ウクライナ戦況

  1. ウクライナ軍、イワニフスキーとスタロマイオルケのロシア軍占領を否定

    DEEP STATEは「ロシア軍がバフムート方面でイワニフスキーを占領した」と、ロシア国防省とRYBARは「ロシア軍が南ドネツク方面でスタロマイオルケを解放した…

  2. ウクライナ軍によるSu-57の破壊、UMPKの有効性が低下している可能性

    ウクライナ国防省情報総局は「無人機の攻撃で2機のSu-57が損傷した可能性がある」と発表、ロシア人ミルブロガーのFighterbomberも「今回の攻撃で2機の…

  3. ロシア軍がイワニフスキーを占領、露国防省はスタロマイオルケ占領を主張

    DEEP STATEは10日夜「ロシア軍がアウディーイウカ方面の複数方向で前進した」「ロシア軍がバフムート方面でイワニフスキーを占領した」と報告、ロシア国防省は…

  4. 最小限の戦闘でオチェレティネを失った理由、街を守る兵士がいなかった

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは10日「今年4月のオチェレティネ防衛に関する全ての情報を入手することが出来た」「第23旅団・第71旅団と交代した第1…

  5. 侵攻837日目、ウクライナ軍の状況が最も困難なのはハルキウではなくドネツク

    ゼレンスキー大統領も参謀本部も「最も状況が困難なのはハルキウではなくドネツクのポクロウシク方向だ」と言及、ウクライナ人が運営するDEEP STATEも9日「ロシ…

  6. 侵攻836日目、ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区中心で軍旗を掲げる

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは8日夜「ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区(カナル地区)の修理工場一帯と南のアパート群を占領した」と、RYBARも「ロ…

  7. 侵攻835日目、ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区の中心部に到達した可能性

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは7日夜「ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区(カナル地区)の東と南で支配地域を広げた」と報告、さらにロシア軍が東地区中心…

  8. 深刻なウクライナの電力不足、計画停電を解消するには2年かかる

    ウクライナメディアのRBC Ukraineは電力状況について「国家間の送電網は使用率が100%なので電力輸入を増やすのは不可能だ」と、Ukrainska Pra…

  9. 侵攻834日目、ロシア軍がクピャンスク方面でイヴェニフカを占領

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEは6日夜「ロシア軍がクピャンスク方面のイヴェニフカを占領した」と報告したが、ウクライナ軍参謀本部は「両軍が最も激しく衝…

  10. ロシア軍のインフラ攻撃、ウクライナから30GW相当の発電能力を奪う

    ウクライナを襲った6月1日のミサイル攻撃はエネルギーインフラに大きな被害をもたらし、ウクライナ政府高官も「被害は壊滅的だ」「1日の大半を電気なしで過ごすことにな…

  11. 侵攻833日目、アウディーイウカ方面におけるロシア軍の前進が顕著

    ウクライナ軍参謀本部は連日「戦闘が最も激しいのはハルキウではなくドネツクのポクロウシク方向だ」と言及、DEEP STATEも6日「ロシア軍がアウディーイウカ方面…

  12. 侵攻832日目、ロシア軍がドネツク西郊外方面とアウディーイウカ方面で前進

    ロシア人ミルブロガーが運営するRYBARはドネツク西郊外方面について「ロシア軍がコスティアンティニフカに向けて前進した」と、ウクライナ人が運営するDEEP ST…

  13. アウディーイウカ方面の戦い、西に前進するロシア軍が6集落に肉薄

    アウディーイウカ方面のロシア軍はノヴォオレクサンドリヴカ、ソキル、ノヴォポクロフケ、ノボセレフカ・ペルシャ、ヤスノヴロディフカ、カルリブカに肉薄しており、DEE…

  14. ロシア軍の攻勢は6月も続く、チャシブ・ヤール東地区でグレーゾーンが拡大

    6月に入ってもロシア軍の攻勢は続いており、DEEP STATEやRYBARは「チャシブ・ヤール東地区のグレーゾーンが線路沿いに広がった」と報告、比較的静かだった…

  15. ロシア軍がチャシブ・ヤールで前進、カリーニン方向から運河に到達した可能性

    ウクライナ人が運営するDEEP STATEはバフムート方面について1日「ロシア軍がチャシブ・ヤール東地区のダーチャで支配地域を広げた」と報告、ロシア軍がカリーニ…

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP