ウクライナ戦況

ゼレンスキー大統領がザルジニー総司令官の交代を発表、後任はシルシキー大将

ザルジニー総司令官の交代が噂されてきたが、ウメロフ国防相は8日「ウクライナ軍の指導者を交代させることを決定した」「これまでのザルジニー氏の功績と勝利に心から感謝している」と発表、ゼレンスキー大統領も「シルシキー大将を総司令官に任命した」と発表した。

参考:Рустем Умєров
参考:Zelenskiy Official

どのような立場でザルジニー氏がチームに残るのかは不明

総司令官交代の噂についてゼレンスキー大統領は「軍事面を含む部門の指導者を交代させて体制をリセットしなければならない」「これはウクライナを導く人間の問題で新たな始まりが間違いなく必要だ」「そのための交代について考えているが1人で済むとは言えない」「もし我々が勝利を望むのであれば皆を同じ方向に向かわせなければならない」と述べ、Ukrainska Pravdaは「今週の半ばに交代が行われるかもしれない」と報じていたが、ザルジニー総司令官の交代が正式に発表された。

出典:Головнокомандувач ЗСУ

ウメロフ国防相は8日「ロシアとの戦争中にウクライナ軍を率いるという最も困難な任務をザルジニー将軍は担っていた。我が軍は国民と共に自国を守るため戦えることを全世界に示した。我が軍の兵士達も侵略者の猛攻を退け、国家としての地位と独立を守り続けている。しかし戦争は続いている。戦争は変化を要求する。2022年、2023年、2024年の戦いは3つの異なる現実だ。2024年に新たな変化をもたらすには新たなアプローチ、新たな指導者が必要で、ウクライナ軍の指導者を交代させることを決定した。これまでのザルジニー氏の功績と勝利に心から感謝している」と発表。

ゼレンスキー大統領も「ザルジニー将軍と何を変えるべきかについて率直に話し合った。今日から新しい指導陣がウクライナ軍の指揮権を引き継ぐ。私は最前線で戦う兵士、参謀本部、参謀総長が同じビジョンを共有することを望んでいる。私はキーウ防衛戦やハルキウ解放作戦で成功した実績をもつシルシキー大将を総司令官に任命した。効果的な変化をウクライナ軍にもたらすことで2024年を成功に導くことが出来るだろう」「ザルジニー将軍はチームの一員として残り続けることに同意した」と述べた。

出典:PRESIDENT OF UKRAINE

噂されたシャプタラ参謀総長の交代については触れられておらず、どのような立場でザルジニー氏がチームに残るのかも不明だが、ゼレンスキー大統領は前回の会談で「英国大使のポスト」を提示したと噂されている。

追記:ウクライナ人ジャーナリストのブトゥソフ氏は「ゼレンスキー大統領がザルジニー氏に英国大使、国家安全保障会議書記、自身の補佐官のポストを提示した」「ザルジニー氏は戦争中に軍属を離れて民間職に転向することを拒否した」と述べている。

関連記事:ウクライナメディア、ザルジニーに加えてシャプタラ参謀総長の更迭も検討
関連記事:ゼレンスキー大統領、初めてザルニジー交代や戦争戦略の変更について言及
関連記事:ザルジニー総司令官が反攻作戦の評価に言及、私が間違っていた
関連記事:ザルジニーとは対称的なゼレンスキー、来年に向けた具体的な計画があると主張
関連記事:サリバン大統領補佐官、ザルジニー解任はウクライナ政府の問題で関与してない
関連記事:ウクライナの主権に関わる選択、ホワイトハウスはザルジニー解任に反対しない
関連記事:ゼレンスキー大統領、軍や米英の圧力を受けてザルジニー解任を覆した
関連記事:BBC、ザルジニー解任は時間の問題で両者の相違は限界に達している
関連記事:ウクライナメディアがザルジニー解任を報道、大統領府や参謀本部は否定

 

※アイキャッチ画像の出典:Zelenskiy Official

深刻な兵士不足、ウクライナ軍の大隊指揮官は戦線が何れ崩壊すると警告前のページ

ザルジニー総司令官の解任理由、結果を出せなかった昨年の戦術を見直すため次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    反攻作戦の進展が遅い原因、ウクライナ軍の作戦スキルが不足しているため

    西側諸国の安全保障や軍事分野のアナリスト達はウクライナ軍の反攻作戦が行…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍の自爆型ドローン、ロシア軍設置のネットを回避して攻撃

    ロシア人は「道路を走行する車輌」を無人機の攻撃から保護するため電信柱に…

  3. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ホワイトハウスはロシア軍の攻撃が続くと予想

    ホワイトハウスのカービー報道官は26日「アウディーイウカに対するロシア…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻346日目の戦況、ロシア軍がドンバス全体で攻勢に出る

    ロシア軍はクピャンスク、リマン、バフムート、ヴーレダー方面で攻勢に出て…

  5. ウクライナ戦況

    バフムート市内の戦い、ウクライナ軍の第56旅団駐屯地にロシア軍が到達

    ウクライナ軍はクロモヴェ方面のロシア軍を押し戻すため反撃を開始したが、…

コメント

    • たむごん
    • 2024年 2月 09日

    ザルジニー総司令官、英国大使の候補ですか。
    国外に行きますが、かなり重要なポストではありますね(権力闘争とは無縁になるでしょう)。

    ザルジニー総司令官が交代して、ウクライナ軍の何が変わるのでしょうね。
    クリンキのように、局地的な攻勢が増えれば、ウクライナ軍がより厳しくなるように思うのですが…。

    17
    • ぱんぱーす
    • 2024年 2月 09日

    後任はゼレンスキー大統領の言いなりで有名なシルスキー大将ですか……。
    他に全軍を指揮出来そうな将軍も居ませんし、序列から言っても順当ですが、兵に人気が無いので士気はガタ落ちでしょうね。
    うーん、これで果たして状況が改善するんでしょうか。
    悪い予感しかしてきません。

    39
      • 無名
      • 2024年 2月 09日

      確か指揮したとこで兵士の損害が凄くて兵からの人気無いんでしたっけ。
      政府に唯々諾々に従って死守命令や攻勢やらして人的資源損なって、防衛すらままならなくなるとかにならないといいんですけどね。

      13
      • マサキ
      • 2024年 2月 09日

      ロン○ル「なんか、昔こんなことがあったような?デジャブかな?」

      総○閣下「政治が軍の現場に口出しすると、ろくなことにならないのを、私は身をもってよーく知っている」

      23
    • すらい
    • 2024年 2月 09日

    アウディーイウカ陥落後に責任を押し付けて交代すると思ったが、今交代するって事は増援出すのか?
    あと1週間は耐えるだろうが、交代直後にアウディーイウカ陥落が報道されたらシルスキーとして最悪の滑り出しだと思うんだが

    48
    • マダコ
    • 2024年 2月 09日

    現状をマシな状況にするには、ゼレンスキーを交代するべきかと。

    45
    • 野良猫
    • 2024年 2月 09日

    敗軍の将になる前に更迭されるから後世の人気はさぞ高まるだろうな
    功績への報いかね

    32
    • 匿名さん
    • 2024年 2月 09日

    政敵になるかもしれないザルジニーを、
    このタイミングで解任するのかと思っていたけど、
    5月くらいにあるべき大統領選を考えると、
    それまでに「英国大使のポスト」を与えて外国に行かすか、
    軍の指導層から不安分子を一掃するためかな。

    今のところ、ゼレンスキー自身の保身のためと思える。

    26
    • 名無し
    • 2024年 2月 09日

    バフムートでの損害を厭わない無謀な攻撃を指揮したことから「肉屋」の蔑称で呼ばれ、あまりの無能さに前線の兵士たちからも滅茶苦茶に嫌われている人物を総司令官に据えるということは、キエフ首脳部にゴマをすって言いなりになるだけで足場を固めてきたような人間なので、ゼレンスキーらも御しやすいし自分たちの思うままに軍事作戦を遂行できると考えてこの人事にした感じなのでしょうね

    ロシアへの反感から諸外国もドン引きするレベルのドイツびいきやネオナチに被れたウクライナ民族主義者が元々多くマイダン革命以降それに拍車がかかったとはいえ、こんなところまで第三帝国リスペクトしなくてもいいというのに…

    29
    • nanashi
    • 2024年 2月 09日

    シルスキーはゼレンスキ―の命令によりアヴディーイウカへ大規模な増援を送ることを決定する。
    なんて怪情報がSNSで飛び交ってるんですが本当でしょうか、防衛線に移行し戦力温存に努めると言っておきながら、これ以上の戦力の消耗は無いと思うのですが。
    この戦争の行方が益々よく分からなくなってきましたね…。

    13
      • 琥珀
      • 2024年 2月 09日

      人が足りないから徴兵って話が軍から出てて、政府は増税やらしないと出来ないからしたがらないって話でしたけど、増援の為の兵力あるんですかね?
      もし本当に増援するとして普通に考えたら他所から抽出して持ってくるですけど、それやると他の場所の戦力差が開いてそこが地獄になりそうですが。

      15
    • ななしびと
    • 2024年 2月 09日

    動員もままならないのにシルスキーが後釜ってもうウクライナ兵の損耗耐えられなくなるだろ……

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP