欧州関連

英国もトルコからバイラクタルTB2を導入? 真剣に英国がトルコ製UAV導入を検討中

トルコのヴァランク産業技術大臣は今月15日、CNNの取材に対して「英国がトルコ製UAVの導入を真剣に検討している」と語り注目を集めている。

参考:UK interested in Turkish drones, we presented options: Minister

英国がトルコ製UAVを本当に導入すればNATO加盟国のポーランドがTB2を導入した以上の衝撃をもたらす

トルコが開発した無人航空機「バイラクタルTB2」は24時間以上の偵察・監視ミンションに加え、専用に開発された精密誘導兵器シリーズ「MAM」を携行することで地上や海上を移動する目標を遠距離(レーザー誘導式のMAM-Cなら最大8km、GPSと慣性航法を追加したMAM-Lなら最大14km、小型の主翼を備えたMAM-Tなら30km~80km)から攻撃することも可能で、昨年のナゴルノ・カラバフ紛争で目覚ましい活躍を見せたため「戦争のルールが変わった」とまで言われている。

出典:Savunma Sanayii Başkanlığı バイラクタルTB2

この活躍を受けてトルコのヴァランク産業技術大臣は「多くの国からトルコ製UAVを販売して欲しいという要請が届いており、近いうちに欧州の空を飛んでいるバイラクタルTB2とアンカを目にすることになる」と語っていたが、NATO加盟国のポーランドが今年5月にTB2を24機導入すると発表、6月にはアルバニアがTB2を調達するための資金を予算に計上、ラトビアのパブリクス国防相はトルコを訪問してTB2導入を示唆する発言を行うなど待望の欧州進出が実現のもになったため海外メディアは「NATO加盟国がTB2の実力や有効性を認めた」と報じている。

一方でTB2は中東やアフリカ諸国からの受注も相次いでおり、今年4月にモロッコがTB2を13機導入、8月にはイラクがアル・ジュブリ国防相がトルコとTB2導入で合意したと発表、10月にはエチオピアへのTB2輸出が成立(ルネサンスダムで対立するエジプトを刺激しないため非公式の取引らしい)したと噂され、ブルガリア、ハンガリー、セルビア、ソマリアといった国も水面下でTB2導入交渉を進めているらしい。

上記の情報が全て事実ならTB2の運用国はトルコ、カタール、リビア、ウクライナ、アゼルバイジャン、モロッコ、ポーランド、イラク、エチオピアの計9ヶ国に拡大したことになり、これにアルバニアやラトビアなどが加われば二桁の国がTB2を導入することなるのだが、ここに英国が加わるかもしれないというニュースが飛び込んできた。

関連記事:快進撃が続くトルコの無人航空機、今度はモロッコがバイラクタルTB2導入を決定
関連記事:ポーランド国防相、実戦で能力が証明された「バイラクタルTB2」24機購入を正式発表
関連記事:20世紀の戦争を変えたAK-47に例えられるバイラクタルTB2、今度はラトビアが導入か
関連記事:仏新聞が「飛ぶように売れる」と表現するトルコ製UAV、アルバニアが購入に動く
関連記事:飛ぶように売れるトルコ製UAV、ポーランドやモロッコに続きイラクがTB2導入を表明

英国のベン・ウォレス国防相は昨年12月に英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)が主催の会議でTB2の活躍を取り上げ「これは無人航空機の分野でトルコが如何に先んじているかを示す一例だ、トルコが開発したシステムはシリアやリビアで何百輌も戦闘装甲車輌や防空システムを破壊することに成功した」と語り、英国防省も「アルメニア人を大勢撃破してナゴルノ・カラバフの占領地域返還を決断させる状況に追い込むのに決定的な役割を果たした」とTB2の活躍を認めて安価で武装可能な無人航空機を調達することを検討していると言われていた。

出典:Royal Navy / OGL v1.0 空母クイーン・エリザベス

さらにEU離脱後の英国は防衛産業分野の協力や安全保障問題についてトルコと急接中で、今年4月にはウォレス国防相が空母プリンス・オブ・ウェールズにトルコのアカル国防相を招待して艦内を案内(クイーンエリザベス級空母の設計図売却の噂もある)するなど両国の親密さは加速度的に上昇しており、管理人は英国がTB2を導入したり両国が無人航空機の共同開発を行うのではないかと思っていたがヴァランク産業技術大臣は15日「英国がトルコ製UAVの導入を真剣に検討している」と明かして注目を集めている。

関連記事:英国軍、バイラクタルTB2の成功を受けて安価なUAV調達を検討
関連記事:英国、トルコにクイーン・エリザベス級空母の設計図売却と建造支援を提案か

CNNトルコの取材を受けたヴァランク産業技術大臣は「我々はトルコ製の武装無人航空機に大きな関心を示している英国に提案を行っている」と明かして「彼らは真剣に検討を行っており決断を行う必要がある」と付け加えたが、何を英国に提案したのかについてまでは明かしていない。

恐らく英国に提案しているは「バイラクタルTB2」か今年9月に実戦配備に入ったばかりの「バイラクタル Akinci」のどちらかだろう。

出典:Baykar バイラクタル Akinci

新型のAkinci/アキンジ(オスマン帝国時代に偵察や先遣部隊として用いられた軽騎兵を指す語句)は大型の双発機で米国のMQ-9を上回る最大離陸重量を誇り、ペイロードはTB2の10倍に達するためトルコ軍が最も期待している無人機航空機の1つだ。

本機はEO/IRセンサーに加えTB2ではオプション扱いだったAESAレーダーを標準搭載、精密誘導兵器MAMシリーズに加え国産対戦車ミサイルL-UMTAS、国産精密誘導キッドを装着したMk.81/Mk.82/Mk.83、国産バンカーバスターSARB-83とNEB-84、国産巡航ミサイルSOM-A(射程250km)、国産短距離空対空ミサイルMerlin(推定射程65km)、国産中距離空対空ミサイルPeregrine(射程不明/AIM-120D相当らしい)、国産対レーダーミサイルなどを運用をすることが可能でISR任務と本格的な戦闘任務の両立が可能になっている。

関連記事:トルコ、MQ-9に匹敵する新型無人航空機「バイラクタル Akinci」の実戦配備を開始
関連記事:トルコの新型無人航空機「バイラクタルAkinci」の引渡式典に日本の駐在防衛官も参加
関連記事:トルコ、UAV専用の精密誘導兵器MAMシリーズに滑空爆弾「MAM-T」を追加

まぁTB2とAkinciのどちらを英国に提案しているのかは今後の続報で判明すると思うが、仮に英国がトルコ製UAVを本当に導入すればNATO加盟国のポーランドがTB2を導入した以上の衝撃で、MQ-9を英国に輸出している米国のGA-ASIは完全に青ざめるに違いない。

出典:public domain MQ-9リーパー

因みに英国防省は今年3月、海軍のクイーン・エリザベス級空母に搭載することを想定した電磁式カタパルトとアレスティングワイヤに関するRFI(情報提供依頼書)を発行しているだが、、このシステムに要求される射出/回収性能はF-35BやF-35Cなどの戦闘重量に対応していないため有人機よりも小型な無人航空機向けだと言われている。

関連記事:英海軍、空母で無人航空機を運用するため電磁式カタパルト採用を検討か
関連記事:トルコ、スキージャンプと射出装置の組合せで強襲揚陸艦から「バイラクタルTB3」を運用か

もし英国に提案しているトルコ製UAVがこれに関係あるなら現在開発を進めているTB2の艦載機バージョン「バイラクタルTB3(TB2よりも大型化しており2022年に初飛行予定)」の可能性も出てくるので、英海軍のクイーン・エリザベス級空母でトルコ製UAVが運用される日が来るのかもしれない。

出典:Baykar

TB2の有効性についてはポーランドの国防相が興味深い説明を行っているので興味のある方はぜひ一読されることをお勧めします。

関連記事:バイラクタルTB2導入理由を語るポーランド国防相、実戦での実力を疑問視する声にも反論

 

アイキャッチ画像の出典:baykarsavunma

ボーイング、米空軍が調達計画している新しい戦術訓練機にT-7Aを提案することが濃厚前のページ

ヘリテージ財団が米軍の評価レポートを発表、空軍は何を優先すべきかが分かってない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナにHIMARSが到着、バイデン政権はHIMARSの追加提供を発表

    ウクライナのレズニコフ国防相は「米国が提供を約束した多連装ロケットシス…

  2. 欧州関連

    駐英ウクライナ大使、戦争回避のためNATO加盟を断念するかもしれない

    ロシア軍侵攻のリスクが高まる中、駐英ウクライナ大使のヴァディム・プリス…

  3. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ポーランドから追加の自走砲KRABを受け取った

    キーウを訪問したブラスザック国防相と会談したゼレンスキー大統領は12日…

  4. 欧州関連

    ドイツ、T-72を250輌提供したポーランドへ提供する戦車の数は20輌か

    ドイツの連邦議員は「300輌近い戦車の補填としてドイツはポーランドに2…

  5. 欧州関連

    ウクライナ外相、ロシアとの戦いに参加希望の外国人が2万人に迫る勢い

    ウクライナのクレバ外相は6日、ロシアの侵攻に抵抗する戦いに参加する外国…

  6. 欧州関連

    ポーランド、国産の歩兵戦闘車と並行して韓国製Redbackのテストも開始

    ポーランドのブラスザック国防相は機械化部隊に配備する歩兵戦闘車について…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    イギリスがトルコのUAV導入!?
    ちょっと信じられん。観測気球的な発言なのでは?

    6
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      切羽詰まっているのかのう。

        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        トルコリラが最安値更新してますね…

      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      信じられないって何で?

      9
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      観測気球ってなんにしても通ぶれる言葉でいいね

      2
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    強い興味があるのは確かなんでしょうが、導入の可否は評価試験の結果次第。
    コスト面も含めイギリスの運用構想を満足できるか、サンプル購入し独自の規格基準で評価してからでしょう。

    2
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    日本も試験的に導入したら?
    次期装甲車はそうやって比較してるんだから。

    26
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    アキンジの武装がオールトルコですが、イギリスの武装は使えるのかな
    そのあたりの改修やってもまだアメリカ製より安いですよ、って事なんだろうか

    1
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      バイラクタルの武装の真骨頂は、バイラクタルありきの無推進滑空爆弾(MAM)だから、載せれるイギリスの武装が無いでしょう。
      重いロケットエンジンが載ってないから、ヘルファイアの半分の重量で、ヘルファイアと同等の弾頭量、エンジン無いけどヘルファイアと同等以上の射程というチート兵器。

      1
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        チートもナニも推進剤無い時点で運用の幅が狭まるでしょ(高空を飛ぶプラットホームにほど射程が伸びる)。チートが発揮出来るのは相手に高性能なレーダーと長距離対空ミサイルが無いときだけだからな。離島攻撃する時にESSM積んでいるような艦が近くに居たらアウト、地上でもASTER 30-SAMP/Tや中SAM、S-300ミサイルシステム、パトリオットPAC-2あたり装備されてたら、そもそも攻撃の機会なんて無いと思うが。

        2
          • 匿名
          • 2021年 10月 22日

          ほうほう、イギリスが購入を検討しているバイラクタルに、MAMを載せずにイギリスの武装を載せると、それらが解決できるんですかね。

          1
          • 匿名
          • 2021年 10月 23日

          正規戦回帰と言われても、目の前にあるMOOTWが辞められる訳ではない。「高性能なレーダーと長距離対空ミサイル」を持たない相手と戦うのに膨大なコストを蕩尽したイギリスにすれば、適正な値段で適切な性能の機体が欲しいのは当たり前。

          2
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    うちの国でも研究用に2、3機は買って欲しい所
    お試しするのも躊躇われるような高額な兵器ならともかく安いんだから
    百聞は一見にしかず、まずは使ってみることが大事だと思う

    11
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      グローバルホークをすでに3機買ったから財務省が文句言ってくると思う
      納入前にすでに時代遅れになりそうだよなぁ・・・

      7
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        用途が違うんだし…。
        バイラクタルのデザイン、可愛くねぇんだよなぁ。
        も少し何とかならんか。
        あと、武装も買わにゃいかんのがネック。
        ミソ作れんのかなぁ。

        4
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        用途も違えば値段も全然違いますよ

        11
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      来年度概要求に「小型の攻撃型UAVの運用に係る研究」として3,000万円を計上してるけど、これじゃ買えないね。
      運用要領の研究てことだから情報収集かバーチャルシミュレーションでもやるんだろうか。

      8
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        小型と言うならスイッチブレードあたりの話では?

        2
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      そもそも安いの基準ってどれ位だよ。日本で使うならバイラクタルTB2の衛星通信は欲しい所だから1機+システム一式含めりゃ多分10億円で済まないだろ。具体的にどういう使い方を想定して研究用としてこんな高価な機体買えと言ってるの?1回マップでMQ-9とバイラクタルTB2の巡航速度でそれぞれ同心円描いてみて比較したらどうかな。正直、バイラクタルTB2レベルだと展開時間が長すぎてかなり事前に予測なりして展開してないと活用も出来ないと思うんだが?これは攻撃にも言える事で速度が遅いと言う事は弾薬補充にも時間が掛かると言う事。

      6
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        TB2はシステム込みで1機あたり6億円もしないけど、衛星対応にすると倍になるのか?

        ありえんだろ。

        因みMQ-9はシステム抜きの米軍調達価格で約35億円ぐらい。

          • 匿名
          • 2021年 10月 22日

          嘘はやめよう
          TB2の機体単価は500万ドル システム込みで1150万ドル
          衛星通信版はこれの1.5倍と言われている
          リンク

          4
          • 匿名
          • 2021年 10月 23日

          モロッコの価格530万ドルにはからくりがあり、偵察に必要な地上の情報分析機器を購入していない
          おそらくモロッコのTB2は観測と攻撃しか行えない

          2
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    UAV界のカーデンロイドだな。立場が逆だけど

    自衛隊はかつて防弾装備の検証にAK47やRPKを買ったと銃の雑誌で読んだので、そういう前例があると言い切ってこれを買わないかな。1から作るよりはパク・・・お手本があった方がいいと思うんだ

    9
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    ぶっちゃけAESA積んで空母運用出来るなら、シークラッタの問題はあるかもしれんが早期警戒機としてはありかもな。

    9
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    残念ながら自衛隊にはこういった無人機を試験調達する予算すらないのだ

    1
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    非武装化して警察・消防や行政が購入するメリットは在りそうだな
    防犯や防災と無人機運用ノウハウ目的に
    それよりも試験的に自衛隊が購入できればいいけどね
    米軍に邪魔されるだろうが

    2
      • 匿名
      • 2021年 10月 22日

      それはすでに海保がシーガーディアンを購入してやってる

      9
        • 匿名
        • 2021年 10月 22日

        海保?
        海保も導入しろと書いてないがw

          • 匿名
          • 2021年 10月 23日

          海保は海の警察だからじゃない?

          2
    • 匿名
    • 2021年 10月 22日

    要はお値段と要求する性能が合致するかだけの話。
    確かこの機体かどうかは忘れたが、トルコが無人機を強襲揚陸艦で運用とかの話もあったから、F-35Bを補完させるとかの話も考えているのでは?

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP