欧州関連

NATO、欧州のパトリオット運用国向けに1,000発の迎撃弾を一括発注

NATO支援調達庁は3日「加盟国が運用するパトリオットシステムの迎撃弾(GEM-T弾)調達を一本化して1,000発の契約を締結した」と発表した。因みにウクライナにはPAC-3弾とGEM-T弾の両方が供給されているらしい。

参考:NSPA SUPPORTS A COALITION OF NATO NATIONS WITH CONTRACT FOR PATRIOT MISSILES

欧州におけるGEM-T弾の新たな生産能力は供給の安全性を高め、各国の備蓄在庫の補充に貢献するだろう

MBDAはレイセオン(現在のRTX)と1987年に共同でCOMLOGを設立、 同社はパトリオットシステムで使用するPAC-2弾のメンテナンス(5,000発以上)を請け負ってきたが、2022年11月にGEM-T弾(PAC-2形態で使用する最新の迎撃弾で弾道ミサイル、巡航ミサイル、航空機との交戦能力が向上したタイプ)のドイツ生産で合意、両社は当時「ドイツで生産されたGEM-T弾を欧州の運用国に供給する可能性が開かれた」と述べていたが、NATOは運用国による一括発注を発表して注目を集めている。

出典:U.S. Army photo by Sgt. Alexandra Shea

NATO支援調達庁(NSPA)は3日「ドイツ、オランダ、ルーマニア、スペインを含むNATO加盟国を支援して1,000発(全てのオプションが行使された場合の数量)のGEM-T弾調達契約をCOMLOGと締結する」「加盟国の調達統合はスケールメリットをもたらし需要増に対応するGEM-T弾の生産拡大を後押しする」「欧州におけるGEM-T弾の新たな生産能力は供給の安全性を高め備蓄在庫の補充に貢献するだろう」と発表。

要するに加盟国のGEM-T弾調達を1本化することで「より有利な条件」で契約し、1,000発分の大型契約を受注したCOMLOGも「GEM-T弾の生産拡大に安心して投資できる」という意味だろう。

出典:vk経由 流出したと思われる機密資料

因みに、流出した機密文書によればウクライナにはPAC-3弾とGEM-T弾の両方が供給されているらしい。

追記:1,000発分の契約額は55億ドル(サポートやスペアパーツなどの関連費用が含まれている)になるらしい。

関連記事:ウクライナ軍のミサイル防衛能力は限定的、撃ち込まれるS-300にはお手上げ
関連記事:ウクライナ国防相、対地攻撃モードのS-300は最大220km先の目標に到達する
関連記事:ロシアの武器製造が止まらない理由、制裁を回避する物流ルートの存在
関連記事:巡航ミサイルの不足? ロシア軍が地上目標の攻撃にS-300を使用か
関連記事:ロシア、制裁の影響下で弾道ミサイルや精密誘導ミサイルを288発製造
関連記事:ウクライナ軍が巡航ミサイルを54発撃墜、但しS-300の迎撃弾がベラルーシ領に着弾

 

※アイキャッチ画像の出典:NATO Support and Procurement Agency (NSPA)

アルゼンチン、フォークランド諸島の領有権を外交交渉で回復したいと表明前のページ

ホワイトハウス報道官、ウクライナへの武器提供が資金不足で停止したと認める次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ軍、敵が開始した大規模攻勢は質が低く認識するのが難しい

    ウクライナ空軍のイグナト報道官は「ロシア軍が東部戦線で航空攻撃を大幅に…

  2. 欧州関連

    戦争を望むエルドアン大統領、ギリシャ軍への攻撃をトルコ軍に指示か

    トルコはギリシャとの戦争を誘発させるため、ギリシャ軍の艦艇を撃沈するか…

  3. 欧州関連

    優勢なアゼルバイジャン軍、アルメニア軍の防衛線を突破

    アルメニアとアゼルバイジャンが領有権を主張するナゴルノ・カラバフ地域を…

  4. 欧州関連

    ポーランド、米陸軍のスティンガー更新プログラムにGrom-Mで挑戦

    ポーランドのPGZが「自社製のGrom-Mで米陸軍のスティンガー更新プ…

  5. 欧州関連

    バイラクタルAkinciの海外受注を獲得したトルコ、TB2運用国も17ヶ国に拡大

    Baykar社でゼネラルマネージャーを務めるハルク・バイラクタル氏は2…

  6. 欧州関連

    ドイツ空軍所属のユーロファイター・タイフーン2機、空中で衝突し両機とも墜落

    ドイツ、メクレンブルク・フォアポンメルン州で24日午後2時頃、ドイツ空…

コメント

    • 58式素人
    • 2024年 1月 04日

    EUは、PAC-3弾は量産しないのかな。
    それとも、PAC-3弾も量産する方向に行くのかな。
    ローッキード・マーティンだけでは、おそらく、
    需要をタイムリーにこなすことには無理があるだろうし。

    7
      •  
      • 2024年 1月 04日

      まあ本件はEUお得意の非関税障壁でもあるわけですし、ロッキードが現地法人現地工場を作ってPAC-3弾の生産体制を欧州域内で完結するようにしない限りは基本的にPAC-2GEM-T弾一本で行くことになるのではないでしょうか
      しかし周知の通りターミナルフェイズの弾道弾迎撃に特化したPAC-3弾と弾道弾迎撃にも対応したレベルのPAC-2GEM-T弾では同じBMD対応とはいっても性能に差がありますし、不足する部分では新型SAMを独自に開発することになるような気がします

      7
        • 58式素人
        • 2024年 1月 04日

        そうですね。
        でも、これから新規開発だと時間がかかるでしょう。
        10年くらいでしょうか。並行作業でそれを行うとしても、
        PAC-3のライセンス生産は行った方が良いと思えます。
        ポーランドの言い分によれば、あと3年なのですから。

    • 樺太
    • 2024年 1月 04日

    米本土のPAC-2ラインが閉じてもライセンスラインを維持した上でシーカージャイロ等の逆輸出を実現させた日本の努力は評価されるべき。

    米軍への弾体完成品輸出からの玉突きウクライナ支援は日本の多大な国際貢献となろう

    37
      • ash
      • 2024年 1月 04日

      しかしこうしてパトリオットシリーズの優秀さが実証されるのはいいのですが、必用量の6割しかないという本邦が供与しなければならないのはどうにかならないのか…
      ただでさえ挨拶代わりにミサイル撃ってくる隣国がキナ臭くなっているのですし。

      13
        • 58式素人
        • 2024年 1月 04日

        供与の数量はまだわかりませんが。
        今回の供与だけでなく、米軍の在庫用発注もこなすようになれば、
        現在の少量生産(?)より生産規模を拡大できるのでは、と期待しています。
        自国用に必要な時に発注をしても、納入が数年先ではまずいでしょうし。

        20
      • たむごん
      • 2024年 1月 04日

      情報ありがとうございます、勉強になります。
      米軍装備は、中国製の部品が多数使用されてる事が懸念されてきましたからね。

      アメリカが、日本(友好国)から重要部品を調達できるという事は、仰る通り、極めて高い評価となる事案でしょうね。

      3
    • インゼクター
    • 2024年 1月 04日

    このサイトを見てると「流出した機密文書」というワードになんの疑問も持たなくなってくるけど、どんな情報であっても軍事情報が、それも戦争当事国関連の情報が流出しまくってるのを見ると漏らした相手がNATOなのかEUなのか、ウクライナなのかロシアによる工作なのか知らんけど、情報を完全に保全するのは不可能なんだろうか。

    16
      • 黒丸
      • 2024年 1月 04日

      米機密文書の流出、犯人は米軍事基地で働いていたミリタリーマニアか
      リンク
      鉄オタは鉄道会社に就職させない、ミリオタは軍人にしない。というのが理想かもしれませんが
      オタは時としてその分野に秀でて見えるのが厄介なんです。

      7
      • たむごん
      • 2024年 1月 04日

      仰る通りと思います。

      米軍人ゲーマーが、ウクライナ戦争の機密情報を、discordに流出させたことが話題になりました。
      動機は『承認欲求』『見栄』でした。

      情報の保全、本当に難しいですね…。

      5
    • kitty
    • 2024年 1月 04日

    GEM-Tってどんなんだっけって復習したら、このサイトがわかりやすかった。

    リンク
    ミサイル防衛に関する最近の話題(13)パトリオットは複雑怪奇

    3
    • 名無しパン
    • 2024年 1月 04日

    ちょっと前までパトリオットは性能限界なので新しいの作るって話があったはずだけど、どうするんだろうか。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP