欧州関連

アゼルバイジャン軍がアルツァフ共和国に侵入、アルメニアも不介入

アゼルバイジャン軍は複数方向からアルツァフ共和国に侵入し始めたが、アルメニアは同問題に介入する気はなく「主権が及ぶ範囲の防衛に徹するべきで、ナゴルノ・カラバフの問題は国際社会、特にロシアが適切な措置を講じるべきだ」と述べている。

参考:Armenia continues to defend only its sovereign territory – Armen Grigoryan

アルメニアはアルツァフ共和国を軍事的に支援する気はなく、国際社会やロシアが何とかすべきだと考えている

アゼルバイジャン軍はアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ地域)に対して地上部隊を投入、最も大きな前進を見せているのは北西方向から「サルサン貯水湖」に向かう部隊で、既に幾つか集落を占領してゴズルコルプに迫っており、北東方向から前進を開始した部隊はアグダラの南にある銅鉱山を占領、南西方向から前進を開始した部隊はサリババに迫っているが、南東方向から前進を開始した部隊だけはアルツァフ共和国軍に撃退されたらしい。

出典:Google Map 管理人作成(クリックで拡大可能)

どれだけアルツァフ共和国がアゼルバイジャン軍を食い止められるのかは謎だが、アルメニア領から物理的に切り離されたアルツァフ共和国は孤立無援なので、同国のルーベン・ヴァルダニャン元国務相は「アルメニア指導部はアルツァフ共和国を認めてアルメニア人を保護する戦いに参加すべきだ」と訴えているものの、既にパシニャン首相は「ナゴルノ・カラバフ地域はアゼルバイジャン領の一部」と認めている。

アルメニア安全保障理事会のグリゴリアン書記も「我々は主権が及ぶ範囲の防衛に徹するべきで、これが共和国の最優先事項だ。ナゴルノ・カラバフの問題は国際社会、特にロシアが適切な措置を講じるべきだ。彼らは停戦協定の枠組みの中でナゴルノ・カラバフに住むアルメニア人の保護に義務を負っている」と主張、現在のアルメニア軍はアゼルバイジャン軍に太刀打ちできず、アゼルバイジャン領の一部と認めたナゴルノ・カラバフ地域に直接介入を行えば「主権を犯した」と非難されるため、アルメニアは状況を静観するしかないのだろう。

関連記事:アゼルバイジャン、武器を捨てて降伏するようアルツァフ共和国に要求
関連記事:アゼルバイジャン、停戦協定の履行と武装解除を目的に対テロ作戦開始を発表
関連記事:緊張が高まる南コーカサス、イラン大統領は如何なる変化も容認しない
関連記事:緊張が高まる南コーカサス、アルメニアとアゼルバイジャンが軍を国境地域に移動
関連記事:アルメニア首相、アゼルバイジャンと領土の相互承認で合意したと発表
関連記事:ラチン回廊封鎖105日目、ロシア軍が停戦違反のアゼル軍に下がれと要求
関連記事:緊張が高まる南コーカサス、アゼルバジャン、アルメニア、イランは一触即発の状況
関連記事:ウクライナ侵攻で結束するNATO、ロシアの失墜で空中分解寸前のCSTO
関連記事:アルメニアで数千人規模の抗議集会、ナゴルノ・カラバフを敵に売り渡すな
関連記事:イランがアゼルバイジャンとの国境で大規模な軍事演習、焦点はザンゲズール回廊

 

※アイキャッチ画像の出典:ՀՀ նախագահի աշխատակազմ

悪化する両国関係、ポーランドがウクライナ人難民に対する援助停止を示唆前のページ

ポーランドのドゥダ大統領、溺れた人間にようにウクライナは振る舞う次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ軍司令官が反撃を示唆、敵が力尽きようとしているので利用する

    シルスキー陸軍司令官は23日「バフムートで貴重な戦力を失った敵は力尽き…

  2. 欧州関連

    オランダのルッテ首相、ウクライナに初納入するF-16の準備開始を表明

    ゼレンスキー大統領は今年8月「ウクライナに対するF-16の提供数でオラ…

  3. 欧州関連

    ウクライナ支援の転換点、スイスが交戦国への武器移転を容認する方針

    スイス国民議会の安全保障委員会は24日「自国製兵器の再輸出禁止宣言の無…

  4. 欧州関連

    フィンランド国防軍、戦場認識力を改善するためドローンを最大2,000機調達

    フィンランド国防軍は11日、陸軍の戦場認識力を大幅に改善するため兵士が…

  5. 欧州関連

    トルコ、衛星通信に対応した無人航空機「バイラクタルTB2S」公開

    トルコのバイカル社は10日、Twitterにアゼルバイジャン軍の勝利を…

  6. 欧州関連

    欧州、ロシアの次の狙いはウクライナを支援する我々の武器不足

    欧州の国防当局者は「ロシアの次の狙いはウクライナを支援する我々の武器不…

コメント

    • 幽霊
    • 2023年 9月 20日

    西側諸国の考えとしてはこの侵攻は正義の侵攻になるのかな?
    その場合はアゼルバイジャンを西側諸国は支持するのかな?

    6
      • panda
      • 2023年 9月 20日

      そんな事は無いですね
      アメリカは即時停戦を要求しています

      44
      • マサキ
      • 2023年 9月 20日

      形ばかりの非難はするけど、そこまでなんじゃない?「武力行使はいけない」と一応いっておいて、事実上の黙認。

      今、欧米はウクライナ戦争が大きすぎて、こっちに目を向けてられないんじゃないかな。

      35
      • タチコマァ
      • 2023年 9月 20日

      ウクライナに当てはめると今回の戦争はウクライナ(アゼルバイジャン)がクリミア(アルツェフ)を奪還するために開戦した形になりますからね……
      元々国際的にはアゼルバイジャン領なのを不法占拠されてる形なので形式的には大義名分はあるんですよ

      23
      • トーリスガーリン
      • 2023年 9月 20日

      反対自体はしてるんですが、EUはロシアのガスの代わりにアゼルバイジャンのガスに切り替え大きく頼っている現状があります
      そのため経済制裁などに踏み切ることも難しいと思われます
      アゼルバイジャンが今回の侵攻に冬前のこのタイミングで踏み切ったのはそういえ理由もあるんでしょうね

      まぁそのアゼルバイジャンは自国で消費するガスをロシアから買ってるんでガスロンダリングみたいな事になってるんですけど…
      この状況は米国のLNGガス増産が進行するまで続くと思われます

      7
    • かた
    • 2023年 9月 20日

    規模感としては飛騨市、高山市、下呂市を領土とする飛騨高山共和国が独立を宣言して軍事的に抵抗している感じかな。よく今までもったなあ。

    43
      • 宿主
      • 2023年 9月 21日

      高山市だけでも東京都をしのいでるんだ……面積だけは
      さらに雑魚といえど飛騨市と下呂市を加えれば規模は……規模は……

      1
    • 台湾式キャバクラ
    • 2023年 9月 20日

    この感じだと日米はともかく台湾有事が起こっても国際社会は無反応だろう。

    8
      • たな
      • 2023年 9月 20日

      ヨーロッパはウクライナにすら武器と情報送るくらいしかしてませんからね。極東に戦力送る道理も能力もないでしょう。

      41
        • たむごん
        • 2023年 9月 20日

        これは仰る通りと思います、その程度なのが現実ですね。

        個々人レベルでも、遠い地の他人に(人種も宗教も違う)、自分の生活を犠牲にして支援する人は稀でしょう。

        5
      • かくさん
      • 2023年 9月 20日

      ウクライナ侵攻が直撃してるけどアルツァフがロシアを支持したせいで、支援自体が難しくなってしまった。
      彼らからしてみればそうせざるを得なかったとは言え、ロシアが短期で勝利して傀儡政権建てる位に考えてもいたんだろう。

      24
      • 第十軍団
      • 2023年 9月 20日

      その認識は古いかと、ドイツも前は親中的でしたけど今はこうでバルト三国やチェコはもっと前から台湾問題に関心持ってますよ。
      習近平氏は「独裁者」 ドイツ外相の発言に中国が反発 リンク

      2
      • nojigoo
      • 2023年 9月 20日

      「国際社会」って言葉は「世間」と同じくらい実体のないものですけどね

      9
    • 鼻毛
    • 2023年 9月 20日

    >ロシアが適切な措置を講じるべきだ。彼らは停戦協定の枠組みの中でナゴルノ・カラバフに住むアルメニア人の保護に義務を負っている
    何もできずにいるとロシア軍の機能不全が表面化しますね
    一見対岸の火事だけど、ウクライナや支援国の視点では戦争相手の権威失墜は美味しい展開と言えなくもない

    29
    • class
    • 2023年 9月 20日

    アゼル領内にある点線は何かと思ったら
    ナゴルノカラバフの最大版図なんですね

    5
    • マサキ
    • 2023年 9月 20日

    *同国のルーベン・ヴァルダニャン元国務相は「アルメニア指導部はアルツァフ共和国を認めてアルメニア人を保護する戦いに参加すべきだ」と訴えているものの

    現場は、
    「責任のない元国務相が、好き勝手外から文句言いやがって。鬱陶しい。」
    と思ってそう。

    日頃顔も見せないのに、有事の時だけしゃしゃりでてくる親戚のようだ(なおかつ、口はだすのに金は出さない)。

    21
    • あさ
    • 2023年 9月 20日

    介入を叫んでるアルメニア人は単に無知なのか無謀なのか、アゼルの差し金なのか。

    4
      • けい2020
      • 2023年 9月 20日

      少し前の記事でも書きましたが、国内外の大半のアルメニア人が現実を直視しないままなのがこの現状なのです

      >アルメニア国民:ソ連崩壊以降はアゼルバイジャンに対して欲望のまま好き放題を要求
      >アルメニア政府:現政権以前はポピュリズム政策で体外的に好き放題して、国家信用がマイナスに

      >これが30年分積み重なってるの訳で、しかもアルメニア国民は未だに自覚も反省もなく自分たちだけは大丈夫と信じてる

      15
        • 古銭
        • 2023年 9月 20日

        旧与党のアルメニア共和党はナゴルノ・カラバフ問題の融和路線指導者を何人か出してはいたのですが、民意がどうにもなりませんでしたね。テル=ペトロシャン大統領など、戦勝時の指導者であるにもかかわらず(おそらくは現実的な国力差と将来を考慮して)融和路線に向かう先見性がありましたが……

        5
    • 名無し
    • 2023年 9月 20日

    アゼルバイジャンがどこまでやるか次第でアゼルバイジャンもナチスロシアと同等扱いされそう
    ロシア以外の国がロシアと同じことしても国際的に非難されなくなったら帝国主義復活になる

    トルコ、イラン、イスラエル以外は今のロシア含めてどの国もどっちにも肩入れしたくない戦争だと思うけど
    特に台湾にとっては武力で領土を完全に取り戻されたら非常に困るよね

    5
    • さつよ
    • 2023年 9月 20日

    相変わらず見やすく美しいマップをありがとうございます。
    そこで管理人様に一つ提案したいのですが、作成されたマップの片隅にでもサイト名などを明記されてはいかがでしょうか。
    というのも、別サイトでここのウクライナの戦況マップを無断利用しているのを見つけたからです。

    13
      • 航空万能論GF管理人
      • 2023年 9月 20日

      日頃からオープンソースにお世話になっているので、管理人が作成した戦況マップに関しては自由に転載してもらって結構です。

      その為、見難くなる透かしなどは敢えて入れていません。

      39
        • GKO
        • 2023年 9月 20日

        戦況マップだけでなく、見出し・写真・本文の内容まで、ほぼ同じ記事が掲載されているサイトもありますよ。

        4
    • 折口
    • 2023年 9月 20日

    Kamil Galeevという方がアルツァフ共和国の問題について語っていてなるほどなと思ったので要約します

    ・アルメニアはソ連崩壊後にアゼルバイジャン系住民を追放し、民族の領土を大幅に広げる事に成功した
    ・アルメが隣国に与えた打撃は屈辱的であり痛快だったが、アゼル本国にとって致命的ではない
    ・90年代の勝利の後に一部領土を譲歩して永続的な国境線合意をする余地はあったが、アルメ世論はそれを許さなかった
    ・アルメは現在、人口も経済力も軍事力もはるかに大きい隣国から激しく恨まれ、既に戦争になっている
    ・90年代の勝利がアルメ国民に勝利が恒久的なものであると過信させたため、政治的な解決が出来なくなっている

    このあたりはフランス第二帝政の最後にも通じるところがあるでしょう。その時のフランス人はプロイセン軍にパリを包囲砲撃されて始めて現実を直視する事になりますが、今年のナゴルノ・カラバフ戦争でアゼルバイジャン軍にそこまでやらせてはダメなんでしょうね。アゼルバイジャン軍がアルツァフ共和国を超えてアルメニア本国に達した時、国際社会がちゃんと抑制に動けるのかがきになるところです。

    17
    • たむごん
    • 2023年 9月 20日

    アルメニアが支援に消極的・対空火器の監視があるわけですから、空路の補給も絶望的ですね。
    人口10万人~20万人しかいなのでは、抵抗継続も厳しいでしょう。

    アルメニアにとって、屈辱的な撤退ではなく、平和条約で名誉ある撤退を選んだ方が、対アゼル・トルコを考えれば得策と思うんですけどね。
    アゼルバイジャンが戦勝に盛り上がれば(アルメニアの負け方が悪すぎると)、当たり前ですが、当初の停戦条約より悪い条件を、改めて突きつけられて飲まされることになります。

    パシニャン首相・アルメニア政府、負け方によっては持たないでしょうね。

    2
    • エア
    • 2023年 9月 20日

    もはやロシアを調停に入れるのはデメリットの方が大きい

    トルコ&アゼルバイジャン
    アルメリア&米国かNATOの4者で

    アルメリア系住民の権利保護について話し合うべきでしょう

    • けい2020
    • 2023年 9月 20日

    侵略とか言ってる人が居るが、
    例えれば日本国内で県が独立宣言して、そこに外国から支援受けた外国装備の軍隊がいる状況
    これに対して自衛隊が治安出動で反乱組織の制圧を行ってるだけ

    こんな反乱組織が大統領選挙するのを認めたら、他国からの侵略工作を容認するのと変わらん

    15
      • panda
      • 2023年 9月 20日

      自国内の叛徒に対する武力行使なので国際法上の武力不行使原則には抵触しないと言う考え方はありますね

      まあアルメニアが譲歩の姿勢を示しているんだから話合いで解決すべきだとは思いますが・・・

      0
        • 古銭
        • 2023年 9月 20日

        停戦から3年近くが経過し、民意を問う戦後の総選挙に勝利し、アゼルバイジャンとの合意を公言し、不満を表明した軍部のトップをクーデター扱いで解任する程度の権力を保持した状態で、既に合意済みの内容を履行していないのが現状です。
        過去を振り返ってみても、同国の話し合いとやらは数十年では解決も履行もされない傾向にあるため、かなり理想論に近くなってしまうかと。

        11
        • けい2020
        • 2023年 9月 20日

        アルメニアが作った「アルツァフ共和国」がは話し合いに一切応じず、
        譲歩する気もなく
        停戦条件も守らず
        さらに大統領選挙強行

        解決方法は最低限の武力行使で現実を思い知らせる以外は無いのでは?

        11
    • general
    • 2023年 9月 20日

    推移によってはほぼ間違いなく起こるであろうジェノサイドがアルメニア国内に伝わったときに政府は不介入を維持できるのかどうか

    2
      • nojigoo
      • 2023年 9月 20日

      「推移によってはほぼ間違いなく起こる」ってどういうことでしょうか。「推移によっては起こり得る」ではないですか?

      3
    • パセリ
    • 2023年 9月 20日

    アルツァフ共和国が降伏したとか
    どう考えても絶望的な戦況だったし、理性的な行動が出来たのは喜ばしい所
    ただこの武力による変更は間違いなく火種が残り続けるだろうな•••

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP