欧州関連

11ヶ国がウクライナ人パイロットの訓練で連合を結成、8月中に訓練を開始

ウクライナのレズニコフ国防相は「ウクライナ人パイロットのF-16訓練に関する覚書に署名した」と発表、この取り組みには11の国が参加しており、8月中にデンマークで訓練が開始され、ルーマニアにも訓練センターを設置する予定らしい。

参考:Ukrainian pilots’ F-16 training to start in August, officials say

ウクライナ人パイロットの訓練に関する連合が公式に結成され、8月中にデンマークで訓練を開始

ウクライナのレズニコフ国防相は11日「F-16でウクライナ人パイロットを訓練する連合が公式に結成され、11のパートナー国が訓練条件に関する覚書に署名した」と発表、この連合を主導しているのはデンマークとオランダで、カナダ、英国、ポルトガル、ベルギー、ルクセンブルク、ノルウェー、スウェーデン、ポーランド、ルーマニアも連合に参加しており、8月中にデンマークで訓練が開始され、ルーマニアにも訓練センターを設置する予定らしい。

デンマークのトロエルス・ルンド・ポウルセン国防相代理は「上手く行けば来年の早い時期に結果を得られるだろう」と述べたが、肝心の機体提供については何も決まっておらず、訓練を終えたウクライナ人パイロットに与える機体をどこから調達するのは謎に包まている。

因みにルーマニアに訓練センターを設置する理由は「西欧のF-16運用国がF-35Aに移行中で訓練の人員やインフラが縮小されているため」で、ウクライナと国境を接するルーマニアに訓練センターを設置すれば人員や機器の移動にも便利だと指摘されている。

追記:ルーマニアでも8月中にウクライナ人パイロットの訓練を開始するらしい。

関連記事:ウクライナ人パイロットの訓練はルーマニアで実施、ただスケジュールは未定
関連記事:NATO軍事委員長、ウクライナは反攻作戦後に戦闘機を受け取るだろう
関連記事:ウクライナ国防相、F-16を使用したパイロットの訓練が間もなく始まる
関連記事:米国のミリー議長、ウクライナへのF-16提供コストは10機で20億ドル
関連記事:ウクライナ人パイロットは4ヶ月の訓練でF-16を操縦できるようになる?
関連記事:ウクライナ人パイロットは数ヶ月でF-16を飛ばせる、但し飛ばせるだけ実戦は別

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Joshua Hoskins

ロシアはクレミンナで攻勢、ウクライナはバフムートと南ドネツクで前進前のページ

ウクライナに対する歴史的な共同安全保障? G7が枠組みをまもなく発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国防委員長、中国とロシアの脅威に対応するにはGDP比2.0%程度の国防予算では足りない

    英下院の国防委員会で委員長を務めるトビアス・エルウッド氏は「将来の脅威…

  2. 欧州関連

    ドイツ軍トップ、いつかロシアとの戦争を余儀なくされる可能性に言及

    ドイツ連邦軍総監のカルステン・ブロイアー大将は「我々はいつか(ロシアと…

  3. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍がアルメニア領に激しい砲撃、両軍間で激しい衝突

    アルメニアのNEWS.amは「アゼルバイジャン軍がゴリス、ソトク、ジェ…

  4. 欧州関連

    BAEがAPKWSによるUAV迎撃に成功、スティンガーと比較して迎撃コストは1/6

    BAEシステムズは11日、新たに開発した近接信管を2.75インチロケッ…

  5. 欧州関連

    戦車提供を巡る舞台裏、米国はドイツとの協調をスキップしようとした

    米国とドイツの戦車提供を巡る舞台裏について独政府筋は「強力な兵器のウク…

  6. 欧州関連

    ウクライナへのF-16提供で遺恨、米国がNATO事務総長への英国人就任を阻止

    諸事情で任期延長が繰り返されるNATOのストルテンベルグ事務総長は「こ…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2023年 7月 12日

    ルーマニアが中古のF-16を買ったばかりだから、ついでにってことかな。

    1
    • AN/ALQ-213電子戦ポッド
    • 2023年 7月 13日

    米軍所有の機体や整備・技術者の提供はないみたいと以前の報道のままですね
    給与される機体はおそらくは30-40年落ちのA/B型MLu改修機なのでしょうからまずはNATO諸国の手腕に様子見ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP