インド太平洋関連

タイがMQ-1CクラスのDP-20Aを発表、BZK-005のライセンス生産か

タイ企業がバンコクで開幕した防衛装備の見本市で国産UCAV「DP-20A」を発表、耐空証明を取得するための試験が行われていると明かして注目を集めている。

参考:Defense & Security 2022: ATIL unveils DP-20/A MALE UAS
参考:D&S 2022: Thai-Chinese joint venture unveils DP 20-A UCAV

DP-20AはBZK-005Cのライセンス生産だという指摘もあるが、中身まで同一なのかは不明

タイ海軍は海上監視と戦術的任務の強化・支援のためヘルメス900を導入すると今年7月に発表したばかりだが、タイ国防技術研究所、タイ企業、中国企業の3者で設立されたAero Technologyは29日、バンコクで開幕した防衛装備の見本市Defence & Security 2022で国産UCAV「DP-20A」を発表した。

DP-20AはMALE(中高度を長時間飛行できる無人航空機のこと)タイプのUCAVで、EO/IRセンサーを活用した情報・監視・偵察(ISR)、目標への照準、戦場評価に加え、機外に合成開口レーダー、SIGINT機器、戦術通信の中継機器、対地攻撃の兵器なども携行することが出来るらしい。

Aero Technologyの関係者は「DP-20Aの開発自体は完了済みで耐空証明を取得するための試験が行われている。DP-20Aと関連システムの約80%は国内で製造される」と述べており、恐らくタイ軍は国内で製造されるDP-20Aを導入するつもりなのだろう。

出典:Weibo BZK-005E

ただDP-20AはAero Technologyが開発したオリジナルのUCAVではなく、日本周辺にも飛来し始めた中国製UAV「BZK-005」の武装バージョンで、機体の名称をBZK-005CからDP-20Aに変更しただけ(ライセンス生産という意味)という指摘もあるが、BZK-005CとDP-20Aの中身まで同一なのかは不明だ。

因みにインド太平洋地域では武装可能なUCAVの開発や共同生産が次々と始まっており、中国を除く国で進められて計画(管理人が把握してもの)は以下の通りだ。

戦闘機随伴タイプではない武装可能なUCAVの開発や共同生産
韓国 MUAV MQ-9を上回る大型UCAV 2023年に量産・配備予定
台湾 騰雲II型 MQ-9クラス 2023年~2024年頃に量産開始予定
パキスタン Shahpar-2 TB2クラス 実戦配備済みで海外市場に売り込み中
インドネシア Black Eagle MQ-1Cクラス 地上走行試験中
インド 名称不明 大型UCAV 開発中
カザフスタン アンカ MQ-1Cクラス トルコとアンカを共同生産
タイ DP-20A MQ-1Cクラス BZK-005Cのライセン生産

追記:パキスタンがトルコ製UCAV「バイラクタルAkinci」を導入済みだと最近判明している。

関連記事:タイ海軍、イスラエルからヘルメス900×7機を1.2億ドルで導入
関連記事:カザフスタン、MQ-1Cに匹敵するUCAVアンカをトルコと共同生産
関連記事:インドネシア、国産UCAV向けの精密誘導兵器をトルコと共同開発
関連記事:台湾製UCAV「騰雲II型」が順調にテストを消化、2023年に量産開始
関連記事:国産UCAVの開発が完了した韓国、量産を開始して2025年までに実戦投入
関連記事:米メディア、中国軍の無人機は電子情報を収集しながら空自の戦闘機にダメージを与える

 

※アイキャッチ画像の出典:Defense and Security 2022

SAAB、グリペンの輸出が失敗続きなのは機体の問題ではなく政治の問題前のページ

日本のイージス・システム搭載艦は基本排水量約2万トン、ズムウォルト級を超える巨艦?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    水上艦にもカミカゼドーロンの脅威、イスラエルがアジア諸国に海上発射型ハロップを輸出

    無人航空機(UAV)の開発・製造大手のイスラエル航空宇宙産業(IAI)…

  2. インド太平洋関連

    韓国、防衛費分担金の見返りとして「禁輸指定兵器」販売を米国に要求?

    韓国軍は、米国側が50億ドル(約5,440億円)もの防衛費分担金を要求…

  3. インド太平洋関連

    協定破棄で困るのは日本?韓国、北朝鮮「弾道ミサイル発射」事実把握で日本に負ける

    韓国大統領府は、日本が韓国よりも10分早く、8月24日早朝に北朝鮮が弾…

  4. インド太平洋関連

    中国軍が使用するドローンから逃れられない台湾、RWSを活用した野戦防空能力強化に着目

    台湾の国防安全研究院は脅威が高まる小型ドローン対策にRWS(リモートウ…

  5. インド太平洋関連

    なぜ日本だけ? 先端兵器の共同開発に米国から声がかからない韓国の悩み

    韓国は日本と比較して2倍近く米国から武器を購入しているにも関わらず、米…

コメント

    • TO
    • 2022年 8月 31日

    タイに遅れを取る日本
    絶望的な決断力の遅さ、先見性の無さが招いた結果といえる

    31
      • 匿名
      • 2022年 8月 31日

      日本政府に決断力が無いのはない。憲法9条が邪魔をしているのだ。専守防衛を規定している日本の法律に抵触してしまう恐れがあるから、日本政府はUCAVの生産や輸入に消極的なだけだ。
      憲法9条さえなければ、今ごろ日本はもっと攻性の正規軍を保有していたはず。日本政府とてUACVの有用性は理解しているはず。ただ「専守防衛」という法の壁を乗り越えられないだけなのだ。
      だから、「決断力が無い」として責を負うのは日本政府ではなく、憲法9条を撤廃する決断ができない「日本国民」なのだ。

      3
        • TDNトーシロ
        • 2022年 8月 31日

        日本のドローン導入が遅れてるのは憲法の問題というよりドローン規制法の問題なんでは?
        確か人口密集地帯での完全自立運用の規制が解除されるのは今年中だったはず。航空祭や基地祭に行ったら分かるけど自衛隊基地って大抵住宅地や工場地帯に囲まれてるんだよね。
        なのでドローンの本格導入が進むのは来年以降になるんでは?

        3
        • どろん
        • 2022年 9月 01日

        自衛隊がドローンを導入できないのは、航空法と電波法の規制に抵触するからですよ。

        決して政府や自衛隊が消極的なのではなく、導入したくてもできないのです。

        これから導入されるシーガーディアンは、どのようにしてこれらの規制をクリアしたのか興味あります。

        3
    • 58式素人
    • 2022年 8月 31日

    以下は妄想です。
    こういうUAVを墜とすのは高高度迎撃用ミサイルは高価で勿体無いので、
    複数回使用できる極く小さな遠隔操縦の単発ジェット戦闘機を妄想しています。
    武装はM2ブローニング×2丁で充分かと。
    火薬カタパルトかRATOで発進し、エマージェンシーネットで回収、
    高度2万mまで上がれて、行動時間は1時間くらい。亜音速。
    支援装備を10t車1台で持ち運べる大きさで。小型艦でも運用可能。
    どなたか、こんなものを作ってくれないかと妄想します。
    操縦ははゲーマー(!!)の方にお願いするということで。

    4
    • 匿名
    • 2022年 8月 31日

    パキスタン
    洪水被害が凄いようですが軍へのダメージはどうなんでしょうね

    1
    • 新・にわかミリオタ
    • 2022年 8月 31日

    本邦も国産で1から作るよりも、ライセンス生産や技術援助を受けて開発する方が手っ取り早くていいですね。
    今から調査、分析、検討、(技術研究)、計画立案、開発、実践配備していたら、一体何年かかるのかわかりません。
    無人機に関してはやる気のある企業が沢山ありましたが、防衛省の判断があまりにも遅過ぎました。

    9
    • 無無
    • 2022年 8月 31日

    試しに少数の導入を働きかけて、タイがどう反応するか見たいな
    中国が黙認するか、あるいはしたたかなタイが商売人に徹するか
    手に入れたらかまわず分解しまくる

    1
    • tsr
    • 2022年 8月 31日

    日本ほどの海洋面積があるなら、無人機を国産開発してもペイできるほどの官公庁需要があるはずなんだけどなぁ。
    技術力・資金力は十分あるはずだから、もう本当に意思の問題か。

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP