょろまかす奴は後を絶たないけども、この規模でごっそりやるとか大胆すぎるし自治体も結託している可能性が高いのは頭がいたいね…

    40
    • 匿名
    • 2023年 7月 28日

    ウクライナの汚職問題に関する英字記事を探したのですが、汚職撲滅を目指すと言う記事は出てきても、具体的な事例を取り扱ったものが全然出てこないですね。

    直近ですと、管理人様も触れていた「違法蓄財、職務怠慢、兵役逃れの容疑でイェフン・ボリソフ氏を逮捕」をThe telegraph社だけが記事にしている様です。

    やはりウクライナ支援に対する悪影響を懸念して、支援国側で報道管制を敷いているのでしょうか。

    14
      • 古銭
      • 2023年 7月 28日

      英字記事に限定するのであれば、今年1月のインフラ省副大臣の逮捕から始まった腐敗撲滅キャンペーン及び辞任ラッシュの記事などはあるのではないでしょうか。

      6
    • ふむ
    • 2023年 7月 28日

    応急処置キット…
    モルヒネみたいなオピオイド系の麻酔薬、密売組織に流れてるんじゃ…

    6
      • ポンポコ
      • 2023年 7月 28日

      こういうウクライナ側にマイナスの記事も出てくるのはいいことだと思います。(もちろんロシア側に不利な報道が出てくるのはいいことです)

      それがあまりなかったということは、日本のメディアも日本人も、なぜか、熱くなりすぎているのではないでしょうか。

      例えば、突然にキエフがキーウに、ハリコフがハルキューに替わったりなど。

      こういうのも、例えば、太平洋戦争中の敵性言語禁止で、ストライクがヨシに替わったのと同じような心情があると思うのです。あまりに熱くなりすぎると、判断や情勢分析にマイナス面も出る場合があると思います。

      42
        • リック
        • 2023年 7月 28日

        「今までの行状を考えればロシアはオークと呼ぶのが相応しいんだ!!!」と熱くなられてる方がいらっしゃいましたけど
        同じ考えで行くとウクライナは差し詰めドブネズミと呼ぶのが相応しいんですよね
        国家の存亡がかかった戦時中ですら指導者層が汚職や政争に勤しむような腐敗に塗れた薄汚い国家で
        戦争に至るまでロシアやEUから利益を掠め取って延命してきた。まさにドブネズミですよ。
        つまりこの戦争はオークとドブネズミの戦争なわけです。
        あんまり熱くならずに戦争を分析するのが正しい道だと思いますけどね

        尤も、こんな表現をするのはあまりにも無体なので、以降使うつもりは全くありませんけどね。無論オークも

        36
          • トムホーネット
          • 2023年 7月 28日

          だからコメント閉まったんでしょ。
          蒸し返すのやめよう。

          36
    • a
    • 2023年 7月 28日

    世界的に見てクリーンな日本ですら補助金詐欺が横行している。
    ウクライナでは別に驚くことじゃない。
    嫌なら支援しなければよい。

    16
    • 黒丸
    • 2023年 7月 28日

    米軍応急処置キットはIFAKのことでしょうか?
    リンク
    リンク
    内容物を見てみたが、止血帯・包帯・呼吸確保用の外科応急器材で
    鎮痛剤その他薬剤のようなものは入っていないようです。
    最前線の兵士には必要かもしれないが、訓練を受けていない一般人が利用できるとも思えない
    ロシアの空襲におびえる人に売りつけている可能性はありますが
    巡り巡ってワグネルとかに横流しされていたら嫌ですね。

    7
    • たむごん
    • 2023年 7月 28日

    ウクライナは、そもそも汚職大国なのですから、西側メディアが美化しすぎた反動が出ているのではないでしょうか。
    マスコミも、当初から大本営発表にして美化するのではなく、普通に報道すればよかったと考えています。

    日本のように、ウクライナの実態を歪めて世論形成しては、日本人の国益に大きな損失が出ます。
    ウクライナの実体がバレてきており、今後の支援に、どこまで日本国内の支持が広がるのか見通せません。

    日本とウクライナの貿易関係は、数百億円しかないため、そもそも日本経済に影響は小さいです。
    日本人の生活が、インフレで厳しくなっている中で、どこまでウクライナにお金を渡し続けるのか議論する時期ではないでしょうか。

    極端な話ですが、日本がウクライナに数兆円支援するリターンは何ですか?
    そのリターンは何かの保証や文書契約があって本当に得られますか?ということだと思います。(旧ソ連の汚職大国ですから)

    21
      • ASDF
      • 2023年 7月 28日

      一番のリターンはロシアの弱体化ですね
      直接に戦うより代理戦争をさせる方が安く済みます
      国土は荒れないし自衛官も民間人も死にませんから

      37
        • たむごん
        • 2023年 7月 29日

        それは理解してます。
        軍事ブログなので、やや細かくなりますが。

        米軍が、ウクライナ向けに弾薬を使い過ぎて、弾薬不足になっています。
        韓国の弾薬も、米軍が調達して、ウクライナに送り始めています。

        ロシアが弱体化しても、中国や北朝鮮への抑止力が低下います。
        日本の近辺で見れば、東アジアの抑止力は低下しているのではないでしょうか。

        日本の軍事生産強化がセットでなければ、ロシア弱体化により中国進出も進んでいるため、それほど意味をなしてないのではないかと考えています。

        3
          • ASDF
          • 2023年 7月 29日

          東アジアにおける抑止力が低下しているのはその通りでしょうね。
          長期的には中国は国力維持が精いっぱいになるでしょうから、仕掛けるなら今と考えているかもしれませんね。
          特に今は若年層の失業率が20%を越えているので社会不安政情不安からの暴発が懸念される情勢でもあります。

          ですが日本は戦争で直接必要になる弾薬や兵器は全く提供していません
          さらに支援の半分は世銀などへの保証、つまり借金の保証人であり直ぐに負担となるものではありません。
          日本政府は後先考えない支援ではなく東アジアでの戦争への影響が少ない支援をしていると思いますよ。
          アメリカと韓国の動きは日本がどうこうできるものではなく、その影響は覚悟を決めるしかないですね。

          1
      • のー
      • 2023年 7月 28日

      日本はウクライナに何兆円も支援してましたっけ?
      支援額以上に、日本は砲弾の輸出で儲けが出そうですよ。
      あとウクライナは天然ガスの埋蔵量がかなりあるので、長い目で見れば返済能力はありそうな印象。
      戦争が終わったら、ウクライナは欧州への天然ガス輸出で相当稼げるはず。

      10
        • たむごん
        • 2023年 7月 29日

        ロシア中央銀行の外貨準備凍結分だけで、約5兆円。
        与信や支援を発表してる金額だけで、現時点だけでも1兆円を超えています。これも、ドンドン積みあがっています。

        ウクライナの天然ガスは、日本向けに、現時点では期待できません。
        ロシア軍が、黒海の制海権を握っているため、液化天然ガスによる輸出が難しいためです。

        ウクライナは、まだ天然ガス輸入国のため、輸出できる資本も設備もありません。
        欧州向けは仰る通り期待できますが、まずは欧州が融資した返済資金として使うのではないでしょうか。

        2
      • nachteule
      • 2023年 7月 28日

       別に深く調べたわけでないけれども対ウクライナだけの直接貿易額だけ見て駄目では。
       世界は繋がってるんだからウクライナと貿易出来ないところが別の貿易先探したりすれば供給集中で奪い合いとか起きる訳だし

      6
    • k.ziro
    • 2023年 7月 28日

    なんかロシア教会を隠れ蓑にして軍需物資などを盗難するのが横行しているとか聞きますねえ。

    8
    • gepard
    • 2023年 7月 28日

    中国の反腐敗闘争のように汚職・汚職対策とは政治的な利権が絡むため、対策=反対勢力の粛清・権力闘争となる。
    ウクライナは独立以降、強力な指導者の安定政権を築くことができなかったことが旧ソ連の風土と合わさり、西側から見るとあり得ないレベルの腐敗を招いている。

    戦争開始から一年以上経つが、この問題が根本的に解決する展望は今のところない模様だ。

    8
    •  
    • 2023年 7月 28日

    軍事と備蓄品の汚職・横領・横流しは大昔から切っても切れない関係ですよねー

    10
    • エルビア
    • 2023年 7月 28日

    綺麗事言ったり、善人のフリしてる連中が一番怪しいんだよな。

    7
    • ななし
    • 2023年 7月 28日

    冗談抜きで地中海、黒海沿岸地域大体こんなもんなのでは?
    偉そうなEUだってギリシャ危機で全世界に大迷惑かけてる汚職発覚したことあるし

    7
    • AAA
    • 2023年 7月 28日

    西側も支援はするけど軍事介入はしないのも国家として1段階落ちる存在だからかも
    戦争の終わり方を間違うとお荷物国家ですから慎重に進めて欲しい

    5
    • 匿名
    • 2023年 7月 29日

    よこながしの可能性も高いが、中身はそんなに売れずにかさばるものだから、全部輸送したといい金もらい実際は輸送コスト削減のために捨てた可能性も高いように思える。
    今でも、輸送ルートの在庫確認よくやらないと日本でも、トラックの運転手や中小企業がたまにやるからね。

    • 通りすがり
    • 2023年 7月 29日

    情報統制を厭わない中露と渡り合うためにはある程度コントロールが必要
    そしてウクライナは不正大国だと事前情報もあるし、文字通りの有事で健康で時間のある人が減っている
    コロナの給付金も不正があったとしても迅速性を優先することもあった

    その上で不正大国とは言え、不正する人間は少数派で多くのウクライナ人は被害者
    泣きっ面に蜂のウクライナ人が多いのだから、支援をやめる理由にはならない
    もっと言えば、台湾有事の為にもウクライナが抵抗してくれる事はありがたい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP