ロシア関連

露ワグネル、バフムートから後退するルート上に国防省が地雷を仕掛けた

露ワグネルのプリゴジン氏は2日「殆どの部隊がバフムートを離れた」と明かしたが、ワグネル部隊が後退するためのルート上に「国防省が地雷を仕掛けた」と主張して注目を集めている。

参考:ЗСУ в Бахмуті досягли головного: виснажили і змусили “вагнерівців” втекти, – Череватий
参考:Prigozhin accuses Russian Defense Ministry of placing mines along Wagner exit routes from Bakhmut

国防省によるワグネルへの公開懲罰? ワグネル部隊がバフムートから離れるためのルート上に地雷?

まだウクライナはバフムートを失ったとは認めていないが、東部司令部は2日「我々はバフムートで主要な目標を達成した。敵を疲弊させて戦力が枯渇したワグネルは戦場から追い出した。ポジションを引き継いだ後任部隊=ロシア軍部隊は控えめに言っても士気が高いとは言えない。何故なら前任者の身に何が起こったのかよく知っているためだ」と指摘し、ワグネルは街の中心部を奪取する戦いで「最低でも2万人の兵士が死亡した」と付け加えた。

露ワグネルのプリゴジン氏も2日「殆どの部隊がバフムートを離れた」と明かしたが、国防省に対する怒りの告発が注目を集めている。

どうやらワグネル部隊がバフムートから離れるルート上の爆発物(数百の対戦車地雷を含む)が仕掛けられていたらしく、プリゴジン氏は「当該地域に地雷を設置する必要性は全くない」と主張しており、現地部隊に「なぜ爆発物を設置したのか?」と問い詰めると指で空を指した=上からの命令を示唆らしい。

出典:Оркестр Вагнера | Wagner

そのためプリゴジン氏は「国防省によるワグネルへの公開懲罰だ」と考えており、法執行機関と共同で調査を進めているとTelegram上で明かしている。

因みにウクライナ軍とロシア軍の地上戦は小康状態(局地的な激しい砲撃は健在)で、前線の状況に関して特に言及することは何もない。

関連記事:戦いが激減したバフムート周辺、前線に大きな変化がない状態が続く
関連記事:ウクライナ軍、バフムートを半包囲して敵を殲滅する機会を得ている
関連記事:バフムート市内の複数地点でロシア国旗、プーチン大統領は作戦完了を祝福
関連記事:遂にバフムートが陥落、露ワグネルのプリゴジン氏が完全制圧を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Пресс-служба Пригожина

ポーランド首相、ロシアが終焉するか西側が黄昏を迎えるかは我々次第前のページ

中国仲介でイラン、サウジ、UAE、オマーンが合同海軍部隊を結成か次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    噂レベルの話、戦力不足でオスキル川東岸地域からロシア軍が撤退?

    ウクライナ軍によるヘルソンでの反撃をいち早く報告したイゴール・ガーキン…

  2. ロシア関連

    ロシア議会が条約を批准、ドネツクとルガンスクに軍事基地設置が可能に

    ロシア議会は22日、ドネツク人民共和国及びルガンスク人民共和国との友好…

  3. ロシア関連

    ロシア軍、ベラルーシ軍との合同部隊に兵士9,000人と相当量の装備を派遣

    ベラルーシ国防省の補佐官は16日「合同部隊に参加するためロシア軍部隊の…

  4. ロシア関連

    キエフ占領後に向けて動くプーチン、ウクライナ元大統領がベラルーシ入り

    ロシアに亡命したウクライナのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元大統領がベラル…

  5. ロシア関連

    軍事演習の延長をロシアとベラルーシが発表、理由はウクライナ情勢の悪化

    ロシアのプーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領は20日に終了予…

  6. ロシア関連

    ロシア、演習で発射した対戦車ミサイルが自軍のT-90Aに命中して大破

    演習で使用されたロシア製の対戦車ミサイル「9M113 コンクールス」が…

コメント

    • 2023年 6月 03日

    正直どこまでほんとうかはわかりませんがもし本当だとしたら酷いものですね。バフムト陥落は誰がどう見てもロシア国防軍では無くワグネルの功績なのにそれをこの様な仕打ちにする国が強い訳ないでしょう。ソ連時代は有効だったかもしれませんが今の時代通じるとは思えませんね。

    29
      • ミリオタの猫
      • 2023年 6月 03日

      どうでしょうね…もしかすると地雷敷設自体は本当だとしても、実は公開懲罰では無く「何も知らない現地の正規軍部隊が状況を確認せず『とにかくここへ敷設しろ!ウクライナ軍が来たらどうするんだ!』ってノリで敷設しちゃった」可能性の方が高い気がするんですよね
      歴史的にロシア軍って、こう言う所は適当にやっちゃう体質ですから

      63
        • ななし
        • 2023年 6月 03日

        自分もこれなんじゃないかという気がしている…反攻作戦への対処ってことで所構わず地雷仕掛けてるくらいはあってもおかしくない
        プリコジンは必要ないとは言ってるが、ロシア上層部にしてみれば前回のウクライナ軍の大反攻はよっぽどトラウマになってる可能性があるので後方の道路も爆発物だらけでもおかしくない
        仮にワグナー狙って敷設したんだとすればワグナーへの寝返り対処だろうか…督戦とも思えないし

        いずれにしても(言ってることが本当なら)撤退路の状況をワグナーに伝えてないロシア軍酷すぎるってなるんで公開処刑言われてもしゃーない
        …なんか地雷が爆発しなかったって言ってるのはギャグなのかネタなのかってレベルだが

        13
        • 名無しさん
        • 2023年 6月 03日

        そもそもロシア軍がクラスター爆弾や地雷散布装置を使いまくってますからね。
        (ウクライナが対抗するためにクラスター爆弾を使い、NATOにも提供を求めた経緯は記事になってました)
        ワグネルとロシア正規軍の間ではほとんど連絡も取りあっていないことから、お互いにどこにばら撒いたのか全く把握していないのではと思います。

        9
        • 匿名
        • 2023年 6月 03日

        本当かは知らないけど、そうなんだとしたらワグネルに限らず相当な数の味方を地雷で死傷させてそう
        通っていいルートを知らされてないと絶対引っかかるだろうし
        そう考えるとルートに地雷を設置したんじゃなくて、嘘のルートを教えられたか、正しいルートを教えてもらえなかったという可能性もあるけど
        どういう系統で指令が伝達されてるのかは知らないけど

        5
      • バーナーキング
      • 2023年 6月 03日

      「狡兎死して走狗烹らる」なんつー言葉が紀元前からありまして。

      19
        • 1.44スキー
        • 2023年 6月 04日

        前漢の韓信を思い出しちまったよ…。
        功兎死して走狗煮らる…。

        1
    • 通りすがりのななし犬
    • 2023年 6月 03日

    > ワグナー部隊が後退するためのルート上に「国防省が地雷を仕掛けた」と主張

    かつてのソ連には督戦隊なるものがあったらしいし、旧帝国陸軍も敵前逃亡を図るような奴には容赦なく銃弾を浴びせたとか聞いた覚えがある。スタンリー・キューブリックが制作した映画に「突撃」というのがあって、塹壕に隠れていて突撃しない歩兵に業を煮やした指揮官が、砲兵隊に彼らめがけて砲撃を加えよと命令する場面があった。戦争とはこういうものなのか、軍隊とはこういうものなのか。

    先進国を名乗る軍隊はまさかこんなことはしてないよね。先進国ではなくても西側陣営の軍隊はずっとマシな体質だと信じてるけれど。

    もっとも記事をよく読んでみると「督戦」ではなく、「国防省によるワグナーへの公開懲罰だ」そうですね。こんな風に分裂していて、よく戦場で戦えるもんだ。味方が信じられないような状況で、命をかけて戦える気になれるものなのだろうか?

    素人じみた内容ですみませんが、つい投稿したくなった。

    9
      • キタキタ祭り
      • 2023年 6月 03日

      独ソ戦でも督戦隊なんか特に戦況の厳しかった戦争初期に少しやったぐらいですぐに撤回してるので今のロシアはそれより酷いかも どちらかと言うと1945年頃のドイツ軍みたいな状況

      12
        • 匿名11号
        • 2023年 6月 03日

        少なくともスターリングラード戦ぐらいまでは、結構な規模で行っていたようですな。そうなると昔も今もあまり体質が変わっとらんということでしょう。

        リンク

        4
    • bbcorn22
    • 2023年 6月 03日

    ワグネルはすでに軍閥化してるな。
    プリゴジンは 次の選挙に出るだろ。
    プーチンはつぶしたくても軍閥では手が出せないw
    自分が育てた飼い犬に手を嚙まれることになりそう。

    26
    • Artillery
    • 2023年 6月 03日

    こいついつも怒りの告発してんな

    40
      • たぬき
      • 2023年 6月 03日

      親の告発より見た告発

      11
        • KNOB CREEK
        • 2023年 6月 03日

        もっと親の告発見ろ

        9
    • A
    • 2023年 6月 03日

    >法執行機関と共同で調査を進めている
    ワグナーって捜査権持っているんだ。
    この人そんなに偉い人なの?

    11
    • ハイネケン
    • 2023年 6月 03日

    ロシアでは法律上許されていないはずの民間軍事会社が法執行機関に正規軍についての調査を依頼するとは・・・

    38
    • sundaycameraman
    • 2023年 6月 03日

    自分で埋めといて忘れてたんじゃないのかね(苦笑)

    17
    • 2023年 6月 03日

    もう軍隊引き連れてウクライナ側に寝返っちゃえよ

    11
      • 鳥刺
      • 2023年 6月 03日

      逮捕されそうになったら何をするか分かったもんじゃない、という雰囲気は出してますね

      まあ保身のためのはったりなのでしょうが。

      7
    • Easy
    • 2023年 6月 03日

    これ、正規軍側ではワグネルがミッション達成して戻って来れるとは思ってなかったんですね。
    で、ワグネル部隊が前線に行った後、道路を封鎖してウクライナ軍の反撃に備えて地雷を埋めまくってしまい。
    ワグネルが帰ろうとしたら「その道は地雷で封鎖したので通れません」ってオチでしょう。
    ワグネルの装備は彼らの自腹で用意していますから、大型装備の重火砲や装甲車を持って帰れないと大損なんですね。それですったもんだあったことが伺えます。

    12
    • ため息
    • 2023年 6月 03日

    この大ダヌキの言ってることはぶっちゃけどうでもいいです

    6
      • 戦略眼
      • 2023年 6月 03日

      おもろいから、エエねん

      5
      • 2023年 6月 03日

      このところ、プリゴジンは日にちはズバリでないが言ってることが当たってる。
      それに対してイゴールガーキンがこのところ過激すぎて本当かなぁと思う。
      プリゴジンがクーデター起こしてロシアが分裂するなんて奇想天外すぎて。
      まあガーキンはプリゴジンが死ぬほど嫌いらしいから嫌がらせで言ってるだけかもしれん。

      2
    • 名無し
    • 2023年 6月 03日

    普通にウクライナ軍が撤退する時に埋めたって考えないんですかね?
    自己保身のため陰謀論にまで手を出し始めたのかなこのハゲ

    1
      • ido
      • 2023年 6月 03日

      普通ロシア領への撤退路ならロシア軍が仕掛けたのでは?ロシア軍も増援部隊はロシア領方面から来ると思うのでワグネルも同じ道を通るはずです。そこに仕掛けられているのがウクライナ軍が撤退した場所であっても解除しながら前進するでしよう。バフムートを制圧したと言うなら地雷撤去してないとおかしい気もしますが。まぁ、プリコジン本人が仕掛けられた場所が何処で死傷者が出たとか言ってないんでよくわかりませんけどね。

      13
    • 鼻毛
    • 2023年 6月 03日

    ウクライナ軍のHIMARSから投射されたAT2 DM1399とかじゃないんですか?

    2
    • ナノ猫
    • 2023年 6月 03日

    プリゴージンがかつて絵本作家+挿絵家として、2000部の絵本を限定出版していた話題がモスクワ・タイムズで取り上げられていました。

    リンク
    ワグネル・ヘッド・プリゴージンの児童文学者・イラストレーターとしての過去

    劇場のシャンデリアから落ちてしまった小人さんが、元いた国を目指して冒険旅行をするというあらすじで、
    90ベージという絵本にしては大著です。イラストの腕前もなかなかのもの。

    記事の一番上の画像のおじさんがプリゴージン自身だそうです。
    冒険中の小人さんにスープを作ってくれる役割だそうで、
    当時レストラン経営者として成功していた彼の経歴と重なります。

    本のタイトルは小人さんの名前からIndraguzik。
    出てくる女の子の名前がIndraguzika。
    2人の実子を意識しているとのこと。

    >>1980年代に窃盗罪で9年間服役したプリゴジンは、2004年に無名の出版社アガットから『インドラグジーク』が出版されたとき、サンクトペテルブルクでレストラン業を成功させていた。

    と記事中で紹介されています。

    絵本にはプリゴージンの一家揃った和気藹々の写真も含まれていて、
    この記事の一番下にその家族写真が掲載されています。
    (髪の話をするのは自重します。)

    今年27歳の長男はワグネルの一員として、シリアおよびウクライナで戦闘をした、とのこと。
    30歳の姉はサンクトペテルブルクで、高級ホテルを所有しているともありました。

    もしもプリゴージンがプーチンと接点を持つことがなかったら、
    ワグネル設立もなかったでしょうし、全く違った歴史になっていたのかもしれません。

    そういえばどこぞのひげの伍長も美術学校で画家を目指していましたね。
    腕前があんまり良くなくて成功しなかったのが、ナチスの誕生のもとだとどこぞで読みました。

    現実に進行中の戦争を映画や小説に例えるのは不謹慎かもしれませんが、

    喜劇俳優から戦時の英雄になったゼレンスキー
    絵本作家から残虐さで知られる傭兵部隊を結成したプリゴージン
    自己の保身に天才的才能を見せるルカシェンコ
    Tik-Tok専用部隊と揶揄される私兵を引き連れるカジロフ
    大本営発表で往年のコミカル・アリを彷彿とさせるショイグ

    あまりにも役者が揃いすぎていて、なろう小説でもありえない設定と言われそうです。

    18
      • キタキタ祭り
      • 2023年 6月 03日

      プリゴジンはこういう器用な面もあるから好感は持てないけど人間として興味あるわ 部下から信用されているのも頷ける

      5
      • Natto
      • 2023年 6月 03日

      総統より相当上手だ。

      5
    • 無題
    • 2023年 6月 03日

    ロシアって統合作戦とは無縁の国だし普通にロシア軍が撤退するときに仕掛けたのをワグネルに伝えてないだけじゃないの

    4
    • 匿名
    • 2023年 6月 03日

    ギルキンが「ロシア軍の掘る塹壕が、後方に下がるために接続されていない」と嘆いていましたが
    要はこの話と根本的に同じで、前線の兵士が後方へ撤退する事を考えないで敷設した可能性が高いのではと思ってます。
    どちらにせよ、なんなのロシアって感じですが…

    12
    • ふむ
    • 2023年 6月 03日

    この発言の効果を考えると、
    ・ロシア軍部への批判が高まる
    ・ワグネルの撤退路をウクライナが反攻作戦に利用する作戦がやり辛くなる

    うーん、今回の発言は後者が目的の時間稼ぎかな
    バフムート内の陣地構築が未完成と見た
    この前のリマンイジュームみたいに取り返されたら、士気に響きますからね

    バフムート戦の双方の損失を推定したOSINTでそこそこ納得できたのあったのでご紹介
    リンク

    3
    • .
    • 2023年 6月 03日

    戦前ではワグネルとロシア正規軍の不仲が深刻化し、国境近辺ではロシア正規軍なる武装集団が侵入を繰り返し火の手をあげ、後方では公共インフラや軍事施設などに謎のドローン攻撃や放火が相次ぎ…、これはもう駄目かも解らんね(プーチンが)

    1
    • 匿名
    • 2023年 6月 03日

    ソルダールの北東に露軍が地雷を敷設してるって情報はバクムト陥落以前から出てたな
    意図についてはそれこそ味方の撤退防止とも、ウクライナ軍の突破に対する保険とも推測されていて意見が分かれていたが

    0
      • Easy
      • 2023年 6月 03日

      両方ですよ。
      突撃部隊の後ろに地雷を埋めることで。
      1.もし突撃部隊が全滅した場合、進撃してくるウクライナ軍の足止めになる
      2.突撃兵部隊が後退して来たら、地雷があるのでそれ以上後退出来ないのでその地点で死に物狂いで戦ってくれる
      一挙両得のロシア的解決法という奴ですね。

      5
    • pon
    • 2023年 6月 03日

    何だかんだと目くらまし発言で、部隊はシレっとウクライナの攻勢が予想される個所へ配置転換でしょうね。

    3
    • nachteule
    • 2023年 6月 03日

     好意的に考えたら後方ですら地雷式説されていると言う事はウクライナ側への情報戦の可能性。ロシア側ですら状況共有されていないなら捕虜なり投降者の情報にも疑問符が付くわけだし、前線からの逃亡者対策もありえそう。

     ただプリゴジン氏が言うように後退するルートなんてウクライナの影響が最小の所を選ぶはずだから東か南寄りのルートの筈で、そこに地雷を今の時点で設置すると言うのは将来的にバフムート奪還される対策にしても早急な気がしてならない。最悪、地雷敷設に関してはISDM Zemledel使用すれば効率良く設置出来るから長距離攻撃さえ気をつければ急ぎ敷設する物ではないと思うが。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP