米国関連

ロッキードもボーイングも参戦! 米空軍の無人戦闘機「Skyborg」計画は大混戦か

米空軍は無人戦闘機プログラム「Skyborg(スカイボーグ)」のため今月中にもプロトタイプの購入を開始すると発表した。

参加:USAF Search for ‘Skyborg’ Drones Starting Soon

米空軍の無人戦闘機プログラム「Skyborg(スカイボーグ)」が開始される

米空軍が計画してる無人戦闘機プログラム「Skyborg(スカイボーグ)」とは、ステルス戦闘機F-22AやF-35Aと連携して戦闘任務を自律的に行う事ができる無人戦闘機の開発や調達を目的にした計画で2023年までに初期運用能力の獲得を目指しており、今月中にも同プログラムへの参加を希望する企業からの提案を受け付けて夏までに勝者を決定するらしい。

このSkyborgプログラムの勝者に最も近いと言われているのが米クラトス社が共同で開発中のステルス無人戦闘機「XQ-58Aヴァルキリー」だ。

同機は米空軍研究所のLCAAT (低コスト航空用航空機技術)プログラムの元で開発された機体で1機あたりの価格は300万ドル(約3.3億円)、100機以上の発注で1機あたり200万ドル(約2.2億円)という低価格さが最大の特徴で、その他にもF-35と編隊飛行を行っても問題のないレベルのステルス性能や機体下部のウェポンベイに最大250kgまでの誘導爆弾を搭載可能、航続距離は3,000km以上、最大1050km/hの速度で飛ぶことが出来るらしい。

補足:世界中へ即展開、コンテナ1つでステルス無人戦闘機「XQ-58」の打ち上げ&回収可能

さらに凄いのはクラトス社はXQ-58AがSkyborgプログラムに採用されることを見越してオクラホマ州オクラホマシティにある自社工場でXQ-58Aの量産を開始していることだろう。

クラトス社の決算報告書(新型コロナ以前の計画)によれば2021年第1四半期までにXQ-58Aを12機生産して米空軍に引き渡し、その後は毎月2機程度のXQ-58A生産体制を維持していくことになると予測しているほど絶対的な自信を持っている。

ではクラトス社以外の参加企業はどのような面子なのか?

米空軍のSkyborgプログラムに参加を正式に表明している企業はボーイングとロッキード・マーティンだ。

出典:ボーイング

ボーイングはオーストラリア空軍向けに開発した無人航空機(UAV)「ロイヤル・ウィングマン(忠実なる僚機という意味)」をベースにした派生機を提案する予定で、ロッキード・マーティンは現在、あのスカンクワークスを投入してSkyborgプログラム向けの無人航空機を開発中と語っている。

ノースロップ・グラマンはSkyborgプログラムに参加するのか態度を明らかにしていない。

ただ上記以外にも伏兵が存在するため、最終的なSkyborgプログラムの参加企業はもっと多くなる可能性がある。

出典:Sierra Technical Services Fifth Generation Aerial Target

例えばスカンクワークス出身の技術者が立ち上げたSierra Technical Servicesが国防総省の資金を得て開発中の「Fifth Generation Aerial Target:5GAT(第5世代空中ターゲット)」は1機1,000万ドル(約10億円)以下で量産可能で、開発中のステルス無人戦闘機「XQ-58ヴァルキリー」よりも機動性が優れており多少設計を見直せば超音速飛行も可能で、米軍が定義したF-35の随伴無人機としての要件を満たせる可能性が高いと同社は主張している。

補足:過熱する開発競争、米空軍のステルス無人機「XQ-58ヴァルキリー」にライバル登場

さらに無人航空機「MQ-9 リッパー」を開発したゼネラル・アトミックスのSkyborgプログラムに参加してくるのではないかと噂されており、上記企業が全て参加すれば同プログラムは近年まれに見る大競争に発展するかもしれない。

管理人的にはロッキード・マーティンがスカンクワークスを投入して開発している無人機がとても気になっている。同社はF-22AやF-35といったステルス機を開発して製造してきた実績をもつだけにステルス技術においては他社を圧倒してくるのは間違いないだろう。

問題は1機あたり300万ドルと言われるXQ-58Aに価格面で対抗出来るかどうかだ。

果たして、誰が勝利を収めるのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain XQ-58ヴァルキリー

完成から数ヶ月で故障?韓国海軍、次期高速艇4隻全てエンジントラブルで運用停止前のページ

新型コロナが米空母の窮地を救う? ジェラルド・R・フォード級空母調達中止は白紙に次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ボーイングの未来が掛かったF/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプ初公開

    ボーイングは5月8日、F/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプが…

  2. 米国関連

    米国、トルコからロシア製防空システム「S-400」を購入か

    米国はトルコとの問題を解消するため、トルコがロシアから購入した防空シス…

  3. 米国関連

    ボーイング、F/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプが初飛行に成功

    ボーイングは6月4日、完成したF/A-18E/F BlockⅢのプロト…

  4. 米国関連

    勝つのは人間かAIか? 米軍、有人戦闘機と無人戦闘機とのドックファイトを実施予定

    米空軍は来年、AIを搭載した無人戦闘機とパイロットが操縦する有人戦闘機…

  5. 米国関連

    削減規模は約1万人、トランプ大統領が駐独米軍の大幅削減を命じる

    ウォール・ストリート・ジャーナル紙を含む多くの海外メディアが5日、トラ…

  6. 米国関連

    米国の危機感、なぜ米国の同盟国は中国から無人航空機を購入するのか?

    米国のミッチェル航空宇宙研究所は無人航空機は航空機であり巡航ミサイルや…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    無人機が過大評価されすぎている気がするのですが、気のせいでしょうか?

      • 匿名
      • 2020年 5月 14日

      気のせいです
      なぜなら過大評価ではないから

        • 匿名
        • 2020年 5月 14日

        トートロジー乙。

        まあ自分も別に過大評価とは思わないけどね。
        有人機に置き換わる物とは思わないけど確実にゲームチェンジャーにはなる(もうなってる?)存在だと思う。

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    母機のレーダーで捕捉した複数の標的に対しデータリンクされた無人機からアクティブホーミングの空対空ミサイルをぶっぱなす。

    SFファンにはロマン溢れる世界だ。

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    全く関係ないけどカブトボーグみたいな名前だな

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    日本も将来、この中のどれかを買うんだろうか

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    ネットで回収するでしたっけ?果たしてうまくいくのかな?
    船搭載のランチャーで発艦しネットで回収。艦載ヘリコプターで誘導すれば、プアマンズ空母ができるか?
    能力は限定的でしょうけど。

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    今のところ、空対空ミサイルを装備できる無人機はまだ開発にも乗っていないようだが?
    ヴァルキリーのみ、JDAM含む航空爆弾を搭載可能のようだが、無人機による空対空戦はまだ遠い未来の話のようだ
    米軍のお偉いさんの踏ん切りがつくまでの

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    ただの自力で飛ぶ拡張ウェポンベイとして使えるだけでも革命的よね

    • 匿名
    • 2020年 5月 14日

    対領空侵犯措置や、災害時の情報収集活動等の
    普段遣いには全く寄与しない、お荷物ではあるんだよな。

      • 匿名
      • 2020年 5月 15日

      なるほど。兵器の使途が災害対策とは。平和な国ですな

        • 匿名
        • 2020年 5月 16日

        兵器を災害対策に一切使わない国ってどこ?

        • 匿名
        • 2020年 5月 18日

        東北の震災のとき、いの一番に情報収集に動いたのはRF-4Eなんですが

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP