中東アフリカ関連

エジプト、ブラジルから対地用の巡航ミサイル「AV-TM300」を調達か

エジプトはブラジルから巡航ミサイル「AV-TM300」の調達に近づいていると報じられており、これを運用するプラットフォームとして多連装ロケットシステム「AstrosII」の調達も含まれているらしい。

参考:Egypt, Brazil, and AV-TM 300 missiles

日本がバーレーン、クウェート、エジプトに売り込んでいる装備品について今のところ新たな動きはない

ブラジルの防衛産業企業「Avibras」が開発した対地攻撃用のAV-TM300はトマホークと同じように折りたたみ式の主翼を備えた巡航ミサイルで、公式発表の射程は300kmだがエンジン出力を調整することで最大到達範囲は500km~1,000km(公式情報ではない)に延長することが可能らしい。

出典:Ministério da Defesa/CC BY 2.0 AV-TM300

このAV-TM300はAvibras製の多連装ロケットシステム「AstrosII」を使用して運用されるため、米国製のHIMARS/MLRSと地対地ミサイル「ATACMS(最大射程300km)」の関係に似ている。

補足:ブラジル製のAstrosIIはマレーシア、インドネシア、イラク、サウジアラビア、リビア、バーレーン、カタール、アンゴラにも輸出されており、海外市場で人気の高い多連装ロケットシステムの一つだ。

MENA地域の防衛市場に関する分析を行うTactical Reportは「エジプトはブラジル企業(恐らくAvibras)と締結した防衛分野の協定に基づきAV-TM300とAstrosIIの調達に近づいている」と報じており、ウクライナで砲兵戦力に対する認識が再評価されているため非常に目立つ取引の一つと言えるだろう。

出典:TURKISH AEROSPACE トルコが開発中のTFX

因みにMENA地域の主な動きとしてはサウジアラビアが韓国の掃海艇に関心を示し、アラブ首長国連邦はトルコと第5世代戦闘機TF-Xについて協議、アルジェリアはトルコから対艦ミサイル「ATMACA」を調達するため交渉中、カタールは詳細を伏せたままドイツと軍事協定を締結(どうやら防空システム調達に関連したもらしい)、オマーンも詳細を伏せたまま英国と何らかの軍事協定を締結。

日本がバーレーンに売り込んでいる電子戦システム、クウェートとエジプトに売り込んでいるレーダーに関しては今のところ新しい動きはない。

関連記事:エジプトとクウェートの防空レーダー需要、日本企業が売り込み中か
関連記事:三菱電機がバーレーン軍にEWシステムを、他の日企業がレーダーを提案か
関連記事:バーレーン、インドと主力戦車「Arjun MK.II」の調達について交渉中

 

※アイキャッチ画像の出典:MinistériodaDefesa/CC BY 2.0

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ軍、外国人部隊と共にセベロドネツク市内のロシア軍に反撃前のページ

実用化に成功?トルコ製UCAVに搭載可能な未発表の徘徊型弾薬が登場次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    エジプト軍需生産省の高官、EDEX2021で自走砲K9の現地製造契約を韓国と締結する

    中東系メディアのアル・ワタン/الوطن紙は21日、エジプトが韓国製自…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエル、防衛産業界に長距離を高速で飛行できるUCAVの開発を要請

    米reakingDefenseは「イスラエルが公に存在を認める無人機は…

  3. 中東アフリカ関連

    南アフリカ空軍のグリペンが資金不足の影響で飛行停止、パイロットも操縦資格を喪失

    資金不足の影響で南アフリカ空軍のグリペンは今年9月以降の飛行を停止して…

  4. 中東アフリカ関連

    運用制限にうんざり? アラブ首長国連邦がF-35A取得に向けた協議中断を米国側に通告

    ファーウェイとの関係を問題視されトランプ政権時代に契約を締結したF-3…

  5. 中東アフリカ関連

    イスラエルの閣僚、ウクライナが我々からの軍事援助を受け取る時が来た

    イスラエルのディアスポラ問題担当大臣のナックマン・シャイ氏は16日、イ…

  6. 中東アフリカ関連

    南アフリカ空軍のグリペン、飛行停止から1年ぶりに空へ戻ってくる

    南アフリカ空軍のグリペンは資金不足の影響で昨年9月に飛行を停止したが、…

コメント

    • KAMA
    • 2022年 6月 04日

    ブラジルはアメリ化の顔色を窺わなくても兵器輸出のできる国ですし、優れた兵器開発の基盤のある国でしたね。
    購入しようとしてるエジプトもリビア権益でトルコと冷戦中ですが、トルコまで約1400kmありますのでリビア内戦用でしょうか?

    4
    • もり
    • 2022年 6月 05日

    一方、自衛隊の特火戦力は削減削減また削減なのであった
    無人機の活躍で砲兵戦力はまた返り咲ける様になったのにな

    山がちで曲射火力が活き待ち伏せ側と違い侵攻側は重装備の運搬が困難、さらに大軍の進路が限定される日本の国土は砲兵向きなのにね

    5
      • 匿名
      • 2022年 6月 05日

      必要な事に対して、人と予算が足りず、空と海への対処のツケを陸が支払っている感じかな?
      予算は今後多少改善するとしても、人の方は依然厳しいかも。
      少子化対策とか効けば良いのだけど。

      1
      • いち!にっ!さん!
      • 2022年 6月 06日

      減った分ロジスティクスを強化出来れば身軽になり、より良くなるとは思う。
      実際現場は、物は有っても人と部品、弾がない。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP