インド太平洋関連

  1. 台湾が12機導入したP-3C、整備問題で3年後に1機しか飛べなくなる

    聯合報は1日、米国が台湾に対する技術移転を拒否し続けているため「空軍の運用する12機のP-3Cは3年後に1機しか飛べなくなる」と指摘している。…

  2. 韓国海軍の新型イージス艦、Mk.41より全長が2mも長い国産VLSを採用

    韓国海軍は28日、米国製の垂直発射装置Mk.41より全長が2mも長い「KVLS-II」を備えた新型駆逐艦「正祖大王」の進水式を執り行い注目を集めている。…

  3. タイ議会がF-35A調達資金を来年度予算から除外、空軍は予算復活を訴える

    タイ議会の下院は2023年度予算からF-35Aの調達資金を除外したが、この決定にタイ空軍は「F-35Aの売却を米国に認めさせるためには2023年に2,000万ド…

  4. 韓国、豪海軍のギャップを埋めるため弾道ミサイル搭載の潜水艦を提案

    韓国はオーストラリア海軍のギャップを埋めるため「署名から7年でAIP機関+リチウムイオン電池を採用した弾道ミサイル搭載の潜水艦を建造できる」と提案した。…

  5. インドネシア、国産UCAV向けの精密誘導兵器をトルコと共同開発

    インドネシアは開発を進めている国産UCAV「Black Eagle」向けに「モジュール式の精密誘導兵器をトルコと共同で開発した」と報じられている。…

  6. ポーランドがK2の追加供給を要請、輸出規模は580輌から880輌へ増加か

    ポーランドは韓国と交渉を進めているK2導入について「300輌の追加導入」を要請、最終的な輸出規模は580輌から880輌に増加して130億ドル規模の契約になると報…

  7. 2件目となるインドの国産兵器輸出、インドネシアへのブラモス輸出が成立か

    インドのFinancial Express紙は「インドネシアへのブラモス輸出が間もなく成立する」と報じており、これが事実ならインドは2件目となる国産兵器の海外輸…

  8. 韓国、KF-21のプロトタイプ1号機が初飛行に成功

    韓国の国産戦闘機開発が浮上してから21年4ヶ月後、KF-21のプロトタイプ1号機が初飛行に成功した。…

  9. ポーランド、韓国からK2やFA-50に加えRedbackも670輌調達か

    ポーランドが韓国からRedbackを670輌調達すると報じられており、今月末に両国が締結する契約総額はK2やFA-50を含めると140億ドルに達する見込みだ。…

  10. 韓国、ポーランドとK2×580輌+FA-50×48機導入契約を今月末に締結か

    ポーランドは70億ドル以上の装備品を調達する契約を今月末に韓国と締結する見込みで、ポーランドは最低でもK2を580輌以上、FA-50を48機調達するらしい。…

  11. KF-21が全ての地上試験をクリア、1号機の初飛行は今月19日に実施

    韓国が開発を進めているKF-21の1号機が予定されていた地上試験を全てクリア、今月19日に初飛行を行うと報じられている。…

  12. 豪州が詳細な原潜調達計画を2023年に発表、暫定的な潜水艦導入の是非も

    オーストラリアのマールズ国防相は15日、米国と英国のどちらから原子力潜水艦の調達するのか「2023年に発表する予定だ」と明かした。…

  13. 量産化に向けて順調なテジャスMK.1A、プロトタイプが初飛行に成功

    ヒンドスタン航空機(HAL)最高経営責任者のマドハヴァン氏は今年1月「6月からテジャスMK.1Aの飛行テストに取り組む」と言及していたが、複数の現地メディアは「…

  14. アジア諸国への武器輸出、着々と足場を固めるイスラエルとトルコ

    米国、ロシア、欧州が占めていたアジア諸国への武器輸出に食い込もうとするイスラエルとトルコ、技術移転をテコにイスラエルはフィリピンで、トルコはマレーシアで存在感を…

  15. 韓国航空宇宙産業、初飛行を今月末に控えたKF-21の地上滑走を公開

    韓国航空宇宙産業(KAI)は8日、今月末に初飛行を予定しているKF-21が地上滑走を繰り返す様子を公開して注目を集めている。…

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP