欧州関連

危機的な状況のソレダル、ロシア軍がウクライナ軍の補給ルートを遮断か

ウクライナ人ジャーナリストのユーリ・ブツソフ氏は9日夜「ソレダルは危機的な状況だ。敵は主要な補給ルートを攻撃できる位置まで迫っており、通常ルートによる補給は不可能になった」と明かした。

参考:Юрій Бутусов

ソレダルの状況は危機的であっても絶望的ではないので諦めるにまだ早い

ウクライナのマリャル国防次官は9日「ソレダル制圧に失敗したロシア軍が部隊を再編、損失を補充し、新たな戦力と共に戦術も変更して強力な攻撃を再び仕掛けてきた」と言及していたが、ウクライナ人ジャーナリストのユーリ・ブツソフ氏は「ソレダルは危機的な状況にある。敵はソレダルに繋がる主要な補給ルートを攻撃できる位置まで迫っている」と明かして注目を集めている。

出典:GoogleMap ソレダル方面の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ブツソフ氏は「完全にソレダルがロシア軍に包囲されたという意味ではないが通常のルートでの補給は不可能になった」と付け加えており、どうやら「T0513方向からソレダルに向かう道路を見下ろせる丘=Ⓐ」をロシア軍に取られたらしい。

この指摘は視覚的な証拠を伴っていないため観測者の中には「ウクライナ人ジャーナリストの情報だからといって無条件に信用していいのか?=事実と断定するには時期尚早」と主張する人々もいるが、ブツソフ氏は2日前にも「現在ソレダルにいる」と写真付きで投稿しているため今回の指摘を「事実」と判断する観測者も少なくなく、管理人も「入手できる情報の中では比較的信頼性が高い」と思っている。

ソレダル以外の部分では「ロシア軍部隊の先端がクラスナ・ホラやクラスノポリフカの郊外に到達した」という報告もあり、バフムート東部で「ロシア軍がウクライナ軍を押し込んでいる」という印象を受けるが、バフムート南部のオプトネも「ロシア軍が拠点の大半を支配した」と推定する観測者が多く、バフムートとクリシェイフカの接続も遮断されつつあるので「ロシア軍の攻勢」はソレダル方面に限定されていないのかもしれない。

因みにブツソフ氏は「ここには多くの人員や機材があるのでチャンスは残されている。この困難な状況を改善にするには行動が必要だが無秩序では駄目だ。少しづつでも良いので計画的に前進することが必要だ」と指摘しているため、ソレダルの状況は危機的であっても絶望的するにはまだ早い。

関連記事:ロシア軍が再びソレダルに大規模攻撃、ウクライナ軍部隊と交戦中
関連記事:バフムートを巡る戦い、ウクライナ軍は追加戦力の投入や砲撃強化を指示
関連記事:ロシア軍が攻勢をかけるバフムート周辺の戦い、状況的には非常に際どい
関連記事:ロシア軍がバフムート周辺で大きな前進を遂げる、ソレダルの防衛ラインを突破か
関連記事:ウクライナ侵攻314日目の戦況、ロシア軍がバフムート攻勢に全力を傾ける

 

※アイキャッチ画像の出典:Сили територіальної оборони ЗСУ

戦略国際問題研究所がレポートを発表、中国軍から台湾を守る要は日本前のページ

露ワグネルが「ソレダル制圧」を発表、大釜にウクライナ軍を捉えた?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英メディア、キエフに向かうロシア軍は軍事的に最悪でカモにされるだけ

    首都キエフから北へ約30kmの地点に1枚の衛星写真では捉えきれないほど…

  2. 欧州関連

    好調なエンブラエル、オランダ空軍に続きオーストリア空軍もC-390を選択

    オランダ空軍に続きオーストリア空軍もC-130の後継機にC-390を選…

  3. 欧州関連

    トルコが2万点に及ぶ第5世代戦闘機「TF-X」の構成パーツ製造を開始、実機公開は2023年3月予定

    トルコ航空宇宙産業のコティルCEOは今月4日、TF-Xを構成する最初の…

  4. 欧州関連

    英国防相、ロシア軍を追い出すためウクライナ軍に長距離砲供給を決定

    ウォレス国防相は31日、戦いが進軍阻止から奪われた領土の奪還に変化した…

  5. 欧州関連

    戦争のルールを変えたトルコ製UAV「バイラクタルTB2」の活躍

    アルメニア軍の防衛戦を破壊するのに成功した無人攻撃機の活躍を目の当たり…

  6. 欧州関連

    ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応

    ブラスザック国防相はポーランドの安全を保証するため「2035年までに5…

コメント

    •  
    • 2023年 1月 10日

    ロシアもウクライナもこの小さな町に大戦力を投入してすごい殴り合いですね。
    現代のプロホロフカになるのでしょうか。

    8
    • A
    • 2023年 1月 10日

    ロシア軍も体勢を立て直して来ているということでしょうか。
    これが一過性であるといいのですが…。

    6
      • ホテルラウンジ
      • 2023年 1月 10日

      こんな意義の無い侵略戦争で、自国民も100万人も国を裏切って国外脱出を図るような戦意に乏しい状況にも関わらず
      まるで祖国防衛戦争かのように味方の屍を踏み越えながら執拗に攻撃する事を辞めないロシア軍のモチベーションは何なんでしょうね?w
      動機が分からないレベルなんでウクライナ側からしたら逆にゾンビみたいで怖いでしょうね

      6
    • uralT72
    • 2023年 1月 10日

    既に国道の東側に次の防衛線が出来てるから心配ない、って解説してる人もいるがどうなんだろ。

    4
    • パラベラム
    • 2023年 1月 10日

    ソルダー攻防戦は他エリアよりもロシアの本気度が高く戦争の結末に繋がるターニングポイントになる気がする。
    仮に占領されたとしても奪還出来ればロシアの野望は今後も含め大きく躓くのでソルダー・バフムートは絶対に押し返してほしい。

    8
    • パンダ
    • 2023年 1月 10日

    ソルダレが陥落すればバクムト自体が危機に陥りますが
    究極的に云えばバクムトが落ちたところで大勢への影響はほぼない

    20
      • カディロフ上級大将
      • 2023年 1月 10日

      大勢に影響がないなら、なんでウクライナ軍はバクムトに戦力を集めたり、大統領直々に視察なんかしてるの
      さっさと撤退して、別の大勢への影響がある地点の奪還へ向かえばいいんじゃないんですかね。

      12
        • panda
        • 2023年 1月 10日

        バフムトに対する大攻勢は軍事的と言うよりも政治的な要求なので
        それを挫くことにも政治的意味が生まれます

        4
          •  
          • 2023年 1月 10日

          そんな意味しかないなら真面目に戦って欲しいところですが。
          西側の支援も有限なもので。

          1
            • 2023年 1月 10日

            バフムトでの持久戦で7対1以上と言われる損失比で
            膨大な出血をロシア側に強いてる時点で、真面目に戦ってない訳が無いだろう

            最早バフムトの局所的な趨勢と関係無くウクライナの戦略的勝利は明らかだし
            西側の支援に弾みがついて戦車の提供なんて話出てるのも、戦争終結の目途が見えてきたからだろうな

            15
              •  
              • 2023年 1月 10日

              軍事的要求ではなく政治的要求で要地ではない場所で戦っているというpandaさんの意見に対する否定意見なのでそれを自分に言われても困ります。

              1
                • panda
                • 2023年 1月 11日

                皆さんがおっしゃっているようにウクライナにとっては莫大な出血を強いることが動機になります、それが現実的な戦争を終わらせる方法なので

                2
                  • 名無し
                  • 2023年 1月 11日

                  バクムートには資源があるらしい

                    • 名無し
                    • 2023年 1月 11日

                    みんなが返信しまくるから
                    コメント枠がヤバいほど小さくなってるw

                    5
                      • 名無し
                      • 2023年 1月 11日

                      冬が予想より暖かいから
                      春に先延ばしされたのかな
                      国民にとっては暖冬は朗報だけど
                      軍にとっては戦車が使えずもどかしいよな

                      • 名無し
                      • 2023年 1月 11日

                      あ、ついに返信ができなくなったwww

                      2
                  •  
                  • 2023年 1月 11日

                  出血を強いるのでしたらなおさら防衛戦略上優位な、例えばリシチャンシクのような防衛側に有利な土地に引き込むべきで、アルチェモフスクに拘る理由はありませんよ。

                    •  
                    • 2023年 1月 12日

                    自レスですがリシチャンシクではなくスラビャンスクですね。

            • タイコンデロガ
            • 2023年 1月 10日

            軍、ではなく政権に打撃を与えるところにも勝ち筋を見ているのかもしれませんね。

            実際、西側の武器供与のペースだと、なんとか守れても軍に壊滅的な打撃を与えるのは大変そう。

        • 匿名
        • 2023年 1月 10日

        >大勢に影響がないなら、なんでウクライナ軍はバクムトに戦力を集めたり、大統領直々に視察なんかしてるの

        バフムトはロシア兵を可能な限り引き込んで消耗させる為の地獄の窯何ですよ。
        要はスターリングラードと言えば解るでしょ。
        勘違いしてる人多いけど(プーチンまで勘違いしてるっぽいが)
        今は占領した土地の面積ではなく、どちらの戦力の消耗がより早いかを競うゲーム

        仮にロシアがバフムト占領しても
        半年以上かけて膨大な人材と戦略資源を消耗させた時点で負けてるも同然。ピュロスの勝利ってやつだね

        17
        • キプチャク汗
        • 2023年 1月 10日

        純粋に、守っていれば勝手に露軍が溶けていくからでは?
        固執しているというより、ロシア兵を効率よく斃しているだけにも思える

        12
          • 名無し
          • 2023年 1月 11日

          ロシア軍がバフムートに拘るのはキーウ再侵攻のためにウクライナ軍の戦力をバフムートに留める事だと思う

          ロシア軍の場合はそれでも数十万人の動員兵があるから、バフムートの損失よりもウクライナ軍をバフムートに拘束する事を優先してるのかもしれない

          ウクライナ軍はロシア軍を消耗させたい
          ロシア軍はウクライナ軍を分散させたい

        • バーナーキング
        • 2023年 1月 11日

        大勢に影響ないからって何で「美味しいキルゾーン」を捨てる必要が?

        3
    • AAA
    • 2023年 1月 10日

    ウクライナはこの都市の防衛するために他戦線からも部隊を抽出して集中投入しており
    全力を注いでもバフムトやソレダルを守れなかったとなれば「ロシア軍恐れるに足らず」「連戦連勝で占領エリアを奪還するウクライナ」というイメージが損なわれ
    外国の支援が頼りのウクライナとしては局地的でも敗けのイメージがつくのは避けたい
    ゼレンスキー大統領も訪問したし軍事的重要性以上に象徴的な意味で重要目標になっている

    13
      • 匿名
      • 2023年 1月 10日

      セベロドネツク撤退によってハイマースが供与されたり、春のロシア大攻勢を前にNATO諸国で歩兵戦闘車や主力戦車供与の調整がなされている等、ロシアの勢いに応じて漸進的に支援が増強されるのでは?

      ロシアが局地戦で象徴的な勝利を飾れば、ウクライナへの支援が断絶するというのは、クレムリン的な希望的観測に思えますね。

      23
      • 横田
      • 2023年 1月 10日

      たしかにそれはそうだけど
      政治的都合を優先させると酷いことになるというのはロシアがこれ以上なく証明してるわけで

      5
      • 774
      • 2023年 1月 10日

      マリウポリやセベロドネツクでも撤退したけど、ハルキウでは反撃できたように
      長い削りあいになることは決まってるので一時的な敗北はプライドの問題でしかない

      4
      • paxai
      • 2023年 1月 11日

      このような展開が続けばウクライナ国民の士気が折れると思うわ。
      「ロシアの提案する東部割譲を呑もう」ってな感じに。
      ウクライナ兵が士気MAXなのも過去の話で今はもう逃亡兵が問題になってるぐらいだし。

      2
        • 名無し
        • 2023年 1月 11日

        それはほんの一部だけな

        11
    • TKT
    • 2023年 1月 10日

    ソルダー、そしてT0513道路を見下ろせる、俯瞰できる高地を奪取したのは、ロシア軍の立場からすれば、旅順要塞の
    「二百三高地」
    をついに制圧したようなものかもしれず、さらに長い年月をかけて地下要塞化されたともいわれるソルダー駅地下の岩塩鉱山の坑道も全部かはわかりませんが、すでにロシア軍が制圧、突入を始めています。

    イギリスがチャレンジャー戦車の供与の検討を始めているというのは、ポーランドがウクライナ軍に供与したT-72戦車がいよいよ残り少なくなり始めているということかもしれませんが、 アメリカが戦車を供与できないのは、すでにエイブラムス戦車を大量にポーランドに供与してしまってるからかもしれません。

    ポーランドから供与されたT-72戦車が残り少なくなれば、旧式のT-62戦車、あるいはT-54/55戦車であってもウクライナ歩兵にとっては大きな脅威となるかもしれません。ジャベリンのような対戦車ミサイルもすでにどれだけ残っているかわかりません。

    ソルダー、T0513道路が完全制圧された場合に危うくなるのはバフムトよりも先にシヴェルスクです。またパラスコヴィーフカを制圧した場合はバフムトの北を迂回して、さらに西へ向かうことも可能となります。

    10
      • ミリオタの猫
      • 2023年 1月 10日

      現在の戦況がウクライナ側に取って厳しいのは確かですが、戦車の件については指摘して置きます
      英国がチャレンジャー2戦車(只の「チャレンジャー戦車」だとWW2の駄作巡航戦車なのかチャレンジャー1なのかが分からなくなってしまう・笑)の供与を検討している他に、先日フィンランドとデンマークがレオパルド2の供与を匂わせる発言をしていたので、今後の戦況次第では西側製戦車の供与を検討する国は増えるでしょう
      後、ポーランドがウクライナに供与すると示唆していたPT-91戦車、戦場に全く姿を見せていないのに気付いていませんか?
      それに気付かないまま「ポーランドがウクライナ軍に供与したT-72戦車がいよいよ残り少なくなり始めている」だなんて、噴飯物の発言ですね(つまり、ポーランドの手元には未だ供与出来る戦車が有る)
      それと、M1エイブラムスについては先日米国がポーランドへ116輌供与する事になったM1A1FEPは戦車大隊を廃止した米海兵隊(最近まで403輌持っていた)が持っていた車輌を供与している他、米陸軍自体が数千輌のM1各型を持っているので、その気になればウクライナヘ供与出来る車輌は確保出来るでしょう
      又、ウクライナヘ送られている対戦車火器はジャベリンやATMだけでは無いので、ロシア軍の戦車も楽には戦えないでしょう

      17
      • ジョチウルス
      • 2023年 1月 10日

      この人最近ウキウキで草
      お前が何と言おうとウクライナが勝つぜ

      13
    • すっかり寒くなりました
    • 2023年 1月 10日

    寒波到来以降の攻勢と先日の攻撃失敗からの立て直しが迅速で囚人・動員ではないワグネル本体が出張ってきてる噂の裏付けのように思いました。坑道やカルスト地形の広がるこの地方の地形の特殊性もあり今まで侵攻を阻んできましたが、一度落ちるとゼレンスキー大統領の”一度取られた領土を取り返すコストは高く付く”の言通り厄介な地域に転じるためウクライナ側としてもあまり手放したくないでしょうね。
    ただフリーになっている筈のドニプロ側西岸に居た部隊の動向が謎なのと現状のルハンシクの作戦が冬季反攻の正体とも思えない中、ドネツクでロシア側の虎の子とも言える戦力を引き受けながらどこまでここにリソース割くつもりがあるのかいまいち掴めないなーと。そろそろ何か控えてるようには思いますが外野の我々は今暫くバフムート孤立化を狙うロシア側の動きぐらいしか知る由無さそうです。

    • NHG
    • 2023年 1月 11日

    ここがどうなるかは分からないけど、東部に資源を集めてるロシアの脇をつき第二のハルキウが実現するといいな
    テレビでは2~3月に大規模反抗と言ってるけど果たしてどっちに軍配があがるのか

    2
    • けい2020
    • 2023年 1月 11日

    >「ソレダル制圧に失敗したロシア軍が部隊を再編、損失を補充し、新たな戦力と共に戦術も変更して強力な攻撃を再び仕掛けてきた」

    数日で再編・損失補充とかほぼ現実的じゃないし、動員兵を集めて集団で突撃させてるって事でしょ
    それでも数で押せてるって事実が、ロシア軍はスターリングラード並の無茶してそうな気配がする

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP