欧州関連

ウクライナ人パイロットの訓練、デンマーク、スウェーデン、英国に別れて実施か

ウクライナ人パイロットの訓練に言及したゼレンスキー大統領とイグナト報道官の話を総合するとデンマーク、スウェーデン、英国で訓練が行われることになり、経験豊富なパイロットと未熟なパイロットとで訓練プログラムが異なるらしい。

参考:У Повітряних силах повідомили, скільки винищувачів треба Україні, щоб отримати перевагу в небі
参考:Украинские военные уже прибыли в Данию для обучения на F-16, – Зеленский

2人の話を総合するとデンマーク、スウェーデン、英国でウクライナ人パイロットの訓練が行われることになる

もうウクライナ人パイロットの訓練に関する情報は滅茶苦茶で、デンマークを訪問したゼレンスキー大統領はフレデリクセン首相との会談後「F-16の訓練を受けるためウクライナ人パイロットがデンマークに到着している」と言及、しかし空軍のイグナト報道官は「2023年卒の若いパイロットは英国で、十分な戦闘経験をもつ2016年卒のパイロットはスウェーデンで訓練を受ける。若いパイロットは徹底的な英語の学習と基礎訓練を受け、軽飛行機からジェット機にステップアップし、F-16での単独飛行に進むため訓練に最長で2年かかる見込みだが、我々のパイロットならもっと早くプログラムを終えることができるだろう」と言及。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

2人の話を総合するとデンマーク、スウェーデン、英国でウクライナ人パイロットの訓練が行われることになるが、スウェーデンはF-16の運用経験もF-16Dも保有していないため訓練の位置づけが非常に曖昧だ。

イグナト報道官がデンマークとスウェーデンを言い間違えた可能性もあるが、スウェーデンはウクライナ人にグリペンを運用評価するための訓練機会を提供しているため、これを考慮すると経験豊富なウクライナ人パイロットはデンマークでF-16の訓練を、一部の経験豊富なウクライナ人パイロットはスウェーデンでグリペンの運用評価を、卒業したばかりの未熟なパイロットは英国で基礎訓練を受けるという意味かもしれない。

出典:U.S. Air Force photo by William R. Lewis

因みにイグナト報道官は「コンクリートスラブで作られた滑走路には繋ぎ目があり、F-16を運用するために繋ぎ目を滑らかにする作業が必要で、ロシアがF-16を破壊するのを防ぐため飛行場の設備だけでなく、インフラやロジスティクスも準備する必要がある」と述べている。

追記:スウェーデンのクリステルソン首相は「我々の国は広大で、まだNATOにも加盟していないためグリペンをウクライナと共有する計画はない」と述べており、スウェーデンはグリペンに触れたことがないウクライナ人パイロットや地上要員にグリペンを正しく評価するための機会を提供しているに過ぎない。

関連記事:ウクライナがF-16提供でオランダ・デンマークと合意、2025年までに最低でも42機
関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナ人によるグリペンのテストが始まった
関連記事:米空軍大将、英国に派遣されたウクライナ人は飛行経験が殆どない若者
関連記事:米空軍大佐、ウクライナ軍に必要なのは制空権の確保ではなく制空権の否定
関連記事:ウクライナ空軍は24機~36機のF-16を要求、将来的には150機程度が必要
関連記事:英国、ウクライナ人パイロットに対する西側製戦闘機の訓練を夏に開始
関連記事:ウクライナ空軍、冬までにF-16は届かないため防空システムの強化が必要
関連記事:ウクライナ人パイロットの訓練完了は来年の夏以降、反攻作戦はF-16なしでも可能

 

※アイキャッチ画像の出典:PRESIDENT OF UKRAINE

ロシア軍によるシンキフカ解放は偽情報、公開された映像は別集落のもの前のページ

米国務省がポーランドへのAH-64E売却を承認、120億ドルで96機次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    イタリア外相、2ヶ月以内にウクライナでSAMP/Tの運用が始まると明かす

    フランスとイタリアはSAMP/Tのウクライナ移転で合意して迎撃弾Ast…

  2. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争が終結、アルメニアが全面降伏に近い和解案に同意

    要衝シュシャが陥落したことを受けてアルメニアとアゼルバイジャンはロシア…

  3. 欧州関連

    英紙から見た日本の防衛強化計画、子供が思いついたことを羅列しただけ

    Times紙は海上自衛隊元海将の発言を引用して「日本の防衛強化計画は子…

  4. 欧州関連

    トルコの第5世代機開発にアゼルバイジャンが参加、パキスタン参加も濃厚

    幾つかの国は「非米国製で輸出可能なトルコの第5世代戦闘機計画」に関心を…

  5. 欧州関連

    ウクライナが海中を徘徊する自爆型UUVを公開、自爆型USVの合理的進化

    ウクライナは現代戦で必要不可欠な無人機や対ドーロン兵器の開発を促進する…

  6. 欧州関連

    プーチン大統領が提案したクリスマス停戦、ゼレンスキー大統領は否定的

    ゼレンスキー大統領は「ロシアは我が軍の前進を一時的に阻止するため停戦を…

コメント

    • 名無し
    • 2023年 8月 21日

    >「コンクリートスラブで作られた滑走路には繋ぎ目があり、F-16を運用するために繋ぎ目を滑らかにする作業が必要で、ロシアがF-16を破壊するのを防ぐため飛行場の設備だけでなく、インフラやロジスティクスも準備する必要がある」
    F-16よりもグリペンのほうが向いてそうな環境。グリペンは元々対露用だけどF-16のほうが使えるミサイルが良いとかあるんだろうか。

    7
      • 匿名希望係
      • 2023年 8月 22日

      基本同じよ。推力と機体サイズの差で飛べる距離とかに差がつくけど

      3
    • gepard
    • 2023年 8月 21日

    グリペンはベテラン兵に配置、初級訓練から開始するパイロットはF16ということになるのですかね。ベテランであれば半年もあれば機体に慣熟することは可能でしょう。

    F16単独飛行まで最長2年というのは航空自衛隊の訓練期間と照らしても妥当なスケジュール感ですが、実機での訓練期間や専門技能訓練も考えると今回の戦争に間に合う見込みは無い可能性がやはり高いでしょう。
    停戦・休戦後のウクライナ空軍の再建を目的としたスキームであれば妥当ですが、戦時で緊急に防空戦闘機の補充が必要な状況で基地の整備から今から必要とは悠長です。

    よって分散運用と相性が良く高速道路からの出撃も可能なグリペンを本命にするということになる可能性が高いのではないでしょうか。スウェーデン空軍の予備保管から一個飛行隊程度は捻出できるかもしれません。(そういえばチェコのグリペンのリース期限が切れ後継にF35を導入と見た覚えがありますが詳報知っている方おりますか。)

    6
    • XYZ
    • 2023年 8月 21日

    西側戦闘機はグリペンを除いて圧倒的に優勢な状況下でしかフルに能力を発揮できないのは今後問題になりそうです。

    道路からも運用可能なグリペン、レシプロ戦闘機時代のような未舗装すら考慮に入れているロシア戦闘機の方がガチンコの実戦では役に立つのかもしれません。
    特に専守防衛を標榜している自衛隊にとっては無視できないと思います。

    8
      • 匿名希望係
      • 2023年 8月 22日

      ならMIG-29の内製化するかアメリカに頼んでデットコピー作ってもらうか白になるんだよな

      1
      • 58式素人
      • 2023年 8月 22日

      あと、離島避難の場合もあるでしょうから、
      塩害対策もしておいた方が良いと思います。
      馬毛島などそうではないかと思うのですが。

    • 鼻毛
    • 2023年 8月 21日

    西側戦闘機の雑魚筆頭だったグリペンくんが輝く日が来るとは

    3
      • 名無し
      • 2023年 8月 21日

      雑魚っていうか輸出用には安くてうまいが売りだったのにお値段が高くなったのが悪い。

      9
        • 匿名希望係
        • 2023年 8月 22日

        整備時間もF-16の方が短いとか無かったけ?

        1
          • バーナーキング
          • 2023年 8月 22日

          無いでしょ。
          グリペンCとF-16では再出撃時間に数倍かそれ以上の差がありました。
          単に安くてシンプル、とかそーゆー話ではなく、根本的な設計思想の違いから来る差なのでグリペンEで多少伸びたとしても逆転するとは思えませんが。

          4
    • スーパーマン
    • 2023年 8月 22日

    Su27,MIG29を玉突き供与のほうが遥かに楽そうだけど西側諸国にはもうどこの国にも在庫ないんだっけ?

    1
      • 2023年 8月 22日

      というかそいつらもらってもR-77がないからジリ貧になるんじゃないの?
      西側戦闘機だとほぼデフォルトでAIM-120が運用できるって要素が空戦においてやっと露軍のフランカーとトントンになるわけだし
      今のSAM畑で空戦なんてやるかどうかは知らないけど

      4
    • たむごん
    • 2023年 8月 22日

    高速道路・道路を使える機体(STOL)ならば、山中や丘にトンネルを掘って掩体としても使えますからね。
    スイスや北欧が、そうですが、ウクライナは平原が多いからどうでしょうか?

    北側にベラルーシ・東側南側にロシアとなれば、西寄りが基地としては安全でしょうか。
    首都キエフ防空、東部南部の前線にエアカバーをかけるとなれば難しい問題かと。

    ウクライナの安全保障環境が変わっているため、航空基地を拡張するとしても選定が悩ましいですね。

    1
    • Proteles cristatus
    • 2023年 8月 22日

    やはり一般メディアには非公開でウクライナ兵のパイロット訓練も受けてますよね
    戦車提供の時とほぼ同じ流れだけどどうなるか

    1
    • おわふ
    • 2023年 8月 22日

    やはりグリペンは購入が必要なのね。

    1
    • mun
    • 2023年 8月 22日

    航空戦力は、建設や維持管理に大きなコストのかかる空軍基地や各種の設備をはじめとして
    部品や弾薬や燃料のロジスティクス、運用するための人員が必要であるうえ
    空軍基地は固定された攻撃目標となりますので、厳重な対空防衛網も必要ですので
    ドローンや弾道ミサイルが多用されるこの戦争では
    ウクライナ軍が航空戦力を維持するには大変な困難が伴うのは想像できます

    グリペンは道路を滑走路とすることもでき、必要な資材や設備も輸送が可能
    固定設備に頼らずとも運用ができるという特徴があるとの事ですので
    まさにこの戦争に向いた機能と言えるかも知れませんね

    2
    • ポンポコ
    • 2023年 8月 22日

    この記事を読んで、F16パイロットの養成に関して、何か混乱しているような印象がある。

    以前に、養成されるのは「ほとんど飛行経験がない若者」という記事を見て、私は腰を抜かすほどびっくりした。

    それは英国からの発信だったと思うが、それを打ち消すための記事かも?理性的に考えれば、管理人さんの言う通りの体制なんだろうが?

    グリペンもまだまだ途中の話だね。F16もそうだけど、無償で提供するのかな?供与が早く進むかどうかにつても、私は、お金のことが一番気にかかっている。

    • Easy
    • 2023年 8月 22日

    もちろん、単に混乱しているだけというのが大きいだろうが。
    もうひとつ、「パイロットの安全対策」という側面もありますよ。
    駐機中の爆撃機がドローン攻撃を受けましたが。
    同じぐらい簡単に攻撃できる高価値ターゲットがあるんですね。「パイロット」です。

    パイロットの訓練地点と顔が分かれば、それは暗殺のターゲットになります。そしてその暗殺はドローンを使えばとても簡単に実行できる。毒殺や狙撃銃と違って、失敗しても非常に簡単に逃げられる。ホテルの部屋なり、休暇中の自動車なり。手榴弾をくくりつけたドローン1機で狙えるわけです。そして毒殺や狙撃銃と違って、失敗しても非常に簡単に逃げられる。
    そういう背景を考えると、パイロットの訓練地点を特定させないように分散して発表するのは安全対策の初歩となります。

    ドローンによって戦場が果てしなく広く薄く世界に蔓延していく。我々はそういう世界の入り口に立っています。

    1
    • gobu
    • 2023年 8月 22日

    英語を話せない素人をゼロからパイロットに育てるより
    各国からの援助金を元にパイロット経験者を傭兵として雇ったほうが
    早くね?強くね?合理的じゃね?と思うが
    そうはいかない非合理的な事情、核のジレンマ

    • 58式素人
    • 2023年 8月 22日

    素人の勝手な思い(笑)ですが。
    F16とグリペン以外にも、米海兵隊のAV-8B+は適役と思うのですが。
    STOVLですから、離着陸の資格を取るのは大変でしょうが。
    着陸時に自動で着陸するようにならないでしょうか(笑)。
    離陸時も排気口の角度を特定の角度に固定して短距離離陸したり(笑)。
    資格の件をクリアすれば、前線基地からの運用もできるだろうし、AIM-120も使えます。
    機体も海兵隊が廃用にしつつあるから、一定数は確保できるのでは。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP