ウクライナ戦況

停滞感が漂うラムシュタイン会議、目新しい発表は防空連合の結成のみ

ラムシュタイン会議が22日に開催され、ウクライナのウメロフ国防相は「ドイツとフランスが主導する防空連合(20ヶ国参加)が結成された」と報告したが、会議に合わせて発表される米国の支援パッケージも見当たらず、今後の戦いや来年に向けた準備についても何も語らなかった。

参考:Умєров озвучив результати зустрічі у форматі “Рамштайн”

ラムシュタイン会議後に必ず発表されていた米国の支援パッケージは見当たらない

ウクライナ支援を話し合うラムシュタイン会議が22日に開催され、ウクライナのウメロフ国防相は「ドイツとフランスが主導する防空連合(20ヶ国参加)が結成された」「英国とノルウェーが海洋連合の一環として黒海の安全保障を強化する方法を模索する」「IT連合を主導するリトアニアは50万ドル、ルクセンブルクが1,000万ドルの資金提供を表明した」と報告。

さらにウメロフ国防相は「会議前日にキーウを訪問したドイツのピストリウス国防相が14億ドル相当の軍事援助(パトリオットシステム×1基、IRIS-TSLM×4基、155mm砲弾×約2万発、対戦車地雷×8,000発など)、17日にオランダが22億ドルの軍事援助(2024年分の支援額)を表明した」と紹介したが、ドイツの軍事援助の大半は「提供する」と発表済みのものをまとめたものに過ぎず、会議に合わせて発表される米国の支援パッケージも見当たらない。

会議で話し合われた内容は不明だが、海外メディアの関心は「イスラエルとハマスの戦争」に移っているため「ラムシュタイン会議の行方」に殆ど注目しておらず、会議を主導するオースティン国防長官も「ウクライナを支援する米国主導の国際連合は依然としてひるむことがない」と述べるにとどまり、今後の戦いや来年に向けた準備について何も語らなかった。

出典:U.S. DepartmentofDefense

この停滞感を産んでいるのは「米国とEUのウクライナ支援資金」が確保されていないからで、現状を打破するためにも「2024年の支援継続を保証する資金」を一刻も早く確保しなければならない。

関連記事:チェコ大統領、反攻作戦は期待外れで支援国も戦争疲れを感じている
関連記事:民主党上院トップ、ウクライナ支援は感謝祭の休暇から戻ったら取り組む
関連記事:米国防総省、資金不足でウクライナへの武器支援を縮小したと言及
関連記事:米陸軍、議会承認の遅れで155mm砲弾の購入・増産資金が手に入らない
関連記事:バイデン政権、議会にウクライナ向け経済支援として118億ドルを要請
関連記事:共和党議員が提示した12条件、受け入れるまでウクライナ支援保留を主張
関連記事:バイデン政権、大統領選挙までのウクライナ支援に1,000億ドルを要請か

 

※アイキャッチ画像の出典:Міністерство оборони України

ポーランド運送業者によるウクライナ国境の封鎖、2024年2月1日まで延長前のページ

ホルリウカの戦い、未だに状況が不明なウクライナ軍のテリコン襲撃次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    侵攻開始から200日が経過、ウクライナ軍は解放した領土の防衛に移行か

    ロシア軍による侵攻開始から200日が経過、ウクライナ政府高官や軍関係者…

  2. ウクライナ戦況

    ロシア軍がチェルニーヒウ州からも撤退、スームィ州でも撤退の動き

    ロシア軍はキーウ州に続きチェルニーヒウ州からも撤退を開始、首都周辺のド…

  3. ウクライナ戦況

    ザポリージャの戦い、ウクライナ軍の機械化部隊が突破を試みるも失敗

    南ドネツクと同時並行でザポリージャ州オレホボ周辺の反撃も続いており、カ…

  4. ウクライナ戦況

    リトアニアメディア、ウクライナにTB2を送るため購入資金を寄付で調達

    リトアニアメディアはウクライナに「バイラクタルTB2」を送るための資金…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がドネツ川渡河に成功、ロシア軍は補給ルートを失う可能性も

    イジューム方面で戦うロシア軍の補給ルート遮断に向けて「ウクライナ軍がド…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍とロシア軍の戦い、攻勢を止めても敵が戦力を回復するだけ

    ウクライナ軍やロシア軍も生産拠点を直接攻撃できないため「攻勢を止めた分…

コメント

    • 名無し
    • 2023年 11月 23日

    こんな様でも日本のメディアは民主主義陣営の結束を強調しそう

    36
    • ネお
    • 2023年 11月 23日

    1945年4月に開催された大東亜大使会議レベルに悲壮感半端ないね

    そろそろ21世紀の欧州戦線は終わりですか?
    次は東シナ戦線の番でしょうか

    24
    • 暇な人
    • 2023年 11月 23日

    オランダも第一党が極右(EUに批判的な勢力にレッテルはられる)なりそうですね。
    ただ連立相手がいるのかどうかとのこと
    CO2削減で農家にきっついことしてたり、移民いれすぎてアレになってて、オランダ人はさして反露ってわけでもないのに、ロシア制裁に参加させられたりで、色々不満高まっているからなあ。

    21
    • 歴史と貧困
    • 2023年 11月 23日

    会議は踊らず。笛吹けども踊らず。

    16
    •  
    • 2023年 11月 23日

    ウメロフとザルジニーが並んでるけど内心はバチバチやろ

    15
      • NG
      • 2023年 11月 23日

      机の下で互いに蹴り入れてそう

      13
    • 名無し
    • 2023年 11月 23日

    反転攻勢の失敗とロシアの攻勢で潮目がガラッと変わってしまった感ありますね。
    こうなる事を阻止したかったからこその反攻だったのでしょうけども、西側の及び腰支援と東側(露中朝)の結束、イスラエルのガザ侵攻による支援と注目の低下、そしてここにきて政軍(ゼレンスキー・ザルジニー)の不和など不安要素しかない状況に陥ってしまいました。
    小泉悠氏は「時間はロシアに味方する」可能性を開戦当初より指摘されていましたが、見事に当たってしまったという思いです。

    31
    • lang
    • 2023年 11月 23日

    まあEUとかNATOのほうが昔のソ連みたいですよね

    無能な上層部が無茶なイデオロギーを加盟国に押し付け、崩壊待つのみです

    17
      • 暇な人
      • 2023年 11月 24日

      ハンガリーのオランドはソ連のパロディになっていると批判してますね。

      2
    • nachteule
    • 2023年 11月 23日

     正直言ってあれだけの車輌や航空兵力、ミサイル等の高額兵器提供と湯水のように弾薬を使うをしてきたからこその予算不足だろうしウクライナの自業自得じゃないかね。
     無限の財布は無いし金欠状態でこれからF-16だとか先を見てない感じがしてならない。ウクライナ単独でやれる事に減少する外国支援をプラスしての身の丈に合った戦い方を考える時期に来てんじゃないかな。
     長い目で見てベトナムとアフガンで大国を負かしたような戦い方に変えた方が提供する兵器にしても予算にしても外国支援はしやすいだろう。

    22
      • ウルフリック
      • 2023年 11月 23日

      ベトナムとアフガンのような戦い方って簡単におっしゃいますが、国土の大部分が外国の軍隊に蹂躙されている状態でないと成立しませんよ。日本で言えば本州に中国軍が侵攻してきて空自と海自は既に消滅し日本アルプスで残存している陸自が軽火器だけで決死の抵抗を続けているような状態です。そこまでウクライナ正規軍は劣勢では無いと思います

      13
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP