中東アフリカ関連

イスラエルのメルカバ売却先、ウクライナにT-72Bを提供したモロッコ

イスラエルのメルカバ売却は欧州と南米で「欧州の売却先はキプロスだ」と報じてられていたが、もう1ヶ国の売却先は南米ではなく北アフリカのモロッコで、ウクライナに提供したT-72Bの埋戻しに対応したものらしい。

参考:Israel y Marruecos negocian la venta de tanques Merkava Mark II y III

安全保障分野で急速に接近しているモロッコへのメルカバ売却は実現性が高く、なかなか説得力のある話だ

イスラエルが開発した主力戦車のメルカバシリーズは「乗員の生存性」を最優先にした独特な設計思想が特徴で、これまで輸出の機会(2014年にメルカバMk.4の海外輸出が成功したと発表しているが詳細は非公開)に恵まれてこなかったが、イスラエルメディアのYnetは先月15日「ロシア軍によるウクライナ侵攻で伝統的な陸上装備への需要が高まり、保管されていた旧式のメルカバが売却されることになった」と報じて注目を集めた。

出典:Bukvoed/CC BY 2.5 メルカバMk.2

今回売却されるメルカバは保管されていたメルカバMk.2とメルカバMk.3で、欧州と南米の国と売却で合意が成立し、国防当局者は「エンジンが米国製(テレダイン・コンチネンタル製)なので契約締結には米国防総省の承認が必要になる」と明かし、イスラエルメディアのHaaretz紙は22日「欧州の売却先はキプロスだ」と報じていたが、もう1ヶ国の売却先は南米ではなく北アフリカのモロッコだったらしい。

フランスから独立したモロッコとアルジェリアは政治体制の相違(立憲君主制と共和国制)、モロッコが領有権を主張する西サハラの独立を掲げたポリサリオ戦線へのアルジェリア支援、西サハラ領有承認と引き換えにパレスチナと対立関係にあるイスラエルとの国交樹立など両国関係には幾つもの火種が転がっており、アルジェリアは「モロッコが敵対的な行動を続けている」という理由で2021年8月に国交断絶を通告した。

出典:sukhoi

アルジェリアはモロッコのF-16V導入に対抗するためSu-57を14機導入(時期未定)すると発表、これに対抗するためモロッコ国王のムハンマド6世は軍事協定を締結したイスラエルに「モロッコへのF-35A輸出を実現させるため米国を説得してほしい」と依頼したと噂されており、最新の防空システム「Barak MX」もイスラエルから購入している。

つまり安全保障分野で急速に接近しているモロッコへのメルカバ売却は実現性が高く、この取引はウクライナに提供したT-72B(90輌?)の埋戻し需要に対応したものとも報じられているため、なかなか説得力のある話だ。

関連記事:イスラエルメディア、メルカバが売却される欧州の国はキプロス
関連記事:イスラエル、メルカバMk.2とメルカバMk.3を欧州と南米に売却か
関連記事:イスラエル、2022年の武器輸出額が過去最大の125.5億ドルを記録
関連記事:米蘭がウクライナに引き渡す近代化されたT-72B、オリジナルの提供はモロッコか
関連記事:イスラエル、多層防空システムBarak MXを売却することでモロッコと合意
関連記事:機密と影響力のジレンマ、モロッコがF-35A導入のためイスラエルに米国説得を要請

 

※アイキャッチ画像の出典:Michael Mass/CC BY-SA 3.0

国防総省のシムズ中将、ウクライナの状況はF-16の運用に理想的ではない前のページ

台湾で6月末に退役したHAWKシステム、米国経由でウクライナに移転か次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    三菱電機がエジプトとレーダー輸出について協議中、ネックは米国の承認か

    三菱電機がエジプトに売り込み中のレーダーシステムは「ライセンス契約や技…

  2. 中東アフリカ関連

    両国とも戦闘機が出撃中? イラン、イラク駐留の米軍に対し弾道ミサイル「Fateh-110」を発射

    イランが8日未明、米軍が革命防衛隊「コッズ部隊」のスレイマニ司令官を殺…

  3. 中東アフリカ関連

    イランが第4.5世代戦闘機のSu-35を導入、3月末から引き渡し開始か

    イラン議会のハイダリ議員は「ロシアに発注していたSu-35が3月末に到…

  4. 中東アフリカ関連

    ニジェールは3年以内の民政移行を提示、ECOWAS側は受け入れない

    ECOWASとニジェールは軍事介入を回避するための協議を20日に行った…

  5. 中東アフリカ関連

    イスラエル、何らかの方法でF-35Iの航続距離を拡張することに成功

    イスラエルは何らかの方法でF-35Iの航続距離を飛躍的に拡張することに…

コメント

    •  
    • 2023年 7月 14日

    今回の戦争で分かったけどやっぱりオペレーターという資源はとても大事。経験ごと失われるのも痛い。ロシアとウクライナ、アメリカと大日本帝国のように結局物量で押されると先に無くなるのは平気ではなくベテランで、そんな状況で兵器が補充されても高級な的になってしまう。イスラエル式のドクトリンは日本含めて仮想敵が物量で圧してくることが目に見えてる国では今まで以上に重要になってくるのかもしれない。

    14
      • 2023年 7月 14日

      その発想は正しくしかし浅いと考える
      軸は二つあり、一つは多くの経験に基づくマンパワーに依存した継承性がなくワンオフな性能発揮力。もう一つは実力者の要素を研究解析し、万人が活用可能な理論・手段に落とし込み、全体がミニ実力者として機能するプロセス力

      日本人は前者の思考に傾く癖があるように感じるがより効果的なのは後者だと考える
      これは日常に仕事でも同様と感じる

      17
        • カビチュウ
        • 2023年 7月 14日

        太平洋戦争の時の日米のパイロットなんか典型ですかね

        熟練搭乗員を失った差を言われますけど
        それ以前に訓練完了までの時間がずっと早かったし
        米軍の方がどんどん戦訓を取り入れて
        マニュアル化を進めていたから平均的技量も高かった

        21
      • nachteule
      • 2023年 7月 15日

       貴方はいくつかあるどのドクトリンをさして話をしているのか分からないんだけど教えて欲し。

       日本の場合はどこの部隊であれガチの実戦想定した訓練と装備を調えないとどうしようもないわ。一時期一部の部隊でガチの実戦よりの訓練してたけど上が変わってその環境失われてたよね。自衛隊に所属すらしていない民間人の方が多くの自衛隊員より戦闘能力が高いみたいな恥ずかしい事態は勘弁願いたい。

      2
    • ASDF
    • 2023年 7月 14日

    アメリカのイスラエル優遇にはため息しかでない
    アメリカが提唱した民族自決は西サハラには適用されないのか。イスラエルのために自分が言ったこともひっくり返すのか
    バングラデシュ独立戦争で選挙結果を無視したパキスタンを支持して空母をインドまで送ったのだからいまさら言う事でもないのか。

    10
      • 日系ユダヤ人
      • 2023年 7月 14日

      優遇されたければ金融を握らないと無意味だよ。
      勤勉に働いて金を貯めても金融でヘマしたら意味ないし、ズル賢く金融で儲けるから、いつの時代も民族的に恨まれるんだけどね。

      1
      • hiroさん
      • 2023年 7月 14日

      最初に民族自決権を提唱したのは、レーニン率いる旧ソ連だけどね。
      今となっては虚しい限りだけど。

      3
    • FAR
    • 2023年 7月 15日

    最近F-35Aの導入国入り交渉から脱落したタイの話がありましたが、政治的環境から見てモロッコも同じ状況になりそうな気がしますが、

    「ベイルート — 米国国務省は最近、HIMARS発射装置、ATACMSミサイルシステム、統合スタンドオフ兵器(JSOW)を含む約7億5,000万ドルの武器をモロッコに売却する可能性を承認したが、」

    と2023年4月にニュースに出ているだけに、密接な関係が続く中どう状況が変わるのかに注目ですね。
    2020年にF-16航空機25機、アパッチ攻撃ヘリコプター24機購入と上お得意様ですし。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP