米国関連

ウクライナ支援はイスラエル支援の影響は受けない、資金が不足しているだけ

ウクライナ当局者は「155mm砲弾の納入量がイスラエル支援の影響を受けている」と主張、国防総省のサブリナ・シン副報道官は22日「ウクライナが必要とするものはイスラエル支援の影響を受けていない」と反論したが、遠回しに「納入量減は資金不足のせい」と示唆した。

参考:Deputy Pentagon Press Secretary Ms. Sabrina Singh Holds a Press Briefing

過去の支援パッケージと比較すると規模が小さくなっているのは誰の目にも明らかだ

広大な戦場でロシア軍と戦うウクライナ軍にとって砲兵部隊が提供する火力は命綱に等しく、特に155mm砲弾の供給量は「ウクライナ軍の戦いに大きな影響を与える」と言われているが、ハマスとの戦争が始まったイスラエルも「155mm砲弾の供給」を要請しているため「ウクライナへの供給に影響が出るのではないか?」と危惧されていたものの、米当局者は「イスラエル支援はウクライナ支援に影響を与えない」と主張。

出典:צבא ההגנה לישראל

米国は中東有事に備えてイスラエル国内に155mm砲弾を事前備蓄(推定30万発)しており、ここから推定15万発がウクライナ支援に転用されたものの、まだ15万発もの155mm砲弾が残っているため「今直ぐ影響が出る」とは考えにくいが、ウクライナ当局者はABC NEWSに対して「(イスラエルとハマスの戦争勃発後)155mm砲弾の納入が30%以上も減少している。米当局者はウクライナ支援に影響しないと言っていたが影響を受けている」と明かした。

しかし米当局者は「大統領権限による支援は発表の何週間も前から取りまとめられるため、ウクライナに対する155mm砲弾の供給減とガザの状況は全くの無関係だ」と反論、国防総省のサブリナ・シン副報道官も22日「その記事のことは承知しているので反論したい。我々はウクライナの反攻に必要なものを供給できたし、冬場に必要なものも供給し続けるつもりだ。さらにハマスとの戦いに必要なものもイスラエルに支援することができると確信しており、今後も双方の支援を実行していくつもりだ」と主張したが、以下のように付け加えている。

出典:Office of Speaker Mike Johnson Public Domain ジョンソン下院議長

“この場を借りて支援継続には議会の協力が必要であると改めて申し上げたい。数ヶ月前に提出された緊急予算の可決なしに支援を行なうことは出来ない”

非常に興味深いのは「155mm砲弾の納入が30%以上も減少している」という部分が事実かどうかに触れず「ウクライナ支援とイスラエル支援を両立させることが出来る」「ウクライナが必要なものを供給していくつもりもある」「ただ議会が緊急予算を可決しないと支援を続けられない」と主張している点で、遠回しに「155mm砲弾の納入量が減ったのは資金不足のせいだ」と言っているようにも聞こえる。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

因みにシン副報道官は9日「資金不足でウクライナ支援パッケージの規模がどんどん小さくなっている」と訴えており、最近発表された大統領権限(米軍備蓄から引き出した装備や弾薬を当該国に提供する権限)経由のウクライナ支援パッケージは1億ドル弱で、過去の支援パッケージ(1回あたり数億ドル~10億ドル前後)と比較すると規模が小さくなっているのは誰の目にも明らかだ。

ウクライナ支援のため大統領権限の口座に残る資金は約21億ドル(+国防総省が米軍備蓄を埋め戻すため10億ドルの資金を保有)と見積もられているが、民主党上院トップのチャック・シューマー院内総務は「緊急予算の審議は議員が感謝祭の休暇から戻ってからになる」と言及、Bloombergも「緊急予算の採決準備が整うのは早くても12月中旬で年を越える可能性すらある」と指摘しており、緊急予算の成立よりも先に支援資金が尽きる可能性も否定できない。

出典:Photo By Chad J. McNeeley, DOD

そもそも支援パッケージの規模を縮小することで「継続が支援されている」と誤魔化しているだけなので、ウクライナのニーズを満たせているかは別問題(どう考えても満たせていない可能性が高い)だろう。

関連記事:支援資金不足が原因か、ウクライナへの155mm砲弾供給が30%以上も減少
関連記事:民主党上院トップ、ウクライナ支援は感謝祭の休暇から戻ったら取り組む
関連記事:米国防総省、資金不足でウクライナへの武器支援を縮小したと言及
関連記事:米陸軍、議会承認の遅れで155mm砲弾の購入・増産資金が手に入らない
関連記事:バイデン政権、議会にウクライナ向け経済支援として118億ドルを要請
関連記事:共和党議員が提示した12条件、受け入れるまでウクライナ支援保留を主張
関連記事:バイデン政権、大統領選挙までのウクライナ支援に1,000億ドルを要請か

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

反攻作戦の説明責任、ウメロフ国防相がウクライナ軍の司令官交代を示唆前のページ

権力闘争の真っ最中? ゼレンスキー大統領が軍上層部に政治に干渉するなと警告次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国防総省がF-35の受け入れ停止を発表、無許可の中国産部品が原因

    F-35のエンジンに中国産のサマリウム磁石合金が無許可で使用されている…

  2. 米国関連

    F-35Block4のエンジン問題、AETPとF135EEPのどちらが正解か

    GEはF-35AだけでなくF-35CへのXA100搭載も問題なく対応で…

  3. 米国関連

    ボーイングがF-15Eに対するアップグレードを開始、EPAWSS統合へ

    ボーイングはF-15E搭載の「AN/ALQ-135D」をF-15EX搭…

  4. 米国関連

    米国、6月にM1エイブラムを使用したウクライナ人の訓練をドイツで開始

    米国のオースティン国防長官は「ウクライナ人が訓練に使用するM1エイブラ…

  5. 米国関連

    墜落したF-35Cはルソン島の西海域、日本がサルベージ作業に関する航行警報を発表

    米海軍は南シナ海に墜落したF-35Cの位置や引き上げ作業について固く口…

  6. 米国関連

    米海軍、火災を起こしたワスプ級強襲揚陸艦をスクラップ処分に

    米海軍は今年7月に火災で甚大な被害を被ったワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボ…

コメント

    • lang
    • 2023年 11月 22日

    ウクライナにイスラエルとメガトン負債を抱えたアメリカは衰退スピードが加速すると思います

    13
      • タチコマァ
      • 2023年 11月 22日

      アメリカの国家予算の内の何%がウクライナ支援に使われているのか考えればその程度じゃあ衰退しませんよ
      それいったら国家予算の四割軍事につぎ込むロシアは終わりです

      15
    • 成層圏
    • 2023年 11月 22日

    今はドル高かつインフレになっているから、アメリカ国内での供給(生産)は予算一定なら減少するわな。
    では、どうすればいいか。
    相対的に安い国(日本や韓国)などから155㎜弾を購入するのが経済的に合理的だ。
    果たして、できるかな?

    23
      • kitty
      • 2023年 11月 22日

      韓国はまったく知りませんが、日本の155mm砲弾が安いという根拠は何でしょうか?
      契約ベースで生産企業に支払った金額はわかるのですが、弾数が明記されていないので、一発当たりのコストがよくわかりません。
      しかし、まあ、今までの経緯からすれば国産の弾薬が「安い」ということは相当考えにくいです。

      5
    • 下僕
    • 2023年 11月 22日

    議会がつなぎ予算で揉めるのは毎年の事で結局通ると思います。まあ野放図に国債を増発している日本より抑制が効いてて結構な事です。

    12
      • 歴史と貧困
      • 2023年 11月 22日

      問題は、つなぎ予算が通るにしてもそれまでは軍需産業の製造部門も稼働させられないのと、それまでにウクライナの残弾が枯渇しないかですかね。
      もし、結局予算に入らないか、60億ドル程度にまで激減された場合は別次元の問題になってしまいますが。

      4
    • Easy
    • 2023年 11月 22日

    別のメディアの記事で「ウクライナ向けの貨物がそのまま宛先を変えてイスラエルに贈られている。砲弾だけでなく、防護服や暗視ゴーグルなどの歩兵装備も全てだ」と読んだことがあります。
    政治が絡むので真実はわかりませんが、結果だけ見るにどう見てもウクライナ行きの貨物は激減してますね。

    13
      • たむごん
      • 2023年 11月 22日

      アメリカの立場で考えれば、イスラエルとウクライナでは、政界~民間まで関係の積み重ねに格差があるため(比較するまでもないですが)、充分にあり得ますね。

      戦争開始から、仲良くして・助けてと要請されたとしても、難しい面はありそうですし。
      2択になれば、付き合いの長い方を優先するのは、よくある話でしょうね。

      予算や物資は、米軍と言えども限られている訳ですから。

      11
    • たむごん
    • 2023年 11月 22日

    アメリカの弾薬在庫は、世界的な抑止力に影響してしまいますからね。
    ガザ紛争により、ウクライナの砲弾が減ったと言われてしまっては、米軍に余力がない・余力が厳しいとイコールになるわけです(各地域の抑止力に直接影響します)。

    米軍在庫のうちアジア太平洋方面は戦闘がなかたっため、在庫を空にして抑止力が低下した、台湾有事・朝鮮半島有事・極東有事に対応できなくなった。
    これは極端な話ですが、こうなっては、非常に困るわけです…。

    8
    • こかげ
    • 2023年 11月 22日

    民主主義的な政治は、独裁国家と違って、揉め事も全て公開しているからあれこれ出てくるが・・・
    今、ウクライナを見捨てれば、ロシアが勢力を増して、より大きな負担が EU に生じるであろうことは目に見えているから、結局 助けないわけにはゆかない。 あれこれ言ってみても、今 ウクライナを助けることが、最も「低リスク・低コスト」ということになるでしょう。

    7
      •  
      • 2023年 11月 22日

      たぶんトランプさんにとってはEUの問題でアメリカは関係ない。
      もつとシャンとしてEUが頑張ってねだと思う。
      でもEUはいいなあ、日本は一緒に頑張ってくれそうな強国の友好国がまわりにない。
      ヨーロッパ大陸に日本列島が移動しないかな。
      まわりは香ばしいくにばかり。

      4
        • kitty
        • 2023年 11月 24日

        「神様、それではあまりにも日本は恵まれすぎています」ネタ。

        1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP