欧州関連

フランス、オランダ海軍に続きインドネシア海軍からも潜水艦を受注

JANESは先月1日「インドネシアとNaval Groupが潜水艦の契約交渉を始めた」と報じていたが、Naval Groupは2日「インドネシアからScorpene Evolved-Full LiB(リチウムイオン蓄電池タイプ)を2隻受注した」「この潜水艦はインドネシアで建造される」と発表した。

参考:Naval Group and PT PAL have signed a contract with Indonesia for 2 locally built Scorpène® Evolved Full LiB submarines

このScorpene Evolvedはフィリピン海軍にも提案される可能性が高い

フランスとインドネシアは2022年2月「スコルペヌ型潜水艦の調達に関する合意文書(MOU)」に署名済みで、JANESは先月1日「Naval Groupの関係者がジャカルタに到着し、リチウムイオン電池搭載のスコルペヌ型潜水艦に関する契約交渉が始まった」と報じていたが、Naval Groupは2日「インドネシアと現地建造するScorpene Evolved-Full LiBの契約を締結した」「この契約に基づいて潜水艦2隻がPT PALで建造される」と発表した。

出典:Naval Group

Scorpene Evolvedとはスコルペヌ型潜水艦の鉛蓄電池をリチウムイオン蓄電池に変更したモデルで、推進システムは「AIP機関+リチウムイオン蓄電池の組み合わせ」と「リチウムイオン蓄電池」の2タイプから選択でき、Naval Groupは「前者はAIPグレードの水素や液体酸素のインフラが必要になる。AIP機関を扱った経験もインフラもないインドネシア海軍にとって後者の方が導入や運用上の負担が少ない」と説明していたが、インドネシアもScorpene Evolved-Full LiB(リチウムイオン蓄電池タイプ)を選択。

Naval Groupは今回の契約に基づいて広範囲に渡る技術やノウハウをPT PALに移転、インドネシアはScorpene Evolved-Full LiBの建造、運用、保守を主体的に行えるようになり「高度な技術職の雇用を何千人分も創出する」「インドネシアの防衛産業界にとって利益となるような主権構築に協力する」と説明している。

出典:Palácio do Planalto/CC BY 2.0 DEED ブラジル海軍のスコルペヌ型潜水艦

因みにNaval Groupが公開したScorpene Evolvedのスペックは排水量1,600トン~2,000トン、全長72m、水中速度20ノット、潜航深度300m、乗組員31名、弾庫容量18発、魚雷発射管6門、連続行動時間80日間、航続距離8,000海里以上、年間稼働率240日で、Evolvedの戦闘管理システムにはイタリア製のBlack Shark、フランス製のF21、 エグゾセの水中発射バージョン、フランスが実用化済みのD-19(魚雷発射管から発射可能でISR、電子戦、対潜戦、機雷戦、スマート機雷、訓練といった用途に使用できる多機能UUV)が予め統合されているのが特徴だ。

このScorpene Evolvedはフィリピン海軍にも提案される可能性が高い。

関連記事:イタリアがインドネシアからPPA級哨戒艦を受注、契約額は11.8億ユーロ
関連記事:リチウムイオン電池搭載の潜水艦、フランスとインドネシアが契約交渉を開始
関連記事:インドネシアがボーイングからF-15EXを24機調達、売却に関する覚書に署名
関連記事:インドネシア、7.33億ユーロで12機のミラージュ2000-5調達を発表
関連記事:42機のラファールを調達するインドネシア、米国も36機のF-15EX売却を承認
関連記事:インドネシア国防相、F-15EX導入は政府の最終決定を待っているところ
関連記事:インドネシアとボーイングがF-15EX導入を交渉中、アローヘッド140建造もまもなく
関連記事:白熱してきたフィリピンの潜水艦導入、韓国がKSS-IIIベースの潜水艦を提案

 

※アイキャッチ画像の出典:Naval Group Scorpene Evolved

日米によるT-4後継機の共同開発、実戦的な訓練が積める機体開発を想定前のページ

韓国のHanwha、米軍プログラムの元請け参加が可能なAustal買収に動く次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    メッキが剥がれてきたF-35Aの運用コスト、スイスに提示した155億フランは空手形か

    スイスのヴィオラ・アムヘルト国防相はF-35Aを選択した理由に調達コス…

  2. 欧州関連

    首都に迫るアゼル軍、ナゴルノ・カラバフ側がシュシャ陥落を認める

    アルツァフ共和国(旧ナゴルノ・カラバフ自治州が独立国だとして名乗ってい…

  3. 欧州関連

    和平交渉を開始したアゼルバイジャンとアルメニア、再びナゴカラで戦闘

    アゼルバイジャンとアルメニアは7月に和平交渉を開始したが再び停戦協定が…

  4. 欧州関連

    ベラルーシやロシアの脅威に直面するポーランド、ドゥダ大統領がNATO加盟国に援軍派遣を要請

    親ロシアをかかげるベラルーシとの国境沿いで危機的な状況に直面するポーラ…

  5. 欧州関連

    頭を悩ませる英国、軍事用途の装甲素材研究に人民解放軍に関係する中国人科学者が参加か

    ケンブリッジ大学が進めている軍事用途の装甲素材の研究に人民解放軍国防科…

  6. 欧州関連

    独ラインメタル、155mm砲弾を年間45万発~50万発まで生産が可能

    独ラインメタルは榴弾砲向け155mm砲弾の生産量を年間45万発~50万…

コメント

    • 匿名希望係
    • 2024年 4月 02日

    オーストラリアへの意趣返し含んでそう

    9
    • 58式素人
    • 2024年 4月 02日

    トルコ建造のドイツ潜水艦かと思っていました。
    フランス製のリチウム電池が安全であると良いですね。
    フランスでの運用実績はまだだと思うのだけど。
    フランスには実験艦みたいなものはあったかな?。
    鉛電池なら安全という訳では無いですが、ある意味、リスクでは?。

    9
    • うみ
    • 2024年 4月 03日

    あららら
    オーストラリアの一応の仮想敵がインドネシアなのは、フランスは分かっているのか
    分かってやってるんだろうなぁ、、、こわやこわや

    15
      • k.ziro
      • 2024年 4月 03日

      複雑怪奇が過ぎますねえ

      1
      • nachteule
      • 2024年 4月 03日

       そんなに訝しがる事かね?インドネシアの潜水艦なんてドイツ製で改良に韓国が関わったが、オーストラリアはドイツのボクサーと韓国のレッドバック採用したが?

       インドネシア空軍もオーストラリア空軍も米国製の機体使用していますが、それも仮想敵国同士だから制限すべきだと?少なくともこの兵器導入に関しては国の主権範囲内であり、仮想敵国だから意趣返しだと言うのはどうかと思う。別に地域のバランスが変な方向に行かないなら全然普通の話でしょう。

      2
    • kitty
    • 2024年 4月 03日

    ロシアの制裁関係もありますが、世界第二位の武器輸出国になるにはこれくらい節操がないと

    13
    • 牛丼チーズ
    • 2024年 4月 04日

    フランスの防衛産業は最近景気がいいなぁ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP