中東アフリカ関連

イスラエル、2022年の武器輸出額が過去最大の125.5億ドルを記録

イスラエル国防省は14日「2022年の武器輸出額が125億5,600万ドルに達した」と発表、これは過去3年の輸出額と比較的しても50%増で、無人機関連の輸出額は全体の25%を占めている。

参考:Israel records $12.5 billion in defense exports, 25% to Arab neighbors

伝統的な装備品を抜いて無人機関連が輸出額のトップを占めているのが特徴的といえる

イスラエル国防省は14日「2022年の武器輸出額が125億5,600万ドルに達し、この記録はアブラハム合意国の後押しによるものだ」と発表、これを受けてガラント国防相は「新たな高みに到達した驚くべき武器輸出額はイスラエルの強さと優れた技術力を示している。国防当局と国防省の創造性と革新性により、我が国は敵国を凌駕するだけでなく質的な優位性も維持出来ている」と述べた。

さらにエヤル・ザミル国防省長官も「世界の不安定さはイスラエルの防空システム、UAV、ミサイルの需要を高め、我々は継続的に能力の維持と強化に取り組んでいる」と述べおり、輸出額に占める防空システムの割合は19%、レーダーや電子戦装置は13%、無人機関連は25%で、アブラハム合意国=アラブ首長国連邦、バーレーン、モロッコ、スーダンへの輸出額の25%(31.3億ドル)を占めているらしい。

イスラエルは武器輸出に関する情報の詳細を公開していないが、輸出額の30%がアジア・太平洋地域、29%が欧州、11%が北米となっており、伝統的な装備品を抜いて無人機関連が輸出額のトップを占めているのが特徴的といえるだろう。

出典:Nehemia Gershuni/CC BY-SA 3.0

因みに日本のNTTセキュリティも「日本の防衛費増額はイスラエルのサイバー企業にとって大きなチャンスだ」と述べており、日本政府や民間企業のニーズにあった技術をもつイスラエル企業を積極的に買収しているらしい。

関連記事:飛ぶように売れるトルコ製UCAV、輸出制限に不満が募るイスラエル企業
関連記事:イスラエル、防衛産業界に長距離を高速で飛行できるUCAVの開発を要請
関連記事:NTT、日本の防衛費増額はイスラエルのサイバー企業にとってチャンス
関連記事:空対空ミサイルを流用したイスラエルの防空システム、弾道ミサイルの迎撃が可能に
関連記事:敵にとっては正に悪夢、市街戦に特化したイスラエルの対人向け徘徊型弾薬

 

※アイキャッチ画像の出典:Zachi Evenor / CC BY 2.0 Hermes450

米空軍が熱望するA-10の処分、議会も2024年に42機の退役を認める方針前のページ

ザポリージャと南ドネツクの戦い、ロシア側が予備部隊を投入して反撃か次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    タイフーンを馬鹿げた金額で契約したクウェート、合意金額を上回る契約をエアバスに発行か

    タイフーン調達にまつわる汚職を調査していたクウェート政府は24日、契約…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍によるガザ地区への空爆、市民の死傷者は1万2,000人超え

    ガザ地区の保健省は「15日午後19時時点で2,670人が死亡し9,60…

  3. 中東アフリカ関連

    イスラエルのガラント国防相、ガザ地区への侵攻命令がまもなく下される

    イスラエルのガラント国防相は19日、最前線の部隊を訪問して「今はガザを…

  4. 中東アフリカ関連

    ハマス戦闘員から押収されたGoPro、事前準備から集落襲撃の様子が映る

    イスラム原理主義組織のハマスは「民間人を標的していない」と主張している…

  5. 中東アフリカ関連

    SF映画の中に登場する未来の戦闘マシーン、イスラエルの次期装甲戦闘車が実用化に向けて前進

    イスラエル航空宇宙産業は今月10日、イスラエル国防軍が開発を進めていた…

  6. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、GCAPへの参加協議は英国を通じて順調に進展している

    サウジアラビアは英日伊による次世代戦闘機開発の枠組=GCAPに「正式な…

コメント

    • 2023年 6月 15日

    国内向けに特化した兵器システムの輸出が好調というのも凄いですよね。
    販売先の制約も以前よりは緩くなりイスラム教諸国への販路を伸ばしと、実戦で実証積みというのが強みなのでしょうね。
    アメリカ製AFVの改造ビジネスは上手くいっていないですが…

    7
    • ふむ
    • 2023年 6月 15日

    国連緊急総会どころか安保理決議497号ですら違法で無効と決議されたゴラン高原併合やった侵略国家イスラエルに日本企業が関わってるんですねぇ
    緊急総会のみでの非難決議なロシアより悪なハズなのに、何故制裁していないのか

    9
      • 2023年 6月 15日

      イスラエルと日本は数年前から官民共に防衛産業で協力しています。日本の不得意分野がイスラエルの得意分野だからです。ドローン産業やサイバーテクノロジー、日本はこれらを始めたばかりですがどちらもイスラエルの十八番です。日本はこれらを取り入れる為にイスラエルと近い関係にあるのでしょう。勿論イスラエルの侵略行為は非難されて然るべきですが。

      7
        • マサキ
        • 2023年 6月 15日

        まぁ、これを書くと気にくわない人も多いと思うけど、国の立ち位置は「正しい・正しくない」ではなく、「自国に有利かどうか」になる。

        西側陣営 アメリカ組傘下 アジアしぶ

        4
    • マサキ
    • 2023年 6月 15日

    まぁ、これを書くと気にくわない人も多いと思うけど、国は「正しい・正しくない」ではなく、「自国に有利かどうか」で動く場合が多い。

    「西側陣営 アメリカ組傘下 アジア支部若頭 日本国組」としては、軍事関係では親分のアメリカが黒と言えば白でも黒と言わなくてはいけない。西側陣営の非道な行為を見て見ぬふりをして、時にはかばわなければならない。

    嫌な言い方だが、アメリカのイラク戦争、イスラエルの周辺国への侵略と、ロシアのウクライナ侵攻は規模は違えど基本的には同じことをしているが、日本がロシアのみを強く非難しているのは、「その方が西側陣営(ひいては日本)に都合がいいから」にすぎないと思う。

    7
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP