米国関連

米国、国防予算20億ドルのヨルダンにF-16V×16機を42.1億ドルで売却

米国務省は3日、ヨルダンにF-16C/Dブロック70(通称:F-16V)×16機を推定42.1億ドルで売却する可能性を承認して議会に通知したと発表した。

参考:JORDAN – F-16 C/D BLOCK 70 AIRCRAFT

ヨルダンの国防予算を超える取引でも米国のFMFがある限り成立する可能性がある

今回発表された対外有償軍事援助(FMS)の内容はブロック70仕様のF-16C×12機とF-16D×4機、同機が使用する各種兵器、相当量のスペアパーツ(実質5機分)、トレーニングサポート、メンテナンス支援などが含まれており、国務省が承認した内容を全てヨルダン政府が受け入れた場合、契約総額は42.1億ドル/約4,840億円(1機あたりの導入コストは約2.6億ドル)になる可能性があるものの通常ココから交渉が始まるので確定した金額ではない。

出典:U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Dominic Tyler

ただヨルダンの国防予算額(約20億ドル/2020年実績)で国務省が示した売却案を受け入れるのは事実上不可能なため、恐らく国務省の対外軍事融資基金(FMF)を通じて購入資金が提供されるのだろう。

国務省が管理する対外軍事融資基金は(資金不足の)友好国の安全保障に寄与する装備品やサービスを提供するために活用され、米軍との相互運用強化や米防衛産業の維持に貢献するため米国の安全保障政策と産業界の両方に利益をもたらすと定義されており、対外有償軍事援助(FMS)を通じて取引される契約に必要な資金の全額もしくは一部に充当されるのだが、この資金は基本的に当該国が返済をする必要(例外あり)がなく毎年ヨルダンは国務省の対外軍事融資基金から一定額(4.25億ドル/2020年実績)の支援を受けている。

つまりヨルダンの国防予算を超える取引でも米国のFMFがある限り成立する可能性があるという意味なので非常に興味深い。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Christopher Ruano

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米ミサイル防衛局、現時点で極超音速兵器迎撃の可能性があるのはSM-6だけ前のページ

ウクライナのレズニコフ国防相、我々への武器支援を妨害するなと名指しでドイツ批判次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い

    米国下院議会の委員会は「現時点で、作戦任務を完全に遂行可能なB-1Bの…

  2. 米国関連

    米シンクタンク、欧州は米国を助けるため中国とは戦わないだろうと主張

    米国のシンクタンク「ケイトー研究所」でシニアフェローを務めるダグ・バン…

  3. 米国関連

    バイデン政権、ウクライナ支援を継続するため新たな資金獲得に動きだす

    米国のブッシュ陸軍次官補は7日「大統領は議会が秋に検討するためのパッケ…

  4. 米国関連

    米国で高まる嘘つき大統領への批判、リーダーシップの欠けたバイデン政権は敵へのギフトに過ぎない

    バイデン大統領は国民に対する演説の中で「アフガニスタンでの失敗にも関わ…

コメント

    • くじら
    • 2022年 2月 04日

    本邦も東南アジア向けのODAと同じ感覚で同様のスキームを採用して、対中を見据えたASEANでのプレゼンス強化と国内の防衛産業生態系維持、ついでにオフセット(?)で現地事業の日系企業受注増につなげられたら理想だと思う

    ……とはいえ現実的な話、防衛省にこの手の話をODAで発言力持ってる外務省と経産省に通すだけの政治力はないのは目に見えてるわけで、実現できるとしたら政治サイドからなんかしら旗振りあったケースかね? つっても政治家先生の中に本気で国内の防衛生態系維持を考えてる方が思いつかぬ

    16
    • 2022年 2月 04日

    出た米帝のボッタクリ商法FMS

      • 無無
      • 2022年 2月 05日

      これがビジネスですよ、アメリカは戦闘機を売って代わりにレバノンそのものをコントロールできる
      中国の一帯一路の軍事版さ

      8
    • 黒丸
    • 2022年 2月 04日

    対外有償軍事援助だと、治安が悪化しても資金が不足しても最後までF-16の運用を維持してくれるのかな?

    F-16IQに見切りをつけたイラク空軍、パキスタンからJF-17BlockIIIを購入
    リンクイラク空軍が保有するF-16IQの平均稼働率は20%を切っており安全リスクの懸念なく飛ばせる機体は7機しかなく
    この状態を引き起こしている原因は資金不足とメンテナンス支援を請け負っているロッキード・マーティンが治安悪化を理由にイラクから引き上げてしまったことにある。

      • 匿名希望
      • 2022年 2月 05日

      イラクのF-16自体が対外有償軍事援助よ。
      状況がわるくなればメーカーが避難するのはかわらんかと。

      7
    • もり
    • 2022年 2月 05日

    自衛隊もアメリカに借金漬けだからな、恐ろしい事だよ

    7
      • DEEPBLUE
      • 2022年 2月 05日

      借金漬けでも陸が近代化できるなら・・・

      1
        • 匿名
        • 2022年 2月 05日

        そう言えば陸海空の内、米軍兵器の影響が一番低そうなのが、陸自なのかな?
        海自も艦艇とかは国産だけど、イメージ的に米海軍の影響が強そうな感じ。

    • 名無し
    • 2022年 2月 05日

    アイキャッチ画像の胴体下とインテーク右下のセンサー照準ポッドは何なんだろう?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP