米国関連

米海軍も無人戦闘機を研究中、海軍版CCAは最大でも1機1,500万ドル

米空軍は有人戦闘機に随伴可能な無人戦闘機=CCAの本格開発に着手したが、米海軍も「海軍版CCAの研究を進めており、最大でも1機あたり1,500万ドルでなければならない」と述べ、Breaking Defenseは「耐用年数を犠牲にして調達コストを抑えるつもりだ」と報じている。

参考:Navy says future drone wingmen need to come in under $15 million price point

空軍版CCAと海軍版CCAは根本的に運用コンセプトが異なるのかもしれない

米空軍は有人戦闘機に随伴可能な無人戦闘機のことを「協調戦闘機(Collaborative Combat Aircraft=CCA)と呼んでおり、ジョーンズ空軍次官補は今年1月「CCAの競争試作に参加する5社(ボーイング、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、アンドゥリル、ゼネラル・アトミックス)と設計・製造契約を締結した」と発表、米空軍は今後5年間でCCAに58億ドルを投資予定で、CCAの調達コストはF-35の25%~50%=2,000万ドル~4,000万ドルだと言われている。

出典:Northrop Grumman Model437

米海軍も空母に無人戦闘機を持ち込む方法を検討中で、このプログラムを担当しているスティーブン・テッドフォード少将も「海軍版のCCAはプログラムを開始するための初期段階にあり、F/A-18E/FやF-35Cの能力を拡張するのに必要な無人機のペイロード、センサー、ミッションシステムを研究中で、実戦配備は2020年代後半を目標にしている」「我々が求めているのは数百時間の飛行が可能な機体で、最後の1時間は標的か武器(自爆型攻撃という意味)として消耗される」「この機体を30年間も維持するつもりはない」と言及。

さらに「1つだけ確かなことは取得コストが安価でなければならないという点だ」「最大でも1機あたり1,500万ドルでなければならない」と述べ、Breaking Defenseは「海軍は耐用年数を犠牲にしてCCAの調達コストを抑えるつもりだ」と報じている。

出典:EGLIN AIR FORCE BASE

因みに空軍はCCAのコンセプトを「消耗を前提にした安価な調達コスト」から「手頃な価格で消耗も可能」に変更しているため、空軍版CCAと海軍版CCAは根本的に運用コンセプトが異なるのかもしれない。

関連記事:ボーイング、英海軍にアレスティング・フックを装備したMQ-28を提案
関連記事:米空軍が1,000機調達予定の無人戦闘機、ボーイングなど5社で競争試作を実施
関連記事:GA-ASIがLongShotを受注、第4世代機や空対空ミサイルの交戦範囲を拡張
関連記事:低率初期生産が始まったXQ-58A、米海兵隊はF-35Bとの組み合わせに関心
関連記事:米GA-ASI、共通コアを基づいた無人戦闘機ガンビットのプロトタイプ製造
関連記事:ノースロップ・グラマン、エア・チーミングが可能な無人戦闘機「Model437」を発表
関連記事:ロッキード・マーティン、独自に有人・無人チーミングの概念を発表
関連記事:米空軍、無人戦闘機の価格は2,000万ドル~4,000万ドルで2020年後半に登場

 

※アイキャッチ画像の出典:Boeing MQ-28

現実的な安全保障のコストを受け入れ始めた西側、10兆ドル以上の追加負担も前のページ

印米関係の強化、コーチン造船所と米海軍が艦艇の修理契約を締結次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    失敗が許されないボーイング、米空軍向けに製造したF-15EXの初飛行に成功

    ボーイングは今月2日、米空軍向けに製造したF-15EXのプロトタイプ1…

  2. 米国関連

    米空母の飛行甲板に衝突したF-35Cは海に落下、現場は中国に近い南シナ海

    米海軍の第7艦隊は25日、F-35Cの事故について「空母カール・ヴィン…

  3. 米国関連

    米国、ロシア製防空システムを放棄しないトルコに制裁発動

    米国のトランプ政権は14日、これまで発動を控えてきた「敵対者に対する制…

  4. 米国関連

    K2は優れた戦車、レオパルト2A7と決定的な違いはエコシステムの熟成度

    米ディフェンスメディアは「独レオパルトは韓ブラックパンサーの侵略に対抗…

  5. 米国関連

    米空軍が低コスト巡航ミサイルに関する取り組みを開始、目標は1発15万ドル

    米空軍内のイノベーションを促進するAFWERXは「将来の低コスト巡航ミ…

コメント

    • たむごん
    • 2024年 4月 10日

    F35に随伴させるのであれば、ステルス性を求められそうですから、設計・量産化も難しくなりそうですが注目したいと思います。

    設計の簡略化・機体の小型化・機能の絞り込みなどの設計思想だけでなく。
    既存技術の活用・既存部品の流用・量産化による価格低下など、製造面の工夫が価格低下には不可欠だろうなと。

    グローバルホークが、1機1億ドルくらいだったでしょうか。

    5
      • バーナーキング
      • 2024年 4月 10日

      CCA、「協調」戦闘機であって協調はしても随伴はしない、と割り切って高度なステルスは求めないんじゃないでしょうか。
      なんせ単価20億円ちょいとかですし。

      2
        • たむごん
        • 2024年 4月 10日

        単価を考えれば、仰る通りですね。

        1
          • 戦略眼
          • 2024年 4月 10日

          有人機と変わらない値段になってきたな。

          1
      • ネコ歩き
      • 2024年 4月 10日

      米空軍が構想するモザイク戦では、無人戦闘機は有人機の機能拡張を担う随伴機という位置付けはしてないですね。
      有人機も無人機も戦術ネットワークの構成要素として連携・協調し機能します。有人戦闘機は戦術単位の意思決定とハブ機能を担います。無人機が有人戦闘機を補佐する編隊行動前提という構想ではないです。
      有人機との編隊行動を大前提としないならば、無人機はそれぞれの担う任務に適化した機能・性能なりステルス性があれば良いことになるのかと。

      6
        • たむごん
        • 2024年 4月 10日

        勉強になります。

        無人機の中でも、ハイローミックスのような、用途に合わせたものになりそうですね。

        2
    • 58式素人
    • 2024年 4月 10日

    3月29日記事の英国(ACP)戦略になぞらえると。
    損耗を許容できるTier2に相当する物でしょうか。
    初めはそれで良いのでは、と思います。
    怒涛のバージョンアップ(笑)はそれからで良いような気がします。

    • ネコ歩き
    • 2024年 4月 10日

    >「我々が求めているのは数百時間の飛行が可能な機体で、最後の1時間は標的か武器(自爆型攻撃という意味)として消耗される」「この機体を30年間も維持するつもりはない」
    は先見の明だろうと思います。
    米空海軍とも2020年代中の実戦配備を目指しているわけで、構成要素はほぼ確立済あるいは見通しの立った技術群がベースになるのだろうと思います。
    2030年代以降、AI始め関連技術は急速な進展を見せそうです。ハード/ソフトウェア更新や機能追加の小改修等である程度は対応可能かもですが、いずれ早い時期に陳腐化してしまう可能性のほうが高いように思われます。
    消滅したらしいデジタル・センチュリーシリーズの構想は、今後進化を続けるだろう先端的軍用無人機の分野でこそ有効なのかも。

    • Authentic
    • 2024年 4月 10日

    「最大でも1機あたり1,500万ドルでなければならない(実勢価格3,000万ドル)」
    とかになりそう
    最近の米国製兵器で想定価格通りになったものがあったためしがないし

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP