欧州関連

魔法のスコープ、英陸軍即応部隊がドローンキラーのSMASH X4を導入

Smart Shooterの照準機能付きスコープ「SMASH」は低コストのドローンキラーとして注目を集め、少なくともイスラエル軍、米陸軍、英陸軍、オランダ陸軍、インド海軍が導入し、英陸軍の第16空中強襲旅団戦闘団がSMASH X4を使用している写真を公開した。

参考:16airassaultbrigade

SMASH X4は光学倍率4倍のスコープが搭載されているためSMASH 2000Lよりも長距離で脅威に対処できる

イスラエルのSmart Shooterが開発した照準機能付きスコープ「SMASH(スマッシュ)」は、小銃による遠距離射撃の命中精度を飛躍的に向上させるため「魔法のスコープ」と呼ばれており、兵士はトリガーを引いたままSMASHが自動追尾する標的に十字カーソルを合わせると最適なタイミングで弾丸が発射され、特別な訓練を受けていない兵士でも「遠く離れた標的を攻撃できる」という代物だ。

コンピュター制御の弾道計算技術は何十年も前に登場しているものの、一般的な小銃に後付できるコンパクトさや調達コストの安さ(約990ドル)が評価され、イスラエルだけなくでなく米国、英国、オランダ、オーストラリアなどが次々とテストを行い、ドローンの脅威が現実のものになるとSMASHへの関心も更に高まり、オランダ陸軍がSMASHを使用してドローン迎撃テストを行い注目を集めたことがある。

SMASHの照準システムにとって「空中を飛行する標的」は想定外だったが、オランダ陸軍は「強風が吹き付ける雪山」でSMASHを取り付けたコルトC7をテストし、用意された67機のドローン全てに3発つづ銃弾を命中させることに成功。

オランダ陸軍はテスト結果について「目標が空中に静止した状態でも高速移動している状態でも大きな違いはない」と説明、これを受けて海外メディアは「SMASHと小銃の組み合わせはドローンから重要な資産を守るのに効果的かもしれない」と報じ、米陸軍も「空中目標への照準に正式対応したSMASH 2000L(旧3000)の取得」に乗り出し、英国防省もSMASH調達契約を昨年締結していたが、即応部隊の第16空中強襲旅団戦闘団が「SMASH X4(旧4M)」を使用している写真を公開。

SMASH 2000LとSMASH X4の基本的な機能は同じだが、SMASH X4は光学倍率4倍のスコープが搭載されているため「SMASH 2000Lよりも長距離で脅威に対処できる」というのが売りらしい。

出典:UK MoD/Crown copyright SMASHをテスト中の英陸軍兵士

因みにSmart Shooterは「欧州諸国やNATO加盟国を含む世界中の国々でSMASHが使用されている」としか明かしていないが、少なくともイスラエル軍、米陸軍、英陸軍、オランダ陸軍、インド海軍がSMASHを導入済み、米海兵隊、ドイツ陸軍、豪陸軍がテストを行い、同社は2023年「オーストラリアにSMASHの専用拠点を設立した」と発表しているため豪陸軍導入も確実視されている。

関連記事:低コストのドローンキラー、SMASHとRPS-42を搭載したUGVが登場
関連記事:従来の防空システムとは異なるカウンタードローンシステムとは?
関連記事:小銃でドローン撃墜は可能、オランダ陸軍が実証した魔法のスコープ「SMASH」有効性
関連記事:歩兵戦闘のゲームチャンジャー? 英陸軍が注目する「命中を保証」する魔法のスコープ
関連記事:米軍を最も安価に攻撃する方法を明かす米海兵隊大将、答えはコストコで売っている
関連記事:豪企業、ローエンドの小型UAVを約10ドルで無力化することに成功

 

※アイキャッチ画像の出典:16airassaultbrigade

第2次大戦の技術が復活、Wave Engineが量産型パルスジェットエンジンを発表前のページ

フーシ派の攻撃で商業船の船員が死亡、米英の空爆は役に立っていない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ポルトガル空軍、ドイツ海軍から6機のP-3Cを4,500万ユーロで購入

    ドイツ海軍を苦しめたP-3CはP-8Aでの更新が決まり現在売りに出され…

  2. 欧州関連

    連日続くロシア軍のミサイル攻撃、ウクライナのミルゴロド空軍基地に着弾

    ロシア軍は今日もウクライナに43発のミサイル(Shahed-136を含…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍司令官が反撃を示唆、敵が力尽きようとしているので利用する

    シルスキー陸軍司令官は23日「バフムートで貴重な戦力を失った敵は力尽き…

  4. 欧州関連

    ウクライナ側が否定するTIME誌の記事、記者は現大統領顧問が情報源と示唆

    ウクライナ政府高官はTIME誌の記事内容(ゼレンスキー大統領は西側諸国…

  5. 欧州関連

    UAV技術の拡散、あるアジアの国にイスラエル人が徘徊型ドローンを不正輸出

    あるアジアの国に徘徊型ドローン(自爆型ドローンやカミカゼドローンとも呼…

  6. 欧州関連

    英国、予算不足で「クイーン・エリザベス級空母」を米海軍にリース?

    国防大臣は予算不足を解消するため、海軍の空母クイーン・エリザベスか空母…

コメント

    • ななし
    • 2024年 3月 07日

    この手のデバイスはアメリカの企業とかも開発してたけど、動作不良のトラブルが多かったそうで
    イスラエル製のは問題なく動作してるのかなと

    11
    • 鼻毛
    • 2024年 3月 07日

    ウクライナには…?

    3
      • あああ
      • 2024年 3月 08日

      なあに日本にはEXCEL先生がいる

      4
    • 匿名ちゃん
    • 2024年 3月 07日

    自衛隊にも是非!無理なら国産でなんとか

    16
    • 昭和のおじさん
    • 2024年 3月 07日

    ドローン技術もそうだけどSFとかサイバーパンクの世界の話が現実になってきてるんだなという感じで何やら感慨深いやら空恐ろしいやらですなぁ

    18
    • 折口
    • 2024年 3月 07日

    90年代の次世代歩兵装備研究で出てきたこの手の弾道計算コンピュータ内蔵照準器は銃本体と同じサイズ感でしたが、ここまで現実的なサイズに落とし込めるとは。しかし価格は小銃並かそれ以上になってしまってますね。制御部が小型安価化出来ても光学デバイスや測距儀やトリガーメカの制御部が入る以上はこの辺が限界な気がします(全部中国で生産すればもっと安くできるでしょうが)。

    全歩兵にこれを配分するのはあまり現実的じゃないですし、擲弾発射器と同じように選抜して配備するような運用になるんですかね。小銃側も照準器のスペックを活かせるようにより大口径の弾を使う自動ライフルに置き換わったりとかするのかな…

    8
      • 航空太郎
      • 2024年 3月 07日

      必中タイミングでの射撃が行われるようになるので無駄打ちが大きく減り、継戦能力の飛躍的向上及び、戦闘能力向上が期待できます。先進国なら、全歩兵標準装備でもなんら不思議ではないでしょうか。対ドローン射撃にしても相手が1機とは限りませんから、複数のSMASH装備射手がいた方が安心でしょう。

      16
    • gepard
    • 2024年 3月 07日

    リンク
    歴戦のウ軍義勇兵のgangsta氏はFPVを『遮蔽物も通り越すスナイパーの狙撃』と表現し、プロペラ音が聞こえたころには通常のライフルを持っているだけではどうにもならないとしています。

    リンク
    この映像はロシアの対ドローン兵の装備を紹介した映像です。
    シグナルジャマー、ドローン探知機、「マガジン」代わりのバッテリー、そしてショットガンを装備しているのが分かります。

    将来の戦場はこのような対ドローン兵が分隊に1人は必ず必要とするのだろうと思います。対ドローン装備は今後急速に発展する分野でしょう。

    12
    • T.T
    • 2024年 3月 07日

    大昔の距離固定の単純なジャイロコンピューティングサイトはランドセルよりデカかったのに、21世紀に入ってから目標未来位置算出から風向風速補正まで一式入った本格的な射撃指揮装置がこんなに小さくなってしまって時代を感じます。

    5
    • 無印
    • 2024年 3月 07日

    L85に装着できるなら、20式小銃にも付けられますよね
    折角拡張性マシマシな小銃を作ったんだから、こういうのに活用して欲しい

    13
    • ネコ
    • 2024年 3月 07日

    これで国会の愛国おじさん達を安心して前線に遅れますw

    9
    • 名無しの悪夢
    • 2024年 3月 07日

    記事では対ドローンの秘密兵器と紹介されてるものの、動画では明らかにそういう想定ではないところが恐ろしやって感じですね

    2
    • Natto
    • 2024年 3月 07日

    990ドルってかなり安いんじゃ?
    普通のライフルスコープでも30万円超えは珍しくもないのに。
    レンズ系はカメラも望遠鏡も上を見たらキリが無いけど。

    14
      • トカマク
      • 2024年 3月 08日

      いや、実際安すぎてびっくりなんだよ。例えばtrijiconのta31(いわゆるACOG)の販売価格は800〜1100ドルくらいだからね

      5
    •  
    • 2024年 3月 07日

    自分を殺そうと飛んできてるドローンに落ち着いてスコープ覗いて狙い付けて当てるのはまあ難しいと思う

    2
      • 航空太郎
      • 2024年 3月 07日

      正規兵は、自分に向けて殺そうと武器を使ってくる敵兵相手に射撃する訓練を積んでますから、射撃してこない自爆ドローンの方が落ち着いて撃てるんじゃないでしょうか。どちらにせよ、複数人のSMASH射手はいた方が迎撃成功確率が上がるのでよいとは思いますけど。

      11
      • ひまわり
      • 2024年 3月 08日

      もちろんFPVドローン用じゃない。
      ああいうのはウクライナが作った小型散弾銃かネットガンのようなものの方がいい。
      戦術的、戦略的により重要で、一定高度を滞空する偵察用ドローン用よ。

    • ふむ
    • 2024年 3月 08日

    次はドローンがこれ積んで射撃してくる対歩兵ドローンに派生するんですかね
    対装甲車輌用に使える自爆ドローンは、対歩兵には使い捨てなのがコスパ悪かったですし

    4
      • UTAS
      • 2024年 3月 08日

      対歩兵ドローン用ドローン用ドローン用ドローン…

      1
    • 名無しさん
    • 2024年 3月 08日

    マークスマンライフルみたいに、こういった高機能ライフルを持った兵が分隊に居たら頼もしいだろうね。
    重量制限も少ないみたいだし。

    2
    • 名無しパン
    • 2024年 3月 10日

    無いよりは有った方がいいけど歩兵がドローンと相対するのはコスパ的によろしくないよね。三万円ちょいのドローンと戦うのに本当に必要なのはエイリアン自動迎撃マシンガンみたいなものだろう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP