ウクライナ戦況

ウクライナ侵攻380日の戦況、露ワグナーがバフムート北西の拠点解放を発表

ウクライナ侵攻から380日目を経過、露ワグナーはバフムート北西に位置するドゥボヴォ・ヴァシリフカを解放したと発表、バフムート市内では北地区から中心部に侵入を試みるワグナーとウクライナ軍が激しく交戦しているらしい。

参考:Враг не оставляет попыток окружить Бахмут – сводка

バフムート市内の戦いに関する情報は少なく戦況は不明だが、市内で激しい戦闘が起きていると言われている

露ワグナーはバフムート北西に位置するドゥボヴォ・ヴァシリフカを解放(リンク)したと発表、市内の戦いは「北地区から中心部に侵入を試みるワグナーとウクライナ軍が激しく交戦している」と報告されており、ロシア軍に破壊されたクロモヴェ南の橋は機能を回復して再び通行が可能(リンク)になった。

出典:GoogleMap バフムート周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

但し、チャシブ・ヤールから00506ルートで直接バフムートには移動するのは難しく、迂回してクロモヴェに向かう必要がある。

ウクライナ参謀本部は「ザリズニャンスキー、オリホヴォ・ヴァシリフカ、ドゥボヴォ・ヴァシリフカ、イワニフスキー、バフムートでロシア軍の攻撃を撃退した。敵はバフムートを包囲する試みを諦めない」と発表しており、ドゥボヴォ・ヴァシリフカを失ったとは認めていない。

出典:GoogleMap ドネツク周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

因みに大損害を被った第155海軍歩兵旅団と交換される可能性が高い第136独立親衛自動車化狙撃旅団が「もっと弾薬が欲しい」と訴えており、戦争研究所(ISW)は「ロシア軍が再びヴーレダーを攻撃する準備を進めている」と指摘しているが、ロシア軍はバフムートへの砲弾供給を優先しているので「仮に攻撃を再開しても成功する可能性は低い」とも述べている。

関連記事:ヴーレダーを巡る戦い、ロシア軍は精鋭の海軍歩兵旅団をまるごと失う
関連記事:NATO事務総長、数日以内にバフムートが陥落する可能性を排除できない
関連記事:ウクライナ軍司令官がNATOに反論、バフムートの重要性は増している
関連記事:ウクライナ侵攻374日の戦況、クピャンスク、バフムート、アウディーイウカで動き

 

※アイキャッチ画像の出典:Оркестр Вагнера | Wagner

ウクライナ軍司令官がNATOに反論、バフムートの重要性は増している前のページ

ウクライナ軍がバフムートに踏みとどまる理由、2ヶ月以内に反攻開始か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    南ドネツクの戦い、ウクライナ軍がマカリフカで国旗を掲げる映像を公開

    ウクライナ側もロシア側も「南ドネツクのマカリフカを支配している」と主張…

  2. ウクライナ戦況

    バフムート市内の戦い、焼夷弾攻撃でウクライナ軍が保持する最後の区画が炎上

    ロシア軍はバフムート市内のウクライナ軍が保持する最後の区画に対して焼夷…

  3. ウクライナ戦況

    反攻作戦の説明責任、ウメロフ国防相がウクライナ軍の司令官交代を示唆

    TIME誌は大統領側近の話として「冬が来る前に反攻作戦の説明責任を果た…

  4. ウクライナ戦況

    バフムート方面の戦い、ロシア軍がイワニフスキー中心部に到達した可能性

    ウクライナ軍は「チャシブ・ヤールで要塞建設が行われている」「この要塞は…

  5. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍が市内に取り付いたことを視覚的に確認

    ウクライナ軍(第110機械化旅団)公開の映像は「ロシア軍がアウディーイ…

  6. ウクライナ戦況

    ロシア軍に大規模なミサイル攻撃、ウクライナ軍は158発中114発を撃墜

    ロシア軍はウクライナに対する大規模なミサイル攻撃を29日朝に実施、ザル…

コメント

    • 匿名
    • 2023年 3月 10日

    ロシア軍がバフムトの川の渡河作戦に成功して、川沿いのバフムトの第5小学校辺りでウクライナ軍と激突しているのは気がかりだ。川が一番防衛ラインとしてはよいですからね。この防衛ライン突破されるとこれ以上の防衛ラインは引けない。

    3
      • isy2
      • 2023年 3月 10日

      ロシア軍は破損した歩道橋を渡ってきたみたいなので、渡れても少数の歩兵部隊かと思います。

      6
    • hjia_hello
    • 2023年 3月 10日

    解放おめでとうございます。直接戦闘でも時間の問題でしょうが、兵糧攻めでも良いのではないでしょうか。

    7
    • TKT
    • 2023年 3月 10日

    おそらく今、ボダ二フカやオリホヴォ・ヴァシリフカ、ドゥボヴォ・ヴァシリフカのあたりで行われている戦闘が、ウクライナ軍の戦略予備の部隊、旅団を投入した救出作戦、解囲作戦なのかもしれません。

    もちろんロシア軍や、ワグネル社の部隊は、それを全力で阻止しようとして、この方面に兵力を集中させているわけです。精鋭と呼ばれるのは、偵察隊、ラズヴェートカを集めた部隊とも言われます。

    またバフムト中心市街の東側、バトムツカ川の東岸にもやはり精鋭と呼ばれる空挺軍の部隊、それを支援すると思われる機械化旅団を移動させているとも言われます。おそらく第5小学校だとかのあたりから、中心市街、そして地下坑道陣地に対する最後の突入制圧作戦、太平洋戦争のアメリカ海兵隊でいう
    「ブロートーチと栓抜き戦法」
    日本軍がいう
    「馬乗り作戦」
    を準備しているのかもしれません。

    クロモヴェの橋は応急的に修理されたとはいっても、すぐ北にすでにロシア軍が迫っていて、橋を通ろうとすればロシア軍から猛烈な銃撃や砲撃を受けるのは必至です。

    6
    • もり
    • 2023年 3月 10日

    ワグナーとか言うなろう系組織

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP