欧州関連

強力な短距離離着陸能力を備えるMojave、英空母でのテストで能力を示す

英海軍は再利用可能な無人機の艦艇運用に関心があり、強力な短距離離着陸能力を備えたMojaveをクイーン・エリザベス級空母でテストし、スキージャンプ勾配や特別な着艦支援整備を使用せず運用可能だと実証された。

参考:GA-ASI Redefines Maritime Operations with Mojave

MALE-UAVは有人機を置き換えるのではなく補完する存在、対地攻撃機ではなく多目的プラットホーム

米GA-ASIはMQ-1C Gray Eagleの航続距離を拡張したExtended Rangeを開発、このMQ-1C GE-ERはエンジン出力を強化(160馬力→180馬力)することで最大離陸重量を3,600ポンドから4,200ポンドに引き上げ、燃料搭載量も600ポンドから900ポンドに増加、450ポンドの追加燃料を外部携行することも出来るため48時間もの連続飛行が可能になった。

さらにMQ-1C GE-ERを再設計してインフラが整っていない前線運用に対応させた「Mojave」を2021年に発表、この機体は強力な短距離離着陸能力を活かして非鋪装の空き地で運用できるのが特徴なのだが、英海軍は再利用可能な無人機の艦艇運用に関心があり、GA-ASIと契約してクイーン・エリザベス級空母でMojaveの運用テストを実施。

Mojaveはスキージャンプ勾配を使用することなく発艦、特別な着艦支援整備なしでクイーン・エリザベス級空母に着艦することに成功し、強力な短距離離着陸能力が空母でも有効であると実証して見せた格好だ。

英海軍がMojaveを採用するかどうかは不明だが、ファンボロー航空ショーに参加したイスラエル航空宇宙産業は「英国で幾つかのビジネスチャンスを模索している。この中には空母での運用に対応した無人航空機が含まれており、HeronやTactical Heronを空母運用に対応させる作業を進めている」と明かし、GA-ASIも2022年5月に強襲揚陸艦で運用可能なMQ-9Bの短距離離着陸バージョン=MQ-9B STOLを発表している。

もし英海軍が採用するならProtector RG Mk1(英国向けのMQ-9Bカスタムバージョン)と共通性が高いMQ-9B STOLと言いたい所だが、こちらは実機が存在しないため能力が実証されておらず、イスラエル航空宇宙産業にもチャンスが残されているはずだ。

空母や強襲揚陸艦からの運用に対応したTB3の開発も順調に進んでおり、EUから離脱した英国は安全保障分野におけるトルコとの協力を深化させているため、クイーン・エリザベス級空母でのTB3運用に関心を寄せていても不思議ではない。

Mojave、MQ-9B STOL、TB3は中高度を長時間飛行できる無人機(MALE-UAV)に分類され、ウクライナ侵攻初期にはTB2がインパクトある戦果を残したため注目を集めたものの、前線が固定化されて地対空ミサイルが行き渡ると前線上空からスペースが奪われてしまい対地攻撃任務から外れてしまったが、ロシア人ミルブロガーが運営するRYBARは「ウクライナ軍がボズネセンスクとウマニの飛行場からTB2を毎日飛ばしている」「TB2はオチャコフやユジネの上空から我々を監視している」と報告している。

出典:СБУ SEA BABY

TB2は戦術通信を中継することも可能なので、SEA BABYやMAGURA V5を使用した黒海やクリミアでの作戦に参加している可能性があり、海外市場におけるMALE-UAVの関心も低下しているようには見えず、目立った戦果を挙げられなくなったTB2=MALE-UAVは「役に立たない」と考えるのは大間違いだ。

米国、中国、トルコはMALE-UAVにソノブイ・ディスペンサーポッドを搭載して対潜戦への活用を予定、徘徊型弾薬を戦場上空まで運搬するプラットホームとしても有望で、トルコは接近拒否の領域外から攻撃を可能にする小型巡航ミサイルの開発やTB2への統合、多連装ロケットシステムで使用する誘導ロケット弾のAkinci統合を進めており、MALE-UAVの対地攻撃能力は新たな変化を見せてくるかもしれない。

兎に角、MALE-UAVは有人機を置き換えるのではなく補完する存在で、カバーできる任務も拡張を続けているため「多目的プラットホーム」と捉えた方が良く、これを対地攻撃能力だけで評価してしまうのは本当に危険だ。

関連記事:TB3やMQ-9B STOLに対抗?イスラエルも空母対応の無人航空機を開発中
関連記事:TB3に対抗? GA-ASIが強襲揚陸艦で運用可能なMQ-9B STOLを発表
関連記事:GA-ASIが新型UCAV「モハベ」を公開、軽空母や強襲揚陸艦からの運用も可能
関連記事:対潜戦のコスト削減が可能に? 米海軍がMQ-9を活用した潜水艦狩りをテスト
関連記事:中国が改良したCH-7を公開、対称戦で求められるハイエンドUAV
関連記事:英国が対潜戦向け無人哨戒ヘリ開発を発表、2025年に初飛行を予定
関連記事:トルコ、TB3はソノブイ・ディスペンサーポッドや軽魚雷を搭載して対潜戦に対応
関連記事:トルコがUCAVにTRG-230を統合、多連装ロケットシステムの航空機バージョン?
関連記事:BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:General Atomics Aeronautical Systems

ウクライナへのF-16納入開始は夏、オランダ分よりもデンマーク分が先着前のページ

チェコの取り組みが勢いを増す、ウクライナへの砲弾供給は国際市場に拡大次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    F-16V導入失敗に備えるトルコ、タイフーン購入を交渉中だと公式に認める

    トルコの大統領報道官は23日、米議会がF-16V売却を妨害する可能性に…

  2. 欧州関連

    ショルツ政権はウクライナ支援倍増で合意、40億から80億ユーロに引き上げ

    ビルド紙は11日「政府が来年度のウクライナ支援額を40億ユーロから80…

  3. 欧州関連

    独仏がウクライナと安全保障協定を締結、2024年に101億ユーロの軍事支援を約束

    英国に続きドイツとフランスが「安全保障に関する2国間協定」をウクライナ…

  4. 欧州関連

    ウクライナ諜報機関、制裁下にも関わらずロシアのミサイル生産量は増加

    ウクライナ国防省の情報総局は19日「ロシアはKh-101を月35発、K…

  5. 欧州関連

    イタリア、第6世代戦闘機「テンペスト」開発に関する3ヶ国間協定に署名

    イタリア国防省は3日、第6世代戦闘機「テンペスト」開発プログラムに関す…

  6. 欧州関連

    アルメニア首相が批判、ロシア製電子戦装置はUAVに対して役に立たない

    果たしてナゴルノ・カラバフ紛争で活躍したトルコ製やイスラエル製の無人航…

コメント

    • Whiskey Dick
    • 2024年 3月 21日

    第二次世界大戦のソードフィッシュみたいに鈍間なことを利用して対潜哨戒任務に使えるかも。
    ヘリコプターより滞空時間が長く、一般的な哨戒機のように陸地で離着陸する必要もないからオンデマンド性でも優れる。
    (まあ素早く駆け付け、低速で飛行可能で、空母に離着陸できる機体と言えばオスプレイがピッタリなのだが、何故か対潜哨戒型が作られていない)

    10
      • はらへり
      • 2024年 3月 21日

      駆逐艦などに乗せる必要があるLAMPSの代替としては
      そもそも格納庫の大きさ足りない、RAST対応しなきゃいけない、ヘリ甲板の構造変更・耐熱化、側面スライドドア必須
      空母搭載の対潜型は活動範囲がLAMPSによる哨戒網の内側なのでそんなに速度も航続距離もいらない
      ディッピングソナー使うには前進からホバリングまで迅速な転換
      が必要なんでそりゃオスプレイでは……

      11
        • Whiskey Dick
        • 2024年 3月 21日

        ヘリコプターは対戦車型も対潜型も作れるのにティルトローター機は現在輸送任務にしか使われていない。あの巨大なローターのせいで武装の取り付け位置も限られるし、ホバリングモードの機動性はヘリコプターに劣るため待ち伏せ攻撃にも使いにくい。固定翼モードは攻撃任務に使えるかというと、(速度や運用コストの観点から)ジェット式VTOL機やCOIN機の方がずっと使いやすい。
        輸送に特化するのなら民間利用も出来るはずだが、これも運用コストが高過ぎて絶望的(AW609は初飛行から20年経過したが型式承認されず)。アメリカ軍はUH60の後継機にティルトローター機を選定したが、UH60ほど多用途に対応できると思えない。

        3
      • ブルーピーコック
      • 2024年 3月 21日

      エンジン排熱の問題が解消されればオスプレイをそういう用途に用いるのもアリだったんでしょうけども。耐熱コーティングしたり、移動式の耐熱板を敷かないと甲板が変色したり歪んだりする機体を艦船上で積極活用はしたくないのではないでしょうか。

      4
      • 名無し三等兵
      • 2024年 3月 21日

      現代の哨戒機の対潜能力に求められるのは迅速に広範囲にソノブイをばら撒いて
      そこから得られる膨大な水面下の音響データを大量かつ高速に処理出来る能力です
      対水上監視であれば高性能なAESAレーダーやFLIR、ESM能力が必要です(MAD必須かは賛否両論)
      それプラス無人機との連携も今後は必須でしょう。
      オスプレイの機体規模ではどの面でも必要機材を詰め込むには中途半端で、帯に短し
      たすきに長しでコスパが悪いです。
      センサーや情報処理装置へ電力供給もエンジンパワーを発電に割く余裕は余り無いと
      思いますが。

      3
    • もち麦
    • 2024年 3月 21日

    なんとなくシュトルヒみたいに見えた

    1
    • たむごん
    • 2024年 3月 21日

    航空機の価格が上がれば、パイロットの訓練コストが高くなり、それに連れて喪失コストも高くなりますから。

    無人機で置き替えられるところは、どんどん置き替えていく流れは止まらないのでしょうね。

    13
    • 58式素人
    • 2024年 3月 21日

    艦隊の上空を常時飛んでもらって、色々として欲しいことはありますよね。
    E2Dのレーダー部分だけを積んで早期警戒任務についてもらったり、
    洋上監視レーダーを積んで、水平線に隠れる部分の監視をしてもらったり。
    対潜機の代替をしてもらったり。最近ですと、無人自爆ボートの捜索もですね。
    樹脂製の船体が増えて、レーダーに映らないなどと言っていますから、
    それならば、例えば、航跡を視るレーダーを開発装備してもらわないとですね。
    運用する機体はやっぱりMQ-9B級の大きさでしょうか。
    ならば、全通甲板型の艦が必要かもですね。

    13
    • 例のアレ
    • 2024年 3月 21日

    「TB2は戦術通信を中継することも可能なので…」もう陸自の無人機はTB2一択だろ
    イスラエル製のやつは某界隈に嗅ぎつけられて大変なことになってるし
    これから自衛隊が導入する自爆ボートのためにもTB2を導入したほうが圧倒的にお得だな

    3
      • kitty
      • 2024年 3月 21日

      >これから自衛隊が導入する自爆ボート

      これってなんか現実的な情報ありますか?
      検討していないとあまりにもアホすぎますが、実際買えるかどうかはハードルが高そうで。

      8
        • 例のアレ
        • 2024年 3月 21日

        自爆ボート型を導入するかはわからないど、水上無人艇の情報なら航空万能論の日本関係に載ってる
        どうにも、海外から輸入するようで

        1
    • まめ
    • 2024年 3月 21日

    海自にも無人海上監視機が欲しい所

    6
    • Mark
    • 2024年 3月 21日

    わいイギリス人だが、イギリスの空母って本当に問題。何度か故障するところはおいておいて、
    根本的な原因は予算削減によりCATOBARからSVTOLへの変更だが、そのつながりでF35Bしか使えなくなってしまい、
    米国側でも言われているが、F35だけ飛ばす空母はありえないのだと。F-18のようなコスパの良い飛行機(空母用Gripenは俺の一押し)を飛ばさないとますますお金がかかってしまい、すでに圧迫中の防衛費がこの空母でさらに圧迫。

    その結果イギリス海軍はSTOBAR、後にCATOBARに移行するプロジェクトを立ち上げていて(”Project Ark Royal”)、直そうとしているが、予算がまたや課題となるところだろうね。

    その裏、こういう無人機が低コストで短期間で上の課題解決に使えるのでは、と思っているわけね。。

    なお、日本にも言えることだが、F35Bはいろいろ課題があって、特にアメリカの束縛があって、アメリカ側が引き渡し後でも厳しくセキュリティ要求することもあって、アメリカ製を買うのって課題だらけ。

    16
      • 58式素人
      • 2024年 3月 21日

      コメントを読ませていただいて。
      ハリアー2/AV-8Bの後継を作ることはあるでしょうか。
      ペガサスエンジンの出力を大きくする形で。
      F-35Bと組み合わせて使う形で。

      3
      • Whiskey Dick
      • 2024年 3月 21日

      CTOL空母は艦載機の性能条件は緩和されるものの、船の方が大規模・複雑・高価になってしまうのが難点。
      現在実用化されているVTOL戦闘機はハリアーとF35Bだけで、新規製造だとF35Bしか選択肢が存在しない。これだと競争原理は働かないし、F35Bに深刻な欠陥が見つかった場合にVTOL空母が全部使い物にならなくなるリスクもある。
      アメリカ以外の戦闘機開発計画としてイギリスが率いるGCAPとフランスが率いるFCASがあるが、両者共に双発のCTOL機を想定しておりF35Bの代わりになる有人戦闘機は当分開発されそうにない。GCAP計画ではかなり大出力のエンジンが想定されているので、このエンジンの単発でVTOL戦闘機を作れれば良いのですが(そんな余裕は無いだろうけど)。

      2
        • Mark
        • 2024年 3月 22日

        コメントありがとうございます!
        イギリスはHarrierを2010年に破棄してしまってるためもう無理かと。新たに製造となると、単独での製造となれば費用が懸念となるため、USMCとか、日本みたいなVTOl空母保有国が次世代Harrierに参加すればなんとかなるかもだが、デザインは古いので。。

        発送はすきだか。。

        あとGCAPが空母用作らないと言ってるらしく。。

        2
    • ラドン
    • 2024年 3月 21日

    日本のいずも型もF35搭載の軽空母化じゃ無くこういう無人機搭載型の無人機空母にしてしまえば良いのに。
    ・・・という願望を抱いている俺。
    仮にやるとしても現実的にどう使えるのかわからないけど。

    4
      • 匿名
      • 2024年 3月 21日

      いずも型である必要もない(次級強襲揚陸艦)し、F-35Bが離陸出来るならSTOL型のMALE-UAVは離着艦は問題なさげ。
      いずも・かがは容積の少なさが問題視されますが、試験艦と割り切りいろいろ運用実績を積んでみるのは悪くないのでは。

      3
        • nabe
        • 2024年 3月 22日

        ひゅうが 「ワイは?」
        いせ 「・・・」

        2
      • うみ
      • 2024年 3月 21日

      無人機有人機に関係なく、手段を多様化させるプラットフォームであることが空母の1番の魅力だからね。

      1
    • 金 国鎮
    • 2024年 3月 21日

    空母を使うので話が混乱してくる、空母は必要ない。
    無人飛行機にはそれに対応した離着陸システムを対応させればいい。
    空母は金食い虫、アメリカは特別な国。

    中国の空母を見て、ああ狂っているね。
    アメリカに対する劣等感がそうさせるのだろう。
    戦前の日本海軍とと同じ発想だ。

    5
      • Mark
      • 2024年 3月 21日

      英国は二つ作ってしまったが、一つが予備だとか言って、噂ではオーストラリアかどっかに売却するかも、と言っているね。国内の反発は激しいんで、簡単に判断できないが、売却したお金と運営費の節約、乗組員を開放することで、その他戦艦増やせるとか言ってるが、、政治家は信用ならんので結局減らすだけというのが予想できる。

      2
      • ブルーピーコック
      • 2024年 3月 21日

      成る程。空母に無人機を載せた中国は、アメリカに劣等感抱えた大日本帝國のような愚かな国だと。

      2
    • ブルーピーコック
    • 2024年 3月 21日

    戦闘機でいうところのマルチロール機ということなんだろうけど、まだまだ分化してカテゴライズするのが難しくなりそうな。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP